■連載一覧
  • トランプ大統領の衝撃 米国と世界はどこに向かう
  • 国防最前線・南西諸島はいま 第2部 自衛隊配備へ動く石垣島
  • 国防最前線・南西諸島はいま 第1部 与那国島・陸自駐屯地
  • トランプvsヒラリー 米大統領選まで1カ月
  • オバマのLGBT外交 米国と途上国の「文化戦争」
  • 2016/11/11
  • 2016/10/31
  • 2016/10/12
  • 2016/10/08
  • 2016/9/26
  • 2016 世界はどう動く-識者に聞く
  • 戦後70年 識者は語る
  • 2015 世界はどう動く-識者に聞く
  • 2014 世界はどう動く
  • 2016/1/04
  • 2015/8/09
  • 2015/1/07
  • 2014/1/06
  • 台湾に吹いた蔡英文旋風
  • ルポ・政権交代の攻防 台湾総統選
  • 二極化する香港 識者インタビュー
  • 香港誌「前哨」編集長 劉達文氏に聞く
  • 「雨傘革命」下の香港 揺れる一国二制度の行方
  • 揺れる香港 各派リーダーに聞く
  • 香港の普選運動 親中派民間団体代表の見方
  • 2016/1/18
  • 2015/12/26
  • 2015/7/12
  • 2014/11/21
  • 2014/11/14
  • 2014/11/06
  • 2014/7/08
  • ドゥテルテ大統領就任から3カ月 どこへ向かう比政権
  • 香港「自治」の行方 識者に聞く
  • 中華圏に浸透する同性婚
  • 中台関係の行方
  • 日米同盟と台湾 海洋安全保障の展望
  • 蔡英文時代の台湾 本土派路線のビジョンと課題
  • ASEANの夜明け アジアハイウエー7000キロルポ
  • 緊張 南シナ海
  • 中央アジア胎動 中国「新シルクロード」と日本の戦略
  • “政熱経熱”の中韓
  • 新QDRと米中軍事バランス
  • 新グレートゲーム・幻想だった中国の平和的台頭
  • 新グレートゲーム・中国南進の海
  • 2016/9/21
  • 2016/8/17
  • 2016/7/26
  • 2016/6/03
  • 2016/5/31
  • 2016/5/19
  • 2016/3/22
  • 2015/11/18
  • 2015/10/14
  • 2015/9/07
  • 2014/3/31
  • 2014/2/14
  • 2013/4/18
  • 多難な年明けのトルコ
  • EUと難民 UNHCRウィーン事務所報道官に聞く
  • ロシアのシリア内戦介入 アルアハラム財団事務局長に聞く
  • 2016/1/30
  • 2015/12/11
  • 2015/11/13
  • 蓮舫民進 疑問の船出
  • 新閣僚に聞く
  • 「立憲主義」について
  • 再改造内閣 始動
  • 安倍政権 新たな挑戦
  • 16参院選 注目区を行く
  • 伊勢志摩サミット
  • 憲法改正 ここが焦点
  • 筆坂元日本共産党ナンバー3と田村自民党政務調査会審議役が対談
  • 第3次安倍改造内閣スタート
  • 詳解 集団的自衛権 安保法制案の合憲性
  • 衆院選 自公圧勝 ~課題と展望~
  • ’14衆院選 注目区を行く
  • 第2次安倍改造内閣スタート
  • 日米首脳会談 成果と課題
  • 2016/9/17
  • 2016/9/02
  • 2016/8/22
  • 2016/8/04
  • 2016/7/12
  • 2016/6/30
  • 2016/5/23
  • 2016/4/25
  • 2016/4/04
  • 2015/10/08
  • 2015/8/06
  • 2014/12/16
  • 2014/12/07
  • 2014/9/05
  • 2014/4/26
  • 激震・翁長県政 「オール沖縄」の凋落
  • 普天間基地移設 経緯の検証と提言
  • 「援護法」に隠された沖縄戦の真実
  • 2016/1/26
  • 2015/10/01
  • 2013/7/08
  • どう見る金正恩体制 日韓専門家対談
  • 迎撃ミサイル配備 韓国の決断
  • 3代世襲“完成” 北朝鮮第7回党大会
  • 検証 元料理人 藤本氏の再訪朝
  • 韓国総選挙ショック
  • 日韓国交正常化50年 識者に聞く
  • どうする拉致解決 日朝ストックホルム合意1年
  • 日韓国交正常化50年 「嫌韓」「反日」を越えて
  • 張成沢氏失脚 北で何が起きたか
  • 2016/8/24
  • 2016/7/20
  • 2016/5/10
  • 2016/4/29
  • 2016/4/15
  • 2015/6/22
  • 2015/5/11
  • 2015/2/05
  • 2013/12/10
  • 待ったなし地球温暖化対策
  • 環境先進国フランスの挑戦
  • 迫る気候変動の脅威 どうする大災害への備え
  • 2016/1/02
  • 2015/10/07
  • 2015/9/21
  • トランプVSヒラリー 米大統領選まで3カ月
  • オバマ外交と次期米大統領の課題
  • 2016年米大統領選まで1年
  • 再考 オバマの世界観
  • オバマの対宗教戦争・第1部
  • オバマの対宗教戦争・第2部
  • 2016/8/06
  • 2016/6/14
  • 2015/11/08
  • 2015/7/06
  • 2013/8/05
  • 2013/9/30
  • JAXA宇宙探査計画
  • 2015/12/24
  • 遠藤 哲也
    遠藤 哲也
    元日朝国交正常化交渉日本政府代表
    高永喆
    高永喆
    拓殖大学客員研究員
    宮塚 利雄
    宮塚 利雄
    北朝鮮専門家
    宋大晟
    宋大晟
    元世宗研究所所長
    上田 勇実
    上田 勇実
    韓国北朝鮮問題

    オバマ広島訪問への韓国の視角 「歴史和解のモデル」と評価

    日本より敏感な反応示す

     韓国では5月末のオバマ米大統領による広島訪問を批判的に見る視角が多かった。「日本に免罪符を与えた」「安倍政権への贈り物」「中国牽制する政略的ジェスチャー」などだ。しかし、そうした歪(ゆが)んだ視点からは日米関係の本質や、そもそも「謝罪」を挟んだ国家間の深い在り方を理解することはできない。

     日韓関係での韓国のように、被害者意識で膨らませた歴史を盾に「謝罪」に拘泥して、より重要なものを見逃したり犠牲にしたりすると、自らを窮地に追い込む愚を招くことになる。オバマ広島訪問を冷静に見て、そこから学ぶべきものをくみ取れるかどうかは韓国人の成熟度にかかっている。

     現在、こんなことを韓国で言えば、批判の嵐になるだろうが、そこを敢(あ)えて発言したのが、外交官出身でソウルに日本式うどん店「桐山」を開いたシン・サンモク代表だ。朝鮮日報社が出す総合月刊誌「月刊朝鮮」(7月号)に「オバマの日本式謝罪」を寄せている。

     オバマ広島訪問について、韓国では「韓国人慰霊碑も訪問せよ」という意見だけでなく、謝罪要求までが飛び出し、むしろ日本よりも敏感な反応を示していた。さらに「韓国外交は何をしていたのか」と政府を叱責する声まで出る始末。

     そうした感情的対応が何も生み出さない、ということを筆者はよく知っているようだ。だから、韓国読者に「日米両国民がお互いをさらに深く理解することになった歴史的イベントがどのように可能だったのかという戦略的読解が必要になる」と説く。

     訪問の最大の障害物は「謝罪」だった。日米関係でこの点の“瀬踏み”は2010年、ジョン・ルース駐日米大使による初めての広島慰霊祭公式参加で始められた。ルース氏は、日本メディアのインタビューに、「日本人は一様に『行く』こと自体の重要さを強調した」「誰も私の訪問を謝罪と感じなかったし、日本が謝罪を要求することもなかった」と述べたと紹介する。そこに参加し、哀悼の意を表すだけ。日本が米国に求めたのはこれだけだった、というものだ。

     シン氏は、「多数の日本人は願わない謝罪を要求して停滞するより、未来へ向かうことにより大きい価値を付与してオバマを歓迎した」とし、「終わってみれば、謝罪は格別意味があることではなかった」と感想を述べる。

     そして、「オバマは謝らなかったけれど謝ったし、日本人は謝罪を要求しなかったけれど謝罪された」という“奇跡のようなこと”が起こったことを韓国読者に伝えている。これは「『謝罪は謝る側の問題』という日本人の謝罪観で開けて置いた門をオバマが通った」ことで可能になったものだ。

     激しい謝罪要求と糾弾の繰り返しは、かえって相手を頑(かたく)なにし、和解の機会を閉ざす。まさに今の日韓関係がそれに近い。日本は謝るべきことに対して、謝るタイミングを失い、韓国は糾弾するあまり、相手に謝る機会すら与えていない。だれもこの状況でいいとは思っていないが、お互いの不信感が積もり積もって、もはや正対することも難しくなっている。それは形式的な政治的解決が国民感情にまで染み渡っていないことをみれば明らかだ。

     シン氏は、「オバマの広島訪問は東アジアで歴史和解を引き出すことができるモデルでありモメンタムでありうる」と高く評価し、「加害国の政治指導者の所信と行動が躍動性の出発点」だと強調している。

     その心は、日本指導者が思い切って韓国を訪問して慰霊し哀悼を示す、韓国民はそこで謝罪を求めない、ということだ。これが可能かどうかは政治指導者同士が信頼をつくらないことには難しい。メディアがいたずらに国民感情を煽(あお)ってもならない。

     「同じ理念と価値を共有する国家の間で、歴史の和解というのは思ったより複雑で難しいことではないのかもしれない」とシン氏は楽観的見方で稿を締めくくっている。

     だが、歴史捏造(ねつぞう)のように「同じ理念と価値を共有する」ことが、そもそも難しくなってはいないだろうか、それが心配である。

     編集委員 岩崎 哲

    3

    コメント

    コメントの書き込み・表示するにはログインが必要です(承認制)。