■連載一覧
  • どこへ行く混迷・韓国 国政介入事件の深層
  • トランプ大統領の衝撃 米国と世界はどこに向かう
  • 国防最前線・南西諸島はいま 第2部 自衛隊配備へ動く石垣島
  • 国防最前線・南西諸島はいま 第1部 与那国島・陸自駐屯地
  • トランプvsヒラリー 米大統領選まで1カ月
  • 2016/12/05
  • 2016/11/11
  • 2016/10/31
  • 2016/10/12
  • 2016/10/08
  • 2016 世界はどう動く-識者に聞く
  • 戦後70年 識者は語る
  • 2015 世界はどう動く-識者に聞く
  • 2014 世界はどう動く
  • 2016/1/04
  • 2015/8/09
  • 2015/1/07
  • 2014/1/06
  • 台湾に吹いた蔡英文旋風
  • ルポ・政権交代の攻防 台湾総統選
  • 二極化する香港 識者インタビュー
  • 香港誌「前哨」編集長 劉達文氏に聞く
  • 「雨傘革命」下の香港 揺れる一国二制度の行方
  • 揺れる香港 各派リーダーに聞く
  • 香港の普選運動 親中派民間団体代表の見方
  • 2016/1/18
  • 2015/12/26
  • 2015/7/12
  • 2014/11/21
  • 2014/11/14
  • 2014/11/06
  • 2014/7/08
  • ドゥテルテ大統領就任から3カ月 どこへ向かう比政権
  • 香港「自治」の行方 識者に聞く
  • 中華圏に浸透する同性婚
  • 中台関係の行方
  • 日米同盟と台湾 海洋安全保障の展望
  • 蔡英文時代の台湾 本土派路線のビジョンと課題
  • ASEANの夜明け アジアハイウエー7000キロルポ
  • 緊張 南シナ海
  • 中央アジア胎動 中国「新シルクロード」と日本の戦略
  • “政熱経熱”の中韓
  • 新QDRと米中軍事バランス
  • 新グレートゲーム・幻想だった中国の平和的台頭
  • 新グレートゲーム・中国南進の海
  • 2016/9/21
  • 2016/8/17
  • 2016/7/26
  • 2016/6/03
  • 2016/5/31
  • 2016/5/19
  • 2016/3/22
  • 2015/11/18
  • 2015/10/14
  • 2015/9/07
  • 2014/3/31
  • 2014/2/14
  • 2013/4/18
  • 多難な年明けのトルコ
  • EUと難民 UNHCRウィーン事務所報道官に聞く
  • ロシアのシリア内戦介入 アルアハラム財団事務局長に聞く
  • 2016/1/30
  • 2015/12/11
  • 2015/11/13
  • 蓮舫民進 疑問の船出
  • 新閣僚に聞く
  • 「立憲主義」について
  • 再改造内閣 始動
  • 安倍政権 新たな挑戦
  • 16参院選 注目区を行く
  • 伊勢志摩サミット
  • 憲法改正 ここが焦点
  • 筆坂元日本共産党ナンバー3と田村自民党政務調査会審議役が対談
  • 第3次安倍改造内閣スタート
  • 詳解 集団的自衛権 安保法制案の合憲性
  • 衆院選 自公圧勝 ~課題と展望~
  • ’14衆院選 注目区を行く
  • 第2次安倍改造内閣スタート
  • 日米首脳会談 成果と課題
  • 2016/9/17
  • 2016/9/02
  • 2016/8/22
  • 2016/8/04
  • 2016/7/12
  • 2016/6/30
  • 2016/5/23
  • 2016/4/25
  • 2016/4/04
  • 2015/10/08
  • 2015/8/06
  • 2014/12/16
  • 2014/12/07
  • 2014/9/05
  • 2014/4/26
  • 激震・翁長県政 「オール沖縄」の凋落
  • 普天間基地移設 経緯の検証と提言
  • 「援護法」に隠された沖縄戦の真実
  • 2016/1/26
  • 2015/10/01
  • 2013/7/08
  • どう見る金正恩体制 日韓専門家対談
  • 迎撃ミサイル配備 韓国の決断
  • 3代世襲“完成” 北朝鮮第7回党大会
  • 検証 元料理人 藤本氏の再訪朝
  • 韓国総選挙ショック
  • 日韓国交正常化50年 識者に聞く
  • どうする拉致解決 日朝ストックホルム合意1年
  • 日韓国交正常化50年 「嫌韓」「反日」を越えて
  • 張成沢氏失脚 北で何が起きたか
  • 2016/8/24
  • 2016/7/20
  • 2016/5/10
  • 2016/4/29
  • 2016/4/15
  • 2015/6/22
  • 2015/5/11
  • 2015/2/05
  • 2013/12/10
  • 待ったなし地球温暖化対策
  • 環境先進国フランスの挑戦
  • 迫る気候変動の脅威 どうする大災害への備え
  • 2016/1/02
  • 2015/10/07
  • 2015/9/21
  • オバマのLGBT外交 米国と途上国の「文化戦争」
  • トランプVSヒラリー 米大統領選まで3カ月
  • オバマ外交と次期米大統領の課題
  • 2016年米大統領選まで1年
  • 再考 オバマの世界観
  • オバマの対宗教戦争・第1部
  • オバマの対宗教戦争・第2部
  • 2016/9/26
  • 2016/8/06
  • 2016/6/14
  • 2015/11/08
  • 2015/7/06
  • 2013/8/05
  • 2013/9/30
  • JAXA宇宙探査計画
  • 2015/12/24
  • 米中特殊部隊の「金正恩暗殺」争い

     米韓両軍は先月から北朝鮮の核・ミサイル施設への先制攻撃も念頭に置いた軍事演習「5015」を展開中だ。「5015」は、北朝鮮による韓国侵攻を想定した「5027」や、北朝鮮の急変事態に対応する「5029」などを総合した作戦計画で、昨年6月に米韓が立案したもので、北の最高指導者・金正恩第1書記の暗殺も排除していないという。

     韓国空軍が先月21日、北朝鮮の重要施設を精密攻撃する模擬訓練を実施すると、北の対南窓口機関「祖国平和統一委員会」は3月23日、「青瓦台(韓国大統領府)を一瞬に焦土化する」と報復攻撃を示唆。それだけではない。米本土への先制攻撃すら辞さない強硬姿勢を表明してきた。

     米韓軍の史上最大の軍事演習と北側の核攻撃警告が飛び交う中で、いま密かに流れている情報がある。中国人民軍特殊部隊が金正恩氏を暗殺するというシナリオだ。以下、それを少し説明する。

     米精鋭海兵部隊は2011年5月、国際テロ組織アルカイダの首謀者、オサマ・ビンラディンを暗殺した。その直後、米国は核開発計画を放棄しない北の指導者も同じように奇襲で暗殺するのではないか、といった声が囁かれたものだ。

     軍事先制攻撃は、他の手段がなく、時間が差し迫っている時、有効な手段だ。北問題では、①核の小型化、②核兵器運搬手段の長距離弾道ミサイルの製造、③潜水艦攻撃力の強化などが現実化してきた時だろう。

     そして米韓が「戦略的忍耐」を実施している間、北は核実験を繰り返し、潜水艦発射弾道ミサイル(SLBM)の発射実験を行っている。北の大量破壊兵器が米国大陸に届く日が確実に近づいている。

     米国の動向に神経を使う金正恩氏はここにきて米国本土も核兵器で破壊すると言いだした。国際社会は金正恩氏の警告を単なる強がりと受け取っている。米韓は北が核兵器を使用する気配が見られた先制攻撃も辞さないと警告を発している。

     ところで、金正恩氏が核兵器に手をかける気配があった場合、北指導部の壊滅作戦を計画しているのは米特殊部隊だけではないのだ。中国人民解放軍特殊部隊だ。多分、彼らの一部は既に北内部に潜伏しているだろう。そして、金正恩氏が核兵器に手をかけようとしたら、北京は即、金正恩氏の暗殺命令を下す。このシナリオの場合、北京側はポスト金正恩の後継者を既に準備しているとみて間違いないだろう。すなわち、金正恩氏暗殺で米国と中国が密かに競っているわけだ。

     考えてみてほしい。米中両国にとって金正恩氏の暗殺で国際社会から批判を受ける危険性は非常に少ない。むしろ、世界はやっと静かに安眠できるというわけで、称賛の声すら上がるかもしれない。オバマ米政権にとっても中国現体制にとってもマイナス要因が少ない選択肢といえるわけだ。

     問題は、金正恩氏暗殺は米国より中国により好ましい選択となるかもしれないことだ。米海兵部隊が金正恩氏を暗殺した場合、朝鮮半島の将来に対する主導権を米韓両国が握るが、中国側が米海兵隊より先に金正恩氏を抹殺した場合、国際社会から称賛されるばかりか、朝鮮半島の将来に対して中国は強い発言権を確保できる。北京側は金正恩氏抹殺直後、北京寄りの後継政権を発足させるだろう。

     それだけではない。中国軍特殊部隊の金正恩氏暗殺は日本の外交にとってもマイナスだ。尖閣諸島の領有権で中国と対立する日本は、金正恩氏を暗殺し、国際社会から認知を受けて自信を深めた中国と対峙することになるからだ。すなわち、中国側は金正恩氏暗殺で朝鮮半島の主導権を握る一方、尖閣諸島の領有権問題でも有利な展開が期待できるわけだ。中国側にとってマイナスは少なく、プラスが多いのだ。

     年末に大統領選を控える米国は大きな外交政策を決定できる余地が少ない。対北政策ではどうしても腰が引けてしまう。米国の外交政策の隙間を衝いて、中国が金正恩氏暗殺というカードを切った場合、米国はその後の朝鮮半島の行方について、中国主導の路線を追従せざるを得なくなるのだ。

     習近平主席の対北政策は2012年就任後、国際社会の除け者・北朝鮮と距離を置く政策を取ってきている。中朝は血で固められた友誼関係と言われた時代は江沢民元国家主席から胡錦濤・温家宝体制までで終焉し、習近平主席時代に入り、中朝関係は明らかに冷えている。

     習近平主席は金正恩氏が激怒に駆られ核のボタンに手を掛けようとする時を心待ちにしているのではないか。その時、中国は北の異端児を抹殺できるだけではなく、国際社会から中国外交の認知を受け、先述したような外交成果も得ることが出来るわけだ。習主席が躊躇する理由はない。金正恩氏が最も恐れているのは米精鋭海兵部隊の襲撃ではなく、実は中国人民解放軍特殊部隊の奇襲なのだ。

    (ウィーン在住)

    2

    コメント

    コメントの書き込み・表示するにはログインが必要です(承認制)。