■連載一覧
  • トランプ大統領の衝撃 米国と世界はどこに向かう
  • 国防最前線・南西諸島はいま 第2部 自衛隊配備へ動く石垣島
  • 国防最前線・南西諸島はいま 第1部 与那国島・陸自駐屯地
  • トランプvsヒラリー 米大統領選まで1カ月
  • オバマのLGBT外交 米国と途上国の「文化戦争」
  • 2016/11/11
  • 2016/10/31
  • 2016/10/12
  • 2016/10/08
  • 2016/9/26
  • 2016 世界はどう動く-識者に聞く
  • 戦後70年 識者は語る
  • 2015 世界はどう動く-識者に聞く
  • 2014 世界はどう動く
  • 2016/1/04
  • 2015/8/09
  • 2015/1/07
  • 2014/1/06
  • 台湾に吹いた蔡英文旋風
  • ルポ・政権交代の攻防 台湾総統選
  • 二極化する香港 識者インタビュー
  • 香港誌「前哨」編集長 劉達文氏に聞く
  • 「雨傘革命」下の香港 揺れる一国二制度の行方
  • 揺れる香港 各派リーダーに聞く
  • 香港の普選運動 親中派民間団体代表の見方
  • 2016/1/18
  • 2015/12/26
  • 2015/7/12
  • 2014/11/21
  • 2014/11/14
  • 2014/11/06
  • 2014/7/08
  • ドゥテルテ大統領就任から3カ月 どこへ向かう比政権
  • 香港「自治」の行方 識者に聞く
  • 中華圏に浸透する同性婚
  • 中台関係の行方
  • 日米同盟と台湾 海洋安全保障の展望
  • 蔡英文時代の台湾 本土派路線のビジョンと課題
  • ASEANの夜明け アジアハイウエー7000キロルポ
  • 緊張 南シナ海
  • 中央アジア胎動 中国「新シルクロード」と日本の戦略
  • “政熱経熱”の中韓
  • 新QDRと米中軍事バランス
  • 新グレートゲーム・幻想だった中国の平和的台頭
  • 新グレートゲーム・中国南進の海
  • 2016/9/21
  • 2016/8/17
  • 2016/7/26
  • 2016/6/03
  • 2016/5/31
  • 2016/5/19
  • 2016/3/22
  • 2015/11/18
  • 2015/10/14
  • 2015/9/07
  • 2014/3/31
  • 2014/2/14
  • 2013/4/18
  • 多難な年明けのトルコ
  • EUと難民 UNHCRウィーン事務所報道官に聞く
  • ロシアのシリア内戦介入 アルアハラム財団事務局長に聞く
  • 2016/1/30
  • 2015/12/11
  • 2015/11/13
  • 蓮舫民進 疑問の船出
  • 新閣僚に聞く
  • 「立憲主義」について
  • 再改造内閣 始動
  • 安倍政権 新たな挑戦
  • 16参院選 注目区を行く
  • 伊勢志摩サミット
  • 憲法改正 ここが焦点
  • 筆坂元日本共産党ナンバー3と田村自民党政務調査会審議役が対談
  • 第3次安倍改造内閣スタート
  • 詳解 集団的自衛権 安保法制案の合憲性
  • 衆院選 自公圧勝 ~課題と展望~
  • ’14衆院選 注目区を行く
  • 第2次安倍改造内閣スタート
  • 日米首脳会談 成果と課題
  • 2016/9/17
  • 2016/9/02
  • 2016/8/22
  • 2016/8/04
  • 2016/7/12
  • 2016/6/30
  • 2016/5/23
  • 2016/4/25
  • 2016/4/04
  • 2015/10/08
  • 2015/8/06
  • 2014/12/16
  • 2014/12/07
  • 2014/9/05
  • 2014/4/26
  • 激震・翁長県政 「オール沖縄」の凋落
  • 普天間基地移設 経緯の検証と提言
  • 「援護法」に隠された沖縄戦の真実
  • 2016/1/26
  • 2015/10/01
  • 2013/7/08
  • どう見る金正恩体制 日韓専門家対談
  • 迎撃ミサイル配備 韓国の決断
  • 3代世襲“完成” 北朝鮮第7回党大会
  • 検証 元料理人 藤本氏の再訪朝
  • 韓国総選挙ショック
  • 日韓国交正常化50年 識者に聞く
  • どうする拉致解決 日朝ストックホルム合意1年
  • 日韓国交正常化50年 「嫌韓」「反日」を越えて
  • 張成沢氏失脚 北で何が起きたか
  • 2016/8/24
  • 2016/7/20
  • 2016/5/10
  • 2016/4/29
  • 2016/4/15
  • 2015/6/22
  • 2015/5/11
  • 2015/2/05
  • 2013/12/10
  • 待ったなし地球温暖化対策
  • 環境先進国フランスの挑戦
  • 迫る気候変動の脅威 どうする大災害への備え
  • 2016/1/02
  • 2015/10/07
  • 2015/9/21
  • トランプVSヒラリー 米大統領選まで3カ月
  • オバマ外交と次期米大統領の課題
  • 2016年米大統領選まで1年
  • 再考 オバマの世界観
  • オバマの対宗教戦争・第1部
  • オバマの対宗教戦争・第2部
  • 2016/8/06
  • 2016/6/14
  • 2015/11/08
  • 2015/7/06
  • 2013/8/05
  • 2013/9/30
  • JAXA宇宙探査計画
  • 2015/12/24
  • デモ隊は何のために決起したか

    韓国紙セゲイルボ

    目的より暴力性浮き彫りに

    700

    14日、ソウル中心街で行われた政権退陣デモで暴徒化した参加者に放水で防戦する警察(上田勇実撮影)

     「傘!」。民衆総決起があった14日午後、前線で警察と対峙(たいじ)していたある参加者が記者を見て大声を張り上げた。

     思わず差していた雨傘を渡すと、彼はそれを槍のようにして警察車両の壁に突進した。風車に立ち向かうドン・キホーテが思い浮かんだ。しかし、風車の前で無力だったドン・キホーテの槍とは違い、傘は攻守両面で有用な道具として活用された。

     その参加者は記者の傘で警察バスの窓を刺したり、傘を開いて、警察の催涙剤噴射を防いだりした。だが、そこまでだった。高圧放水砲が登場すると、傘は即座に無用の長物となった。

     暗くなると、傘と催涙剤噴射器の対立は、鉄パイプと高圧放水砲の対立に変わっていた。警察の放水砲発射も、警察車両を綱で縛って車壁を崩そうとするデモ隊のやり方も初めてではなかった。

     だが、この日は双方とも度が行き過ぎていたということを現場で全身で感じることができた。高圧放水砲に混ざった催涙剤の濃度がそうだ。ノートPCが濡れるのをかばい、デモ隊が捨てた合羽をあたふたと拾って着た。

     ズボンを伝った水が運動靴の中に溜まり、足の甲が痛くて歩くのが難しいほどになった。催涙剤による弱い火傷だった。耐えることができず、近隣のサウナに“逃避”した。

     再び街に出ると、今度はデモ隊のたいまつが登場していた。警察バス数台がデモ隊の攻撃を受けて車壁の一部が崩れていた。あちこちで鉄パイプとレンガが乱舞した。

     深夜零時が近づいた。デモを主導した指導部がいなくなると雰囲気は急速に冷めていった。清掃車両が出てきて、市庁の前から光化門交差点まで清掃し始めた。

     翌日、報道機関とインターネットなどを埋め尽くしたのは「暴力」2文字だけだ。警察への批判であれ、デモ隊へのそれであれ、ひたすら焦点は暴力性だけが取り上げられた。

     虚(むな)しかった。結局残ったのは何だったのか。数万人のデモ隊がさまざまなスローガンを叫んだが、猛烈な対立の中で本来デモ隊が投げかけたメッセージには触れられなかった。

     国語辞典には決起を「ある目的を成し遂げるために、心をかきたてて気勢を発して力強く起きること」と定義している。目的より暴力性だけが浮び上がった決起ならば、何のための「民衆総決起」だったのか。

    (李佑中(イウジュン)社会部記者、11月17日付)

    ※記事は本紙の編集方針とは別であり、韓国の論調として紹介するものです。

    0

    コメント

    コメントの書き込み・表示するにはログインが必要です(承認制)。