■連載一覧
  • どこへ行く混迷・韓国 国政介入事件の深層
  • トランプ大統領の衝撃 米国と世界はどこに向かう
  • 国防最前線・南西諸島はいま 第2部 自衛隊配備へ動く石垣島
  • 国防最前線・南西諸島はいま 第1部 与那国島・陸自駐屯地
  • トランプvsヒラリー 米大統領選まで1カ月
  • 2016/12/05
  • 2016/11/11
  • 2016/10/31
  • 2016/10/12
  • 2016/10/08
  • 2016 世界はどう動く-識者に聞く
  • 戦後70年 識者は語る
  • 2015 世界はどう動く-識者に聞く
  • 2014 世界はどう動く
  • 2016/1/04
  • 2015/8/09
  • 2015/1/07
  • 2014/1/06
  • 台湾に吹いた蔡英文旋風
  • ルポ・政権交代の攻防 台湾総統選
  • 二極化する香港 識者インタビュー
  • 香港誌「前哨」編集長 劉達文氏に聞く
  • 「雨傘革命」下の香港 揺れる一国二制度の行方
  • 揺れる香港 各派リーダーに聞く
  • 香港の普選運動 親中派民間団体代表の見方
  • 2016/1/18
  • 2015/12/26
  • 2015/7/12
  • 2014/11/21
  • 2014/11/14
  • 2014/11/06
  • 2014/7/08
  • ドゥテルテ大統領就任から3カ月 どこへ向かう比政権
  • 香港「自治」の行方 識者に聞く
  • 中華圏に浸透する同性婚
  • 中台関係の行方
  • 日米同盟と台湾 海洋安全保障の展望
  • 蔡英文時代の台湾 本土派路線のビジョンと課題
  • ASEANの夜明け アジアハイウエー7000キロルポ
  • 緊張 南シナ海
  • 中央アジア胎動 中国「新シルクロード」と日本の戦略
  • “政熱経熱”の中韓
  • 新QDRと米中軍事バランス
  • 新グレートゲーム・幻想だった中国の平和的台頭
  • 新グレートゲーム・中国南進の海
  • 2016/9/21
  • 2016/8/17
  • 2016/7/26
  • 2016/6/03
  • 2016/5/31
  • 2016/5/19
  • 2016/3/22
  • 2015/11/18
  • 2015/10/14
  • 2015/9/07
  • 2014/3/31
  • 2014/2/14
  • 2013/4/18
  • 多難な年明けのトルコ
  • EUと難民 UNHCRウィーン事務所報道官に聞く
  • ロシアのシリア内戦介入 アルアハラム財団事務局長に聞く
  • 2016/1/30
  • 2015/12/11
  • 2015/11/13
  • 蓮舫民進 疑問の船出
  • 新閣僚に聞く
  • 「立憲主義」について
  • 再改造内閣 始動
  • 安倍政権 新たな挑戦
  • 16参院選 注目区を行く
  • 伊勢志摩サミット
  • 憲法改正 ここが焦点
  • 筆坂元日本共産党ナンバー3と田村自民党政務調査会審議役が対談
  • 第3次安倍改造内閣スタート
  • 詳解 集団的自衛権 安保法制案の合憲性
  • 衆院選 自公圧勝 ~課題と展望~
  • ’14衆院選 注目区を行く
  • 第2次安倍改造内閣スタート
  • 日米首脳会談 成果と課題
  • 2016/9/17
  • 2016/9/02
  • 2016/8/22
  • 2016/8/04
  • 2016/7/12
  • 2016/6/30
  • 2016/5/23
  • 2016/4/25
  • 2016/4/04
  • 2015/10/08
  • 2015/8/06
  • 2014/12/16
  • 2014/12/07
  • 2014/9/05
  • 2014/4/26
  • 激震・翁長県政 「オール沖縄」の凋落
  • 普天間基地移設 経緯の検証と提言
  • 「援護法」に隠された沖縄戦の真実
  • 2016/1/26
  • 2015/10/01
  • 2013/7/08
  • どう見る金正恩体制 日韓専門家対談
  • 迎撃ミサイル配備 韓国の決断
  • 3代世襲“完成” 北朝鮮第7回党大会
  • 検証 元料理人 藤本氏の再訪朝
  • 韓国総選挙ショック
  • 日韓国交正常化50年 識者に聞く
  • どうする拉致解決 日朝ストックホルム合意1年
  • 日韓国交正常化50年 「嫌韓」「反日」を越えて
  • 張成沢氏失脚 北で何が起きたか
  • 2016/8/24
  • 2016/7/20
  • 2016/5/10
  • 2016/4/29
  • 2016/4/15
  • 2015/6/22
  • 2015/5/11
  • 2015/2/05
  • 2013/12/10
  • 待ったなし地球温暖化対策
  • 環境先進国フランスの挑戦
  • 迫る気候変動の脅威 どうする大災害への備え
  • 2016/1/02
  • 2015/10/07
  • 2015/9/21
  • オバマのLGBT外交 米国と途上国の「文化戦争」
  • トランプVSヒラリー 米大統領選まで3カ月
  • オバマ外交と次期米大統領の課題
  • 2016年米大統領選まで1年
  • 再考 オバマの世界観
  • オバマの対宗教戦争・第1部
  • オバマの対宗教戦争・第2部
  • 2016/9/26
  • 2016/8/06
  • 2016/6/14
  • 2015/11/08
  • 2015/7/06
  • 2013/8/05
  • 2013/9/30
  • JAXA宇宙探査計画
  • 2015/12/24
  • 韓国は「信頼できるパートナー」か

     韓国紙・中央日報日本語電子版によると、米国を公式訪問中の朴槿恵大統領は15日、ワシントンで、「11月初旬に日韓中の首脳会談が開かれる時、日韓首脳会談も開催されると思う」と述べ、「日韓首脳会談も慰安婦問題に前進があれば意味ある会議となる」と語ったという。

     同じ日、在米ベトナム団体がワシントンで記者会見を開き、ベトナム戦争(1960~75年)当時、韓国軍兵士から性的暴行を受けたというベトナム人女性らが、朴大統領に謝罪を求めたという記事が産経新聞電子版に報じられた(韓国軍はベトナム戦争時、最大約32万人の兵士をベトナムに派兵)。

     韓国軍兵士の犠牲となったベトナム女性の証も掲載されていた。以下、紹介する。
    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
     66歳の女性は、「薪を集めていたときに兵士に襲われた。その後妊娠し1970年に出産した。働くこともできず、子供に教育を受けさせることもできなかった」と訴えた。

     また、60歳の女性は、「家族でお茶やバナナなどを売る店を営んでいた。韓国兵士が来て母親が暴行され妊娠し、69年に男の子を産んだ。その後、私も暴行を受け71年に息子を出産した」と証言した。

     産経新聞によると、被害者を支援するノーム・コールマン元上院議員は被害者の数を「数千人」と見積もり、このうち生存しているのは「約800人」だと説明している。同団体は、15日付の米紙ウォールストリート・ジャーナルに、被害者に対する公式な謝罪を朴大統領に求める広告も掲載したという。
    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
     上記の話は訪米中の朴大統領にも報告されたと思うが、大統領の反応は伝わっていない。韓国の主要メディアも訪米中の大統領の言動をフォローするのに精一杯でベトナム女性の抗議については見逃しているか、恣意的に無視している。韓国軍がベトナム戦争時、南部サイゴンに慰安所を設置していた、という内容の米公文書を週刊文春(4月2日号)がスクープ報道した時もそうだった。韓国政府は無視した。

     朴大統領は就任以来、慰安婦問題を女性の人権蹂躙と受け取り、日本を批判し、「慰安婦問題が解決されない限り、安倍晋三首相との日韓首脳会談に応じることは出来ない」といった頑迷な姿勢を取ってきた。
     ベントナム女性の謝罪要求は女性の人権蹂躙問題だ。なぜ、朴大統領は訪米中とはいえ、その抗議の声に応えないのか。大統領が無視を続けていると、「朴大統領の慰安婦発言はやっぱり単なる反日プロパガンダに過ぎず、女性の人権蹂躙云々ではなかった」といわれても致し方がなくなる。

     ところで、朴大統領は15日、ワシントンDCで開かれた「韓米友好の夜」行事に出席し、ジョン・ケリー米国務長官と共に挨拶したが、その場で、「韓国は米国が誰より信頼できるパートナーであり、韓米同盟は米国のアジア太平洋リバランス(再均衡)政策の核心軸」と述べたというニュースが流れてきた(聯合ニュース)。

     ここで注意しなければならない点は、ケリー国務長官が、「韓国は米国が誰よりも信頼できるパートナーだ」と言ったのではなく、朴大統領が語ったことだ。ホスト側の米国から、「誰よりも信頼できるパートナーです」とお世辞の一つでも言ってほしいが、そうではなかったので、自分から口に出したのだろう。それは韓国が日米韓3国の中で置かれている立場を象徴的に表示しているように思える。

     朝鮮日報日本語電子版(14日)には、「日本を偏愛する米国、韓国にも戦力的価値に見合う待遇を」というタイトルのコラムが掲載されていた。その直接の背後には、韓国国産戦闘機(KFX)開発事業で米国が保有する戦闘機技術の韓国への移転を米国が拒否していることだ。今回も韓国側は米国に強く要請したが、米国は「アクティブ電子走査アレイ(AESA)レーダーなど4件について安全保障上の技術保護」を理由に移転を拒否した(聯合ニュース)。少なくとも、米国は「誰よりも信頼できるパートナー」としては韓国を見なしていないわけだ。

     それにしても、朴大統領は絶好の機会を逃した。ワシントンでベトナム女性たちの抗議に耳を傾け、女性らの人権蹂躙に謝罪を表明し、ローマ法王フランシスコが聖職者による未成年者への性的虐待の犠牲者の話を聞き、涙を流したように、朴大統領が涙するならば米国内できっと大きな反響を呼び起こし、極東のゲストに対する評価は急変しただろう。その上、旧日本軍の慰安婦問題に関する発言は真摯なものだったとして改めて評価されたかもしれない。

     米国民は自身や自国民の不祥事に対して正直に対応する人間を見捨てない。戦争で多くの成果を上げた兵士より、たとえ捕虜となっても最後まで信念を捨てなかった兵士をむしろ英雄と称える国民だ。米国人は嘘を嫌い、弱さを正直に告白する人間を受け入れる一方、それを隠す人間に対しては容赦なく批判する。

     朴大統領が米国人の国民性を理解し、ワシントンで抗議するベトナム女性らの前で、「私は旧日本軍の慰安婦問題で日本政府を激しく批判してきました。しかし、わが国の兵士もベトナム戦争では多くのベトナム女性を悲しませたことを知り、心から謝罪を表明します」と述べていたら、その謝罪表明は米国民の心を必ず打っただろうし、遠く離れた日本でも大きな反響を呼んでいただろう。ひょっとしたら、米国は韓国を「誰よりも信頼できるパートナー」と考え出していたかもしれない。

    (ウィーン在住)

    0

    コメント

    コメントの書き込み・表示するにはログインが必要です(承認制)。