■連載一覧
  • 2014 世界はどう動く
  • 2015 世界はどう動く-識者に聞く
  • 戦後70年 識者は語る
  • 2016 世界はどう動く-識者に聞く
  • 香港の普選運動 親中派民間団体代表の見方
  • 揺れる香港 各派リーダーに聞く
  • 「雨傘革命」下の香港 揺れる一国二制度の行方
  • 香港誌「前哨」編集長 劉達文氏に聞く
  • 二極化する香港 識者インタビュー
  • ルポ・政権交代の攻防 台湾総統選
  • 台湾に吹いた蔡英文旋風
  • 蔡英文時代の台湾 本土派路線のビジョンと課題
  • 新グレートゲーム・中国南進の海
  • 新グレートゲーム・幻想だった中国の平和的台頭
  • 新QDRと米中軍事バランス
  • “政熱経熱”の中韓
  • 中央アジア胎動 中国「新シルクロード」と日本の戦略
  • 緊張 南シナ海
  • ASEANの夜明け アジアハイウエー7000キロルポ
  • ロシアのシリア内戦介入 アルアハラム財団事務局長に聞く
  • EUと難民 UNHCRウィーン事務所報道官に聞く
  • 多難な年明けのトルコ
  • 張成沢氏失脚 北で何が起きたか
  • 日韓国交正常化50年 「嫌韓」「反日」を越えて
  • どうする拉致解決 日朝ストックホルム合意1年
  • 日韓国交正常化50年 識者に聞く
  • 韓国総選挙ショック
  • 検証 元料理人 藤本氏の再訪朝
  • 3代世襲“完成” 北朝鮮第7回党大会
  • 日米首脳会談 成果と課題
  • 第2次安倍改造内閣スタート
  • ’14衆院選 注目区を行く
  • 衆院選 自公圧勝 ~課題と展望~
  • 詳解 集団的自衛権 安保法制案の合憲性
  • 第3次安倍改造内閣スタート
  • 筆坂元日本共産党ナンバー3と田村自民党政務調査会審議役が対談
  • 憲法改正 ここが焦点
  • 「援護法」に隠された沖縄戦の真実
  • 普天間基地移設 経緯の検証と提言
  • 激震・翁長県政 「オール沖縄」の凋落
  • 迫る気候変動の脅威 どうする大災害への備え
  • 環境先進国フランスの挑戦
  • 待ったなし地球温暖化対策
  • オバマの対宗教戦争・第2部
  • オバマの対宗教戦争・第1部
  • 再考 オバマの世界観
  • 2016年米大統領選まで1年
  • JAXA宇宙探査計画
  • 韓国は「言論の自由」を遵守すべし

    このエントリーをはてなブックマークに追加

    600

    インタビューに応じるIPIのトリオンフィ女史(2014年10月22日、IPI事務所で撮影)

     ウィーンに本部を持つ国際新聞編集者協会(IPI)の言論自由マネージャー、バーバラ・トリオンフィ女史は22日、当方とのインタビューに応じ、産経新聞前ソウル支局長の在宅起訴問題と朝日新聞の慰安婦報道の誤報について、その見解を明らかにした。

     ソウル中央地検が8日、韓国の朴槿恵大統領に関するコラムをめぐる問題で、産経新聞の加藤達也前ソウル支局長を名誉毀損で在宅起訴したことに対し、同女史は「言論の自由を著しく傷つけている。加藤氏に対し刑罰上の名誉毀損(criminal defamation)を適用することは国際法の基準を逸脱している。政府関係者や公人は批判に対して寛容であるべきだ」と述べ、韓国当局は加藤氏への全ての処罰を即撤回すべきだと要求した。

     イタリア人の同女史は「「『言論と表現の自由』に関する2002年の国連特別審査官の共同宣言、欧州安全保障協力機構(OSCE)や米州機構(OAS)の特別報告書は『刑罰上の名誉毀損』を表現の自由の制限に適応することは正当ではないと明記している。産経新聞の場合、朴大統領が自身の名誉が毀損されたと感じたならば、民事法の名誉毀損(civil defamation)を訴えるべきだ。産経新聞のジャーナリストが起訴された背景には、険悪な日韓関係が多分影響を与えているのかもしれない」と語った。

     一方、朝日新聞の慰安婦問題に関する誤報について、同女史はメディアの「責任問題」に言及し、「メディアが誤報をした場合、2つの対応が不可欠だ。一つは誤報記事に対する正式謝罪だ。2つ目は誤報関連の全記事リストを公開することだ」と指摘した。

     朝日新聞の場合、社長が謝罪を表明し、誤報記事の背景を検証する委員会を設置したが、朝日新聞の慰安婦報道は国内だけではなく、海外のメディアにも大きな影響を与えている。安倍晋三首相は「朝日の慰安婦報道の誤報は日本の名誉を傷つけた」と主張しているほどだ。
     トリオンフィ女史は「国や公共機関はメディアの誤報に対し、賠償請求はできない。国は誤報による被害総額を計算できないからだ。ただし、読者が連帯して朝日の誤報に対し被害賠償を請求することは可能だろう」と説明した。
     
      IPIは1950年10月、創設された機関で、言論の自由を促進し、世界の言論の自由を検証した年次報告を発表している。 120カ国以上が参加している。

    (ウィーン在住)

    1

    コメントを書く

    コメントを書くにはログインが必要です。→ログイン