■連載一覧
  • トランプ大統領の衝撃 米国と世界はどこに向かう
  • 国防最前線・南西諸島はいま 第2部 自衛隊配備へ動く石垣島
  • 国防最前線・南西諸島はいま 第1部 与那国島・陸自駐屯地
  • トランプvsヒラリー 米大統領選まで1カ月
  • オバマのLGBT外交 米国と途上国の「文化戦争」
  • 2016/11/11
  • 2016/10/31
  • 2016/10/12
  • 2016/10/08
  • 2016/9/26
  • 2016 世界はどう動く-識者に聞く
  • 戦後70年 識者は語る
  • 2015 世界はどう動く-識者に聞く
  • 2014 世界はどう動く
  • 2016/1/04
  • 2015/8/09
  • 2015/1/07
  • 2014/1/06
  • 台湾に吹いた蔡英文旋風
  • ルポ・政権交代の攻防 台湾総統選
  • 二極化する香港 識者インタビュー
  • 香港誌「前哨」編集長 劉達文氏に聞く
  • 「雨傘革命」下の香港 揺れる一国二制度の行方
  • 揺れる香港 各派リーダーに聞く
  • 香港の普選運動 親中派民間団体代表の見方
  • 2016/1/18
  • 2015/12/26
  • 2015/7/12
  • 2014/11/21
  • 2014/11/14
  • 2014/11/06
  • 2014/7/08
  • ドゥテルテ大統領就任から3カ月 どこへ向かう比政権
  • 香港「自治」の行方 識者に聞く
  • 中華圏に浸透する同性婚
  • 中台関係の行方
  • 日米同盟と台湾 海洋安全保障の展望
  • 蔡英文時代の台湾 本土派路線のビジョンと課題
  • ASEANの夜明け アジアハイウエー7000キロルポ
  • 緊張 南シナ海
  • 中央アジア胎動 中国「新シルクロード」と日本の戦略
  • “政熱経熱”の中韓
  • 新QDRと米中軍事バランス
  • 新グレートゲーム・幻想だった中国の平和的台頭
  • 新グレートゲーム・中国南進の海
  • 2016/9/21
  • 2016/8/17
  • 2016/7/26
  • 2016/6/03
  • 2016/5/31
  • 2016/5/19
  • 2016/3/22
  • 2015/11/18
  • 2015/10/14
  • 2015/9/07
  • 2014/3/31
  • 2014/2/14
  • 2013/4/18
  • 多難な年明けのトルコ
  • EUと難民 UNHCRウィーン事務所報道官に聞く
  • ロシアのシリア内戦介入 アルアハラム財団事務局長に聞く
  • 2016/1/30
  • 2015/12/11
  • 2015/11/13
  • 蓮舫民進 疑問の船出
  • 新閣僚に聞く
  • 「立憲主義」について
  • 再改造内閣 始動
  • 安倍政権 新たな挑戦
  • 16参院選 注目区を行く
  • 伊勢志摩サミット
  • 憲法改正 ここが焦点
  • 筆坂元日本共産党ナンバー3と田村自民党政務調査会審議役が対談
  • 第3次安倍改造内閣スタート
  • 詳解 集団的自衛権 安保法制案の合憲性
  • 衆院選 自公圧勝 ~課題と展望~
  • ’14衆院選 注目区を行く
  • 第2次安倍改造内閣スタート
  • 日米首脳会談 成果と課題
  • 2016/9/17
  • 2016/9/02
  • 2016/8/22
  • 2016/8/04
  • 2016/7/12
  • 2016/6/30
  • 2016/5/23
  • 2016/4/25
  • 2016/4/04
  • 2015/10/08
  • 2015/8/06
  • 2014/12/16
  • 2014/12/07
  • 2014/9/05
  • 2014/4/26
  • 激震・翁長県政 「オール沖縄」の凋落
  • 普天間基地移設 経緯の検証と提言
  • 「援護法」に隠された沖縄戦の真実
  • 2016/1/26
  • 2015/10/01
  • 2013/7/08
  • どう見る金正恩体制 日韓専門家対談
  • 迎撃ミサイル配備 韓国の決断
  • 3代世襲“完成” 北朝鮮第7回党大会
  • 検証 元料理人 藤本氏の再訪朝
  • 韓国総選挙ショック
  • 日韓国交正常化50年 識者に聞く
  • どうする拉致解決 日朝ストックホルム合意1年
  • 日韓国交正常化50年 「嫌韓」「反日」を越えて
  • 張成沢氏失脚 北で何が起きたか
  • 2016/8/24
  • 2016/7/20
  • 2016/5/10
  • 2016/4/29
  • 2016/4/15
  • 2015/6/22
  • 2015/5/11
  • 2015/2/05
  • 2013/12/10
  • 待ったなし地球温暖化対策
  • 環境先進国フランスの挑戦
  • 迫る気候変動の脅威 どうする大災害への備え
  • 2016/1/02
  • 2015/10/07
  • 2015/9/21
  • トランプVSヒラリー 米大統領選まで3カ月
  • オバマ外交と次期米大統領の課題
  • 2016年米大統領選まで1年
  • 再考 オバマの世界観
  • オバマの対宗教戦争・第1部
  • オバマの対宗教戦争・第2部
  • 2016/8/06
  • 2016/6/14
  • 2015/11/08
  • 2015/7/06
  • 2013/8/05
  • 2013/9/30
  • JAXA宇宙探査計画
  • 2015/12/24
  • 中国にとって韓国は「親戚の家」?

     中国の習近平国家主席は先日、韓国を公式訪問し、中韓の蜜月ぶりを披露したが、韓国日刊紙の中央日報によると、習近平国家元首は韓国を「親戚の家」と呼んだという。いつから中国は韓国を親類の家と見なしてきたのだろうか。中国共産党政権の国家元首から「我々は親類」と呼ばれて果たしてどれだけの韓国民が快く感じただろうか。

     中央日報日本語電子版(13日付)は「中国が韓国を好意的に表現したのは高句麗滅亡以来初めてだ」と指摘、その変貌ぶりに当惑している。韓国民も同じだろう。南北分断下で生きる韓国民はその分断をもたらした責任の一端を担うのが中国だということを忘れてはいないだろう。習近平主席は中韓関係を「数千年にわたる熱い情の歴史」と述べたというが、中央日報記者は懐疑を呈している。以下、同記事の一部を紹介する。

     「習主席は、ソウル大学での講演で『歴史的に、危険が発生するたび、両国は共に苦難を克服した』と語った。習主席は、壬辰倭乱(文禄の役)や植民地時代の韓中共同抗日抗争を例に挙げた。間違ってはいない。しかし韓国人の記憶の中で、中国は味方だったことより、侵略者だったことの方がはるかに多い。高句麗は隋の煬帝や唐の太宗から侵略され、高麗は元の支配を受けた。丙子胡乱(1636~37年)のとき、清は朝鮮の国王に、膝をつかせ拝ませるという「三田渡の屈辱」を強いた。6・25戦争の際も、中国は韓国に銃口を向ける主敵だったと書いている。ここまでは、遠い昔に起こった過去の歴史ということで済ませるとしよう。問題は、中国の『歴史侵犯』がまだ終わっていないという点だ。高句麗を自国の歴史に編入しようとする、中国の『東北工程』は、現在もなお進められている。アリランや端午の節句、オンドルを『中国のもの』と主張し、キムチの縁故権まで主張している。こうした中国の歴史膨張主義は、いつか爆発して、韓国に刃が飛んでくるかもしれない。『厚い情の歴史』と簡単に片付けて済ませるには、危うい状況だ」

     習近平主席を接待した朴槿恵大統領には上記の記事を読まれることを勧めたい。韓国人記者が史実に基づき、中国に対する民族感情を適格に表現しているからだ。当方は朴大統領に中国国家元首に「歴史の正しい認識」を要求し、謝罪を要求すべきだと書いた。残念ながら、朴大統領は習近平主席に謝罪を求めず、ゲストを北京に帰らせてしまった。

     中国共産党政権は韓国を米国の対中包囲網突破の先兵に利用しているだけだ。韓国企業は現在、中国製の進出で世界の貿易市場で苦戦してきた。あと数年経過すれば、韓国製は中国製に完全に敗北してしまうだろう、と予想するエコノミストすらいるほどだ。その時、韓国は中国の親戚というより、その属国の地位に置かれているのではないかと懸念する。

     中国共産党政権には真の友人はいない。中国政府首脳は頻繁にアフリカ諸国を訪問するが、あくまでも資源外交であり、輸出先の開拓に過ぎない。アフリカ諸国は「中国の友人」ではない。北京は欧州諸国から「友人」扱いされることを願ってきたが、欧州側は中国共産党政権が独裁政権であり、人権蹂躙国家であることを熟知しているから、中国を「友人」とはみなさない。

     習近平主席は今年3月28日、ドイツを公式訪問し、アンゲラ・メルケル首相、 ヨアヒム・ガウク大統領と会談した。習主席は、両者から北京当局の人権蹂躙を指摘され、言論の自由の重要さを諭された。そして行く先々で海外亡命チベット人や法輪功信者たちの抗議デモに遭遇せざるを得なかった。独高級紙「フランクフルター・アルゲマイネ」(FAZ)は同月28日電子版で「中国とドイツはパートナーだが、友人ではない」(Partner, keine Freunde)と厳しい表現で両国関係を総括していたほどだ(「なぜ中国は欧州の友人でないのか」2014年3月31日付参考)。

     「真の友人」がいない中国共産党政権が昔の属国だった韓国を「親戚」と呼んで甘い声を掛けている。韓国が中国のその誘いに乗って国運を失わないことを期待する。中国は北朝鮮と同様、一党独裁政権なのだ。

    (ウィーン在住)

    0

    コメント

    コメントの書き込み・表示するにはログインが必要です(承認制)。