■連載一覧
  • 衆院選大勝 安倍政権への提言
  • 2017衆院選 国難と選択
  • 北暴走 揺れる韓国
  • どう見る北の脅威
  • 2017/10/25
  • 2017/10/16
  • 2017/9/21
  • 2017/9/19
  • 2016 世界はどう動く-識者に聞く
  • 戦後70年 識者は語る
  • 2015 世界はどう動く-識者に聞く
  • 2014 世界はどう動く
  • 2016/1/04
  • 2015/8/09
  • 2015/1/07
  • 2014/1/06
  • 香港・中国返還20年 「一国二制度」の前途
  • 台湾に吹いた蔡英文旋風
  • ルポ・政権交代の攻防 台湾総統選
  • 二極化する香港 識者インタビュー
  • 香港誌「前哨」編集長 劉達文氏に聞く
  • 「雨傘革命」下の香港 揺れる一国二制度の行方
  • 揺れる香港 各派リーダーに聞く
  • 香港の普選運動 親中派民間団体代表の見方
  • 2017/7/01
  • 2016/1/18
  • 2015/12/26
  • 2015/7/12
  • 2014/11/21
  • 2014/11/14
  • 2014/11/06
  • 2014/7/08
  • 南シナ海 強まる中国支配 安保専門家に聞く
  • ドゥテルテ大統領就任から3カ月 どこへ向かう比政権
  • 香港「自治」の行方 識者に聞く
  • 中華圏に浸透する同性婚
  • 中台関係の行方
  • 日米同盟と台湾 海洋安全保障の展望
  • 蔡英文時代の台湾 本土派路線のビジョンと課題
  • ASEANの夜明け アジアハイウエー7000キロルポ
  • 緊張 南シナ海
  • 中央アジア胎動 中国「新シルクロード」と日本の戦略
  • “政熱経熱”の中韓
  • 新QDRと米中軍事バランス
  • 新グレートゲーム・幻想だった中国の平和的台頭
  • 新グレートゲーム・中国南進の海
  • 2017/7/26
  • 2016/9/21
  • 2016/8/17
  • 2016/7/26
  • 2016/6/03
  • 2016/5/31
  • 2016/5/19
  • 2016/3/22
  • 2015/11/18
  • 2015/10/14
  • 2015/9/07
  • 2014/3/31
  • 2014/2/14
  • 2013/4/18
  • ムスリム同胞団とアラブ モハメド・F・ファラハト氏に聞く
  • 多難な年明けのトルコ
  • EUと難民 UNHCRウィーン事務所報道官に聞く
  • ロシアのシリア内戦介入 アルアハラム財団事務局長に聞く
  • 2017/9/01
  • 2016/1/30
  • 2015/12/11
  • 2015/11/13
  • 新閣僚に聞く
  • 第3次改造内閣 信頼回復へ始動
  • ’17首都決戦
  • 施行から70年 憲法改正を問う
  • どうなる「民共協力」 27回共産党大会の焦点
  • 蓮舫民進 疑問の船出
  • 新閣僚に聞く
  • 「立憲主義」について
  • 再改造内閣 始動
  • 安倍政権 新たな挑戦
  • 16参院選 注目区を行く
  • 伊勢志摩サミット
  • 憲法改正 ここが焦点
  • 筆坂元日本共産党ナンバー3と田村自民党政務調査会審議役が対談
  • 第3次安倍改造内閣スタート
  • 詳解 集団的自衛権 安保法制案の合憲性
  • 衆院選 自公圧勝 ~課題と展望~
  • ’14衆院選 注目区を行く
  • 第2次安倍改造内閣スタート
  • 日米首脳会談 成果と課題
  • 2017/9/07
  • 2017/8/06
  • 2017/6/27
  • 2017/4/26
  • 2017/1/09
  • 2016/9/17
  • 2016/9/02
  • 2016/8/22
  • 2016/8/04
  • 2016/7/12
  • 2016/6/30
  • 2016/5/23
  • 2016/4/25
  • 2016/4/04
  • 2015/10/08
  • 2015/8/06
  • 2014/12/16
  • 2014/12/07
  • 2014/9/05
  • 2014/4/26
  • 国防最前線・南西諸島はいま 第2部 自衛隊配備へ動く石垣島
  • 国防最前線・南西諸島はいま 第1部 与那国島・陸自駐屯地
  • 激震・翁長県政 「オール沖縄」の凋落
  • 普天間基地移設 経緯の検証と提言
  • 「援護法」に隠された沖縄戦の真実
  • 2016/10/31
  • 2016/10/12
  • 2016/1/26
  • 2015/10/01
  • 2013/7/08
  • 北朝鮮 制裁の現実
  • どう対処 北の脅威 米有識者に聞く
  • 9年ぶり左派政権 文在寅大統領の韓国
  • 弾劾の波紋 漂流する韓国政治
  • 検証・金正恩統治5年
  • どこへ行く混迷・韓国 国政介入事件の深層
  • どう見る金正恩体制 日韓専門家対談
  • 迎撃ミサイル配備 韓国の決断
  • 3代世襲“完成” 北朝鮮第7回党大会
  • 検証 元料理人 藤本氏の再訪朝
  • 韓国総選挙ショック
  • 日韓国交正常化50年 識者に聞く
  • どうする拉致解決 日朝ストックホルム合意1年
  • 日韓国交正常化50年 「嫌韓」「反日」を越えて
  • 張成沢氏失脚 北で何が起きたか
  • 2017/6/26
  • 2017/5/17
  • 2017/5/11
  • 2017/3/15
  • 2016/12/27
  • 2016/12/05
  • 2016/8/24
  • 2016/7/20
  • 2016/5/10
  • 2016/4/29
  • 2016/4/15
  • 2015/6/22
  • 2015/5/11
  • 2015/2/05
  • 2013/12/10
  • 待ったなし地球温暖化対策
  • 環境先進国フランスの挑戦
  • 迫る気候変動の脅威 どうする大災害への備え
  • 2016/1/02
  • 2015/10/07
  • 2015/9/21
  • 「情報戦争」時代と米国
  • 米軍再建への課題-元上級将校の提言
  • トランプ政権始動
  • トランプ大統領の衝撃 米国と世界はどこに向かう
  • トランプvsヒラリー 米大統領選まで1カ月
  • オバマのLGBT外交 米国と途上国の「文化戦争」
  • トランプVSヒラリー 米大統領選まで3カ月
  • オバマ外交と次期米大統領の課題
  • 2016年米大統領選まで1年
  • 再考 オバマの世界観
  • オバマの対宗教戦争・第1部
  • オバマの対宗教戦争・第2部
  • 2017/4/03
  • 2017/2/28
  • 2017/1/22
  • 2016/11/11
  • 2016/10/08
  • 2016/9/26
  • 2016/8/06
  • 2016/6/14
  • 2015/11/08
  • 2015/7/06
  • 2013/8/05
  • 2013/9/30
  • JAXA宇宙探査計画
  • 2015/12/24
  • 安東 幹
    安東 幹
    共産党問題
    坂東 忠信
    坂東 忠信
    元警視庁北京語通訳捜査官
    古川 光輝
    古川 光輝
    保守国際派
    細川 珠生
    細川 珠生
    政治評論家
    井上 政典
    井上 政典
    歴史ナビゲーター
    伊勢 雅臣
    伊勢 雅臣
    「国際派日本人養成講座」編集長
    河添 恵子
    河添 恵子
    ノンフィクション作家
    宮本 惇夫
    宮本 惇夫
    企業・経営
    中村 仁
    中村 仁
    元全国紙経済記者
    石平
    石平
    評論家
    宇佐美 典也
    宇佐美 典也
    エネルギーコンサルタント

    マクロン大統領の書きかけの「小説」

     誤解していたのかもしれない。ロスチャイルド家系の名門銀行から政界に飛び込み、大統領にまで這い上がった青年を当方は「銀行マンから大統領になったポピュリスト」という程度でしか理解していなかったが、その青年は英雄と物語を愛し、ひょとしたら本人もその世界の住人ではないかと思えるほどだ。政治家のイメージは全く感じさせない。青年はフランスのエマニュエル・マクロン大統領(39)だ。

    シュピーゲル

    マクロン大統領との単独会見を掲載する独週刊誌シュピーゲルの表紙

     フランス大統領への見方が変わった直接のきかっけは独週刊誌シュピーゲル(10月14日号)の8頁に及ぶ同大統領との単独会見だ。マクロン大統領は資本主義の先端を走る一流銀行から大統領府に入ったラッキーな青年というより、ドラマを愛し、それを創造していく若き芸術家の姿を彷彿させるのだ。シュピーゲルは「僕は傲慢ではないよ」という見出しでマクロン氏の顔写真を表紙に掲載している。

     大統領府には1匹の雄犬がいる。ネモ(Nemo)と呼ぶ。ラテン語ではノーボデイ―を意味する。捨犬や猫をお世話する動物ハウスからネモを譲り受けてきた。

     マクロン氏曰く、「彼(ネモ)は動物ハウスからフランス大統領府のエリゼ宮殿の住人となったんだよ。考えられない人生の激変だね。もちろん、ネモ自身はそんなこと考えていないと思うがね」と笑いながらいう。

     マクロン氏は自身を「どん底の世界にいたネモを最高の宮殿の住人に引き上げた神のような存在」とは考えていない。彼はそのネモの人生の激変にあたかも第3者のように驚きと感動を覚えて見つめているのだ。

     インタビューの最後に、「今夜、宮殿内でコンサートが行われるが、貧困地域の子供たちと宮殿職員の家族200人余りを招いている。彼らは宮殿でコンサートを聴くことなどなかっただろう。宮殿に住む恩恵を他の人々と共に分かちあえればうれしいね」という。

     マクロン氏の上記の2つの話は受け取り方次第では「マクロン氏はなんと傲慢な人間だろうか。自分を何と考えているのだろうか」という印象を持つかもしれないが、シュピーゲルの記事を読んでいくと、そうではないことが理解できる。マクロン氏自身には「自分がそのドラマを演出した」という自覚が余りないからだ。彼は自分の人生も含め、ドラマに惹かれ、感動しているだけなのだ。

     マクロン氏は会見では、「勇気」とか、「野心的」という言葉を多発する。「野心的という言葉は絶対、謙遜を意味しない。謙遜を意味するのなら、僕は野心的でありたいとは思わないよ」と説明。ドイツのメルケル首相への人物評価の中でも、「彼女は能力のある政治家だ」「勇気ある指導者だ」と指摘する。「勇気ある政治家だ」と他国の指導者を褒める政治家はあまりいないだろう。

     勇気、高貴な気質は中世時代の貴族たちが憧れた気質だ。マクロン氏自身は、「自分は中流階級出身だよ」というが、その気質はどこか中世貴族の王子のような雰囲気がある。

     マクロン氏は、「現代には英雄や物語が必要だが、メディアはそれらに強い不信感があり、ことごとく崩していくのは残念だ」という。フランス大統領という地位についても、「政治的、技術的意味合いより、象徴的な意味が重要だ。国民は政治的英雄、指導者を必要としている。カトリック教国のフランスの国民の思考世界は垂直的だ。その点、プロテスタントのドイツ国民とは異なる。フランス人は常に上からの指示を待っている。それを受けると、従う。もちろん、国民はその英雄を、時が来れば追放し、新しい英雄を探し出す」という。

     マクロン氏のデスクの引き出しの中には書きかけの3つの小説の原稿が入っているという。「いつかは完成させたいね」という。「時間が許せば、毎晩本を読んでいるよ」という。代表作「素粒子」が日本語にも翻訳され、最新作の「服従」で話題を呼んだフランス作家ミシェル・ウエルベック(Michel Houellebecq)氏の本にも通じている。ドイツ人作家でノーベル文学賞を受賞したギュンター・グラスの作品を読んでいる。音楽では「やはりモーツアルトが好きだ」という。

     約70分間のインタビューの中には政治的テーマにも答えているが、会見記事を読んだ後、印象に残るのはマクロン氏の物語の世界だ。「大統領府の生活にも慣れてきた。家族たちも最初は戸惑いもあったが、今は普通の生活といった雰囲気になってきた。宮殿にも住む人がいた方がいい」という。

     ブリジット夫人と1週間に1度、じっくりと顔を合わせるぐらいで超多忙の日々だ。「僕は今、旅行が多い。世界至る所を訪問しているよ」という。フランソワ・オランド前大統領は毎日、早朝4時に目を覚まし、スマートフォンで情報をチェックした後、再びベットに入る生活をしていたというが、後任者のマクロン氏の生活は物語の世界を生き、旅に出かける日々だ。

     マクロン氏への批判の声も上がってきた。当人はそれを気にしていない。政治では非常に現実的な対応をする。メルケル独首相を尊敬し、「助け合いながら欧州の刷新を実施していきたい」という。

     第1期の任期5年が終わった頃、マクロン氏の世界は変わっているだろうか。いずれにしても、大統領職を終えた後もマクロン氏の人生は長い。書きかけの小説を完結する時間は十分ある。

    (ウィーン在住)

    4

    コメント

    コメントの書き込み・表示するにはログインが必要です(承認制)。