■連載一覧
  • 北暴走 揺れる韓国
  • どう見る北の脅威
  • 新閣僚に聞く
  • ムスリム同胞団とアラブ モハメド・F・ファラハト氏に聞く
  • 第3次改造内閣 信頼回復へ始動
  • 2017/9/21
  • 2017/9/19
  • 2017/9/07
  • 2017/9/01
  • 2017/8/06
  • 2016 世界はどう動く-識者に聞く
  • 戦後70年 識者は語る
  • 2015 世界はどう動く-識者に聞く
  • 2014 世界はどう動く
  • 2016/1/04
  • 2015/8/09
  • 2015/1/07
  • 2014/1/06
  • 香港・中国返還20年 「一国二制度」の前途
  • 台湾に吹いた蔡英文旋風
  • ルポ・政権交代の攻防 台湾総統選
  • 二極化する香港 識者インタビュー
  • 香港誌「前哨」編集長 劉達文氏に聞く
  • 「雨傘革命」下の香港 揺れる一国二制度の行方
  • 揺れる香港 各派リーダーに聞く
  • 香港の普選運動 親中派民間団体代表の見方
  • 2017/7/01
  • 2016/1/18
  • 2015/12/26
  • 2015/7/12
  • 2014/11/21
  • 2014/11/14
  • 2014/11/06
  • 2014/7/08
  • 南シナ海 強まる中国支配 安保専門家に聞く
  • ドゥテルテ大統領就任から3カ月 どこへ向かう比政権
  • 香港「自治」の行方 識者に聞く
  • 中華圏に浸透する同性婚
  • 中台関係の行方
  • 日米同盟と台湾 海洋安全保障の展望
  • 蔡英文時代の台湾 本土派路線のビジョンと課題
  • ASEANの夜明け アジアハイウエー7000キロルポ
  • 緊張 南シナ海
  • 中央アジア胎動 中国「新シルクロード」と日本の戦略
  • “政熱経熱”の中韓
  • 新QDRと米中軍事バランス
  • 新グレートゲーム・幻想だった中国の平和的台頭
  • 新グレートゲーム・中国南進の海
  • 2017/7/26
  • 2016/9/21
  • 2016/8/17
  • 2016/7/26
  • 2016/6/03
  • 2016/5/31
  • 2016/5/19
  • 2016/3/22
  • 2015/11/18
  • 2015/10/14
  • 2015/9/07
  • 2014/3/31
  • 2014/2/14
  • 2013/4/18
  • 多難な年明けのトルコ
  • EUと難民 UNHCRウィーン事務所報道官に聞く
  • ロシアのシリア内戦介入 アルアハラム財団事務局長に聞く
  • 2016/1/30
  • 2015/12/11
  • 2015/11/13
  • ’17首都決戦
  • 施行から70年 憲法改正を問う
  • どうなる「民共協力」 27回共産党大会の焦点
  • 蓮舫民進 疑問の船出
  • 新閣僚に聞く
  • 「立憲主義」について
  • 再改造内閣 始動
  • 安倍政権 新たな挑戦
  • 16参院選 注目区を行く
  • 伊勢志摩サミット
  • 憲法改正 ここが焦点
  • 筆坂元日本共産党ナンバー3と田村自民党政務調査会審議役が対談
  • 第3次安倍改造内閣スタート
  • 詳解 集団的自衛権 安保法制案の合憲性
  • 衆院選 自公圧勝 ~課題と展望~
  • ’14衆院選 注目区を行く
  • 第2次安倍改造内閣スタート
  • 日米首脳会談 成果と課題
  • 2017/6/27
  • 2017/4/26
  • 2017/1/09
  • 2016/9/17
  • 2016/9/02
  • 2016/8/22
  • 2016/8/04
  • 2016/7/12
  • 2016/6/30
  • 2016/5/23
  • 2016/4/25
  • 2016/4/04
  • 2015/10/08
  • 2015/8/06
  • 2014/12/16
  • 2014/12/07
  • 2014/9/05
  • 2014/4/26
  • 国防最前線・南西諸島はいま 第2部 自衛隊配備へ動く石垣島
  • 国防最前線・南西諸島はいま 第1部 与那国島・陸自駐屯地
  • 激震・翁長県政 「オール沖縄」の凋落
  • 普天間基地移設 経緯の検証と提言
  • 「援護法」に隠された沖縄戦の真実
  • 2016/10/31
  • 2016/10/12
  • 2016/1/26
  • 2015/10/01
  • 2013/7/08
  • 北朝鮮 制裁の現実
  • どう対処 北の脅威 米有識者に聞く
  • 9年ぶり左派政権 文在寅大統領の韓国
  • 弾劾の波紋 漂流する韓国政治
  • 検証・金正恩統治5年
  • どこへ行く混迷・韓国 国政介入事件の深層
  • どう見る金正恩体制 日韓専門家対談
  • 迎撃ミサイル配備 韓国の決断
  • 3代世襲“完成” 北朝鮮第7回党大会
  • 検証 元料理人 藤本氏の再訪朝
  • 韓国総選挙ショック
  • 日韓国交正常化50年 識者に聞く
  • どうする拉致解決 日朝ストックホルム合意1年
  • 日韓国交正常化50年 「嫌韓」「反日」を越えて
  • 張成沢氏失脚 北で何が起きたか
  • 2017/6/26
  • 2017/5/17
  • 2017/5/11
  • 2017/3/15
  • 2016/12/27
  • 2016/12/05
  • 2016/8/24
  • 2016/7/20
  • 2016/5/10
  • 2016/4/29
  • 2016/4/15
  • 2015/6/22
  • 2015/5/11
  • 2015/2/05
  • 2013/12/10
  • 待ったなし地球温暖化対策
  • 環境先進国フランスの挑戦
  • 迫る気候変動の脅威 どうする大災害への備え
  • 2016/1/02
  • 2015/10/07
  • 2015/9/21
  • 「情報戦争」時代と米国
  • 米軍再建への課題-元上級将校の提言
  • トランプ政権始動
  • トランプ大統領の衝撃 米国と世界はどこに向かう
  • トランプvsヒラリー 米大統領選まで1カ月
  • オバマのLGBT外交 米国と途上国の「文化戦争」
  • トランプVSヒラリー 米大統領選まで3カ月
  • オバマ外交と次期米大統領の課題
  • 2016年米大統領選まで1年
  • 再考 オバマの世界観
  • オバマの対宗教戦争・第1部
  • オバマの対宗教戦争・第2部
  • 2017/4/03
  • 2017/2/28
  • 2017/1/22
  • 2016/11/11
  • 2016/10/08
  • 2016/9/26
  • 2016/8/06
  • 2016/6/14
  • 2015/11/08
  • 2015/7/06
  • 2013/8/05
  • 2013/9/30
  • JAXA宇宙探査計画
  • 2015/12/24
  • 安東 幹
    安東 幹
    共産党問題
    坂東 忠信
    坂東 忠信
    元警視庁北京語通訳捜査官
    古川 光輝
    古川 光輝
    保守国際派
    細川 珠生
    細川 珠生
    政治評論家
    井上 政典
    井上 政典
    歴史ナビゲーター
    伊勢 雅臣
    伊勢 雅臣
    「国際派日本人養成講座」編集長
    河添 恵子
    河添 恵子
    ノンフィクション作家
    宮本 惇夫
    宮本 惇夫
    企業・経営
    中村 仁
    中村 仁
    元全国紙経済記者
    石平
    石平
    評論家
    宇佐美 典也
    宇佐美 典也
    エネルギーコンサルタント

    メルケル独首相の4選は当確圏に

     ドイツで来月24日、隣国オーストリアで10月15日、それぞれ総選挙が実施される。ドイツ連邦議会選(下院)ではメルケル首相が率いる与党第1党「キリスト教民主同盟」(CDU)がここにきてライバル政党「社会民主党」(SPD)を10から15ポイントの大差をつけてトップを走っている。メルケル首相の4選は現時点では濃厚だ。

    800

    オーストリアの与党・社民党の選挙看板(中央はケルン首相)=2017年8月23日、ウィ―ン市内で撮影

     一方、オーストリアでは30歳の若さのセバスティアン・クルツ党首(外相)の保守政党「国民党」が、ケルン首相の与党第1党「社会民主党」、野党第1党の極右政党「自由党」を引き離し第1位を維持している。クルツ外相はフランスのエマニュエル・マクロン新大統領が自身の政治運動「アン・マルシェ!」(En Marche!=進め!)を結成して選挙戦を戦い圧勝したように、「セバスチャン・クルツのリスト、新国民党」を創設し、著名人を候補者リストに掲げ、従来の国民党のイメージを大きく刷新して選挙戦に臨んでいる。

     先ず、ドイツ連邦議会選では、メルケル首相がその強運を遺憾なく発揮している。今年初め、4選は難しいとみられていた。主因は2015年秋からの難民・移民殺到を誘発した難民歓迎政策の責任が追及され、支持率を急速に失っていたからだ。一方、社民党が今年3月19日、欧州議会議長を5年間務めたマルティン・シュルツ氏を新党首に迎え、新風を巻き起こす勢いを示していたこともある。メルケル首相の4選の芽はこれで絶たれたかといわれたほどだ。

     しかし、その直後に実施された3州の議会選(ザールランド州3月26日、シュレスヴィヒ・ホルシュタイン州5月7日、ノルトライン=ヴェストファーレン州5月14日)でメルケル首相のCDUが大健闘する一方、シュルツ党首の社会党は全敗を喫してしまった。シュルツ新党首の人気はがた落ちし、「メルケル首相はやはり強い」という印象を国民に強烈に植え付けてしまったのだ。世論調査でもCDUとSPDの支持率は逆転し、メルケル首相の独走が始まったというわけだ。

     新党首を得た社民党の選挙戦の拙さもあったが、メルケル首相の人気回復の背景には、やはり、ドイツの国民経済が欧州で最も安定しているという事実がある。大多数の国民はチェンジより現状維持を望んでいるからだ。失業率は低下し、メルケル首相の口から「2025年までに完全雇用を達成する」という言葉が飛び出すほどだ。欧州諸国の経済がもうひとつ回復しない中で、ドイツ経済だけが順調なことから、トランプ米大統領は「グロバリゼーションでドイツは独り勝ちしている」と不満を吐露したほどだ。

     もちろん、フォルクスワーゲン(VW)を皮切りにディ―ゼル車の排気ガス不正問題が次々と発覚し、“メイド・イン・ジャーマニー”の名を汚したが、メルケル首相自身が輸出国ドイツの看板を担う自動車大手会社の不正問題に対し、「ドイツ車の信頼を落とした」と厳しく批判、メルケル政権の姿勢を明確にし、現政権下で発覚した不正問題のダメージを最小限に抑えることに成功している。社民党はメルケル政権の連立政権パートナーだったこともあって、メルケル首相の難民政策を直接批判しにくいという事情もある。

     メルケル首相の難民歓迎政策が理由で険悪な関係となっていたバイエルン州の「キリスト教社会同盟」(CSU)もここにきてメルケル首相を支援する方向に軌道修正してきた。右派政党の新党「ドイツのための選択肢」(AfD)は選挙の度に躍進してきたが、党内のゴタゴタでその勢いを失ってきた。唯一、中道リベラルの「自由民主党」(FPD)が支持率を伸ばし、連邦議会での議席回復を確実にしている。「同盟90/緑の党」と左翼党は現状維持が精一杯だろう。SPDが投票日までに何らかの対策を講じない限り、「世界で最も影響力のある女性」の常連、メルケル首相はゴールを楽々と駆け抜けるだろう。

     一方、オーストリアのクルツ党首は外相として厳格な難民政策を展開し、対バルカン諸国の国境線を閉鎖する一方、北アフリカから難民が殺到しているイタリアからの難民流入を阻止するためチロル州の国境線監視の強化を打ち出している。同外相の難民政策は大多数の国民の支持を得ている。

     同国メディアの世論調査では国民党の支持率は32%前後でトップ、それを社民党と極右政党「自由党」(ハインツ・クリスティアン・シュトラーヒェ党首)両党が25%前後で追っている。クルツ外相は批判政党として躍進し続けてきた自由党の支持をも奪う勢いを見せているだけに、自由党も内心、穏やかではない。シュトラーヒェ党首は「クルツ外相はわが党の難民政策をコピーしただけだ」と嫌味をいっているほどだ。

     オーストリア政界を戦後から常に主導してきた社民党は凋落傾向にストップをかけられるかどうか、その動向が注目されている。社民党では昨年5月、ファイマン首相に代わって就任したケルン現首相が奮闘中だが、政策は新鮮味に欠け、有権者へのアピールが不足している。

     もちろん、クルツ外相の個人的人気だけで選挙を勝利できるほど現実は甘くないかもしれない。マクロン大統領は旋風を巻き起こし、大統領選後の議会選でも圧勝したが、就任100日が過ぎた今日、同大統領の人気は急落している。個人的な人気だけでは、安定した政治運営が難しいことは明らかだ。それだけに、クルツ国民党は地に足をつけた選挙戦を展開する必要があるだろう。ただし、ドイツでメルケル首相が4選を果たせば、CDUの姉妹政党の国民党はその勝利の恵みを共有できるチャンスが広がるだろう。

    (ウィーン在住)

    1

    コメント

    コメントの書き込み・表示するにはログインが必要です(承認制)。