■連載一覧
  • 衆院選大勝 安倍政権への提言
  • 2017衆院選 国難と選択
  • 北暴走 揺れる韓国
  • どう見る北の脅威
  • 2017/10/25
  • 2017/10/16
  • 2017/9/21
  • 2017/9/19
  • 2016 世界はどう動く-識者に聞く
  • 戦後70年 識者は語る
  • 2015 世界はどう動く-識者に聞く
  • 2014 世界はどう動く
  • 2016/1/04
  • 2015/8/09
  • 2015/1/07
  • 2014/1/06
  • 香港・中国返還20年 「一国二制度」の前途
  • 台湾に吹いた蔡英文旋風
  • ルポ・政権交代の攻防 台湾総統選
  • 二極化する香港 識者インタビュー
  • 香港誌「前哨」編集長 劉達文氏に聞く
  • 「雨傘革命」下の香港 揺れる一国二制度の行方
  • 揺れる香港 各派リーダーに聞く
  • 香港の普選運動 親中派民間団体代表の見方
  • 2017/7/01
  • 2016/1/18
  • 2015/12/26
  • 2015/7/12
  • 2014/11/21
  • 2014/11/14
  • 2014/11/06
  • 2014/7/08
  • 南シナ海 強まる中国支配 安保専門家に聞く
  • ドゥテルテ大統領就任から3カ月 どこへ向かう比政権
  • 香港「自治」の行方 識者に聞く
  • 中華圏に浸透する同性婚
  • 中台関係の行方
  • 日米同盟と台湾 海洋安全保障の展望
  • 蔡英文時代の台湾 本土派路線のビジョンと課題
  • ASEANの夜明け アジアハイウエー7000キロルポ
  • 緊張 南シナ海
  • 中央アジア胎動 中国「新シルクロード」と日本の戦略
  • “政熱経熱”の中韓
  • 新QDRと米中軍事バランス
  • 新グレートゲーム・幻想だった中国の平和的台頭
  • 新グレートゲーム・中国南進の海
  • 2017/7/26
  • 2016/9/21
  • 2016/8/17
  • 2016/7/26
  • 2016/6/03
  • 2016/5/31
  • 2016/5/19
  • 2016/3/22
  • 2015/11/18
  • 2015/10/14
  • 2015/9/07
  • 2014/3/31
  • 2014/2/14
  • 2013/4/18
  • ムスリム同胞団とアラブ モハメド・F・ファラハト氏に聞く
  • 多難な年明けのトルコ
  • EUと難民 UNHCRウィーン事務所報道官に聞く
  • ロシアのシリア内戦介入 アルアハラム財団事務局長に聞く
  • 2017/9/01
  • 2016/1/30
  • 2015/12/11
  • 2015/11/13
  • 新閣僚に聞く
  • 第3次改造内閣 信頼回復へ始動
  • ’17首都決戦
  • 施行から70年 憲法改正を問う
  • どうなる「民共協力」 27回共産党大会の焦点
  • 蓮舫民進 疑問の船出
  • 新閣僚に聞く
  • 「立憲主義」について
  • 再改造内閣 始動
  • 安倍政権 新たな挑戦
  • 16参院選 注目区を行く
  • 伊勢志摩サミット
  • 憲法改正 ここが焦点
  • 筆坂元日本共産党ナンバー3と田村自民党政務調査会審議役が対談
  • 第3次安倍改造内閣スタート
  • 詳解 集団的自衛権 安保法制案の合憲性
  • 衆院選 自公圧勝 ~課題と展望~
  • ’14衆院選 注目区を行く
  • 第2次安倍改造内閣スタート
  • 日米首脳会談 成果と課題
  • 2017/9/07
  • 2017/8/06
  • 2017/6/27
  • 2017/4/26
  • 2017/1/09
  • 2016/9/17
  • 2016/9/02
  • 2016/8/22
  • 2016/8/04
  • 2016/7/12
  • 2016/6/30
  • 2016/5/23
  • 2016/4/25
  • 2016/4/04
  • 2015/10/08
  • 2015/8/06
  • 2014/12/16
  • 2014/12/07
  • 2014/9/05
  • 2014/4/26
  • 国防最前線・南西諸島はいま 第2部 自衛隊配備へ動く石垣島
  • 国防最前線・南西諸島はいま 第1部 与那国島・陸自駐屯地
  • 激震・翁長県政 「オール沖縄」の凋落
  • 普天間基地移設 経緯の検証と提言
  • 「援護法」に隠された沖縄戦の真実
  • 2016/10/31
  • 2016/10/12
  • 2016/1/26
  • 2015/10/01
  • 2013/7/08
  • 北朝鮮 制裁の現実
  • どう対処 北の脅威 米有識者に聞く
  • 9年ぶり左派政権 文在寅大統領の韓国
  • 弾劾の波紋 漂流する韓国政治
  • 検証・金正恩統治5年
  • どこへ行く混迷・韓国 国政介入事件の深層
  • どう見る金正恩体制 日韓専門家対談
  • 迎撃ミサイル配備 韓国の決断
  • 3代世襲“完成” 北朝鮮第7回党大会
  • 検証 元料理人 藤本氏の再訪朝
  • 韓国総選挙ショック
  • 日韓国交正常化50年 識者に聞く
  • どうする拉致解決 日朝ストックホルム合意1年
  • 日韓国交正常化50年 「嫌韓」「反日」を越えて
  • 張成沢氏失脚 北で何が起きたか
  • 2017/6/26
  • 2017/5/17
  • 2017/5/11
  • 2017/3/15
  • 2016/12/27
  • 2016/12/05
  • 2016/8/24
  • 2016/7/20
  • 2016/5/10
  • 2016/4/29
  • 2016/4/15
  • 2015/6/22
  • 2015/5/11
  • 2015/2/05
  • 2013/12/10
  • 待ったなし地球温暖化対策
  • 環境先進国フランスの挑戦
  • 迫る気候変動の脅威 どうする大災害への備え
  • 2016/1/02
  • 2015/10/07
  • 2015/9/21
  • 「情報戦争」時代と米国
  • 米軍再建への課題-元上級将校の提言
  • トランプ政権始動
  • トランプ大統領の衝撃 米国と世界はどこに向かう
  • トランプvsヒラリー 米大統領選まで1カ月
  • オバマのLGBT外交 米国と途上国の「文化戦争」
  • トランプVSヒラリー 米大統領選まで3カ月
  • オバマ外交と次期米大統領の課題
  • 2016年米大統領選まで1年
  • 再考 オバマの世界観
  • オバマの対宗教戦争・第1部
  • オバマの対宗教戦争・第2部
  • 2017/4/03
  • 2017/2/28
  • 2017/1/22
  • 2016/11/11
  • 2016/10/08
  • 2016/9/26
  • 2016/8/06
  • 2016/6/14
  • 2015/11/08
  • 2015/7/06
  • 2013/8/05
  • 2013/9/30
  • JAXA宇宙探査計画
  • 2015/12/24
  • 安東 幹
    安東 幹
    共産党問題
    坂東 忠信
    坂東 忠信
    元警視庁北京語通訳捜査官
    古川 光輝
    古川 光輝
    保守国際派
    細川 珠生
    細川 珠生
    政治評論家
    井上 政典
    井上 政典
    歴史ナビゲーター
    伊勢 雅臣
    伊勢 雅臣
    「国際派日本人養成講座」編集長
    河添 恵子
    河添 恵子
    ノンフィクション作家
    宮本 惇夫
    宮本 惇夫
    企業・経営
    中村 仁
    中村 仁
    元全国紙経済記者
    石平
    石平
    評論家
    宇佐美 典也
    宇佐美 典也
    エネルギーコンサルタント

    モーセの十戒「汝、人を殺すなかれ」

     ドイツ北部ハンブルクの百貨店で先月28日、1人の男(26)が台所用刃物で買い物客らを襲い、店の近くにいた1人の男性を殺害し、6人を負傷させた。男は近くにいた市民らによって現場で捕まった。男はアラブ首長国連邦(UAE)生まれのパレスチナ人。ドイツで難民申請したが認められず、強制退去となる予定だった。

    ウィーン市内

    真夏のウィーン市内を歩く人々(2017年7月31日、ウィ―ンで撮影)

     このニュースが流れてきた時、「また、大変なことが起きた」と思った。独メディアの中には、容疑者の男は犯行中、「神は偉大なり」というアラブ語(アッラーフ・アクバル)を叫んでいたという証言を報道していたからだ。

     その2日後、ドイツから別の事件発生の急報が流れてきた。ドイツ南部のコンスタンツのディスコで30日早朝、男が自動小銃で1人を射殺、3人を負傷させる事件が起きた。男は警察官との間で銃撃戦となり、射殺された。男はイラク出身でコンスタンツに長期間住んでいる。ディスコの警備員と喧嘩となり、いったん自宅に戻って自動小銃を持参して、ディスコに行き、警備員らに向けて乱射したという。

     最初の事件はイスラム過激テロ事件の可能性が高いが、後者は激怒に走った男が自動小銃を乱射した事件で、イスラム過激テロ事件ではない。問題はどこで男は自動小銃を手に入れたかだ。

     ところで、当方は殺人事件に強い関心がある。誤解しないでほしい。厳密にいえば、殺人の動機についてだ。人はなぜ殺すのか。イスラム過激テロリストの場合、異教徒を殺すことは「神の願いに合致している」と信じ、殺人行為が一種の「信仰告白」の表現となっている。だから、犯行を隠すことはなく、むしろ宣言する。イスラム過激テロ組織「イスラム国」(IS)は犯行を世界に向かって表明する。

     コンスタンツの事件の場合、犯行の主因は「激怒」だった。自分の願いや行動を妨害する人間への怒りが殺人のきっかけとなった。ハンブルクのテロ事件より、犯行動機は原始的な発露ともいえる。イスラエル60万人を引き連れてエジプトから出発した指導者モーセが神の約束した福地、カナンを目の前にしながら入ることが出来なかった主因は激怒だった(旧約聖書「出エジプト記)。怒りは人を誤導し、予想外の結果をもたらすことがある。

     変わった殺人動機としては、アルベール・カミュの小説「異邦人」の主人公、ムルソーの証言だ。彼は友人の事件に巻き込まれ、アラブ人を殺した。裁判でその犯行動機を問われた時、ムルソーは「太陽が眩しかったからだ」と答えたという話は有名だ(「異邦人」は、43歳でノーベル文学賞を取ったカミュの代表作品)。

     ムルソーの犯行動機と比べると、フョードル・ドストエフスキーの「罪と罰」の主人公、元大学生ラスコーリニコフの場合は少々複雑だ。「選ばれた非凡人は、社会道徳を踏み外す権利を持つ」という独自の犯罪理論から、金貸しの強欲な老婆を殺害した。
     
     ちなみに、ラスコーリニコフの犯罪を想起させる冷酷な犯罪が最近、ドイツで起きている。このコラム欄で報道済みだが、独西部ドルトムントで今年4月11日、欧州選手権チャンピオン・リーグ準々決勝に出場するドルトムントの選手たちを乗せたバスが宿泊ホテルを出て試合場に向かった直後、3度の爆発が発生、幸い、DFマルク・バルトラ選手と警察官が軽傷しただけで済んだ。捜査が進むにつれ、事件は株のオプション取引で経済的利潤を狙った犯行だったことが判明した。爆弾でドルトムント選手を殺害、ないしは負傷させ、BVBの株を暴落させ、いわゆる株の暴落(Put Option)で巨額な金を手に入れようとした犯罪だった。独バーデン=ヴュルテンベルク州のテュービンゲン市に住むSergej Wというロシア系ドイツ人(28)が逮捕された。容疑者は仕掛けた爆弾の爆発後、BVBの宿泊ホテル内のレストランでステーキを食べながら事件後の動きをフォローしていた(「ドルトムント『テロ事件』と株価操作」2017年4月23日参考)。現代版ラスコーリニコフだ。違いは、ドイツの容疑者は犯行後も悔い改めていないことだ。

    実際の殺人事件の大多数は知り合い、友人、家族の間で起きている。すなわち、身近な人間関係のこじれが殺人事件を誘発させているわけだ。路上で全く知らない人から殺される危険性は幸い、非常に少ない。だから、名探偵モンクも犯人を見つけ出すことができるわけだ。

     動物は自分の生存が脅かされない限り、他の動物を殺さないといわれている。人間だけが自身の感情や思想から人を殺す。「人間は万物の霊長」と呼ばれて久しいが、人はその地位を誇ることができるだろうか。

    (ウィーン在住)

    4

    コメント

    コメントの書き込み・表示するにはログインが必要です(承認制)。