■連載一覧
  • トランプ大統領の衝撃 米国と世界はどこに向かう
  • 国防最前線・南西諸島はいま 第2部 自衛隊配備へ動く石垣島
  • 国防最前線・南西諸島はいま 第1部 与那国島・陸自駐屯地
  • トランプvsヒラリー 米大統領選まで1カ月
  • オバマのLGBT外交 米国と途上国の「文化戦争」
  • 2016/11/11
  • 2016/10/31
  • 2016/10/12
  • 2016/10/08
  • 2016/9/26
  • 2016 世界はどう動く-識者に聞く
  • 戦後70年 識者は語る
  • 2015 世界はどう動く-識者に聞く
  • 2014 世界はどう動く
  • 2016/1/04
  • 2015/8/09
  • 2015/1/07
  • 2014/1/06
  • 台湾に吹いた蔡英文旋風
  • ルポ・政権交代の攻防 台湾総統選
  • 二極化する香港 識者インタビュー
  • 香港誌「前哨」編集長 劉達文氏に聞く
  • 「雨傘革命」下の香港 揺れる一国二制度の行方
  • 揺れる香港 各派リーダーに聞く
  • 香港の普選運動 親中派民間団体代表の見方
  • 2016/1/18
  • 2015/12/26
  • 2015/7/12
  • 2014/11/21
  • 2014/11/14
  • 2014/11/06
  • 2014/7/08
  • ドゥテルテ大統領就任から3カ月 どこへ向かう比政権
  • 香港「自治」の行方 識者に聞く
  • 中華圏に浸透する同性婚
  • 中台関係の行方
  • 日米同盟と台湾 海洋安全保障の展望
  • 蔡英文時代の台湾 本土派路線のビジョンと課題
  • ASEANの夜明け アジアハイウエー7000キロルポ
  • 緊張 南シナ海
  • 中央アジア胎動 中国「新シルクロード」と日本の戦略
  • “政熱経熱”の中韓
  • 新QDRと米中軍事バランス
  • 新グレートゲーム・幻想だった中国の平和的台頭
  • 新グレートゲーム・中国南進の海
  • 2016/9/21
  • 2016/8/17
  • 2016/7/26
  • 2016/6/03
  • 2016/5/31
  • 2016/5/19
  • 2016/3/22
  • 2015/11/18
  • 2015/10/14
  • 2015/9/07
  • 2014/3/31
  • 2014/2/14
  • 2013/4/18
  • 多難な年明けのトルコ
  • EUと難民 UNHCRウィーン事務所報道官に聞く
  • ロシアのシリア内戦介入 アルアハラム財団事務局長に聞く
  • 2016/1/30
  • 2015/12/11
  • 2015/11/13
  • 蓮舫民進 疑問の船出
  • 新閣僚に聞く
  • 「立憲主義」について
  • 再改造内閣 始動
  • 安倍政権 新たな挑戦
  • 16参院選 注目区を行く
  • 伊勢志摩サミット
  • 憲法改正 ここが焦点
  • 筆坂元日本共産党ナンバー3と田村自民党政務調査会審議役が対談
  • 第3次安倍改造内閣スタート
  • 詳解 集団的自衛権 安保法制案の合憲性
  • 衆院選 自公圧勝 ~課題と展望~
  • ’14衆院選 注目区を行く
  • 第2次安倍改造内閣スタート
  • 日米首脳会談 成果と課題
  • 2016/9/17
  • 2016/9/02
  • 2016/8/22
  • 2016/8/04
  • 2016/7/12
  • 2016/6/30
  • 2016/5/23
  • 2016/4/25
  • 2016/4/04
  • 2015/10/08
  • 2015/8/06
  • 2014/12/16
  • 2014/12/07
  • 2014/9/05
  • 2014/4/26
  • 激震・翁長県政 「オール沖縄」の凋落
  • 普天間基地移設 経緯の検証と提言
  • 「援護法」に隠された沖縄戦の真実
  • 2016/1/26
  • 2015/10/01
  • 2013/7/08
  • どう見る金正恩体制 日韓専門家対談
  • 迎撃ミサイル配備 韓国の決断
  • 3代世襲“完成” 北朝鮮第7回党大会
  • 検証 元料理人 藤本氏の再訪朝
  • 韓国総選挙ショック
  • 日韓国交正常化50年 識者に聞く
  • どうする拉致解決 日朝ストックホルム合意1年
  • 日韓国交正常化50年 「嫌韓」「反日」を越えて
  • 張成沢氏失脚 北で何が起きたか
  • 2016/8/24
  • 2016/7/20
  • 2016/5/10
  • 2016/4/29
  • 2016/4/15
  • 2015/6/22
  • 2015/5/11
  • 2015/2/05
  • 2013/12/10
  • 待ったなし地球温暖化対策
  • 環境先進国フランスの挑戦
  • 迫る気候変動の脅威 どうする大災害への備え
  • 2016/1/02
  • 2015/10/07
  • 2015/9/21
  • トランプVSヒラリー 米大統領選まで3カ月
  • オバマ外交と次期米大統領の課題
  • 2016年米大統領選まで1年
  • 再考 オバマの世界観
  • オバマの対宗教戦争・第1部
  • オバマの対宗教戦争・第2部
  • 2016/8/06
  • 2016/6/14
  • 2015/11/08
  • 2015/7/06
  • 2013/8/05
  • 2013/9/30
  • JAXA宇宙探査計画
  • 2015/12/24
  • 安東 幹
    安東 幹
    共産党問題
    古川 光輝
    古川 光輝
    保守国際派
    細川 珠生
    細川 珠生
    政治評論家
    井上 政典
    井上 政典
    歴史ナビゲーター
    伊勢 雅臣
    伊勢 雅臣
    「国際派日本人養成講座」編集長
    河添 恵子
    河添 恵子
    ノンフィクション作家
    宮本 惇夫
    宮本 惇夫
    企業・経営
    尾関 通允
    尾関 通允
    経済ジャーナリスト
    中村 仁
    中村 仁
    元全国紙経済記者
    高橋 克明
    高橋 克明
    「ニューヨーク BIZ」CEO 兼 発行人

    独英首相会談は和気藹々?

     もちろん、会った瞬間、つかみ合いの喧嘩が始まるとは考えていなかったが、こんなに和気藹々とした雰囲気で会談し、記者会見で双方が笑みを交わし合うなどとは想像していなかった。

     英国のメイ新首相が20日、欧州連合(EU)離脱決定後、初の外遊先にドイツを選び、ベルリンでメルケル首相と会談、英国の離脱交渉の行方について意見交換した。

     同日の夜のニュース番組で視たが、記者会見ではメルケル首相が非常にリラックスしていたのには少々驚いた。“EUの盟主”としてドイツの重荷は益々大きくなり、メルケル首相が笑顔を見せる機会は少なくなってきた。そのメルケル氏がメイ氏との記者会見では終始笑顔が絶えなかったのだ。

     一方、メイ首相はEUの大先輩でもあるメルケル首相に敬意を払って礼儀を尽くす一方、“第2のサッチャー”ともいわれるその指導力を発揮しながら堂々と振る舞う姿はとても印象的だった。

     国民投票でEUからの離脱が決定した直後のキャメロン前英首相とEU指導者たちの間の会話を思い出してほしい。キャメロン氏は予想外の離脱決定に落胆し、その声も張がなかったのは致し方がないが、そのキャメロン氏に対し、ユンケルEU委員長やメルケル首相は、「英国国民の決定を尊重する。英国が速やかに離脱の意向をブリュッセルに通達し、離脱交渉を開始することを願う」と述べる一方で、「英国は離脱するまでは加盟国としての義務を完全に履行し、加盟国としての利点だけを享受する考えは絶対に受け入れられない」と述べているのだ。

     数日前まで重要な加盟国だった英国の首脳に対し、ユンケル委員長もメルケル首相もかなり強い語調で話していた。もちろん、英国の離脱決定が他の加盟国に波及することを阻止するという政治的な狙いがあったからだが、「政治の世界って、冷たいな」と感じさせられたほどだ。

     だから、というわけではないが、メイ首相がEUの女性指導者メルケル首相と会談すると聞いた時、会談はどうなるだろうかと他人事なら心配せざるを得なかったわけだ。

     メルケル首相曰く、「英国は離脱の準備のため一定の時間が必要だ」と述べ、離脱交渉は来年の年明けから始めることに理解を示した。メルケル首相は英国の離脱決定直後、「離脱決定の通達が届くまでは一切の前交渉はしない。離脱通達が迅速に行われることを期待する」と述べていた。そのメルケル氏が「離脱の準備のためには時間が必要」と英国の立場に理解を示したというのだ。

     メルケル首相とメイ首相との首脳会談でどのような話が行われたかは分からないが、記者会見の内容から推測できることは、メイ新首相はメルケル首相の理解を勝ち取ったといえるだろう。

     メルケル首相とメイ首相は会談テーマが難問だったが、和気藹々の雰囲気で会談できたのは、両首相が聖職者の家庭の娘として育ち、結婚後、子供がいないなど、共通点があるからかもしれない。

     もちろん、両首相の笑顔に騙されてはならないだろう。リスボン条約50条に基づく離脱交渉は双方にとって初体験であり、国の利害が密接に関わるテーマだ。それだけに交渉はハードだろう。英国がもはやEUのファミリーでなくなったため、メルケル首相はメイ首相をファミリーの一員として接することはできないので、友人として親交を温めことになるわけだ。

    (ウィーン在住)

    0

    コメント

    コメントの書き込み・表示するにはログインが必要です(承認制)。