■連載一覧
  • トランプ大統領の衝撃 米国と世界はどこに向かう
  • 国防最前線・南西諸島はいま 第2部 自衛隊配備へ動く石垣島
  • 国防最前線・南西諸島はいま 第1部 与那国島・陸自駐屯地
  • トランプvsヒラリー 米大統領選まで1カ月
  • オバマのLGBT外交 米国と途上国の「文化戦争」
  • 2016/11/11
  • 2016/10/31
  • 2016/10/12
  • 2016/10/08
  • 2016/9/26
  • 2016 世界はどう動く-識者に聞く
  • 戦後70年 識者は語る
  • 2015 世界はどう動く-識者に聞く
  • 2014 世界はどう動く
  • 2016/1/04
  • 2015/8/09
  • 2015/1/07
  • 2014/1/06
  • 台湾に吹いた蔡英文旋風
  • ルポ・政権交代の攻防 台湾総統選
  • 二極化する香港 識者インタビュー
  • 香港誌「前哨」編集長 劉達文氏に聞く
  • 「雨傘革命」下の香港 揺れる一国二制度の行方
  • 揺れる香港 各派リーダーに聞く
  • 香港の普選運動 親中派民間団体代表の見方
  • 2016/1/18
  • 2015/12/26
  • 2015/7/12
  • 2014/11/21
  • 2014/11/14
  • 2014/11/06
  • 2014/7/08
  • ドゥテルテ大統領就任から3カ月 どこへ向かう比政権
  • 香港「自治」の行方 識者に聞く
  • 中華圏に浸透する同性婚
  • 中台関係の行方
  • 日米同盟と台湾 海洋安全保障の展望
  • 蔡英文時代の台湾 本土派路線のビジョンと課題
  • ASEANの夜明け アジアハイウエー7000キロルポ
  • 緊張 南シナ海
  • 中央アジア胎動 中国「新シルクロード」と日本の戦略
  • “政熱経熱”の中韓
  • 新QDRと米中軍事バランス
  • 新グレートゲーム・幻想だった中国の平和的台頭
  • 新グレートゲーム・中国南進の海
  • 2016/9/21
  • 2016/8/17
  • 2016/7/26
  • 2016/6/03
  • 2016/5/31
  • 2016/5/19
  • 2016/3/22
  • 2015/11/18
  • 2015/10/14
  • 2015/9/07
  • 2014/3/31
  • 2014/2/14
  • 2013/4/18
  • 多難な年明けのトルコ
  • EUと難民 UNHCRウィーン事務所報道官に聞く
  • ロシアのシリア内戦介入 アルアハラム財団事務局長に聞く
  • 2016/1/30
  • 2015/12/11
  • 2015/11/13
  • 蓮舫民進 疑問の船出
  • 新閣僚に聞く
  • 「立憲主義」について
  • 再改造内閣 始動
  • 安倍政権 新たな挑戦
  • 16参院選 注目区を行く
  • 伊勢志摩サミット
  • 憲法改正 ここが焦点
  • 筆坂元日本共産党ナンバー3と田村自民党政務調査会審議役が対談
  • 第3次安倍改造内閣スタート
  • 詳解 集団的自衛権 安保法制案の合憲性
  • 衆院選 自公圧勝 ~課題と展望~
  • ’14衆院選 注目区を行く
  • 第2次安倍改造内閣スタート
  • 日米首脳会談 成果と課題
  • 2016/9/17
  • 2016/9/02
  • 2016/8/22
  • 2016/8/04
  • 2016/7/12
  • 2016/6/30
  • 2016/5/23
  • 2016/4/25
  • 2016/4/04
  • 2015/10/08
  • 2015/8/06
  • 2014/12/16
  • 2014/12/07
  • 2014/9/05
  • 2014/4/26
  • 激震・翁長県政 「オール沖縄」の凋落
  • 普天間基地移設 経緯の検証と提言
  • 「援護法」に隠された沖縄戦の真実
  • 2016/1/26
  • 2015/10/01
  • 2013/7/08
  • どう見る金正恩体制 日韓専門家対談
  • 迎撃ミサイル配備 韓国の決断
  • 3代世襲“完成” 北朝鮮第7回党大会
  • 検証 元料理人 藤本氏の再訪朝
  • 韓国総選挙ショック
  • 日韓国交正常化50年 識者に聞く
  • どうする拉致解決 日朝ストックホルム合意1年
  • 日韓国交正常化50年 「嫌韓」「反日」を越えて
  • 張成沢氏失脚 北で何が起きたか
  • 2016/8/24
  • 2016/7/20
  • 2016/5/10
  • 2016/4/29
  • 2016/4/15
  • 2015/6/22
  • 2015/5/11
  • 2015/2/05
  • 2013/12/10
  • 待ったなし地球温暖化対策
  • 環境先進国フランスの挑戦
  • 迫る気候変動の脅威 どうする大災害への備え
  • 2016/1/02
  • 2015/10/07
  • 2015/9/21
  • トランプVSヒラリー 米大統領選まで3カ月
  • オバマ外交と次期米大統領の課題
  • 2016年米大統領選まで1年
  • 再考 オバマの世界観
  • オバマの対宗教戦争・第1部
  • オバマの対宗教戦争・第2部
  • 2016/8/06
  • 2016/6/14
  • 2015/11/08
  • 2015/7/06
  • 2013/8/05
  • 2013/9/30
  • JAXA宇宙探査計画
  • 2015/12/24
  • 安東 幹
    安東 幹
    共産党問題
    古川 光輝
    古川 光輝
    保守国際派
    細川 珠生
    細川 珠生
    政治評論家
    井上 政典
    井上 政典
    歴史ナビゲーター
    伊勢 雅臣
    伊勢 雅臣
    「国際派日本人養成講座」編集長
    河添 恵子
    河添 恵子
    ノンフィクション作家
    宮本 惇夫
    宮本 惇夫
    企業・経営
    尾関 通允
    尾関 通允
    経済ジャーナリスト
    中村 仁
    中村 仁
    元全国紙経済記者
    高橋 克明
    高橋 克明
    「ニューヨーク BIZ」CEO 兼 発行人

    イスラム系移民の西側「統合」問題

     「パリ同時テロ」事件が国内外のイスラム教過激派が連携して組織的に実行した欧州最初のテロ事件となった。フランス社会では不安が広がる一方、「なぜ国内のイスラム系青年たちが過激テロに走ったのか」といった疑問に対峙し、その答えを見出せずに苦慮している。換言すれば、フランス居住イスラム教徒が西側社会になぜ統合できないのか、という問いかけだ。

     「パリ同時テロ」はシリアを拠点とするイスラム教スンニ派過激組織「イスラム国」がフランス、ベルギーに住むイスラム過激派と連携して実行したテロと見られている。すなわち、ホームグロウン・テロリストが外部のテロリストと連携して行ったテロだ。

     そこで西側居住のイスラム系青年がなぜテロに走るかについて、①イスラム系青年たちは社会で差別を受け、就業機会も少ない。彼らはフランス社会に統合できず、その不満、怒りがイスラム過激思想に出会うことで暴発する、②フランスは過去、シリアを含む北アフリカ・中東を植民地化してきた時代があったが、資源、労働力を搾取するだけで、植民地の国民の発展には何もしなかった。それに故に、旧植民地の国民はフランスに消すことができない恨みを抱えている、といった社会的、歴史的背景を指摘する声が聞かれる。

     ここでは一般論として「イスラム教徒の西側社会への統合は可能か」について考えてみた。

     オーストリアのクルツ外相(兼統合相)は同国のイスラム教徒にオーストリアの法の遵守、慣習、言語を学び、社会に統合するように要求する。最初のステップはドイツ語学習だ。移民にはドイツ語コースを義務付け、一定の課程をクリアしなければ滞在ビザを発行しない。オーストリア側も言語コースの学費などを負担する。一定の期間内で条件をクリアしたならば、就業の道も開かれる。

     もちろん、移民はドイツ語を学ぶ努力をする。言葉が出来なければ就業ばかりか、生活にも支障をきたすからだ。当然のことだが、ホスト国の社会の風習、慣習を学び、それを尊重しなければならない。

     ところで、イスラム系移民の場合、別の困難に直面する。彼らはキリスト教社会に統合を求められたとしても、基本的には難しいのだ。例えば、イスラム系女性はヒジャブの着用を放棄できないようにだ。

     アブラハムから派生した唯一神教の場合、神は自身への絶対的信仰を求める一方、他の文化、社会への統合を戒める。必要ならば力を行使して異教文化を打破するように求める。だから、イスラム教徒の中には異教社会への統合が難しくなる者が出てくる。なぜならば、彼らの神が統合を願っていないと信じているからだ。

     「旧約の神」はカナンに入るイスラエル民族がカナンの異教神の影響を受けてはならないと警告し、異教徒を一人残らず殺せと命じた。もちろん、「旧約の神」は21世紀に生きる大多数のイスラム教徒にとっても受け入れられない内容だが、異教社会への統合には消極的となる。だから、時間の経過と共に、イスラム系コミュニティが欧州社会で生まれる。買物先から学校までイスラム系の独自ネットワークができるのだ。

     北アフリカ・中東から多数の難民、移民がドイツに殺到している。ヴルフ前独大統領は在職中、「イスラム教もドイツ文化の一部だ」と主張し、多文化社会を支持したが、メルケル首相は、「多文化社会は幻想に過ぎない」とし、イスラム系移民にドイツ社会への統合を求め出した。
     一方、大多数のイスラム系移民はキリスト教社会で統合する考えはなく、経済的恩恵を享受することに専心する。ホスト国が笛を吹いても、彼らは踊らないのだ。

     “宗教の百貨店”と呼ばれる日本の国民には想像できない世界かもしれないが、イスラム教徒が異教社会に生きることはそれだけで非常に多くの困難と試練がある。イスラム教徒にとって、欧州社会への統合は外部の人間が考えるほど簡単ではないのだ。

     イスラム系若者の中には、過激思想に出会い、それに惹かれ、そこに自身が失ってきたアイデンティティを見出す者も出てくる。「パリ同時テロ」に関与した者のように、これまで充満してきた不満、怒りの爆発先を見つけ、テロに走る者も出てくる。

     ちなみに、西側社会では「統合」という言葉は一般的にはポジティブな意味で受け取られるが、イスラム教社会では“禁断の実”を食べるような不敬な行動と同一視される傾向が見られる。だから、西側のホスト国はイスラム系移民の「統合」への消極性、不安に対して理解を示す必要もあるだろう。

    (ウィーン在住)

    0

    コメント

    コメントの書き込み・表示するにはログインが必要です(承認制)。