■連載一覧
  • どこへ行く混迷・韓国 国政介入事件の深層
  • トランプ大統領の衝撃 米国と世界はどこに向かう
  • 国防最前線・南西諸島はいま 第2部 自衛隊配備へ動く石垣島
  • 国防最前線・南西諸島はいま 第1部 与那国島・陸自駐屯地
  • トランプvsヒラリー 米大統領選まで1カ月
  • 2016/12/05
  • 2016/11/11
  • 2016/10/31
  • 2016/10/12
  • 2016/10/08
  • 2016 世界はどう動く-識者に聞く
  • 戦後70年 識者は語る
  • 2015 世界はどう動く-識者に聞く
  • 2014 世界はどう動く
  • 2016/1/04
  • 2015/8/09
  • 2015/1/07
  • 2014/1/06
  • 台湾に吹いた蔡英文旋風
  • ルポ・政権交代の攻防 台湾総統選
  • 二極化する香港 識者インタビュー
  • 香港誌「前哨」編集長 劉達文氏に聞く
  • 「雨傘革命」下の香港 揺れる一国二制度の行方
  • 揺れる香港 各派リーダーに聞く
  • 香港の普選運動 親中派民間団体代表の見方
  • 2016/1/18
  • 2015/12/26
  • 2015/7/12
  • 2014/11/21
  • 2014/11/14
  • 2014/11/06
  • 2014/7/08
  • ドゥテルテ大統領就任から3カ月 どこへ向かう比政権
  • 香港「自治」の行方 識者に聞く
  • 中華圏に浸透する同性婚
  • 中台関係の行方
  • 日米同盟と台湾 海洋安全保障の展望
  • 蔡英文時代の台湾 本土派路線のビジョンと課題
  • ASEANの夜明け アジアハイウエー7000キロルポ
  • 緊張 南シナ海
  • 中央アジア胎動 中国「新シルクロード」と日本の戦略
  • “政熱経熱”の中韓
  • 新QDRと米中軍事バランス
  • 新グレートゲーム・幻想だった中国の平和的台頭
  • 新グレートゲーム・中国南進の海
  • 2016/9/21
  • 2016/8/17
  • 2016/7/26
  • 2016/6/03
  • 2016/5/31
  • 2016/5/19
  • 2016/3/22
  • 2015/11/18
  • 2015/10/14
  • 2015/9/07
  • 2014/3/31
  • 2014/2/14
  • 2013/4/18
  • 多難な年明けのトルコ
  • EUと難民 UNHCRウィーン事務所報道官に聞く
  • ロシアのシリア内戦介入 アルアハラム財団事務局長に聞く
  • 2016/1/30
  • 2015/12/11
  • 2015/11/13
  • 蓮舫民進 疑問の船出
  • 新閣僚に聞く
  • 「立憲主義」について
  • 再改造内閣 始動
  • 安倍政権 新たな挑戦
  • 16参院選 注目区を行く
  • 伊勢志摩サミット
  • 憲法改正 ここが焦点
  • 筆坂元日本共産党ナンバー3と田村自民党政務調査会審議役が対談
  • 第3次安倍改造内閣スタート
  • 詳解 集団的自衛権 安保法制案の合憲性
  • 衆院選 自公圧勝 ~課題と展望~
  • ’14衆院選 注目区を行く
  • 第2次安倍改造内閣スタート
  • 日米首脳会談 成果と課題
  • 2016/9/17
  • 2016/9/02
  • 2016/8/22
  • 2016/8/04
  • 2016/7/12
  • 2016/6/30
  • 2016/5/23
  • 2016/4/25
  • 2016/4/04
  • 2015/10/08
  • 2015/8/06
  • 2014/12/16
  • 2014/12/07
  • 2014/9/05
  • 2014/4/26
  • 激震・翁長県政 「オール沖縄」の凋落
  • 普天間基地移設 経緯の検証と提言
  • 「援護法」に隠された沖縄戦の真実
  • 2016/1/26
  • 2015/10/01
  • 2013/7/08
  • どう見る金正恩体制 日韓専門家対談
  • 迎撃ミサイル配備 韓国の決断
  • 3代世襲“完成” 北朝鮮第7回党大会
  • 検証 元料理人 藤本氏の再訪朝
  • 韓国総選挙ショック
  • 日韓国交正常化50年 識者に聞く
  • どうする拉致解決 日朝ストックホルム合意1年
  • 日韓国交正常化50年 「嫌韓」「反日」を越えて
  • 張成沢氏失脚 北で何が起きたか
  • 2016/8/24
  • 2016/7/20
  • 2016/5/10
  • 2016/4/29
  • 2016/4/15
  • 2015/6/22
  • 2015/5/11
  • 2015/2/05
  • 2013/12/10
  • 待ったなし地球温暖化対策
  • 環境先進国フランスの挑戦
  • 迫る気候変動の脅威 どうする大災害への備え
  • 2016/1/02
  • 2015/10/07
  • 2015/9/21
  • オバマのLGBT外交 米国と途上国の「文化戦争」
  • トランプVSヒラリー 米大統領選まで3カ月
  • オバマ外交と次期米大統領の課題
  • 2016年米大統領選まで1年
  • 再考 オバマの世界観
  • オバマの対宗教戦争・第1部
  • オバマの対宗教戦争・第2部
  • 2016/9/26
  • 2016/8/06
  • 2016/6/14
  • 2015/11/08
  • 2015/7/06
  • 2013/8/05
  • 2013/9/30
  • JAXA宇宙探査計画
  • 2015/12/24
  • ギリシャ人は“神話”を愛する

    300

    ギリシャの第2都市、テッサロニキ市内(2011年5月25日、撮影

     当方は過去、3回、ギリシャを取材したことがある。首都アテネと第2都市テッサロニキ、そしてクレタ島を訪ねた。印象は悪くなかった。街並みは整い、国民は陽気で明るく、親切だった。そのギリシャが債務返済不能に陥り、欧州の問題児となっている。何が生じたのだろうか。

     チプラス政権は今年1月末に発足したばかりだ。ギリシャの金融財政危機はこれまでの政権が積み重ねてきた政策の結果だ。日本のメディアでは、ギリシャ国民は、汗を流して働く事が嫌いな国民で、生産より多くを消費してきた結果、財政危機が生じた、という論調が多い。ギリシャ国民は本当に怠慢な国民だろうか。独週刊誌「シュピーゲル」最新号はギリシャの国民性、メンタリティーについて、ギリシャ人の著名な作家 Nikos Dimou 氏とインタビューしている。ギリシャ人を知るうえでとても啓蒙的なので、その内容を読者の皆さんにも紹介したい。

     チプラス首相(40)は10代後半に共産党青年部に入った。“ベルリンの壁”が崩壊し、ソ連・東欧諸国の共産主義政権が次々と崩壊し、民主政権が誕生した時に、チプラス青年は共産党に入党したのだ。彼は国立アテネ工科大学で学んでいる。

     チプラス政権のほぼ全閣僚が共産主義者、ないしは共産主義を思想のベースとしている政治家たちだ。彼らは教義主義から離れ、欧州共産主義、そして現在はモダンな共産主義者を装っているという。

     チプラス首相は共産主義者だが、「非常に狡く、演説もうまい」という。彼は企業の80%を国家が管理する国民経済を理想とし、政権就任後、実施した最初の政策は前政権で解雇された財務省勤務の約500人の掃除婦を再雇用することだった。公務員が圧倒的に多く、ブリュッセルから国営企業の民営化を要求されたが、チプラス首相は中途半端な返答しかしていない。ユーロ圏グループから年金削減を要求された時も強く拒否してきた経緯がある。

     チプラス首相はギリシャの財政事情を正しく理解しているのだろうか。 Dimou氏は、「ギリシャ人は“現実”と共存することがうまくない。彼らは神話を愛するのだ。わが国の歴史教科書は生じた事実をほとんど記述していない」というのだ。

     お金を借りれば、返済日までに返金しなければならない。この初歩的な理解がギリシャでは決して当たり前ではないのだ。銀行はチプラス首相にとって資本主義の悪のシンボルだ。一方、国民も税金を払わないことを悪いとは考えていないという。「脱税行為は一種の革命的行為と受け取られる風土がギリシャにはある」というのだ。

     ギリシャは過去、オスマン・トルコに長い間支配され、その後、ナチス・ヒトラーに占領されてきた。戦後は、軍事政権が国家を掌握する一方、一部の上層部の腐敗政権が続いてきた。そのためというか、ギリシャ国民は国家を信頼しない。

     Dimou氏は、「わが国は他の欧州諸国が体験した啓蒙思想、ルネッサンスも経験していない。19世紀まで依然として封建制度が続いてきた、それが突然、西側諸国と関わりを持ったのだ」という。Dimou氏によると、ギリシャ国民性に最も影響を及ぼしたのは「ギリシャ正教と共産党」という。両者とも反西欧だ。

     ユーロ諸国グループはギリシャのバルファキス財務相(辞任)と緊縮政策で協議してきたが、経済学教授であり、オートバイが大好きな財務相は西側の同僚たちとはまったく違った印象を与えたという。同相は、「ギリシャ国民を債務の奴隷としたブリュッセルはテロリストだ」と批判して憚らなかったのだ。他の欧州の財務相たちはバルファキス財務相の言動に文化ショックを受けたといわれるほどだ。

     ギリシャは欧州連合(EU)の一員であり、ユーロ圏グループのメンバーだが、同国は他の欧州諸国とはその歴史もメンタリティーも異なっている。Dimou氏は「ギリシャは西欧ではない」と言い切る。

     参考までに付け加えると、ギリシャ労働者の平均労働時間はドイツ人のそれより長いという記事を読んだことがある。ひょっとしたら、問題は、労働時間の長短ではなく、労働の生産性ではないだろうか。

    (ウィーン在住)

    0

    コメント

    コメントの書き込み・表示するにはログインが必要です(承認制)。