■連載一覧
  • どこへ行く混迷・韓国 国政介入事件の深層
  • トランプ大統領の衝撃 米国と世界はどこに向かう
  • 国防最前線・南西諸島はいま 第2部 自衛隊配備へ動く石垣島
  • 国防最前線・南西諸島はいま 第1部 与那国島・陸自駐屯地
  • トランプvsヒラリー 米大統領選まで1カ月
  • 2016/12/05
  • 2016/11/11
  • 2016/10/31
  • 2016/10/12
  • 2016/10/08
  • 2016 世界はどう動く-識者に聞く
  • 戦後70年 識者は語る
  • 2015 世界はどう動く-識者に聞く
  • 2014 世界はどう動く
  • 2016/1/04
  • 2015/8/09
  • 2015/1/07
  • 2014/1/06
  • 台湾に吹いた蔡英文旋風
  • ルポ・政権交代の攻防 台湾総統選
  • 二極化する香港 識者インタビュー
  • 香港誌「前哨」編集長 劉達文氏に聞く
  • 「雨傘革命」下の香港 揺れる一国二制度の行方
  • 揺れる香港 各派リーダーに聞く
  • 香港の普選運動 親中派民間団体代表の見方
  • 2016/1/18
  • 2015/12/26
  • 2015/7/12
  • 2014/11/21
  • 2014/11/14
  • 2014/11/06
  • 2014/7/08
  • ドゥテルテ大統領就任から3カ月 どこへ向かう比政権
  • 香港「自治」の行方 識者に聞く
  • 中華圏に浸透する同性婚
  • 中台関係の行方
  • 日米同盟と台湾 海洋安全保障の展望
  • 蔡英文時代の台湾 本土派路線のビジョンと課題
  • ASEANの夜明け アジアハイウエー7000キロルポ
  • 緊張 南シナ海
  • 中央アジア胎動 中国「新シルクロード」と日本の戦略
  • “政熱経熱”の中韓
  • 新QDRと米中軍事バランス
  • 新グレートゲーム・幻想だった中国の平和的台頭
  • 新グレートゲーム・中国南進の海
  • 2016/9/21
  • 2016/8/17
  • 2016/7/26
  • 2016/6/03
  • 2016/5/31
  • 2016/5/19
  • 2016/3/22
  • 2015/11/18
  • 2015/10/14
  • 2015/9/07
  • 2014/3/31
  • 2014/2/14
  • 2013/4/18
  • 多難な年明けのトルコ
  • EUと難民 UNHCRウィーン事務所報道官に聞く
  • ロシアのシリア内戦介入 アルアハラム財団事務局長に聞く
  • 2016/1/30
  • 2015/12/11
  • 2015/11/13
  • 蓮舫民進 疑問の船出
  • 新閣僚に聞く
  • 「立憲主義」について
  • 再改造内閣 始動
  • 安倍政権 新たな挑戦
  • 16参院選 注目区を行く
  • 伊勢志摩サミット
  • 憲法改正 ここが焦点
  • 筆坂元日本共産党ナンバー3と田村自民党政務調査会審議役が対談
  • 第3次安倍改造内閣スタート
  • 詳解 集団的自衛権 安保法制案の合憲性
  • 衆院選 自公圧勝 ~課題と展望~
  • ’14衆院選 注目区を行く
  • 第2次安倍改造内閣スタート
  • 日米首脳会談 成果と課題
  • 2016/9/17
  • 2016/9/02
  • 2016/8/22
  • 2016/8/04
  • 2016/7/12
  • 2016/6/30
  • 2016/5/23
  • 2016/4/25
  • 2016/4/04
  • 2015/10/08
  • 2015/8/06
  • 2014/12/16
  • 2014/12/07
  • 2014/9/05
  • 2014/4/26
  • 激震・翁長県政 「オール沖縄」の凋落
  • 普天間基地移設 経緯の検証と提言
  • 「援護法」に隠された沖縄戦の真実
  • 2016/1/26
  • 2015/10/01
  • 2013/7/08
  • どう見る金正恩体制 日韓専門家対談
  • 迎撃ミサイル配備 韓国の決断
  • 3代世襲“完成” 北朝鮮第7回党大会
  • 検証 元料理人 藤本氏の再訪朝
  • 韓国総選挙ショック
  • 日韓国交正常化50年 識者に聞く
  • どうする拉致解決 日朝ストックホルム合意1年
  • 日韓国交正常化50年 「嫌韓」「反日」を越えて
  • 張成沢氏失脚 北で何が起きたか
  • 2016/8/24
  • 2016/7/20
  • 2016/5/10
  • 2016/4/29
  • 2016/4/15
  • 2015/6/22
  • 2015/5/11
  • 2015/2/05
  • 2013/12/10
  • 待ったなし地球温暖化対策
  • 環境先進国フランスの挑戦
  • 迫る気候変動の脅威 どうする大災害への備え
  • 2016/1/02
  • 2015/10/07
  • 2015/9/21
  • オバマのLGBT外交 米国と途上国の「文化戦争」
  • トランプVSヒラリー 米大統領選まで3カ月
  • オバマ外交と次期米大統領の課題
  • 2016年米大統領選まで1年
  • 再考 オバマの世界観
  • オバマの対宗教戦争・第1部
  • オバマの対宗教戦争・第2部
  • 2016/9/26
  • 2016/8/06
  • 2016/6/14
  • 2015/11/08
  • 2015/7/06
  • 2013/8/05
  • 2013/9/30
  • JAXA宇宙探査計画
  • 2015/12/24
  • テロリストに狙われる国連記者

    800

    4月の日差しを受け、昼休みを楽しむ国連職員たち(2015年4月14日、ウィーンの国連内で撮影)

     イスラム教過激派テロ組織から脅迫状を受け取った友人の国連記者の近況を紹介する。ここではX氏と呼ぶ。アラブのイラク出身だ。

     1年ほど前だ。X氏が「君、脅迫状が届いたよ」というではないか。何事が起きたかと聞くと、イスラム過激派グループから「お前を殺す」という脅迫が届いたというのだ。彼はイスラム教徒だが、かなりリベラルな信者だ。女性の権利を擁護し、欧州居住のイスラム教徒には欧州社会への統合を呼びかけてきた。欧州でテロ事件が発生する度にBBCやさまざまなTV番組に出演し、イスラム教過激派テロ組織を厳しく批判してきた。オーストリアの高級紙「プレッセ」でも、イスラム教過激派に警鐘を鳴らす記事を掲載してきた。要するに、X氏はイスラム教過激派テロ組織にとって嫌な存在だ、というわけだ。

     当方が国連で会う度に、「気をつけたほうがいいよ」というと、X氏は「人間は一度は死ぬから恐れることはない」と述べ、「Salem Aleikum」といって笑っていた。彼は当時、まだ余裕があった。

     X氏によると、昨年中旬の段階で6件の脅迫が届いた。X氏は脅迫の数を勲章の数のように自慢しながら話した。そんなX氏だったが、脅迫状の数が12件となった昨年末頃になると、同氏の声にも深刻さが出てきた。「脅迫状も2桁になった。俺はいつ死んでも可笑しくないな」というが、内心は穏やかではなかったはずだ。

     X氏にショックだったのは今年1月パリで発生した風刺週刊紙「シャルリー・エブド」本社襲撃テロ事件だ。同じジャーナリストがテロリストによって無残にも殺害されたというニュースは、テロリストから生命を狙われているX氏にとって、決して他人事ではないからだ。「明日はわが身」といった緊迫感が迫ってきたのだ。

     その直後だ。オーストリア内務省はアンチ・テロ部隊(コブラ)から2人をX氏の身辺警備に派遣した。ウィーンでパリのようなテロ事件が発生し、ジャーナリストが殺害されたら大変だ、というオーストリア内務省側の判断があったからだ。

     X氏は、「君、2人のコブラ隊員が24時間、俺を警備しているから大丈夫だよ」と豪語していたが、次第に「君、どこに行くにも2人が警備している。インタビューの予定も2人に報告し、安全を確認してからしかできないし、勝手に外出はできない」と言い出した。社交的な性格のX氏には24時間身辺警備下でしか動けないことに苛立ちと疲れが出てきたのだ。

     X氏に更に辛いことがあった。35年以上、国連記者としてウィーン国連内で活躍してきたX氏だが、2015年の国連記者としての許可書が国連情報サービス(UNIS)から下りないのだ。UNISはX氏に国連内で動き回ってほしくないのだ。

     当方はUNISに問い合わせたが、「X氏の申請書が不十分だったから許可が出ないだけだ」という。国連関係者によると、「国連側の本音はテロリストから脅迫されているX氏が国連にきて、取材活動をすれば、国連内の安全が脅かされるからだ」という。要するに、「報道の自由」より、国連の安全を優先した処置、というわけだ。

     ちなみに、ウィーン国連でガードマンを連れて行動する外交官はイスラエルとエジプトの2国大使だけだ。ジャーナリストがアンチ・テロ部隊のガード付きで取材活動をするといったケースはこれまでなかった。

     X氏はアパートで奥さんと小犬一匹と住み、買い物も自由にできない。日頃は陽気で強気の彼にも疲れが見え出した。X氏からはもはや「何件の脅迫状が届いたよ」といった類の話は飛び出してこなくなった。テロリストの脅迫はX氏を着実に苦しめているわけだ。

     当方は国連記者室で陽気なX氏と会えなくなって淋しくなった。それにしても、いつまで彼はテロリストの脅迫下で生活しなければならないのだろうか。一人のジャーナリストの人生を妨げるテロリストの脅迫に強い憤りを感じる。

    (ウィーン在住)

    0

    コメント

    コメントの書き込み・表示するにはログインが必要です(承認制)。