■連載一覧
  • どこへ行く混迷・韓国 国政介入事件の深層
  • トランプ大統領の衝撃 米国と世界はどこに向かう
  • 国防最前線・南西諸島はいま 第2部 自衛隊配備へ動く石垣島
  • 国防最前線・南西諸島はいま 第1部 与那国島・陸自駐屯地
  • トランプvsヒラリー 米大統領選まで1カ月
  • 2016/12/05
  • 2016/11/11
  • 2016/10/31
  • 2016/10/12
  • 2016/10/08
  • 2016 世界はどう動く-識者に聞く
  • 戦後70年 識者は語る
  • 2015 世界はどう動く-識者に聞く
  • 2014 世界はどう動く
  • 2016/1/04
  • 2015/8/09
  • 2015/1/07
  • 2014/1/06
  • 台湾に吹いた蔡英文旋風
  • ルポ・政権交代の攻防 台湾総統選
  • 二極化する香港 識者インタビュー
  • 香港誌「前哨」編集長 劉達文氏に聞く
  • 「雨傘革命」下の香港 揺れる一国二制度の行方
  • 揺れる香港 各派リーダーに聞く
  • 香港の普選運動 親中派民間団体代表の見方
  • 2016/1/18
  • 2015/12/26
  • 2015/7/12
  • 2014/11/21
  • 2014/11/14
  • 2014/11/06
  • 2014/7/08
  • ドゥテルテ大統領就任から3カ月 どこへ向かう比政権
  • 香港「自治」の行方 識者に聞く
  • 中華圏に浸透する同性婚
  • 中台関係の行方
  • 日米同盟と台湾 海洋安全保障の展望
  • 蔡英文時代の台湾 本土派路線のビジョンと課題
  • ASEANの夜明け アジアハイウエー7000キロルポ
  • 緊張 南シナ海
  • 中央アジア胎動 中国「新シルクロード」と日本の戦略
  • “政熱経熱”の中韓
  • 新QDRと米中軍事バランス
  • 新グレートゲーム・幻想だった中国の平和的台頭
  • 新グレートゲーム・中国南進の海
  • 2016/9/21
  • 2016/8/17
  • 2016/7/26
  • 2016/6/03
  • 2016/5/31
  • 2016/5/19
  • 2016/3/22
  • 2015/11/18
  • 2015/10/14
  • 2015/9/07
  • 2014/3/31
  • 2014/2/14
  • 2013/4/18
  • 多難な年明けのトルコ
  • EUと難民 UNHCRウィーン事務所報道官に聞く
  • ロシアのシリア内戦介入 アルアハラム財団事務局長に聞く
  • 2016/1/30
  • 2015/12/11
  • 2015/11/13
  • 蓮舫民進 疑問の船出
  • 新閣僚に聞く
  • 「立憲主義」について
  • 再改造内閣 始動
  • 安倍政権 新たな挑戦
  • 16参院選 注目区を行く
  • 伊勢志摩サミット
  • 憲法改正 ここが焦点
  • 筆坂元日本共産党ナンバー3と田村自民党政務調査会審議役が対談
  • 第3次安倍改造内閣スタート
  • 詳解 集団的自衛権 安保法制案の合憲性
  • 衆院選 自公圧勝 ~課題と展望~
  • ’14衆院選 注目区を行く
  • 第2次安倍改造内閣スタート
  • 日米首脳会談 成果と課題
  • 2016/9/17
  • 2016/9/02
  • 2016/8/22
  • 2016/8/04
  • 2016/7/12
  • 2016/6/30
  • 2016/5/23
  • 2016/4/25
  • 2016/4/04
  • 2015/10/08
  • 2015/8/06
  • 2014/12/16
  • 2014/12/07
  • 2014/9/05
  • 2014/4/26
  • 激震・翁長県政 「オール沖縄」の凋落
  • 普天間基地移設 経緯の検証と提言
  • 「援護法」に隠された沖縄戦の真実
  • 2016/1/26
  • 2015/10/01
  • 2013/7/08
  • どう見る金正恩体制 日韓専門家対談
  • 迎撃ミサイル配備 韓国の決断
  • 3代世襲“完成” 北朝鮮第7回党大会
  • 検証 元料理人 藤本氏の再訪朝
  • 韓国総選挙ショック
  • 日韓国交正常化50年 識者に聞く
  • どうする拉致解決 日朝ストックホルム合意1年
  • 日韓国交正常化50年 「嫌韓」「反日」を越えて
  • 張成沢氏失脚 北で何が起きたか
  • 2016/8/24
  • 2016/7/20
  • 2016/5/10
  • 2016/4/29
  • 2016/4/15
  • 2015/6/22
  • 2015/5/11
  • 2015/2/05
  • 2013/12/10
  • 待ったなし地球温暖化対策
  • 環境先進国フランスの挑戦
  • 迫る気候変動の脅威 どうする大災害への備え
  • 2016/1/02
  • 2015/10/07
  • 2015/9/21
  • オバマのLGBT外交 米国と途上国の「文化戦争」
  • トランプVSヒラリー 米大統領選まで3カ月
  • オバマ外交と次期米大統領の課題
  • 2016年米大統領選まで1年
  • 再考 オバマの世界観
  • オバマの対宗教戦争・第1部
  • オバマの対宗教戦争・第2部
  • 2016/9/26
  • 2016/8/06
  • 2016/6/14
  • 2015/11/08
  • 2015/7/06
  • 2013/8/05
  • 2013/9/30
  • JAXA宇宙探査計画
  • 2015/12/24
  • バチカンの「退屈な説教対策入門書」

     「最近の若者はどんなイベントに参加しても、最初に口に出す言葉は“面白かった”か、“退屈だった”かだ」とよく聞く。そして退屈なことは敬遠するようになる。

     退屈な話の代表的な例は結婚式での関係者の祝辞だ。だらだらと新郎、新婦を褒める一方、人生訓を垂れるから益々退屈となる。いいか悪いかは別として、時は金なりで、短く、しかし面白い話が重宝がられる時代だ。

     そして、長く、面白味のない話が嫌われるのは結婚式の祝辞だけではない。日曜日ミサの説教を担当する神父たちにも当てはまることだ。退屈な説教を長々する神父は信者から嫌われる。退屈な説教が続くと、日曜礼拝に参加したいという気持が失せていく。だから、日曜礼拝の参加率が低迷する。

     そこでローマ・カトリック教会総本山のバチカン法王庁典礼秘跡省は聖職者の“退屈な説教”対策に関する入門書を発表した。バチカン放送独語電子版によると、典礼秘跡省長官ロベール・サラ枢機卿は10日、「教会の礼拝の評価は説教者の話が面白いか、退屈かで決まる。この入門書は神父たちの説教の質向上を目指している」と述べ、入門書の発表目的を明らかにしている。

     現代社会はインターネット時代であり、コミュニケーションが重要視される。カトリック教会でも退屈な話をする神父たちの再教育が必要となってきたわけだ。いずれにしても、「退屈な説教をしない入門書」がバチカンで発行されるといったことは学者法王のべネディクト16世時代には考えられなかったことだ。南米出身のローマ法王フランシスコの影響が大きいだろう、法王は信者とのスキンシップを大切にし、話も短く、結構面白い。

     法王就任後もバチカンのゲスト・ハウスのサンタ・マルタに住むフランシスコ法王は毎朝、バチカン関係者を集めて朝拝をしているが、その内容は簡単明瞭だ。聖職者の官僚主義、キャリア主義に警告を発する一方、貧困者への具体的な連帯を求める。フランシスコ法王は誰でも理解できる話し方で語り掛ける。法王の高い人気の理由はその辺にあるのだろう。そこで法王に倣って“面白い説教”を学ぼうというわけだ。

     入門書(約150頁)には、説教は何分間にまとめるべき、といった具体的な話は記述されていない。説教する場所や対象によって、説教の長短は異なるからだ。欧州教会で20分も話せば長すぎると受け取られるが、アフリカ教会では長い説教が必要だ。なぜならば、「遠い道のりを歩いて教会に来た信者たちの熱意と努力に報いるために、説教者はどうしても長く話そうとする」という。

     残念ながら、入門書には退屈な説教をしないための具体的なアイデアは乏しい。当然かもしれない。説教時間は調整できるが、説教の内容となれば、説教者の人生や体験が大きな影響を及ぼすからだ。面白くない話を面白く語ることは容易ではない。結局は、信者たちが今、何を考え、悩み、喜んでいるかを知って、それに呼応する話が求められるわけだ。

     神父たちはエンターテイナーとなる必要はないが、聖職も一種のサービス業だ。信者の要望に応えることは大切だ。退屈な説教は、信者ばかりか、話す神父にも苦痛だからだ。

    (ウィーン在住)

    0

    コメント

    コメントの書き込み・表示するにはログインが必要です(承認制)。