■連載一覧
  • どこへ行く混迷・韓国 国政介入事件の深層
  • トランプ大統領の衝撃 米国と世界はどこに向かう
  • 国防最前線・南西諸島はいま 第2部 自衛隊配備へ動く石垣島
  • 国防最前線・南西諸島はいま 第1部 与那国島・陸自駐屯地
  • トランプvsヒラリー 米大統領選まで1カ月
  • 2016/12/05
  • 2016/11/11
  • 2016/10/31
  • 2016/10/12
  • 2016/10/08
  • 2016 世界はどう動く-識者に聞く
  • 戦後70年 識者は語る
  • 2015 世界はどう動く-識者に聞く
  • 2014 世界はどう動く
  • 2016/1/04
  • 2015/8/09
  • 2015/1/07
  • 2014/1/06
  • 台湾に吹いた蔡英文旋風
  • ルポ・政権交代の攻防 台湾総統選
  • 二極化する香港 識者インタビュー
  • 香港誌「前哨」編集長 劉達文氏に聞く
  • 「雨傘革命」下の香港 揺れる一国二制度の行方
  • 揺れる香港 各派リーダーに聞く
  • 香港の普選運動 親中派民間団体代表の見方
  • 2016/1/18
  • 2015/12/26
  • 2015/7/12
  • 2014/11/21
  • 2014/11/14
  • 2014/11/06
  • 2014/7/08
  • ドゥテルテ大統領就任から3カ月 どこへ向かう比政権
  • 香港「自治」の行方 識者に聞く
  • 中華圏に浸透する同性婚
  • 中台関係の行方
  • 日米同盟と台湾 海洋安全保障の展望
  • 蔡英文時代の台湾 本土派路線のビジョンと課題
  • ASEANの夜明け アジアハイウエー7000キロルポ
  • 緊張 南シナ海
  • 中央アジア胎動 中国「新シルクロード」と日本の戦略
  • “政熱経熱”の中韓
  • 新QDRと米中軍事バランス
  • 新グレートゲーム・幻想だった中国の平和的台頭
  • 新グレートゲーム・中国南進の海
  • 2016/9/21
  • 2016/8/17
  • 2016/7/26
  • 2016/6/03
  • 2016/5/31
  • 2016/5/19
  • 2016/3/22
  • 2015/11/18
  • 2015/10/14
  • 2015/9/07
  • 2014/3/31
  • 2014/2/14
  • 2013/4/18
  • 多難な年明けのトルコ
  • EUと難民 UNHCRウィーン事務所報道官に聞く
  • ロシアのシリア内戦介入 アルアハラム財団事務局長に聞く
  • 2016/1/30
  • 2015/12/11
  • 2015/11/13
  • 蓮舫民進 疑問の船出
  • 新閣僚に聞く
  • 「立憲主義」について
  • 再改造内閣 始動
  • 安倍政権 新たな挑戦
  • 16参院選 注目区を行く
  • 伊勢志摩サミット
  • 憲法改正 ここが焦点
  • 筆坂元日本共産党ナンバー3と田村自民党政務調査会審議役が対談
  • 第3次安倍改造内閣スタート
  • 詳解 集団的自衛権 安保法制案の合憲性
  • 衆院選 自公圧勝 ~課題と展望~
  • ’14衆院選 注目区を行く
  • 第2次安倍改造内閣スタート
  • 日米首脳会談 成果と課題
  • 2016/9/17
  • 2016/9/02
  • 2016/8/22
  • 2016/8/04
  • 2016/7/12
  • 2016/6/30
  • 2016/5/23
  • 2016/4/25
  • 2016/4/04
  • 2015/10/08
  • 2015/8/06
  • 2014/12/16
  • 2014/12/07
  • 2014/9/05
  • 2014/4/26
  • 激震・翁長県政 「オール沖縄」の凋落
  • 普天間基地移設 経緯の検証と提言
  • 「援護法」に隠された沖縄戦の真実
  • 2016/1/26
  • 2015/10/01
  • 2013/7/08
  • どう見る金正恩体制 日韓専門家対談
  • 迎撃ミサイル配備 韓国の決断
  • 3代世襲“完成” 北朝鮮第7回党大会
  • 検証 元料理人 藤本氏の再訪朝
  • 韓国総選挙ショック
  • 日韓国交正常化50年 識者に聞く
  • どうする拉致解決 日朝ストックホルム合意1年
  • 日韓国交正常化50年 「嫌韓」「反日」を越えて
  • 張成沢氏失脚 北で何が起きたか
  • 2016/8/24
  • 2016/7/20
  • 2016/5/10
  • 2016/4/29
  • 2016/4/15
  • 2015/6/22
  • 2015/5/11
  • 2015/2/05
  • 2013/12/10
  • 待ったなし地球温暖化対策
  • 環境先進国フランスの挑戦
  • 迫る気候変動の脅威 どうする大災害への備え
  • 2016/1/02
  • 2015/10/07
  • 2015/9/21
  • オバマのLGBT外交 米国と途上国の「文化戦争」
  • トランプVSヒラリー 米大統領選まで3カ月
  • オバマ外交と次期米大統領の課題
  • 2016年米大統領選まで1年
  • 再考 オバマの世界観
  • オバマの対宗教戦争・第1部
  • オバマの対宗教戦争・第2部
  • 2016/9/26
  • 2016/8/06
  • 2016/6/14
  • 2015/11/08
  • 2015/7/06
  • 2013/8/05
  • 2013/9/30
  • JAXA宇宙探査計画
  • 2015/12/24
  • 枢機卿にも小児性愛者がいた

    800

    オーストリアのローマ・カトリック教会のシンボル、シュテファン大聖堂

     ローマ法王フランシスコはイタリア日刊紙ラ・レプップリカ(7月13日付)とのインタビューで、「聖職者の約2%は小児性愛者(ペドフィリア)だ。司教や枢機卿の中にも小児性愛者がいる」と発言し、教会内外で衝撃が広がったが、バチカンのロンバルディ報道官は後日、「法王はそのようには語っていない」と否定した。

     同報道官は14日、「法王とラ・レプップリカ紙とのインタビュー(7月10日、フランシスコ法王の宿泊先のゲストハウス、サンタ・マルタで実施)は会見というより、エウジェリオ・スカルファリ記者が法王との対談を再編集した記事だ。法王の発言がその通り再現されていない部分がある」と指摘する。具体的には、「聖職者の2%が小児性愛者」という部分と「小児性愛者の中に枢機卿もいる」という2カ所だ。同報道官によると、「スカルファリ記者は無神論者で教会批判者として名が通っているジャーナリスト」という。すなわち、フランシスコ法王の発言内容が意図的に歪曲されているという指摘だ。それではなぜ、ローマ法王は教会批判者との会見に応じたのだろうか。

     残念なことだが、ローマ・カトリック教会には過去、枢機卿が自分の教え子に性的虐待を犯した事実はある。最近では、英カトリック教会最高位、スコットランドのセント・アンドリュース・エジンバラ大司教ポストを辞任したキース・オブライエン枢機卿(74)は2013年3月3日、昔、若い聖職者に対して「逸脱した性的行為をしたことがある」と告白している。スコットランド教会の広報HPで述べたもので、枢機卿は犠牲者、教会関係者、国民に対し謝罪を表明している。

     「犠牲者が若い聖職者だから、小児性愛者に該当しない」と指摘されるかもしれない。それではオーストリアのローマ・カトリック教会の最高指導者(当時)、グロア枢機卿が未成年者の教え子に性的虐待を犯していたことが、犠牲者の教え子の証言から発覚したことがあるのだ。
     1995年、オーストリアのカトリック教会最高指導者だったグロア枢機卿は教え子に性的犯罪を繰り返していたことが判明し、辞任に追いこまれた。枢機卿は当時、性犯罪を最後まで否定したが、バチカンによって辞任に追い込まれた。グロア枢機卿の性犯罪発覚後、オーストリアでは多くの信者たちが教会から脱会していった。

     枢機卿はローマ法王に次ぐ高位聖職者だ。その人物が過去、未成年者に性犯罪を繰り返していたのだ。当時のローマ法王ヨハネ・パウロ2世は調査団をウィーンに派遣し、真相の解明に乗り出すなど、その対応に苦慮している。

     ロンバルディ報道官は否定したが、枢機卿の中には過去、小児性愛者がいたし、未成年者への性的虐待事件は起きている。その意味で、イタリア日刊紙記者の記事は正しい。ただし、同報道官のために弁明するならば、グロア枢機卿の事件当時はナバロ・バルス氏がバチカン報道官だったので、ロンバルデイ報道官自身は同件について一切か関わっていなかった。だから、事件を正確には覚えていなかっただけだろう。

     イタリア日刊紙によると、フランシスコ法王は「(約41万4000人の)聖職者の2%が小児性愛者」と語ったというが、その発言の真偽はここでは問わない。「2%」とすれば約8000人の聖職者が小児性愛者ということになる、一般社会と聖職者社会の小児性愛者率を比較しても意味がないだろう。神の教えを説く聖職者の2%が小児性愛者ということは、それだけで十分に異常だ。

     フランシスコ法王は組織犯罪グループ、マフィアに対して戦いを宣言したが、法王の足下の教会関連施設に、神父から司教、大司教から枢機卿まで小児性愛者が潜伏し、未成年者へ性的虐待を犯す危険があるのだ。繰り返すが、性犯罪は窃盗、詐欺罪とは違い、重犯罪だ。その犯罪を過去、教会側は隠ぺいしてきた。教会組織の解体を要求されたとしてもバチカンには本来、弁解の余地はないのだ。

    (ウィーン在住)

    0

    コメント

    コメントの書き込み・表示するにはログインが必要です(承認制)。