■連載一覧
  • 衆院選大勝 安倍政権への提言
  • 2017衆院選 国難と選択
  • 北暴走 揺れる韓国
  • どう見る北の脅威
  • 2017/10/25
  • 2017/10/16
  • 2017/9/21
  • 2017/9/19
  • 2016 世界はどう動く-識者に聞く
  • 戦後70年 識者は語る
  • 2015 世界はどう動く-識者に聞く
  • 2014 世界はどう動く
  • 2016/1/04
  • 2015/8/09
  • 2015/1/07
  • 2014/1/06
  • 香港・中国返還20年 「一国二制度」の前途
  • 台湾に吹いた蔡英文旋風
  • ルポ・政権交代の攻防 台湾総統選
  • 二極化する香港 識者インタビュー
  • 香港誌「前哨」編集長 劉達文氏に聞く
  • 「雨傘革命」下の香港 揺れる一国二制度の行方
  • 揺れる香港 各派リーダーに聞く
  • 香港の普選運動 親中派民間団体代表の見方
  • 2017/7/01
  • 2016/1/18
  • 2015/12/26
  • 2015/7/12
  • 2014/11/21
  • 2014/11/14
  • 2014/11/06
  • 2014/7/08
  • 南シナ海 強まる中国支配 安保専門家に聞く
  • ドゥテルテ大統領就任から3カ月 どこへ向かう比政権
  • 香港「自治」の行方 識者に聞く
  • 中華圏に浸透する同性婚
  • 中台関係の行方
  • 日米同盟と台湾 海洋安全保障の展望
  • 蔡英文時代の台湾 本土派路線のビジョンと課題
  • ASEANの夜明け アジアハイウエー7000キロルポ
  • 緊張 南シナ海
  • 中央アジア胎動 中国「新シルクロード」と日本の戦略
  • “政熱経熱”の中韓
  • 新QDRと米中軍事バランス
  • 新グレートゲーム・幻想だった中国の平和的台頭
  • 新グレートゲーム・中国南進の海
  • 2017/7/26
  • 2016/9/21
  • 2016/8/17
  • 2016/7/26
  • 2016/6/03
  • 2016/5/31
  • 2016/5/19
  • 2016/3/22
  • 2015/11/18
  • 2015/10/14
  • 2015/9/07
  • 2014/3/31
  • 2014/2/14
  • 2013/4/18
  • ムスリム同胞団とアラブ モハメド・F・ファラハト氏に聞く
  • 多難な年明けのトルコ
  • EUと難民 UNHCRウィーン事務所報道官に聞く
  • ロシアのシリア内戦介入 アルアハラム財団事務局長に聞く
  • 2017/9/01
  • 2016/1/30
  • 2015/12/11
  • 2015/11/13
  • 新閣僚に聞く
  • 第3次改造内閣 信頼回復へ始動
  • ’17首都決戦
  • 施行から70年 憲法改正を問う
  • どうなる「民共協力」 27回共産党大会の焦点
  • 蓮舫民進 疑問の船出
  • 新閣僚に聞く
  • 「立憲主義」について
  • 再改造内閣 始動
  • 安倍政権 新たな挑戦
  • 16参院選 注目区を行く
  • 伊勢志摩サミット
  • 憲法改正 ここが焦点
  • 筆坂元日本共産党ナンバー3と田村自民党政務調査会審議役が対談
  • 第3次安倍改造内閣スタート
  • 詳解 集団的自衛権 安保法制案の合憲性
  • 衆院選 自公圧勝 ~課題と展望~
  • ’14衆院選 注目区を行く
  • 第2次安倍改造内閣スタート
  • 日米首脳会談 成果と課題
  • 2017/9/07
  • 2017/8/06
  • 2017/6/27
  • 2017/4/26
  • 2017/1/09
  • 2016/9/17
  • 2016/9/02
  • 2016/8/22
  • 2016/8/04
  • 2016/7/12
  • 2016/6/30
  • 2016/5/23
  • 2016/4/25
  • 2016/4/04
  • 2015/10/08
  • 2015/8/06
  • 2014/12/16
  • 2014/12/07
  • 2014/9/05
  • 2014/4/26
  • 国防最前線・南西諸島はいま 第2部 自衛隊配備へ動く石垣島
  • 国防最前線・南西諸島はいま 第1部 与那国島・陸自駐屯地
  • 激震・翁長県政 「オール沖縄」の凋落
  • 普天間基地移設 経緯の検証と提言
  • 「援護法」に隠された沖縄戦の真実
  • 2016/10/31
  • 2016/10/12
  • 2016/1/26
  • 2015/10/01
  • 2013/7/08
  • 北朝鮮 制裁の現実
  • どう対処 北の脅威 米有識者に聞く
  • 9年ぶり左派政権 文在寅大統領の韓国
  • 弾劾の波紋 漂流する韓国政治
  • 検証・金正恩統治5年
  • どこへ行く混迷・韓国 国政介入事件の深層
  • どう見る金正恩体制 日韓専門家対談
  • 迎撃ミサイル配備 韓国の決断
  • 3代世襲“完成” 北朝鮮第7回党大会
  • 検証 元料理人 藤本氏の再訪朝
  • 韓国総選挙ショック
  • 日韓国交正常化50年 識者に聞く
  • どうする拉致解決 日朝ストックホルム合意1年
  • 日韓国交正常化50年 「嫌韓」「反日」を越えて
  • 張成沢氏失脚 北で何が起きたか
  • 2017/6/26
  • 2017/5/17
  • 2017/5/11
  • 2017/3/15
  • 2016/12/27
  • 2016/12/05
  • 2016/8/24
  • 2016/7/20
  • 2016/5/10
  • 2016/4/29
  • 2016/4/15
  • 2015/6/22
  • 2015/5/11
  • 2015/2/05
  • 2013/12/10
  • 待ったなし地球温暖化対策
  • 環境先進国フランスの挑戦
  • 迫る気候変動の脅威 どうする大災害への備え
  • 2016/1/02
  • 2015/10/07
  • 2015/9/21
  • 「情報戦争」時代と米国
  • 米軍再建への課題-元上級将校の提言
  • トランプ政権始動
  • トランプ大統領の衝撃 米国と世界はどこに向かう
  • トランプvsヒラリー 米大統領選まで1カ月
  • オバマのLGBT外交 米国と途上国の「文化戦争」
  • トランプVSヒラリー 米大統領選まで3カ月
  • オバマ外交と次期米大統領の課題
  • 2016年米大統領選まで1年
  • 再考 オバマの世界観
  • オバマの対宗教戦争・第1部
  • オバマの対宗教戦争・第2部
  • 2017/4/03
  • 2017/2/28
  • 2017/1/22
  • 2016/11/11
  • 2016/10/08
  • 2016/9/26
  • 2016/8/06
  • 2016/6/14
  • 2015/11/08
  • 2015/7/06
  • 2013/8/05
  • 2013/9/30
  • JAXA宇宙探査計画
  • 2015/12/24
  • [ローカル] rss

    東京駅発の馬車列復活、新任大使を乗せ皇居へ

     東京駅丸の内駅前広場の整備完了に伴い、海外の新任大使を乗せて皇居へ向かう馬車列が11日午前、約10年ぶりに同駅丸の内駅舎の貴賓玄関から出発した。

    0
    続き

    「素晴らしい気持ち」、カズオ・イシグロ氏に栄冠

     2017年のノーベル賞の授賞式がスウェーデンの首都ストックホルムで10日午後(日本時間11日未明)開かれ、文学賞の栄冠に輝いた日本生まれの英国人作家カズオ・イシグロ氏(63)は、スウェーデンのカール16世グスタフ国王からメダルと賞状を授与された。

    0
    続き

    潮風を受ける9000本の真っ白な干し大根

     潮風が吹き付ける三浦海岸(神奈川県三浦市)で、たくあん漬けになる大根を干す作業がピークを迎えている。

     複数の農家が共同利用する干し場には、約9000本の真っ白な大根が青い海を背景に並ぶ。5日ほど乾燥させた後、約10日間漬け込んでたくあんになるという。

     手際よく作業をしていたヤマジュウ農園の吉田重一さん(63)は「今年は台風の影響で小ぶりだが、寒い日が続くので気候はベスト」と笑顔で話した。

    1
    続き

    1000冊を使用、本で祝う一風変わったクリスマス

     ポーランド北東部オルシュティンの大学図書館で8日、本を使った一風変わったクリスマスツリーが飾られた。約1000冊の本を使用しており、図書館ならではの演出。

     職員らは毎年、クリスマスシーズンになるとツリーについての「独自の解釈」に基づくさまざまな種類のツリーを飾っているという。

    1
    続き

    旧日本海軍の戦艦「山城」など5隻発見か

     米マイクロソフトの共同創業者ポール・アレン氏が率いる探査チームは7日、太平洋戦争末期に米軍に撃沈された戦艦山城など旧日本海軍の艦艇とみられる5隻をフィリピン沖の海底で発見したことを明らかにした。

     探査チームは11月下旬、フィリピン南部スリガオ海峡の海底を調査。山城のほか、戦艦扶桑、駆逐艦満潮、朝雲、山雲とみられる船体も見つけた。

    0
    続き

    横山大観展、コレクション40点を一挙公開

     近代日本画の第一人者、横山大観の生誕150年を記念する展覧会が2018年1月3日(水)から2月25日(日)まで、東京都渋谷区広尾3の12の36 山種美術館で開かれる。

     大観は1868年水戸藩士の家に生まれ、89年東京美術学校に第一期生として入学。岡倉天心の薫陶の下に橋本雅邦らの指導を受けた。98年、天心にしたがって日本美術院の創設に参加し、1914年、日本美術院を再興。

    0
    続き

    古城もフィンランドの国旗色にライトアップ

     フィンランド南部トゥルクで6日、青と白の国旗色にライトアップされた中世の古城。

     この日、国の独立からちょうど100周年を迎え、5日から2日間、記念行事が行われた。

    0
    続き

    大谷翔平投手、「絆」感じたエンゼルスへ

     大谷の決断は速かった。22日までの交渉時間を使わずとも、決められるだけの魅力がエンゼルスにあったのだろう。

     ほとんど全ての球団が獲得を目指したと思われる争奪戦。25歳未満の米国やカナダ以外の選手との契約に使える資金に制限があるため、金銭面ではなく、支援態勢がポイントになるとされた。

    0
    続き

    井手口劇弾、日本白星発進、北朝鮮に1-0

     劇的な終了間際の井手口のミドルが決まっていなければ、ハリルホジッチ監督の言葉のトーンは重いものになっていただろう。「あまりに未熟な形で戦った部分があった。最終的に勝利になったのでよかった」

     北朝鮮の術中にはまった。低い位置でブロックを組まれ、攻撃が立ち往生。強烈なプレスでボールを奪われ、危険なカウンターを浴びた。代表デビュー戦のGK中村の好守に助けられたと言える。

    0
    続き

    トルコギキョウとカクテルでおもてなし

     長野県千曲市で、温泉旅館のおかみたちが特産のトルコギキョウのアレンジやご当地カクテルの作り方を学ぶ講座が開かれた。釣りを通して観光振興を図る「釣ーリズム信州」の一環で、おもてなしを充実して観光客の拡大につなげる。

     講座は、県内有数の温泉観光地である戸倉上山田温泉で開催。市内で生花商を営むフラワーデザイナーがトルコギキョウを使い、四季をイメージした作品を生けた。

    0
    続き

    野村沙知代さんが死去、85歳

     プロ野球のヤクルトなどで監督を務めた野村克也氏の妻、野村沙知代さんが8日午後4時9分に都内の病院で死去した。85歳だった。

     沙知代さんはタレントとしても活躍し、「サッチー」の愛称で親しまれた。

    0
    続き

    【パトリオットTV ラジオ:3】小川榮太郎「森友・加計事件」と朝日新聞を語る

     著書「森友・加計事件」で朝日新聞の報道姿勢を厳しく批判した文芸評論家・小川榮太郎氏が一種異様な安倍叩きの“報道の嵐”を鋭く分析する。 (対談の音声を公開!)

               

               

    ———————————->> 本記事音声(iPhone用アプリで再生)

    Podcast: Play in new window | Download

    4
    続き

    未来への眼差し、23回目の「神戸ルミナリエ」

     阪神・淡路大震災の犠牲者の鎮魂を願い、記憶をつなぐ光のイベント「神戸ルミナリエ」が8日夜、神戸市中央区の旧外国人居留地と東遊園地で始まった。23回目となる今年のテーマは「未来への眼差(まなざ)し」。今年の神戸港開港150年と来年の兵庫県政150年を記念し、前年より総距離を80メートル延長した。17日まで開催。

    0
    続き

    なでしこ、E-1選手権で韓国に競り勝つ

     昨年3月、リオデジャネイロ五輪出場を逃した予選の悔しさが残るアジアでの戦い。韓国との初戦に「勝つことで勢いに乗れると思う。何が何でも勝ちたい」(阪口)。なでしこジャパンは強い意気込みで臨んだ。

    0
    続き

    イシグロ氏、「より良い世界」文学も役割

     今年のノーベル文学賞を受賞する日系英国人作家カズオ・イシグロ氏は7日、ストックホルムのスウェーデン・アカデミーで記念講演を行った。「不確かな未来」に直面する社会の現状に懸念を示しつつ、「世界を良い方向に動かすのは困難だが、それぞれの立場で備えることはできる」と述べ、文学もそのために重要な役割を果たせると強調した。

    0
    続き

    0・5平方マイクロメートル、世界最小のモナリザ

     DNAでできた極小サイズのタイルを組み合わせ、レオナルド・ダビンチの名画「モナリザ」を再現したと、米カリフォルニア工科大のチームが8日までに発表した。大きさは0・5平方マイクロメートル(マイクロは100万分の1)ほどしかなく、「世界最小のモナリザ」という。

    1
    続き

    交通事故23・5%減、「ゾーン30」速度抑制効果も

     生活道路での歩行者らの安全確保を目的に、区域を定めて最高速度を30キロに規制する「ゾーン30」について、整備年度前後1年間の交通事故件数を比較したところ、23・5%減だったことが7日、警察庁のまとめで分かった。自動車と歩行者や自転車の事故も18・6%減った。

    0
    続き

    「昭和天皇独白録」の原本が3000万円で落札

     昭和天皇が終戦直後、戦前・戦中の出来事を振り返り側近に語った談話をまとめた「昭和天皇独白録」の原本とされる文書が6日、米ニューヨークで競売商ボナムズのオークションに掛けられ、27万5000ドル(手数料込み、約3080万円)で落札された。美容外科「高須クリニック」の高須克弥院長はブログで、自身が落札したと公表した上で「皇室にお返しする」と述べた。

    0
    続き

    7年ぶり、伝統行事「十日市祭」を地元で開催

     東京電力福島第1原発事故に伴う避難指示が一部解除された福島県浪江町で、伝統行事の「十日市祭」が7年ぶりに地元開催された。

     原発事故後、昨年まで町役場が仮移転した同県二本松市で開催されていたが、「避難先からも住民が集まってほしい」(主催者)と、地元開催を実現した。

    0
    続き

    三角関係の恋に仕掛けられた陰謀が錯綜する

     モーツァルトがプラハに滞在したのは1787年のことで、オペラ「フィガロの結婚」を指揮して大成功を収め、さらに劇場の依頼で新作オペラ「ドン・ジョヴァンニ」を作曲する。

     この映画はそれらの史実を踏まえ、上記二つのオペラの物語の一部をとり混ぜて作り上げた作品で、モーツァルトをめぐる三角関係の恋と、彼を社会的に貶(おとし)めようとする陰謀が錯綜(さくそう)するドラマである。

    0
    続き

    快挙から一夜明け、新聞を見て「良かった」

     通算7度目の竜王を獲得し、史上初の永世7冠の資格を得た将棋の羽生善治2冠竜王、棋聖(47)は6日午前、鹿児島県指宿市で取材に応じ、「夢なんじゃないかと思ったが、新聞の記事が目の前にあって、『本当だ、良かった』という思いがあります」と、快挙から一夜明けた喜びを語った。

    0
    続き

    検索大賞にお笑い芸人のブルゾンちえみさん

     ヤフーは6日、同社の検索サービスで前年に比べ今年最も検索数が伸びた人物らを表彰する「Yahoo!検索大賞2017」に、お笑い芸人のブルゾンちえみさんを選んだと発表した。印象的なメークで「キャリアウーマン」のネタを披露し、注目を集めた。

    0
    続き

    表面に歴代優勝者の顔、これが門外不出の輝き

     5月に世界三大自動車レースの第101回インディアナポリス500マイルで日本人として初優勝を遂げた佐藤琢磨が6日、優勝トロフィーとともに三重県名張市を訪れた。銀製で高さ約165センチ、重さは約50キロ。表面には歴代優勝者の顔の彫刻が貼り付けられている。

    0
    続き