■連載一覧
  • 南シナ海 強まる中国支配 安保専門家に聞く
  • 香港・中国返還20年 「一国二制度」の前途
  • ’17首都決戦
  • 北朝鮮 制裁の現実
  • どう対処 北の脅威 米有識者に聞く
  • 2017/7/26
  • 2017/7/01
  • 2017/6/27
  • 2017/6/26
  • 2017/5/17
  • 2016 世界はどう動く-識者に聞く
  • 戦後70年 識者は語る
  • 2015 世界はどう動く-識者に聞く
  • 2014 世界はどう動く
  • 2016/1/04
  • 2015/8/09
  • 2015/1/07
  • 2014/1/06
  • 台湾に吹いた蔡英文旋風
  • ルポ・政権交代の攻防 台湾総統選
  • 二極化する香港 識者インタビュー
  • 香港誌「前哨」編集長 劉達文氏に聞く
  • 「雨傘革命」下の香港 揺れる一国二制度の行方
  • 揺れる香港 各派リーダーに聞く
  • 香港の普選運動 親中派民間団体代表の見方
  • 2016/1/18
  • 2015/12/26
  • 2015/7/12
  • 2014/11/21
  • 2014/11/14
  • 2014/11/06
  • 2014/7/08
  • ドゥテルテ大統領就任から3カ月 どこへ向かう比政権
  • 香港「自治」の行方 識者に聞く
  • 中華圏に浸透する同性婚
  • 中台関係の行方
  • 日米同盟と台湾 海洋安全保障の展望
  • 蔡英文時代の台湾 本土派路線のビジョンと課題
  • ASEANの夜明け アジアハイウエー7000キロルポ
  • 緊張 南シナ海
  • 中央アジア胎動 中国「新シルクロード」と日本の戦略
  • “政熱経熱”の中韓
  • 新QDRと米中軍事バランス
  • 新グレートゲーム・幻想だった中国の平和的台頭
  • 新グレートゲーム・中国南進の海
  • 2016/9/21
  • 2016/8/17
  • 2016/7/26
  • 2016/6/03
  • 2016/5/31
  • 2016/5/19
  • 2016/3/22
  • 2015/11/18
  • 2015/10/14
  • 2015/9/07
  • 2014/3/31
  • 2014/2/14
  • 2013/4/18
  • 多難な年明けのトルコ
  • EUと難民 UNHCRウィーン事務所報道官に聞く
  • ロシアのシリア内戦介入 アルアハラム財団事務局長に聞く
  • 2016/1/30
  • 2015/12/11
  • 2015/11/13
  • 施行から70年 憲法改正を問う
  • どうなる「民共協力」 27回共産党大会の焦点
  • 蓮舫民進 疑問の船出
  • 新閣僚に聞く
  • 「立憲主義」について
  • 再改造内閣 始動
  • 安倍政権 新たな挑戦
  • 16参院選 注目区を行く
  • 伊勢志摩サミット
  • 憲法改正 ここが焦点
  • 筆坂元日本共産党ナンバー3と田村自民党政務調査会審議役が対談
  • 第3次安倍改造内閣スタート
  • 詳解 集団的自衛権 安保法制案の合憲性
  • 衆院選 自公圧勝 ~課題と展望~
  • ’14衆院選 注目区を行く
  • 第2次安倍改造内閣スタート
  • 日米首脳会談 成果と課題
  • 2017/4/26
  • 2017/1/09
  • 2016/9/17
  • 2016/9/02
  • 2016/8/22
  • 2016/8/04
  • 2016/7/12
  • 2016/6/30
  • 2016/5/23
  • 2016/4/25
  • 2016/4/04
  • 2015/10/08
  • 2015/8/06
  • 2014/12/16
  • 2014/12/07
  • 2014/9/05
  • 2014/4/26
  • 国防最前線・南西諸島はいま 第2部 自衛隊配備へ動く石垣島
  • 国防最前線・南西諸島はいま 第1部 与那国島・陸自駐屯地
  • 激震・翁長県政 「オール沖縄」の凋落
  • 普天間基地移設 経緯の検証と提言
  • 「援護法」に隠された沖縄戦の真実
  • 2016/10/31
  • 2016/10/12
  • 2016/1/26
  • 2015/10/01
  • 2013/7/08
  • 9年ぶり左派政権 文在寅大統領の韓国
  • 弾劾の波紋 漂流する韓国政治
  • 検証・金正恩統治5年
  • どこへ行く混迷・韓国 国政介入事件の深層
  • どう見る金正恩体制 日韓専門家対談
  • 迎撃ミサイル配備 韓国の決断
  • 3代世襲“完成” 北朝鮮第7回党大会
  • 検証 元料理人 藤本氏の再訪朝
  • 韓国総選挙ショック
  • 日韓国交正常化50年 識者に聞く
  • どうする拉致解決 日朝ストックホルム合意1年
  • 日韓国交正常化50年 「嫌韓」「反日」を越えて
  • 張成沢氏失脚 北で何が起きたか
  • 2017/5/11
  • 2017/3/15
  • 2016/12/27
  • 2016/12/05
  • 2016/8/24
  • 2016/7/20
  • 2016/5/10
  • 2016/4/29
  • 2016/4/15
  • 2015/6/22
  • 2015/5/11
  • 2015/2/05
  • 2013/12/10
  • 待ったなし地球温暖化対策
  • 環境先進国フランスの挑戦
  • 迫る気候変動の脅威 どうする大災害への備え
  • 2016/1/02
  • 2015/10/07
  • 2015/9/21
  • 「情報戦争」時代と米国
  • 米軍再建への課題-元上級将校の提言
  • トランプ政権始動
  • トランプ大統領の衝撃 米国と世界はどこに向かう
  • トランプvsヒラリー 米大統領選まで1カ月
  • オバマのLGBT外交 米国と途上国の「文化戦争」
  • トランプVSヒラリー 米大統領選まで3カ月
  • オバマ外交と次期米大統領の課題
  • 2016年米大統領選まで1年
  • 再考 オバマの世界観
  • オバマの対宗教戦争・第1部
  • オバマの対宗教戦争・第2部
  • 2017/4/03
  • 2017/2/28
  • 2017/1/22
  • 2016/11/11
  • 2016/10/08
  • 2016/9/26
  • 2016/8/06
  • 2016/6/14
  • 2015/11/08
  • 2015/7/06
  • 2013/8/05
  • 2013/9/30
  • JAXA宇宙探査計画
  • 2015/12/24
  • [ローカル] rss

    民間ロケット「MOMO」1号機、準備万端

     北海道大樹町のベンチャー企業「インターステラテクノロジズ」(IST)は26日、同町の発射場から29日に打ち上げる予定の観測ロケット「MOMO(モモ)」1号機を公開した。

    0
    続き

    オフィスに「商機」、コンビニ・自販機の進出加速

     コンビニエンスストアや食品メーカーが、企業のオフィスに無人の商品販売スペースを設けたり、自動販売機を設置したりする動きが加速している。忙しい時でも外出せずに欲しいものが手に入ると、設置企業の評判は上々。コンビニ大手などはオフィスに新たな「商機」ありと、専用サービスの開発にしのぎを削っている。

    0
    続き

    光合成しない「菌従属栄養植物」、新種を発見

     光合成をせず、キノコやカビの菌糸に寄生して育つ「菌従属栄養植物」の新種を、神戸大大学院理学研究科の末次健司特命講師らの研究グループが発見した。研究成果は26日までに国際学術誌ファイトタクサに掲載された。

     新種は2016年10月、沖縄・石垣島の於茂登岳周辺で見つかり、「オモトソウ」と名付けられた。既存種のホンゴウソウに似ているが、雄花の先端の突起が3本多く、ホンゴウソウ科の新種と判明した。

    0
    続き

    「世界サンタ会議」、季節外れのサンタ大集合

     24日、デンマークの首都コペンハーゲンで観光客と記念撮影するサンタクロースたち。

     毎年恒例の「世界サンタ会議」に出席するため、ノルウェーやドイツ、米国、日本など世界各国から集合した。

     会議では今年のクリスマスについて話し合う。(AFP=時事)

    0
    続き

    難病のチャーリー・ガードちゃん、尊厳死へ

     英国で先天性の難病を患い、医師団から尊厳死を勧められていたチャーリー・ガードちゃん(生後11カ月)の両親は24日、米国で実験的治療を受けることを求める法廷闘争を断念した。両親は病院側とチャーリーちゃんがどのように死を迎えるか話し合うという。

    1
    続き

    国際物理五輪で受賞した高校生らが文科省訪問

     インドネシアで開かれた第48回国際物理オリンピックに参加し、金2個と銀3個のメダルを獲得した日本の高校生代表5人が24日、文部科学省を訪れ、戸谷一夫事務次官から表彰状を授与された。

     今大会には86カ国・地域の395人が参加し、成績上位の64人が金、続く72人が銀、102人が銅の各メダルを受賞した。

    0
    続き

    東京都、「JKビジネス」の危険性を訴える

     女子高生が男性客に親密なサービスを提供するいわゆる「JKビジネス」の危険性を訴えようと、東京都は25日、東京・秋葉原のアキバ・スクエアで啓発イベントを開いた。

    0
    続き

    丼物・うどんチェーンのなか卯が「親子丼」刷新

     ゼンショーホールディングスは、丼物・うどんチェーンの「なか卯」の看板メニューである「親子丼」を、1994年の発売以来初めてリニューアルする。集客力の向上が狙いで、27日から全てのサイズで鶏肉を25%増量する。

     価格は「並」が490円、「大盛」が550円など全て据え置き。また「大盛」より大きい「特盛」(650円)をメニューに追加する。鶏肉の量が並の1・5倍で、生卵が付いている。

    0
    続き

    東京五輪開幕まで3年、都庁前で記念イベント

     2020年東京五輪の開幕まで3年となった24日夜、大会への機運を盛り上げようと、東京・西新宿にある都庁前の広場で記念イベントが開かれた。小池百合子知事や丸川珠代五輪担当相らが参加。庁舎の壁面に、東京の魅力やスポーツの素晴らしさを伝える映像を立体的に映し出す「プロジェクションマッピング」などが行われた。

    0
    続き

    日本機械学会、「しんかい2000」を機械遺産に

     日本機械学会は24日、2017年度の機械遺産に海洋科学技術センター(現海洋研究開発機構)の有人潜水調査船「しんかい2000」や国産初の地下鉄車両「モハ1000形1001号」など7件を認定したと発表した。認定式は8月7日に東京大で行われ、機械遺産は計90件となる。

    0
    続き

    百人一首の謎と魅力、国立公文書館で企画展

     正月の風物詩として知られる百人一首の謎や魅力を伝える企画展「ふしぎなふしぎな百人一首」が東京・北の丸公園の国立公文書館で開かれている。江戸幕府の蔵書などから百人一首に関係する資料約50点が展示されている。

    0
    続き

    サッカーだってお手の物

     オーストラリアのシドニーで21日、サッカーボールを追うロボットたち。

     豪ニューサウスウェールズ大が開発したロボットチームで、27日から名古屋で開かれるロボット・サッカー大会に出場する。

     大会には米国やドイツなど各国からチームが参加し、同大の優勝常連チームと戦う。(AFP=時事)

    0
    続き

    長寿国日本、次の課題は「健康寿命の延ばし方」

    東京都健康長寿医療センター研究所 大渕修一部長

     日本は世界に冠たる長寿国になった。しかし、その裏で要介護や寝たきりになって余生を過ごす高齢者もいる。長寿を達成した日本、次の課題となっているのが健康寿命の延伸。東京都理学療法士協会は、このほど、「健康寿命の延ばし方」と題して、東京都健康長寿医療センター研究所の大渕修一部長による講演会を京王聖蹟桜ヶ丘ショッピングセンターのアウラホールで開いた。

    0
    続き

    白鵬が2連覇でV39、最多通算勝利記録に花

     土俵下の優勝インタビュー。白鵬は「名古屋の皆さんサンキュー(39)」と、優勝回数をもじってあいさつし、ご機嫌だった。

     賜杯を手にしただけでなく、通算勝利では敬愛する千代の富士を抜き、魁皇の記録も塗り替えて歴代1位に名を刻んだ。自ら「大満足」という結果を出して、笑顔が絶えなかった。

    0
    続き

    英王子兄弟、事故死の直前にダイアナ妃と電話

     ウィリアム、ヘンリー両英王子が、1997年のダイアナ元妃の事故死直前、母と電話で短い会話を交わしていたことを明らかにした。当時12歳だった次男ヘンリー王子は「何を話したのかは思い出せないが、振り返るたびに何て短い電話だったのかと思う。死ぬまで後悔するだろう」と心情を吐露した。

    0
    続き

    インド人の30代男性、ギター弾きながら脳手術

     神経疾患による運動障害「ジストニア」を患い、手のけいれんに悩まされていたインド人の30代男性が、ギターを弾きながら脳の手術を受け見事回復した。治療した南部ベンガルールの医師が20日、声明で手術の詳細を明らかにした。

    0
    続き

    今年は何羽? 伝統行事「白鳥調べ」が始まる

     19日、英国南東部のテムズ川岸で白鳥を抱える男性2人。英国の伝統行事「白鳥調べ」が今年も始まった。

     王室所有の白鳥はひなも含めて生息数を調べられ、病気やけがの有無も5日間かけて細かくチェックされる。行事の起源は12世紀までさかのぼるそう。(EPA=時事)

    0
    続き

    「芸術・音楽・食の祭典」で被災地を盛り上げ

     東日本大震災の被災地を芸術や音楽、食で盛り上げようと企画されたイベント「リボーンアート・フェスティバル」が22日、宮城県石巻市で始まった。現代アート作品が牡鹿半島などで展示されるほか、コンサートも開かれる。期間は9月10日までの51日間で、主催者側は20万人の来場を見込む。

    0
    続き

    英女王への贈り物を展示、ダイアナ妃の所有品も

     エリザベス英女王のロンドンの公式住居であるバッキンガム宮殿の夏季限定一般公開が、22日から10月1日までの日程で行われる。公開に合わせた特別展では、各国の元首らから女王に贈られた品々200点以上を展示。来月のダイアナ元皇太子妃死去20年を記念し、元妃の所有品も同時公開される。

    0
    続き

    「ふみの日」、手紙を出す楽しさを実感して!

     毎月23日は多くの人に手紙に親しんでもらうため、1979年に当時の郵政省が定めた「ふみの日」。手紙を出す楽しさを実感してもらおうと、日本郵便は文月(7月)のふみの日である22、23両日に東京・丸の内のKITTEでイベントを開いた。

    0
    続き

    「日本橋」の上を走る首都高、地下化を検討

     国土交通省は21日、東京・日本橋の上を走る首都高速道路の都心環状線について、一部を地下に移す方向で検討することを明らかにした。建設から50年が過ぎて老朽化が進んでおり、道路の更新に合わせて観光地として有名な日本橋周辺の景観改善につなげる。

    0
    続き

    被災ライバル店の野菜販売 「復興の明るい光に」

     豪雨被害で営業停止を余儀なくされた福岡県朝倉市の農産物直売所に、隣の筑前町のライバル店が手を差し伸べた。「少しでも復興の明るい光になれば」と、相手の商品の野菜を置く特設コーナーを店舗前に設置。窮地のライバルを「全面支援」している。

    0
    続き

    高松本宮市長、ロンドンの日本庭園で記念植樹

     訪英した福島県本宮市の高松義行市長とロンドン市ケンジントン・アンド・チェルシー区のロッシ区長は20日、本宮市に今年11月に開園する「英国庭園」と、ケンジントン区内にある日本庭園の「福島庭園」を姉妹庭園とする覚書に調印した。この後、福島庭園では創設5周年の記念式典が、鶴岡公二駐英大使も出席して開かれた。

    0
    続き