■連載一覧
  • 第3次改造内閣 信頼回復へ始動
  • 南シナ海 強まる中国支配 安保専門家に聞く
  • 香港・中国返還20年 「一国二制度」の前途
  • ’17首都決戦
  • 北朝鮮 制裁の現実
  • 2017/8/06
  • 2017/7/26
  • 2017/7/01
  • 2017/6/27
  • 2017/6/26
  • 2016 世界はどう動く-識者に聞く
  • 戦後70年 識者は語る
  • 2015 世界はどう動く-識者に聞く
  • 2014 世界はどう動く
  • 2016/1/04
  • 2015/8/09
  • 2015/1/07
  • 2014/1/06
  • 台湾に吹いた蔡英文旋風
  • ルポ・政権交代の攻防 台湾総統選
  • 二極化する香港 識者インタビュー
  • 香港誌「前哨」編集長 劉達文氏に聞く
  • 「雨傘革命」下の香港 揺れる一国二制度の行方
  • 揺れる香港 各派リーダーに聞く
  • 香港の普選運動 親中派民間団体代表の見方
  • 2016/1/18
  • 2015/12/26
  • 2015/7/12
  • 2014/11/21
  • 2014/11/14
  • 2014/11/06
  • 2014/7/08
  • ドゥテルテ大統領就任から3カ月 どこへ向かう比政権
  • 香港「自治」の行方 識者に聞く
  • 中華圏に浸透する同性婚
  • 中台関係の行方
  • 日米同盟と台湾 海洋安全保障の展望
  • 蔡英文時代の台湾 本土派路線のビジョンと課題
  • ASEANの夜明け アジアハイウエー7000キロルポ
  • 緊張 南シナ海
  • 中央アジア胎動 中国「新シルクロード」と日本の戦略
  • “政熱経熱”の中韓
  • 新QDRと米中軍事バランス
  • 新グレートゲーム・幻想だった中国の平和的台頭
  • 新グレートゲーム・中国南進の海
  • 2016/9/21
  • 2016/8/17
  • 2016/7/26
  • 2016/6/03
  • 2016/5/31
  • 2016/5/19
  • 2016/3/22
  • 2015/11/18
  • 2015/10/14
  • 2015/9/07
  • 2014/3/31
  • 2014/2/14
  • 2013/4/18
  • 多難な年明けのトルコ
  • EUと難民 UNHCRウィーン事務所報道官に聞く
  • ロシアのシリア内戦介入 アルアハラム財団事務局長に聞く
  • 2016/1/30
  • 2015/12/11
  • 2015/11/13
  • 施行から70年 憲法改正を問う
  • どうなる「民共協力」 27回共産党大会の焦点
  • 蓮舫民進 疑問の船出
  • 新閣僚に聞く
  • 「立憲主義」について
  • 再改造内閣 始動
  • 安倍政権 新たな挑戦
  • 16参院選 注目区を行く
  • 伊勢志摩サミット
  • 憲法改正 ここが焦点
  • 筆坂元日本共産党ナンバー3と田村自民党政務調査会審議役が対談
  • 第3次安倍改造内閣スタート
  • 詳解 集団的自衛権 安保法制案の合憲性
  • 衆院選 自公圧勝 ~課題と展望~
  • ’14衆院選 注目区を行く
  • 第2次安倍改造内閣スタート
  • 日米首脳会談 成果と課題
  • 2017/4/26
  • 2017/1/09
  • 2016/9/17
  • 2016/9/02
  • 2016/8/22
  • 2016/8/04
  • 2016/7/12
  • 2016/6/30
  • 2016/5/23
  • 2016/4/25
  • 2016/4/04
  • 2015/10/08
  • 2015/8/06
  • 2014/12/16
  • 2014/12/07
  • 2014/9/05
  • 2014/4/26
  • 国防最前線・南西諸島はいま 第2部 自衛隊配備へ動く石垣島
  • 国防最前線・南西諸島はいま 第1部 与那国島・陸自駐屯地
  • 激震・翁長県政 「オール沖縄」の凋落
  • 普天間基地移設 経緯の検証と提言
  • 「援護法」に隠された沖縄戦の真実
  • 2016/10/31
  • 2016/10/12
  • 2016/1/26
  • 2015/10/01
  • 2013/7/08
  • どう対処 北の脅威 米有識者に聞く
  • 9年ぶり左派政権 文在寅大統領の韓国
  • 弾劾の波紋 漂流する韓国政治
  • 検証・金正恩統治5年
  • どこへ行く混迷・韓国 国政介入事件の深層
  • どう見る金正恩体制 日韓専門家対談
  • 迎撃ミサイル配備 韓国の決断
  • 3代世襲“完成” 北朝鮮第7回党大会
  • 検証 元料理人 藤本氏の再訪朝
  • 韓国総選挙ショック
  • 日韓国交正常化50年 識者に聞く
  • どうする拉致解決 日朝ストックホルム合意1年
  • 日韓国交正常化50年 「嫌韓」「反日」を越えて
  • 張成沢氏失脚 北で何が起きたか
  • 2017/5/17
  • 2017/5/11
  • 2017/3/15
  • 2016/12/27
  • 2016/12/05
  • 2016/8/24
  • 2016/7/20
  • 2016/5/10
  • 2016/4/29
  • 2016/4/15
  • 2015/6/22
  • 2015/5/11
  • 2015/2/05
  • 2013/12/10
  • 待ったなし地球温暖化対策
  • 環境先進国フランスの挑戦
  • 迫る気候変動の脅威 どうする大災害への備え
  • 2016/1/02
  • 2015/10/07
  • 2015/9/21
  • 「情報戦争」時代と米国
  • 米軍再建への課題-元上級将校の提言
  • トランプ政権始動
  • トランプ大統領の衝撃 米国と世界はどこに向かう
  • トランプvsヒラリー 米大統領選まで1カ月
  • オバマのLGBT外交 米国と途上国の「文化戦争」
  • トランプVSヒラリー 米大統領選まで3カ月
  • オバマ外交と次期米大統領の課題
  • 2016年米大統領選まで1年
  • 再考 オバマの世界観
  • オバマの対宗教戦争・第1部
  • オバマの対宗教戦争・第2部
  • 2017/4/03
  • 2017/2/28
  • 2017/1/22
  • 2016/11/11
  • 2016/10/08
  • 2016/9/26
  • 2016/8/06
  • 2016/6/14
  • 2015/11/08
  • 2015/7/06
  • 2013/8/05
  • 2013/9/30
  • JAXA宇宙探査計画
  • 2015/12/24
  • [ローカル] rss

    旧伊藤博文邸などを「明治記念大磯邸園」に

     国土交通省は、2018年が明治維新から150年目となるのに合わせ、初代首相・伊藤博文の旧邸宅などが並ぶ神奈川県大磯町の一角を「明治記念大磯邸園」(仮称)として整備する方向で検討に入った。立憲政治の確立に貢献した先人の業績を後世に伝える場として活用する。18年度予算概算要求に関連経費を盛り込む構えだ。

    0
    続き

    皆既日食が米大陸を横断、1世紀ぶり天体ショー

     米国で21日、本土の太平洋側から大西洋側にかけて皆既日食が観測された。米国で皆既日食が大陸を横断するのは、1918年以来約1世紀ぶり。歴史的な天体ショーを楽しもうと、各地で大勢が空を見上げた。

     英国からこの日食を見るために米西部ワイオミング州を訪れたというリックさんは「思っていた以上にすごかった。米国で次に見られる2024年にまた来たい」と興奮気味に語った。

    0
    続き

    文科省が高校のビジネス活動支援を検討

     文部科学省は22日、ビジネスの手法を使って地域社会が抱える課題の解決を目指す「ソーシャルビジネス」について、高校での実践を支援する方向で検討を始めた。支援を地方創生につなげるのが狙いで、全国の高校の中で先進的な取り組みを集めた事例集の作成と、導入を進める地域への専門家の派遣などを想定。文科省は2018年度予算概算要求に関連経費を盛り込む方向で調整している。

    0
    続き

    広報部長にモデルの松元絵里花さん

     11月4日にさいたま市が開催する国際自転車競技大会「2017ツール・ド・フランスさいたまクリテリウム」の広報部長に、モデルの松元絵里花さん(21)が就任した。大会の魅力を若者の視点で広く伝えるのが狙い。

      13年から毎年、JRさいたま新都心駅周辺で開かれ、国内外のトップ選手が出場。埼玉大や芝浦工業大など同市周辺にキャンパスがある12大学から広報部員を募った。

    0
    続き

    拉致被害者の家族「事態がなぜ動かない」

     加藤勝信拉致問題担当相は21日、拉致被害者の家族らを内閣府に招いて、7月に政府が実施した北朝鮮への追加制裁などを説明した。家族からは拉致問題が手詰まり状態となっていることについて「(事態が)なぜ動かない」との声が上がった。

    0
    続き

    5代目尾上菊之助さん、インドで歌舞伎の公演

     インドの首都ニューデリーで20日、歌舞伎役者の5代目尾上菊之助さんによる歌舞伎の公演が行われ、集まった約140人の観客が女形の菊之助さんのしなやかな舞に見入った。今年は日印文化協定の発効から60周年を迎え、交流を深めるため在印日本大使館が主催した。インドでの歌舞伎公演は2004年以来、13年ぶり。

    0
    続き

    マリモ発見120年記念展、美しさや面白さを知る

     絶滅の危機にあるマリモが北海道・阿寒湖で発見されて今年で120年。これを記念して近年の研究成果をまとめた企画展が22日、東京・上野の国立科学博物館で始まる。21日には、報道陣向け内覧会が行われた。

     マリモは米国やヨーロッパにも分布しているが、世界中のサンプルの調査から、原産は日本周辺ということが判明。ハクチョウなどの渡り鳥に食べられたことで広がったのではないかと見られている。

    0
    続き

    もうすぐ「ガネーシャ・フェスティバル」

     インド北部アラハバードで16日、ゾウの頭を持つヒンズー教の神ガネーシャの置物を完成させるための仕上げ作業を行う男性。

     人気のあるこの神様を祭る毎年恒例の「ガネーシャ・フェスティバル」が25日から9月5日まで行われるのを前に、ご神体の製造作業が本格化している。(AFP=時事)

    0
    続き

    顕微鏡で見る加齢とアルツハイマー病

     都民講座で「暮れなずむ脳の内景」と題して東京都医学総合研究所 脳病理形態研究室 内原俊記氏が東京都千代田区の一橋講堂で講演した。定員500人の会場が満杯となった。

    0
    続き

    米重巡洋艦インディアナポリス、72年ぶりに発見

     米マイクロソフトの共同創業者ポール・アレン氏が率いる探査チームは19日、太平洋戦争末期に旧日本軍の潜水艦に撃沈された米軍の重巡洋艦インディアナポリスの残骸の一部を72年ぶりにフィリピン海の水深5500メートルの海底で発見したと発表した。

    0
    続き

    国体キャラ「チャッフィー」で寄付を募集

     滋賀県は、2024年に開く国体と全国障害者スポーツ大会のマスコットキャラクター「チャッフィー」の着ぐるみを作るため、寄付金の募集を始めた。目標額は1体分の100万円。国体と同大会のマスコットキャラクターについて寄付金を募るのは全国初という。

    0
    続き

    金魚が泳ぐゼリー、食も「見た目」が100%?

     金魚が泳ぐゼリー、青いカレー。彩りや形など「見た目」にこだわった食べ物が増えている。狙うのは写真共有サイト「インスタグラム(インスタ)」などのユーザー。写真がアップされ、注目されれば大ヒットにつながるとあって、メーカーや小売りが販売に注力。ただ、写真を撮った後、食べられないまま捨てられてしまうケースもあるなど、見た目偏重の弊害も出ている。

    0
    続き

    2700人が出席、着ぐるみ大集合

     17日、ドイツのベルリンで開催中の「欧州着ぐるみ大会」で行われたパレードに参加した愛好家たち。

     大会は世界で最も歴史のある着ぐるみ大会で、約2700人が出席する。(AFP=時事)

    0
    続き

    新潟・海洋高生がマレーシアでサケの魚醤を販売

     新潟県立海洋高校の生徒2人が19日、クアラルンプールの伊勢丹で、部活動で製造したサケの魚醤「最後の一滴」を販売した。マレーシア政府機関から4月にハラル(イスラム教で合法の意味)認証を取得したことを機に、豚などを禁忌とするイスラム諸国でも問題がない魚醤の魅力をアピールした。

     店頭に立ったのは共に1年生の金山芽生さん(15)と田村渓さん(15)。

    0
    続き

    「パキスタンのマザー・テレサ」の国葬営む

     パキスタンでハンセン病患者の治療に身をささげ、「パキスタンのマザー・テレサ」と呼ばれたドイツ人修道女、ルート・プファウさんの国葬が19日、パキスタン南部カラチで営まれ、フセイン大統領も出席した。プファウさんはパキスタンで150カ所以上の医療施設を整備するなど尽力し、10日に87歳で亡くなった。

    0
    続き

    全国初、燃料電池バスのバスツアーを行う

     クリーンエネルギーとして注目される水素のPRのため、燃料電池バスを使った親子バスツアーが19日、東京都とJTBの共同企画で行われた。燃料電池バスのバスツアーは全国初で、子供13人、大人7人の計20人が参加した。

    0
    続き

    中世にタイムスリップ

     16日、オーストラリアのシドニーで、中世の騎士のよろいを着用して戦いのポーズを取る「選手」。

     シドニー近郊では23、24の両日、中世をテーマにしたイベントが開催される。

    0
    続き

    国内最年少、生後13日の女児の心臓手術が成功

     兵庫県立尼崎総合医療センター(兵庫県尼崎市)の藤原慶一副院長らが18日、記者会見し、先天性の重い心臓病がある生後13日の女児の手術に成功したと発表した。同センターによると、右肺動脈に異常がある珍しい心臓病で、国内最年少の成功例という。経過は順調で19日に退院する予定。

    0
    続き

    「走るATM」、移動ATM車の導入が広がる

     地方銀行や信用金庫といった地域金融機関で、現金自動預払機(ATM)を搭載し、店舗の空白地域などを巡回する移動ATM車の導入が広がっている。今秋には、トラックを改造した従来の車両に比べ、小回りが利いてコストも抑えたワゴン車タイプが登場。車の運転が困難な高齢者ら交通弱者の増加が、地方での「走るATM」の普及を促している。

    0
    続き

    「駐車場の利用」を蝶野正洋さんが呼び掛け

     道路が日々の生活に身近な施設であることを実感してもらうためのイベント「夢のみち2017」(主催・東京都道路整備保全公社)が18日、東京・JR新宿駅西口広場で開かれた。

    0
    続き

    郵便局に「JOCオリンピック支援自販機」

     日本オリンピック委員会(JOC)は18日、売り上げの一部を選手強化費などに充てる日本コカ・コーラの「JOCオリンピック支援自販機」を、全国60カ所の郵便局に設置すると発表した。リオデジャネイロ五輪メダリスト58人の出身地や練習拠点など、ゆかりのある場所を選んだ。

     支援自販機は昨年1月から設置が始まり、既に約800台が置かれているが、今回は金、銀、銅のメダル色をした特別のデザインで登場する。

    0
    続き

    「民進」の農政特集、戸別補償制度を再主張

     民進党の機関紙「民進プレス」は、政策特集中心の月刊紙という体裁になってから半年経(た)つ。党の動きは同党ホームページなどネットで、ということだ。党内対立が激しく、党内動向を編集する苦労をコストと共に省いたと思われるが、機関紙発行は自前の広報力を持つ組織政党としての体面を保ち得るものだ。

     新党の多くは機関紙発行に至らない。党首人気やブームによるマスコミの露出度を頼みとするので、議席は得ても党の浮沈が早い。

    0
    続き

    一新を図る「自由民主」、幹事長が評論家インタビュー

     評論家は政治家をインタビューするが、政治家が評論家をインタビューするのはまれだ。自民党の機関紙「自由民主」(7・25)1面では、二階俊博幹事長が政治評論家・森田実氏の表敬訪問を受け、2人の懇談を扱ったが、問いを発するのが二階氏で、答えが森田氏というインタビュー記事である。東京都議選敗退を受け、「…多くの苦難を克服した自民党の歴史を森田氏と振り返った」(リード)ものだ。

     記事冒頭で二階氏は、「自民党の現状をどう受けとめますか」と、単刀直入に聞いている。

    0
    続き