■連載一覧
  • 疑問の「同性パートナーシップ」
  • 「情報戦争」時代と米国
  • 弾劾の波紋 漂流する韓国政治
  • 米軍再建への課題-元上級将校の提言
  • トランプ政権始動
  • 2017/4/11
  • 2017/4/03
  • 2017/3/15
  • 2017/2/28
  • 2017/1/22
  • 2016 世界はどう動く-識者に聞く
  • 戦後70年 識者は語る
  • 2015 世界はどう動く-識者に聞く
  • 2014 世界はどう動く
  • 2016/1/04
  • 2015/8/09
  • 2015/1/07
  • 2014/1/06
  • 台湾に吹いた蔡英文旋風
  • ルポ・政権交代の攻防 台湾総統選
  • 二極化する香港 識者インタビュー
  • 香港誌「前哨」編集長 劉達文氏に聞く
  • 「雨傘革命」下の香港 揺れる一国二制度の行方
  • 揺れる香港 各派リーダーに聞く
  • 香港の普選運動 親中派民間団体代表の見方
  • 2016/1/18
  • 2015/12/26
  • 2015/7/12
  • 2014/11/21
  • 2014/11/14
  • 2014/11/06
  • 2014/7/08
  • ドゥテルテ大統領就任から3カ月 どこへ向かう比政権
  • 香港「自治」の行方 識者に聞く
  • 中華圏に浸透する同性婚
  • 中台関係の行方
  • 日米同盟と台湾 海洋安全保障の展望
  • 蔡英文時代の台湾 本土派路線のビジョンと課題
  • ASEANの夜明け アジアハイウエー7000キロルポ
  • 緊張 南シナ海
  • 中央アジア胎動 中国「新シルクロード」と日本の戦略
  • “政熱経熱”の中韓
  • 新QDRと米中軍事バランス
  • 新グレートゲーム・幻想だった中国の平和的台頭
  • 新グレートゲーム・中国南進の海
  • 2016/9/21
  • 2016/8/17
  • 2016/7/26
  • 2016/6/03
  • 2016/5/31
  • 2016/5/19
  • 2016/3/22
  • 2015/11/18
  • 2015/10/14
  • 2015/9/07
  • 2014/3/31
  • 2014/2/14
  • 2013/4/18
  • 多難な年明けのトルコ
  • EUと難民 UNHCRウィーン事務所報道官に聞く
  • ロシアのシリア内戦介入 アルアハラム財団事務局長に聞く
  • 2016/1/30
  • 2015/12/11
  • 2015/11/13
  • どうなる「民共協力」 27回共産党大会の焦点
  • 蓮舫民進 疑問の船出
  • 新閣僚に聞く
  • 「立憲主義」について
  • 再改造内閣 始動
  • 安倍政権 新たな挑戦
  • 16参院選 注目区を行く
  • 伊勢志摩サミット
  • 憲法改正 ここが焦点
  • 筆坂元日本共産党ナンバー3と田村自民党政務調査会審議役が対談
  • 第3次安倍改造内閣スタート
  • 詳解 集団的自衛権 安保法制案の合憲性
  • 衆院選 自公圧勝 ~課題と展望~
  • ’14衆院選 注目区を行く
  • 第2次安倍改造内閣スタート
  • 日米首脳会談 成果と課題
  • 2017/1/09
  • 2016/9/17
  • 2016/9/02
  • 2016/8/22
  • 2016/8/04
  • 2016/7/12
  • 2016/6/30
  • 2016/5/23
  • 2016/4/25
  • 2016/4/04
  • 2015/10/08
  • 2015/8/06
  • 2014/12/16
  • 2014/12/07
  • 2014/9/05
  • 2014/4/26
  • 国防最前線・南西諸島はいま 第2部 自衛隊配備へ動く石垣島
  • 国防最前線・南西諸島はいま 第1部 与那国島・陸自駐屯地
  • 激震・翁長県政 「オール沖縄」の凋落
  • 普天間基地移設 経緯の検証と提言
  • 「援護法」に隠された沖縄戦の真実
  • 2016/10/31
  • 2016/10/12
  • 2016/1/26
  • 2015/10/01
  • 2013/7/08
  • 検証・金正恩統治5年
  • どこへ行く混迷・韓国 国政介入事件の深層
  • どう見る金正恩体制 日韓専門家対談
  • 迎撃ミサイル配備 韓国の決断
  • 3代世襲“完成” 北朝鮮第7回党大会
  • 検証 元料理人 藤本氏の再訪朝
  • 韓国総選挙ショック
  • 日韓国交正常化50年 識者に聞く
  • どうする拉致解決 日朝ストックホルム合意1年
  • 日韓国交正常化50年 「嫌韓」「反日」を越えて
  • 張成沢氏失脚 北で何が起きたか
  • 2016/12/27
  • 2016/12/05
  • 2016/8/24
  • 2016/7/20
  • 2016/5/10
  • 2016/4/29
  • 2016/4/15
  • 2015/6/22
  • 2015/5/11
  • 2015/2/05
  • 2013/12/10
  • 待ったなし地球温暖化対策
  • 環境先進国フランスの挑戦
  • 迫る気候変動の脅威 どうする大災害への備え
  • 2016/1/02
  • 2015/10/07
  • 2015/9/21
  • トランプ大統領の衝撃 米国と世界はどこに向かう
  • トランプvsヒラリー 米大統領選まで1カ月
  • オバマのLGBT外交 米国と途上国の「文化戦争」
  • トランプVSヒラリー 米大統領選まで3カ月
  • オバマ外交と次期米大統領の課題
  • 2016年米大統領選まで1年
  • 再考 オバマの世界観
  • オバマの対宗教戦争・第1部
  • オバマの対宗教戦争・第2部
  • 2016/11/11
  • 2016/10/08
  • 2016/9/26
  • 2016/8/06
  • 2016/6/14
  • 2015/11/08
  • 2015/7/06
  • 2013/8/05
  • 2013/9/30
  • JAXA宇宙探査計画
  • 2015/12/24
  • [ローカル] rss

    葵祭主役に19歳の女子大生富田紗代さん

     京都三大祭りの一つ、「葵(あおい)祭」の主役「斎王代(さいおうだい)」に、同志社大2年の富田紗代さん(19)京都市左京区が選ばれた。5月15日の祭りで、十二単(ひとえ)姿でこしに乗って登場する。

     葵祭は五穀豊穣(ほうじょう)を祈願する下鴨神社と上賀茂神社の例祭で、約1400年の歴史があるとされる。平安時代から鎌倉時代にかけての衣装を身にまとった行列が、京都市の中心部を華やかに練り歩く。

    0
    続き

    落語家の三遊亭円歌さんが死去、88歳

     「授業中」などの新作落語で人気を集めた落語協会最高顧問の三遊亭円歌(さんゆうてい・えんか、本名中沢円法なかざわ・えんぽう)さんが23日午後1時25分、結腸がんによる腸閉塞(へいそく)のため死去した。88歳だった。東京都出身。葬儀は27日午前10時30分から東京都港区南青山2の33の20の青山葬儀所で。喪主は妻中沢令子(なかざわ・れいこ)さん。葬儀委員長は落語協会の柳亭市馬会長。

    0
    続き

    星野リゾート、大阪で観光客特化ホテルを開業

     高級リゾート施設を運営する星野リゾート(長野県軽井沢町)の星野佳路代表は24日、大阪市で記者会見し、2022年春に同市内に開業予定のホテルについて「ビジネス需要を忘れ、大阪に来る国内外からの観光客に特化したホテルにする」と述べた。

     予定地はJR新今宮駅に面し、大阪南部の観光スポットである通天閣や新世界に近い。市から土地を約18億円で取得し、高層ホテル(地上20階、客室数608)を建設する。

    0
    続き

    暑さ忘れてバファローと水遊び

     インド北部ジャム・カシミール州のジャム近郊の川で20日、涼を求めてバファローと共に水遊びをする子供たち。

     同州では最高気温が41度を超えるなど暑い日が続いており、水遊びは子供たちにとって暑さを忘れさせてくれる絶好の機会となっている。(AFP=時事)

    0
    続き

    子どもたちの自尊感情をどう育むか

     日本の子供たちは他の先進諸国と比べて「自尊感情」が低いと言われている。心の重要な部分である自尊感情をいかに育むか。4月16日、日本いのちの教育学会会長・近藤卓氏を講師に第27回人格教育フォーラム(主催・一般社団法人 平和政策研究所「圓一」編集委員会)が東京都千代田区で開催された。

    0
    続き

    浅草-会津に直行特急「リバティ会津」運行

     東武鉄道は21日、東武浅草駅(東京・浅草)と会津鉄道の会津田島駅(福島県南会津町)を直接結ぶ新型特急「リバティ会津」の運行を始めた。26年ぶりに新型特急車両を投入。訪日外国人客を意識して、車両の内装は「和」をイメージしたほか、車内にインターネット環境も整えた。

    1
    続き

    短歌結社「台湾歌壇」が創立50周年記念大会

     日本統治下の台湾で日本語教育を受けた人たちが創設した短歌結社「台湾歌壇」が23日、台北市内で創立50周年の記念大会を開いた。台湾内外から会員ら約100人が出席し、半世紀に及ぶ活動を祝った。

    0
    続き

    「旧本庄商業銀行煉瓦倉庫」が交流施設に

     明治中期の1896年、埼玉県本庄市の旧中山道沿いに建設された「旧本庄商業銀行煉瓦(れんが)倉庫」が、4月に市民や観光客らの交流施設として生まれ変わった。

     倉庫は当時、繭取引が盛んだった同市で、銀行が融資の担保とした繭を保管するために使った。2階建てで、延べ床面積は約630平方メートル。柱を使わずに三角形の骨組みで屋根を支え、広い空間をつくり出す構造が特徴だ。

    0
    続き

    水槽の中で演奏、音や歌声はどう響く?

     デンマークのオーフスで19日、特製の楽器を使い、水槽の中で演奏するデンマークの5人組バンド「ビトウィーン・ミュージック」。

     水中で楽器を奏でるだけでなく歌声も披露する。果たしてどんな音が響いているのか。(AFP=時事)

    0
    続き

    杉原千畝氏の映画上映会、米国務省で初めて開催

     第2次大戦中のリトアニアでユダヤ人に「命のビザ」を発給し、ナチス・ドイツの迫害から救った日本人外交官、杉原千畝氏の半生を描いた映画の上映会が20日、米国務省で初めて催された。このビザのおかげで米国に逃げ延びた米先物取引所大手CMEグループ名誉会長、レオ・メラメド氏(85)も駆けつけ、良心に従って行動することの重要性を訴えた。

    1
    続き

    地球をハグしませんか、「アースマン」が登場

     「アースデイ」の22日、全国各地で地球環境について考えるイベントが行われた。

     東京・代々木公園では地球の格好をした「アースマン」が登場。「地球をハグしませんか」と会場を訪れた家族連れに声を掛け、ハイタッチを交わした。

     「アースデイ」は1970年、市民運動として米国で始まった。地球温暖化による自然災害が頻発する近年、参加者らは地球環境に優しい行動の必要性を訴えた。

    0
    続き

    こいのぼり100匹が都心の空にお目見え

     ゴールデンウイークに新緑の都心を彩る約100匹のこいのぼりが21日から、東京ミッドタウン・ガーデン(東京・赤坂)にお目見えし、訪れた人々を楽しませている。

    0
    続き

    200万~300万匹に1匹、希少な青いロブスター

     フランス西部ブレストのオセアノポリス水族館で19日、青いロブスターがお披露目された。

     専門家によると、青いロブスターは色素に関する遺伝子異常で生まれ、200万~300万匹に1匹しかいないという。(AFP=時事)

    0
    続き

    春季例大祭、高市早苗総務相が靖国神社を参拝

     高市早苗総務相は21日午前、東京・九段北の靖国神社を春季例大祭に合わせて参拝した。安倍晋三首相は祭具の真榊(まさかき)を奉納した。23日までの期間中に自身が参拝することは見送る。

     高市氏は参拝後、記者団に「国策に殉じられた方々のみ霊に尊崇の念を持って感謝の誠をささげた」と説明。閣僚参拝に対する中韓両国の批判に関しては「慰霊の在り方が外交問題であるべきではない」と語った。

    1
    続き

    羽生結弦、最後に王者の意地、後半に4回転3本

     羽生はやはり、ただでは転ばない。大きく沈んだSPに続いてフリーも完璧ではなかった。それでも、3種類の4回転を5本組み込む構成に初めて挑んで4度決めた。うち三つは得点の増す後半。「これが収穫。達成感が違う」と晴れやかだった。

    1
    続き

    コンビニ各社、高齢者向けのサービスを強化

     シニア世代の増加に合わせコンビニエンスストア各社が高齢者向けのサービスに力を入れている。高齢になるにつれて遠くまで買い物に出掛けにくくなることを想定し、集合住宅の敷地内への出店を強化したり、介護相談窓口を併設したりするなど、各社が工夫を凝らしている。

    1
    続き

    米国人の絵本作家エリック・カール展が始まる

     世界的に知られる米人の絵本作家エリック・カール氏の展覧会が22日から、世田谷美術館(東京都世田谷区国)で始まる。これに先立ち21日、報道陣向け内覧会が行われた。

     『はらぺこあおむし』などで知られるカール氏の作品は、コラージュなどの手法を用いた色鮮やかな表現が特徴。同展では、原画、舞台美術や立体作品など160点を通じて、絵本だけでない、同氏の幅広い創作活動を振り返ることができる。

    1
    続き

    「赤旗」の国連誇大報道、「核兵器禁止条約」交渉を絶賛

     日本共産党は、3月下旬にニューヨークの国連本部で行われた核兵器を法的に禁止する条約の制定に向けた初の交渉会議に志位和夫委員長をはじめとする党代表団を派遣し、機関紙「しんぶん赤旗」で3月末から4月上旬にかけて誇大なキャンペーンを張った。

     同紙3月29日付1面は「核兵器禁止条約実現へ歴史的な国連会議始まる」の大見出しで扱い、「国連を舞台に『核兵器のない世界』めざす本流と逆流の姿が鮮明になりました」と述べるなど、数の上で少数派の核保有国に対して多数派の側に立つ自信を示している。

    0
    続き

    豊洲「判断」促す公明、「都議選前」を小池百合子都知事に要望

     公明党は東京都議選を小池百合子都知事との選挙協力で乗り切ろうとしている。同党機関誌「公明」5月号は「上げ潮の党勢のままに首都決戦の完勝を」と題し、井上義久幹事長インタビューを載せた。都民ファーストの会との選挙協力について井上氏は、「知事側から政策実現のため、都議選で公明党を応援したいという意向も伝えられたため、3月10日に……35項目で政策合意に達し、13日に選挙協力も決めた」と述べている。23人の候補予定者と小池知事との写真も載せた。

     井上氏はまた、都議選は「投票率が上がり、当選ラインも上昇するのは必至だろう」と分析。昨年7月の東京都知事選で小池知事を当選させた「都民の問題意識のうねりは、今も続いており、都政への関心は非常に高まっている。それゆえに都議選に対する関心も、かつてないほど高い」と見るからだ。

    0
    続き

    饒舌な世界、カメラだけが創れるビジョン

     東京都写真美術館で「山崎博 計画と偶然」展が開催されている。山崎博は光の持つ不思議な豊かさと、時間のもたらす変化をエッセンスとして作品を作り続けてきた。

     1946年、長野県生まれ。68年日大藝術学部を中退し、翌年から写真を始め、83年長時間露光による太陽のシリーズで第3回日本写真協会新人賞を受賞。2001年第26回伊奈信男賞を受賞。

    1
    続き

    大型商業施設「ギンザシックス」が開業

     J・フロントリテイリングなどが開発を手掛けた複合施設「GINZA SIX(ギンザシックス)」(東京都中央区)が20日開業した。銀座地区最大の店舗面積を持つ商業施設となり、東京の新たな名所として注目を集めそうだ。

    1
    続き

    壁やテーブルに投写した映像にタッチして操作

     ソニーモバイルコミュニケーションズ(東京)は20日、壁やテーブルに投写した映像に指で触れて操作できるプロジェクター「エクスペリアタッチ」を6月24日に発売すると発表した。市場推定価格は16万2000円前後で、家庭向けに売り込む。インターネットにつなげて動画を見たり、離れた場所の人と通話したりすることもできる。

    1
    続き

    国税庁、希少バイク22台をインターネットで公売

     国税庁は20日、滞納した税金を徴収するために差し押さえたバイク22台をインターネット公売にかけると発表した。限定販売やカスタムバイクなど珍しいものも多く、同庁によると、これほどの台数を一斉に公売するのは初めて。

     見積金額が最も高い180万円だったのは、川崎重工業製のZ1100GP。ほぼ全ての部品を特注品に交換したフルカスタムバイクだ。

    0
    続き