■連載一覧
  • 2017衆院選 国難と選択
  • 北暴走 揺れる韓国
  • どう見る北の脅威
  • 新閣僚に聞く
  • 2017/10/16
  • 2017/9/21
  • 2017/9/19
  • 2017/9/07
  • 2016 世界はどう動く-識者に聞く
  • 戦後70年 識者は語る
  • 2015 世界はどう動く-識者に聞く
  • 2014 世界はどう動く
  • 2016/1/04
  • 2015/8/09
  • 2015/1/07
  • 2014/1/06
  • 香港・中国返還20年 「一国二制度」の前途
  • 台湾に吹いた蔡英文旋風
  • ルポ・政権交代の攻防 台湾総統選
  • 二極化する香港 識者インタビュー
  • 香港誌「前哨」編集長 劉達文氏に聞く
  • 「雨傘革命」下の香港 揺れる一国二制度の行方
  • 揺れる香港 各派リーダーに聞く
  • 香港の普選運動 親中派民間団体代表の見方
  • 2017/7/01
  • 2016/1/18
  • 2015/12/26
  • 2015/7/12
  • 2014/11/21
  • 2014/11/14
  • 2014/11/06
  • 2014/7/08
  • 南シナ海 強まる中国支配 安保専門家に聞く
  • ドゥテルテ大統領就任から3カ月 どこへ向かう比政権
  • 香港「自治」の行方 識者に聞く
  • 中華圏に浸透する同性婚
  • 中台関係の行方
  • 日米同盟と台湾 海洋安全保障の展望
  • 蔡英文時代の台湾 本土派路線のビジョンと課題
  • ASEANの夜明け アジアハイウエー7000キロルポ
  • 緊張 南シナ海
  • 中央アジア胎動 中国「新シルクロード」と日本の戦略
  • “政熱経熱”の中韓
  • 新QDRと米中軍事バランス
  • 新グレートゲーム・幻想だった中国の平和的台頭
  • 新グレートゲーム・中国南進の海
  • 2017/7/26
  • 2016/9/21
  • 2016/8/17
  • 2016/7/26
  • 2016/6/03
  • 2016/5/31
  • 2016/5/19
  • 2016/3/22
  • 2015/11/18
  • 2015/10/14
  • 2015/9/07
  • 2014/3/31
  • 2014/2/14
  • 2013/4/18
  • ムスリム同胞団とアラブ モハメド・F・ファラハト氏に聞く
  • 多難な年明けのトルコ
  • EUと難民 UNHCRウィーン事務所報道官に聞く
  • ロシアのシリア内戦介入 アルアハラム財団事務局長に聞く
  • 2017/9/01
  • 2016/1/30
  • 2015/12/11
  • 2015/11/13
  • 第3次改造内閣 信頼回復へ始動
  • ’17首都決戦
  • 施行から70年 憲法改正を問う
  • どうなる「民共協力」 27回共産党大会の焦点
  • 蓮舫民進 疑問の船出
  • 新閣僚に聞く
  • 「立憲主義」について
  • 再改造内閣 始動
  • 安倍政権 新たな挑戦
  • 16参院選 注目区を行く
  • 伊勢志摩サミット
  • 憲法改正 ここが焦点
  • 筆坂元日本共産党ナンバー3と田村自民党政務調査会審議役が対談
  • 第3次安倍改造内閣スタート
  • 詳解 集団的自衛権 安保法制案の合憲性
  • 衆院選 自公圧勝 ~課題と展望~
  • ’14衆院選 注目区を行く
  • 第2次安倍改造内閣スタート
  • 日米首脳会談 成果と課題
  • 2017/8/06
  • 2017/6/27
  • 2017/4/26
  • 2017/1/09
  • 2016/9/17
  • 2016/9/02
  • 2016/8/22
  • 2016/8/04
  • 2016/7/12
  • 2016/6/30
  • 2016/5/23
  • 2016/4/25
  • 2016/4/04
  • 2015/10/08
  • 2015/8/06
  • 2014/12/16
  • 2014/12/07
  • 2014/9/05
  • 2014/4/26
  • 国防最前線・南西諸島はいま 第2部 自衛隊配備へ動く石垣島
  • 国防最前線・南西諸島はいま 第1部 与那国島・陸自駐屯地
  • 激震・翁長県政 「オール沖縄」の凋落
  • 普天間基地移設 経緯の検証と提言
  • 「援護法」に隠された沖縄戦の真実
  • 2016/10/31
  • 2016/10/12
  • 2016/1/26
  • 2015/10/01
  • 2013/7/08
  • 北朝鮮 制裁の現実
  • どう対処 北の脅威 米有識者に聞く
  • 9年ぶり左派政権 文在寅大統領の韓国
  • 弾劾の波紋 漂流する韓国政治
  • 検証・金正恩統治5年
  • どこへ行く混迷・韓国 国政介入事件の深層
  • どう見る金正恩体制 日韓専門家対談
  • 迎撃ミサイル配備 韓国の決断
  • 3代世襲“完成” 北朝鮮第7回党大会
  • 検証 元料理人 藤本氏の再訪朝
  • 韓国総選挙ショック
  • 日韓国交正常化50年 識者に聞く
  • どうする拉致解決 日朝ストックホルム合意1年
  • 日韓国交正常化50年 「嫌韓」「反日」を越えて
  • 張成沢氏失脚 北で何が起きたか
  • 2017/6/26
  • 2017/5/17
  • 2017/5/11
  • 2017/3/15
  • 2016/12/27
  • 2016/12/05
  • 2016/8/24
  • 2016/7/20
  • 2016/5/10
  • 2016/4/29
  • 2016/4/15
  • 2015/6/22
  • 2015/5/11
  • 2015/2/05
  • 2013/12/10
  • 待ったなし地球温暖化対策
  • 環境先進国フランスの挑戦
  • 迫る気候変動の脅威 どうする大災害への備え
  • 2016/1/02
  • 2015/10/07
  • 2015/9/21
  • 「情報戦争」時代と米国
  • 米軍再建への課題-元上級将校の提言
  • トランプ政権始動
  • トランプ大統領の衝撃 米国と世界はどこに向かう
  • トランプvsヒラリー 米大統領選まで1カ月
  • オバマのLGBT外交 米国と途上国の「文化戦争」
  • トランプVSヒラリー 米大統領選まで3カ月
  • オバマ外交と次期米大統領の課題
  • 2016年米大統領選まで1年
  • 再考 オバマの世界観
  • オバマの対宗教戦争・第1部
  • オバマの対宗教戦争・第2部
  • 2017/4/03
  • 2017/2/28
  • 2017/1/22
  • 2016/11/11
  • 2016/10/08
  • 2016/9/26
  • 2016/8/06
  • 2016/6/14
  • 2015/11/08
  • 2015/7/06
  • 2013/8/05
  • 2013/9/30
  • JAXA宇宙探査計画
  • 2015/12/24
  • [ローカル] rss

    最新デジタルテクノロジーを導入、リニューアル

     仙台うみの杜水族館(仙台市宮城野区)は開業3年目を迎えた7月、先端技術の360度大パノラマプロジェクションマッピングを導入するなど、海の新たな魅力を発信している。

    0
    続き

    山形大、ペルーのシカン遺跡で人骨10人分を発見

     ペルー北部・ランバイエケ県のシカン遺跡で、11世紀後半に宗教儀礼のいけにえになったとみられる10人分の人骨を、山形大の松本剛准教授(人類学)らのチームが発見した。人骨が見つかった地層には大きな洪水の跡があり、松本准教授は「宗教儀礼で気候変動にあらがおうとしたのではないか」と分析している。

    0
    続き

    山形県鶴岡市の海岸で北米生息のアザラシが漂着

     山形県鶴岡市の海岸で21日までに、アザラシの子供が漂着しているのが見つかった。保護した市立加茂水族館によると、北米の西海岸などに生息するキタゾウアザラシの可能性が高く、国内で見つかったのは3例目で、日本海側では初めてとみられる。

    0
    続き

    振り子の長さ8㍍、世界最大級のカッコウ時計

     18日、ドイツ南西部のトリベルクで時を刻む世界最大級のカッコウ時計。

     重さ6㌧、振り子の長さは8㍍もあり、5年がかりで製作された。(EPA=時事)

    0
    続き

    「こども模擬選挙」、将来の有権者たちが1票

     衆院選投開票を前に、職業体験型施設「キッザニア東京」(東京都江東区)では、3~15歳の子供たちが実在の政党への投票を体験できる「こども模擬選挙」が20日から始まった。

     将来の有権者たちは、各党の主な公約を読んだ後、会場に置かれた本物の投票箱に1票を投じた。

    0
    続き

    盗難被害を乗り越えて、若山牧水が石像で復活

     昨年7月に盗難に遭い、再建中だった歌人若山牧水(1885~1928年)の石像が完成し、群馬県中之条町の暮坂峠で20日、除幕式が行われた。1年3カ月ぶりに元通りの姿に戻り、関係者らは一様に安堵(あんど)の表情を浮かべた。

    0
    続き

    独ルフトハンザ航空のCAがファッションショー

     歴代の制服を身に着けたドイツ・ルフトハンザ航空の客室乗務員(CA)が20日、東京都渋谷区内でミニ・ファッションショーを開き、同社が運航を開始した1955年以降の6代、8種類の制服と、26~38年に使用された旧ルフトハンザ航空の男性用制服が披露された。

    0
    続き

    人を助けることにかけたキリスト教の伝道者の生涯

     山室軍平は日本で最初に救世軍士官となったキリスト教の伝道者。この映画は人を助けることに生涯をささげたその人生を忠実に描いた作品。思い立ったらすぐ行動に移す情熱の人だが、不器用で、人付き合いも下手な人物だったようだ。

    0
    続き

    苦戦伝えた「赤旗」 比例票求め連日大見出し

     昨年の参院選で「民共共闘」を実現し、「野党統一候補」の支援に紙面を費やした共産党機関紙「しんぶん赤旗」(日刊)だが、今回の衆院選で中盤から終盤にかけて断トツに目立つのは「比例は共産党」の見出しと記事である。トップの大見出し(10日付、14日付、15日付、18日付、20日付など)はもちろん、紙面の随所に「比例で共産」「比例は共産」と呼び掛けている。

     もちろん、衆・参院選では、共産ほかどの党も公認、推薦、支持を与えている選挙区候補の応援と共に比例区で自らの党への投票を呼び掛ける。が、今回は明らかに「赤旗」紙面の比重は、昨年の「野党統一候補」とは違って、比例票の訴えに移った。

    1
    続き

    近く廃刊?「民進プレス」 「希望の党」全力で支援

     民進党の機関紙「民進プレス」は第3金曜日が発行日だ。10月は20日。衆院選も終盤大詰めだ。

     そこへ1面に「党員・サポーター、そして国民の皆さまへ」と題した前原誠司代表の、9月28日両院議員総会における今回の選挙に向けた決定に理解を求めるメッセージを載せた同紙が発行された。

    0
    続き

    絵本編集者の末盛千枝子さん、皇后陛下と懇談

     83歳の誕生日を20日迎えられた皇后陛下と長年親交がある絵本編集者の末盛千枝子さん(76)岩手県八幡平市在住は今年8月、皇后陛下と二人で懇談した。天皇陛下の退位について直接言及はなかったが、「退位まで無事お務めしていただきたいと、陛下のお体のことを本当に心配していらっしゃるのがひしひしと伝わってきた」と印象を話す。

    0
    続き

    プミポン前タイ国王の火葬に向け、準備が整う

     昨年10月に死去したタイのプミポン前国王の火葬施設最上部に、王位の象徴である傘の形をした装飾品を備える儀式が18日、バンコクの王宮前広場で行われた。これで今年2月に着工した施設は完成。26日の火葬に向け、準備が整った。

     装飾品は長さ5・1メートル、重さ80キロ。儀式ではワチラロンコン国王がロープを3分間引き、装飾品を地上から高さ50・5メートルの施設最上部まで引き上げた。(バンコク時事)

    0
    続き

    室屋義秀「チームみんなで勝利を味わいたい」

     プロペラ機を操縦してタイムを競うレッドブル・エアレース世界選手権で、アジア人初の年間総合優勝を果たした44歳の室屋義秀(チームファルケン)が19日、東京都内で記者会見し、「うれしさをうまく言い表せない。チームみんなで勝利を味わいたい」と喜びを語った。

    0
    続き

    来年はいぬ年、恒例の干支ボトルの生産始まる

     来年の干支(えと)の「いぬ」をかたどったウイスキーボトルの生産が、サントリー山崎蒸留所(大阪府島本町)で始まった。

     干支ボトルは毎年恒例で、今年で36回目。年末年始の縁起物として人気だ。

     松竹梅が鮮やかに描かれた手まりを抱える犬の陶製ボトルは、一つ一つ職人の手作業で作られる。11月7日から数量限定で販売され、1本600ミリリットル入り。希望小売価格は9504円。

    0
    続き

    全長50キロ、月のマリウス丘の地下に空洞発見

     宇宙航空研究開発機構(JAXA)などの国際共同研究チームは18日、2007年に打ち上げられた月探査機「かぐや」の観測データから、月の「マリウス丘」と呼ばれる地域の地下に全長50キロに及ぶトンネル状の巨大空洞があるのを発見したと発表した。地下空洞内は温度が安定し、放射線の影響も少ないことから、将来の探査基地の建設候補地になるという。論文は米科学誌ジオフィジカル・リサーチ・レターズに掲載された。

    0
    続き

    陸上の桐生祥秀が意欲満々、次は20秒の壁?

     9月に陸上男子100メートルで日本人で初めて10秒の壁を破る9秒98をマークした桐生祥秀が18日、在学する東京都文京区の東洋大キャンパスで行われた報告会に出席した。

     集まった学生の前で活躍をたたえられ、「9秒台を出したことで、世間の注目度や陸上人気が高まってきた。反響はすごくある」。快挙の重みを実感して話した。

    1
    続き

    古代ローマ帝国時代の劇場が1700年ぶりに発見

     イスラエルのエルサレム旧市街にある「嘆きの壁(西の壁)」で、古代ローマ帝国(紀元前63~紀元313年)時代の劇場跡が発掘され、16日、公開された。

     イスラエル考古学庁によると、劇場は約200席ほどで、ローマ時代の劇場としては比較的小ぶり。建設の途中だったとみられており、暴動などが起きて、工事が中断された可能性があるという。地下約8㍍にあった劇場は1700年ぶりに日の目を見た。

    0
    続き

    「私をハグして」、傷が癒えますように

     南アフリカ・ヨハネスブルクの公園で15日、「私をハグして」と書かれた木をしっかりと抱きしめる少女。

     大地や自然を素材にしたランドアートと呼ばれる芸術作品で、1年前に残酷な殺人・暴行事件を「目撃」したこの土地を癒やそうと作られた。

    0
    続き

    井山裕太6冠、囲碁名人戦でタイトルを奪還

     囲碁の高尾紳路名人(40)に井山裕太6冠(28)棋聖、本因坊、王座、天元、碁聖、十段が挑戦する第42期名人戦7番勝負第5局が16日から静岡県熱海市で打たれ、17日、黒番の井山が197手で中押し勝ちし、4勝1敗でタイトルを奪還、昨年11月に6冠に後退して以来約1年ぶりの7冠独占を果たした。2度目の全タイトル制覇は囲碁界、将棋界を通じて史上初となる。

    0
    続き

    世界遺産「三角西港」築港130年でライトアップ

     熊本県宇城市にある世界遺産「三角西港」が今年築港130年に当たることから、同市は10月を「築港130周年記念月間」としてさまざまなイベントを開催している。

     三角西港はオランダ人技師が設計。西洋技術を取り入れ石材を積み上げて施工、1887(明治20)年に開港した。2015年に「明治日本の産業革命遺産」の構成資産の一つとして世界文化遺産に登録された。

    0
    続き

    プミポン前国王をしのびマリーゴールドが満開

     昨年10月に死去したタイのプミポン前国王をしのび、中部カンチャナブリ県で栽培された42万鉢の黄色のマリーゴールドが見頃を迎えている。15日は多くの人が訪れ、満開の花を眺めながら前国王を追悼した。

     タイでは曜日ごとに象徴する色があり、黄色は月曜生まれの前国王のシンボルカラー。前国王がラマ9世であることにちなみ、鉢はタイ文字の「9」が浮かび上がるように並べられている。

    0
    続き

    風力で動く人工生命体の展示会、人気を博す

     風力で生き物のように動く「進化人工生命体=ストランド・ビースト」を創造したオランダのアーティスト、テオ・ヤンセンさん(68)の展覧会(主催・同実行委員会)が沖縄県立博物館・美術館で開かれ、人気を博している。

     オープニング式典後にはヤンセンさん自らが作品を動かして説明した。新作を含めた15体の展示物の一部は触って動かすことができる。

    0
    続き

    AI技術を搭載、感情を学ぶ「未来のくるま」

     トヨタ自動車は16日、27日開幕の東京モーターショーに、人の感情や好みを学ぶ人工知能(AI)技術を搭載した3タイプの試作車を出展すると発表した。自動運転機能と組み合わせ、車いすの利用者なども含めてあらゆる人が移動の自由を楽しめる「未来のくるま」の姿を示す。

    0
    続き