■連載一覧
  • 2017衆院選 国難と選択
  • 北暴走 揺れる韓国
  • どう見る北の脅威
  • 新閣僚に聞く
  • 2017/10/16
  • 2017/9/21
  • 2017/9/19
  • 2017/9/07
  • 2016 世界はどう動く-識者に聞く
  • 戦後70年 識者は語る
  • 2015 世界はどう動く-識者に聞く
  • 2014 世界はどう動く
  • 2016/1/04
  • 2015/8/09
  • 2015/1/07
  • 2014/1/06
  • 香港・中国返還20年 「一国二制度」の前途
  • 台湾に吹いた蔡英文旋風
  • ルポ・政権交代の攻防 台湾総統選
  • 二極化する香港 識者インタビュー
  • 香港誌「前哨」編集長 劉達文氏に聞く
  • 「雨傘革命」下の香港 揺れる一国二制度の行方
  • 揺れる香港 各派リーダーに聞く
  • 香港の普選運動 親中派民間団体代表の見方
  • 2017/7/01
  • 2016/1/18
  • 2015/12/26
  • 2015/7/12
  • 2014/11/21
  • 2014/11/14
  • 2014/11/06
  • 2014/7/08
  • 南シナ海 強まる中国支配 安保専門家に聞く
  • ドゥテルテ大統領就任から3カ月 どこへ向かう比政権
  • 香港「自治」の行方 識者に聞く
  • 中華圏に浸透する同性婚
  • 中台関係の行方
  • 日米同盟と台湾 海洋安全保障の展望
  • 蔡英文時代の台湾 本土派路線のビジョンと課題
  • ASEANの夜明け アジアハイウエー7000キロルポ
  • 緊張 南シナ海
  • 中央アジア胎動 中国「新シルクロード」と日本の戦略
  • “政熱経熱”の中韓
  • 新QDRと米中軍事バランス
  • 新グレートゲーム・幻想だった中国の平和的台頭
  • 新グレートゲーム・中国南進の海
  • 2017/7/26
  • 2016/9/21
  • 2016/8/17
  • 2016/7/26
  • 2016/6/03
  • 2016/5/31
  • 2016/5/19
  • 2016/3/22
  • 2015/11/18
  • 2015/10/14
  • 2015/9/07
  • 2014/3/31
  • 2014/2/14
  • 2013/4/18
  • ムスリム同胞団とアラブ モハメド・F・ファラハト氏に聞く
  • 多難な年明けのトルコ
  • EUと難民 UNHCRウィーン事務所報道官に聞く
  • ロシアのシリア内戦介入 アルアハラム財団事務局長に聞く
  • 2017/9/01
  • 2016/1/30
  • 2015/12/11
  • 2015/11/13
  • 第3次改造内閣 信頼回復へ始動
  • ’17首都決戦
  • 施行から70年 憲法改正を問う
  • どうなる「民共協力」 27回共産党大会の焦点
  • 蓮舫民進 疑問の船出
  • 新閣僚に聞く
  • 「立憲主義」について
  • 再改造内閣 始動
  • 安倍政権 新たな挑戦
  • 16参院選 注目区を行く
  • 伊勢志摩サミット
  • 憲法改正 ここが焦点
  • 筆坂元日本共産党ナンバー3と田村自民党政務調査会審議役が対談
  • 第3次安倍改造内閣スタート
  • 詳解 集団的自衛権 安保法制案の合憲性
  • 衆院選 自公圧勝 ~課題と展望~
  • ’14衆院選 注目区を行く
  • 第2次安倍改造内閣スタート
  • 日米首脳会談 成果と課題
  • 2017/8/06
  • 2017/6/27
  • 2017/4/26
  • 2017/1/09
  • 2016/9/17
  • 2016/9/02
  • 2016/8/22
  • 2016/8/04
  • 2016/7/12
  • 2016/6/30
  • 2016/5/23
  • 2016/4/25
  • 2016/4/04
  • 2015/10/08
  • 2015/8/06
  • 2014/12/16
  • 2014/12/07
  • 2014/9/05
  • 2014/4/26
  • 国防最前線・南西諸島はいま 第2部 自衛隊配備へ動く石垣島
  • 国防最前線・南西諸島はいま 第1部 与那国島・陸自駐屯地
  • 激震・翁長県政 「オール沖縄」の凋落
  • 普天間基地移設 経緯の検証と提言
  • 「援護法」に隠された沖縄戦の真実
  • 2016/10/31
  • 2016/10/12
  • 2016/1/26
  • 2015/10/01
  • 2013/7/08
  • 北朝鮮 制裁の現実
  • どう対処 北の脅威 米有識者に聞く
  • 9年ぶり左派政権 文在寅大統領の韓国
  • 弾劾の波紋 漂流する韓国政治
  • 検証・金正恩統治5年
  • どこへ行く混迷・韓国 国政介入事件の深層
  • どう見る金正恩体制 日韓専門家対談
  • 迎撃ミサイル配備 韓国の決断
  • 3代世襲“完成” 北朝鮮第7回党大会
  • 検証 元料理人 藤本氏の再訪朝
  • 韓国総選挙ショック
  • 日韓国交正常化50年 識者に聞く
  • どうする拉致解決 日朝ストックホルム合意1年
  • 日韓国交正常化50年 「嫌韓」「反日」を越えて
  • 張成沢氏失脚 北で何が起きたか
  • 2017/6/26
  • 2017/5/17
  • 2017/5/11
  • 2017/3/15
  • 2016/12/27
  • 2016/12/05
  • 2016/8/24
  • 2016/7/20
  • 2016/5/10
  • 2016/4/29
  • 2016/4/15
  • 2015/6/22
  • 2015/5/11
  • 2015/2/05
  • 2013/12/10
  • 待ったなし地球温暖化対策
  • 環境先進国フランスの挑戦
  • 迫る気候変動の脅威 どうする大災害への備え
  • 2016/1/02
  • 2015/10/07
  • 2015/9/21
  • 「情報戦争」時代と米国
  • 米軍再建への課題-元上級将校の提言
  • トランプ政権始動
  • トランプ大統領の衝撃 米国と世界はどこに向かう
  • トランプvsヒラリー 米大統領選まで1カ月
  • オバマのLGBT外交 米国と途上国の「文化戦争」
  • トランプVSヒラリー 米大統領選まで3カ月
  • オバマ外交と次期米大統領の課題
  • 2016年米大統領選まで1年
  • 再考 オバマの世界観
  • オバマの対宗教戦争・第1部
  • オバマの対宗教戦争・第2部
  • 2017/4/03
  • 2017/2/28
  • 2017/1/22
  • 2016/11/11
  • 2016/10/08
  • 2016/9/26
  • 2016/8/06
  • 2016/6/14
  • 2015/11/08
  • 2015/7/06
  • 2013/8/05
  • 2013/9/30
  • JAXA宇宙探査計画
  • 2015/12/24
  • [会員向け] rss

    官民を挙げて潜水士の育成を目指す

     全国で唯一、潜水士を育成している岩手県立種市高等学校(遠藤拓見校長)の海洋開発科の生徒を確保するため、3月、国土交通省東北地方整備局など関係6者が「潜水士等の担い手確保・育成に係る連携・協力協定」を締結した。潜水士に関連し産官学が手を結ぶのは、これが初めてで、寮の整備事業などが進んでいる。(市原幸彦)

    0
    続き

    自公VS希望に「共産など」加え三つ巴の構図作り出した朝日の思い入れ

     「政界は一寸先は闇」。この台詞(せりふ)で知られるのは故・川島正次郎氏だ。佐藤栄作政権下で自民党副総裁を長年務め、しばしば「政界の舞台回し」を演じた。それを今日的に言えば「小池劇場」。演出、主演ともに小池百合子都知事で、計算ずくなのか、成り行き任せなのか、政治の玄人筋も読めない。ここでも一寸先は闇。その先に何があるのか。

    1
    続き

    補選で共和党の分断あらわに

    米コラムニスト E・J・ディオンヌ

     アラバマ州で上院の共和党予備選が26日行われ、スティーブ・バノン氏が支持する候補が、トランプ大統領が支持する候補を破った。共和党が分断を強めていることが明確になった。2018年の選挙で共和党の非主流派が現職と戦うための素地が整った格好だ。

    0
    続き

    米、中国との競争を最優先

    米戦略予算評価センター所長 トーマス・マンケン氏

    北朝鮮の核・ミサイル開発をめぐる米朝対立をどう見る。

     北朝鮮の金正恩朝鮮労働党委員長は、極めて明確な目標を持っている。それは権力の座にとどまることだ。彼は残忍な独裁者だが、権力を保持することに必死だ。北朝鮮の行動はそうしたレンズから見なければならない。

    2
    続き

    未婚率急増に対し匿名氏の発言とらえ安手の分析に終始した週刊朝日

     週刊朝日9月25日号の「未婚・独身男が増えている裏事情」は「国立社会保障・人口問題研究所の調べで『50歳まで一度も結婚したことのない男性』が4人に1人に。2035年には3人に1人になるとの試算だ。未婚・独身男がマジョリティーになりつつある裏事情を探った」(リード文)というもの。

    1
    続き

    LGBTと教育 危険な親の価値観軽視

     作家の石井光太が、いわゆる「LGBT」(性的少数者)をテーマに、「潮」の9、10月号の2回にわたってルポしている(「本来の自分で生きる――LGBTが集う場所」)。

     取材の中心は、愛媛県で当事者支援や啓発活動を行っている「レインボープライド愛媛」。社会の中で、苦しむ人たちへの支援という点では、児童虐待と性的少数者は共通するが、虐待と違って、LGBTには個人や家庭の価値観の問題が絡むので、複雑な問題だ。価値観と性行動の関わりについて、石井が深く掘り下げなかったことが、論考を表面的なものに終わらせている。

    5
    続き

    トランプ氏の税制改革は米国の財政赤字を拡大すると専門家が指摘

     財政監視団体は27日、トランプ大統領の税制改革案は数兆㌦の赤字を増やす可能性が高く、経済成長で財政への影響を最小限に抑えるという予測は楽観的過ぎると指摘した。

     共和党の提案に最も肯定的な財政タカ派団体の評価も、その枠組みが米政府の年間赤字の拡大をどう抑えるのか、また抑えられるのかどうかについて詳しく説明していない、としている。国家の借金は現在、20兆㌦を超えている。

    0
    続き

    憲法や安保問題を避け安易なテーマで劇場型政治を助長する各番組

     9月28日の臨時国会の冒頭で衆院が解散され、選挙戦が事実上スタートした。安倍晋三首相は、解散理由に消費税増税の使途変更と北朝鮮情勢への対応を挙げ、「国難突破解散」と命名した。

    2
    続き

    帝国復興目指す中国共産党

    拓殖大学国際日本文化研究所教授 ペマ・ギャルポ

    3
    続き

    ロシアはサイバー空間で最大の脅威-米統参議長

     米統合参謀本部議長は26日、連邦議会での再指名公聴会で証言し、ロシアは「サイバー空間で最も重大な脅威」だと警告した。

     米軍士官最高位のダンフォード議長(海兵隊大将)は上院軍事委員会で、ロシアはさまざまなサイバー攻撃を成功させ、敵の戦力を削ぐ能力があるため、「米国にとって依然として存在する唯一の脅威だ」と語った。

    0
    続き

    虐待の“連鎖”断つ 親への支援が不可欠

     全国の児童相談所(児相)で対応した相談件数が初めて10万件を突破したのは、平成27年度だった。それが昨年度は12万件を超えた。約6万件となったのは23年度から5年間で倍増したことになる。

     この急増ぶりには、三つの要因が考えられる。一つ目は、虐待に対する社会の関心が高まって、通報が増えたこと。二つ目は、子供の面前での夫婦間暴力や口論が子供の心を傷付けることから、「心理的虐待」に入れられるなど「虐待」の定義拡大がある。三つ目は、子供に対する暴力・性的虐待、養育放棄(ネグレクト)、それに加えて心理的虐待が現実に増えていることだ。いずれにしても、心に深い傷を負い、場合によっては負傷した結果、健全な人間関係を構築できない子供が増えているのは間違いない。

    1
    続き

    総選挙政局と共産党 狙われる宙に浮く労組票

     衆院が解散し、総選挙が10月10日に公示され、同22日に投開票される。小池百合子東京都知事を党首とする保守系の新党・希望の党の出現で状況は激変。前原・民進党は事実上、希望の党への合流方針を決めたが、左派・労組票を共産党が集めて議席を増すことも予想される。北朝鮮の脅威は危険水域を越えており、日本の安全保障を骨抜きにする共産党への批判を強めていかなければならない。

     日本共産党は、9月21日に緊急に全国都道府県委員長会議を開催し、志位委員長が報告。「『比例を軸』にした共産党躍進のために、ただちに全有権者を対象とした大量宣伝、対話・支持拡大に打って出る」ことを当面の任務として意思統一を行った。

    2
    続き

    海の守護神・海上保安巡視船 「正義仁愛」精神で治安守る

    海上保安大学校名誉教授 日當博喜氏に聞く

     日本政府が尖閣諸島を国有化して今月で5年が経過した。反発した中国は尖閣周辺海域での公船航行を常態化させ、緊張した日中関係が続いている。とりわけ海洋大国へ大きく舵を切った中国が、今後も昼夜を問わずプレッシャーをかけてくるのは必至だ。その最前線に立つ海上保安巡視船の業務を、海上保安大学校名誉教授の日當博喜氏に聞いた。 (聞き手=池永達夫)

    3
    続き

    台湾・蔡政権の切り札、頼行政院長で選挙態勢へ

     労働規制改革の混乱で支持率低迷に苦しむ台湾の蔡英文政権は、8日に発足した頼清徳・行政院長(首相)による新内閣発足で巻き返しを図っている。独立志向の強い頼氏は、高い人気からポスト蔡総統とみられる“切り札”で、次期総統選の前哨戦となる来年後半の統一地方選に向けた選挙態勢づくりが本格化。しかし、早すぎる“切り札”人事は、与党・民進党だけでなく連立を組む小政党の時代力量にとっても背水の陣を敷くことになった。 (香港・深川耕治)

    2
    続き

    サッカー・ブラジル代表、「ミネイロンの惨劇」から復活

     サッカー日本代表は11月にブラジル代表との親善試合が予定されている。ブラジル代表は前回のワールドカップ(W杯)での大敗ショックから立ち直り、南米予選をどこよりも早く勝ち抜いた。近年にない充実ぶりを見せるブラジル代表との試合は、日本のサッカーファンにとっても見逃せない一戦だ。(サンパウロ・綾村 悟)

    0
    続き

    中国、北朝鮮にミサイル移動車両を売却

     中国軍は、ミサイル移動用トラックを提供するなど、北朝鮮のミサイル開発を支援している。4月に平壌で行われた軍事パレードで公開された潜水艦発射弾道ミサイル(SLBM)北極星1号(KN11)を搭載していたトラックは中国製だった。国連安保理の専門家委員会の報告から明らかになった。

    0
    続き

    「北朝鮮情勢への言及」を隠しながら機関紙並みに政権批判する朝日

     「野党は『加計隠し』『解散の大義』などを問題にするが、国会で大変な時間を費やしたその問題を含め、安倍内閣の信任不信任は国民に委ねられた」(小紙27日付「上昇気流」)のである。

    1
    続き

    トランプ三人組に拍手は早い

     政治的連携の目的は、ファンの忠誠心のように、勝つために同じチームに加わることである。ドナルド・トランプは、ドラムのようにたたかれっ放しでいることにうんざりしている有権者には、選ばれたら、彼らが、すぐに「うんざりするほど勝ってやる」と約束していた。しかし、そういうわけにはいかなかった。だから、大抵の米国人が、大統領が幾つかの勝利宣言をするために民主党員と手をつなぐことを応援しても、誰もびっくりさせるはずもない。もっとも、彼らはハイタッチまではしないだろうが。そういった勝利は、べらぼうに高い値札が付いてくるのだから。

     しかし、(上院多数党院内総務)ミッチ・マコーネルと、(下院議長)ポール・ライアンという共和党の議会指導者が、オバマケアの廃止のために何も成し遂げなかったために足をすくわれた大統領が党派を超えて、(上院民主党院内総務)チャック・シューマーや、(下院民主党院内総務)ナンシー・ペロシと、ハリケーンの救援活動、予算の資金繰り、債務の上限引き上げをめぐって交渉するために接触を図っても誰も非難すべきではない。

    0
    続き

    核保有容認は危険な考え

    米ヘリテージ財団上級研究員 ブルース・クリングナー氏(下)

    あなたは6月にスウェーデンで行われた北朝鮮当局者との非公式会合に参加した。北朝鮮側は何を話したのか。

     北朝鮮のメッセージは非常に明快だった。米国や同盟国が核の放棄を迫っても決して非核化しないというものだ。北朝鮮側は「われわれを核保有国と認めて平和条約に向けた交渉の席に着くか、あるいは戦うかのどちらかだ」と語っていた。

    4
    続き

    沖縄の米国統治時代の再評価を

    ジャーナリスト 惠 隆之介氏に聞く

     北朝鮮の核・ミサイルの脅威が地域の安全保障を脅かしている。こうした中、在沖米軍の撤退や沖縄の独立を支持する翁長雄志知事の言動が保守派の間で問題視されている。元自衛官でジャーナリストの惠隆之介氏に米国統治時代の沖縄、翁長県政の評価、沖縄振興策のあり方などについて聞いた。(聞き手・豊田 剛)

    5
    続き

    マクロン労働改革、仏労組が激しく抵抗

     マクロン仏大統領が改革の目玉の一つと位置付ける労働法改正が、反対派のデモの頻発で強い抵抗に遭っている。就任以降、支持率が急降下するマクロン大統領は国民に不人気の緊縮財政や労働法改正、さらには権威主義的な意思決定で支持率は下げ止まらない。だが、20年以上、景気停滞、高失業率を経験した仏国民の多くは、改革にやみくもに反対する労働組合とは距離を置き始めている。 (パリ・安倍雅信)

    2
    続き