■連載一覧
  • 2017衆院選 国難と選択
  • 北暴走 揺れる韓国
  • どう見る北の脅威
  • 新閣僚に聞く
  • 2017/10/16
  • 2017/9/21
  • 2017/9/19
  • 2017/9/07
  • 2016 世界はどう動く-識者に聞く
  • 戦後70年 識者は語る
  • 2015 世界はどう動く-識者に聞く
  • 2014 世界はどう動く
  • 2016/1/04
  • 2015/8/09
  • 2015/1/07
  • 2014/1/06
  • 香港・中国返還20年 「一国二制度」の前途
  • 台湾に吹いた蔡英文旋風
  • ルポ・政権交代の攻防 台湾総統選
  • 二極化する香港 識者インタビュー
  • 香港誌「前哨」編集長 劉達文氏に聞く
  • 「雨傘革命」下の香港 揺れる一国二制度の行方
  • 揺れる香港 各派リーダーに聞く
  • 香港の普選運動 親中派民間団体代表の見方
  • 2017/7/01
  • 2016/1/18
  • 2015/12/26
  • 2015/7/12
  • 2014/11/21
  • 2014/11/14
  • 2014/11/06
  • 2014/7/08
  • 南シナ海 強まる中国支配 安保専門家に聞く
  • ドゥテルテ大統領就任から3カ月 どこへ向かう比政権
  • 香港「自治」の行方 識者に聞く
  • 中華圏に浸透する同性婚
  • 中台関係の行方
  • 日米同盟と台湾 海洋安全保障の展望
  • 蔡英文時代の台湾 本土派路線のビジョンと課題
  • ASEANの夜明け アジアハイウエー7000キロルポ
  • 緊張 南シナ海
  • 中央アジア胎動 中国「新シルクロード」と日本の戦略
  • “政熱経熱”の中韓
  • 新QDRと米中軍事バランス
  • 新グレートゲーム・幻想だった中国の平和的台頭
  • 新グレートゲーム・中国南進の海
  • 2017/7/26
  • 2016/9/21
  • 2016/8/17
  • 2016/7/26
  • 2016/6/03
  • 2016/5/31
  • 2016/5/19
  • 2016/3/22
  • 2015/11/18
  • 2015/10/14
  • 2015/9/07
  • 2014/3/31
  • 2014/2/14
  • 2013/4/18
  • ムスリム同胞団とアラブ モハメド・F・ファラハト氏に聞く
  • 多難な年明けのトルコ
  • EUと難民 UNHCRウィーン事務所報道官に聞く
  • ロシアのシリア内戦介入 アルアハラム財団事務局長に聞く
  • 2017/9/01
  • 2016/1/30
  • 2015/12/11
  • 2015/11/13
  • 第3次改造内閣 信頼回復へ始動
  • ’17首都決戦
  • 施行から70年 憲法改正を問う
  • どうなる「民共協力」 27回共産党大会の焦点
  • 蓮舫民進 疑問の船出
  • 新閣僚に聞く
  • 「立憲主義」について
  • 再改造内閣 始動
  • 安倍政権 新たな挑戦
  • 16参院選 注目区を行く
  • 伊勢志摩サミット
  • 憲法改正 ここが焦点
  • 筆坂元日本共産党ナンバー3と田村自民党政務調査会審議役が対談
  • 第3次安倍改造内閣スタート
  • 詳解 集団的自衛権 安保法制案の合憲性
  • 衆院選 自公圧勝 ~課題と展望~
  • ’14衆院選 注目区を行く
  • 第2次安倍改造内閣スタート
  • 日米首脳会談 成果と課題
  • 2017/8/06
  • 2017/6/27
  • 2017/4/26
  • 2017/1/09
  • 2016/9/17
  • 2016/9/02
  • 2016/8/22
  • 2016/8/04
  • 2016/7/12
  • 2016/6/30
  • 2016/5/23
  • 2016/4/25
  • 2016/4/04
  • 2015/10/08
  • 2015/8/06
  • 2014/12/16
  • 2014/12/07
  • 2014/9/05
  • 2014/4/26
  • 国防最前線・南西諸島はいま 第2部 自衛隊配備へ動く石垣島
  • 国防最前線・南西諸島はいま 第1部 与那国島・陸自駐屯地
  • 激震・翁長県政 「オール沖縄」の凋落
  • 普天間基地移設 経緯の検証と提言
  • 「援護法」に隠された沖縄戦の真実
  • 2016/10/31
  • 2016/10/12
  • 2016/1/26
  • 2015/10/01
  • 2013/7/08
  • 北朝鮮 制裁の現実
  • どう対処 北の脅威 米有識者に聞く
  • 9年ぶり左派政権 文在寅大統領の韓国
  • 弾劾の波紋 漂流する韓国政治
  • 検証・金正恩統治5年
  • どこへ行く混迷・韓国 国政介入事件の深層
  • どう見る金正恩体制 日韓専門家対談
  • 迎撃ミサイル配備 韓国の決断
  • 3代世襲“完成” 北朝鮮第7回党大会
  • 検証 元料理人 藤本氏の再訪朝
  • 韓国総選挙ショック
  • 日韓国交正常化50年 識者に聞く
  • どうする拉致解決 日朝ストックホルム合意1年
  • 日韓国交正常化50年 「嫌韓」「反日」を越えて
  • 張成沢氏失脚 北で何が起きたか
  • 2017/6/26
  • 2017/5/17
  • 2017/5/11
  • 2017/3/15
  • 2016/12/27
  • 2016/12/05
  • 2016/8/24
  • 2016/7/20
  • 2016/5/10
  • 2016/4/29
  • 2016/4/15
  • 2015/6/22
  • 2015/5/11
  • 2015/2/05
  • 2013/12/10
  • 待ったなし地球温暖化対策
  • 環境先進国フランスの挑戦
  • 迫る気候変動の脅威 どうする大災害への備え
  • 2016/1/02
  • 2015/10/07
  • 2015/9/21
  • 「情報戦争」時代と米国
  • 米軍再建への課題-元上級将校の提言
  • トランプ政権始動
  • トランプ大統領の衝撃 米国と世界はどこに向かう
  • トランプvsヒラリー 米大統領選まで1カ月
  • オバマのLGBT外交 米国と途上国の「文化戦争」
  • トランプVSヒラリー 米大統領選まで3カ月
  • オバマ外交と次期米大統領の課題
  • 2016年米大統領選まで1年
  • 再考 オバマの世界観
  • オバマの対宗教戦争・第1部
  • オバマの対宗教戦争・第2部
  • 2017/4/03
  • 2017/2/28
  • 2017/1/22
  • 2016/11/11
  • 2016/10/08
  • 2016/9/26
  • 2016/8/06
  • 2016/6/14
  • 2015/11/08
  • 2015/7/06
  • 2013/8/05
  • 2013/9/30
  • JAXA宇宙探査計画
  • 2015/12/24
  • [会員向け] rss

    「幸福論」の精神的復元力

    メンタルヘルスカウンセラー 根本 和雄

     ストレス社会の昨今、人々の心は萎(な)えて枯渇し、知らず知らずに〈ネガティブ・マインド〉に陥っているのではなかろうか。

    1
    続き

    ウクライナ東部ウクライナドネツク州の親露派の編入要請、露は応じず

     ウクライナ東部ドネツク州で自治権拡大を問う住民投票を強行した親ロシア派勢力は、自治権拡大への賛成が9割に達したとしてロシアに編入要請を行った。ロシア政府は住民投票を「尊重」するとしたものの編入要請には応じていない。ウクライナ暫定政府と親露派の駆け引きの中で、ウクライナの連邦化を実現する構えとみられる。(モスクワ支局)

    0
    続き

    企業好決算に一段の経営改革と競争力の強化を説いた保守系の3紙

     東京証券取引所一部上場企業の2014年3月期決算発表がピークを迎えた。安倍政権の経済政策「アベノミクス」による円安や景気回復、さらに消費増税前の駆け込み需要などにより、輸出企業を中心に総じて2ケタの大幅な増収増益の決算発表が相次ぐ。

     これを受け、社説で論評を掲載したのは読売、日経、本紙の3紙。11日付読売は「成長持続へ経営改革緩めるな」、同日付日経「日本企業は高収益に安心せず競争力磨け」、13日付本紙「自律的成長へ積極投資を」が、それぞれの見出しである。

    0
    続き

    The Supreme Court saves a public prayer 最高裁、公的な祈りを救う

    The professional grievance industry suffered a sharp setback Monday when the Supreme Court ruled that a prayer does not offend the Constitution. In Town of Greece, N.Y., v. Galloway, the fringe busybodies who claim offense at the sight of folded hands or bowed head in public lost an avenue for agitation.

    The 5 to 4 majority held that a city council doesn’t establish a state religion, which the First Amendment prohibits, by starting a meeting with a moment of silence or an invocation that reflects the community’s beliefs.

    0
    続き

    祖国復帰の歴史と情熱を後世に、沖縄県宜野湾市で42周年式典

     5月15日、沖縄県は日本に復帰して42年目を迎える。10日には、「世界をリードする誇りある沖縄県を目指して」をテーマに沖縄県祖国復帰42周年記念大会(主催・同実行委員会=中地昌平会長)が宜野湾市民会館で行われ、国会議員、市長、県議など各界の有識者ら約800人が集まった。参加者は、祖国復帰に尽力した先輩方に恥じないよう、日本人であることに誇りを持とうと誓った。(那覇支局・豊田 剛)

    0
    続き

    21世紀をアジアの世紀に

    鈴木政経フォーラム代表・経済学博士 鈴木 淑夫

     かつて、「21世紀は日本の世紀」と言われたことがある。高度成長で70年代始めまでに欧米先進国の仲間入りを果たした日本は、その後80年代まで欧米先進国を上回る成長率を維持した。それを延長すれば、確かに「21世紀は日本の世紀」になる筈であった。しかし、90年のバブル崩壊以降成長率は下がり、とくに金融危機が発生した97年度から15年間は慢性的なデフレに陥り、経済成長は停滞してしまった。「日本の世紀」は夢と消えた。

    0
    続き

    真実を隠蔽したオバマ政権

    米コラムニスト チャールズ・クラウトハマー

     【ワシントン】民主党は、ベンガジ米領事館襲撃事件に関する下院特別委員会が構成される前から、同委は党派主義の結実でしかないと主張してきた。公聴会をボイコットし、その正当性を失わせることも検討している。

    0
    続き

    GOP vs. GOP: Fight over official stance on gays, abortion roiling Republicans 同性愛・中絶めぐる共和党対共和党の戦い

    MEMPHIS, Tenn. – Gay marriage and abortion, divisive issues within the Republican party, have flared again at the RNC’s meeting here, with Nevada’s delegation firing back at criticism of its April decision to remove anti-abortion and anti-gay language from its state platform.

    Angered by an email from Oklahoma Republican National Committee member Carolyn McLarty that questioned its loyalty to the national party, the Nevada delegation sent a stinging rebuke to the 168-member national committee.

    0
    続き

    「護憲」を盾に左翼イデオロギー運動への公務員の動員を企てる朝日

     憲法改正の入り口となる国民投票法(憲法改正手続法)の改正案が衆議院を通過し、今国会中の成立が確実となった。

     なにせ改正案は共産党と社民党を除く与野党7党の共同提案だ。過半数どころか、憲法改正の国会発議に必要な「総議員の3分の2以上」を上回っている。むろん改憲の中身となると7党の違いは大きいが、改正案の発議へ一歩前進したのは間違いない。

    0
    続き

    米大統領アジア歴訪の意義

    拓殖大学名誉教授 茅原 郁生

     オバマ米大統領は4月23日から日本、韓国、マレーシア、フィリピンの順でアジアを歴訪したが、その戦略的な意義などについて見ておこう。

     概観すると、まず日本では安全保障面で尖閣諸島を名指しした安全保障条約5条の適用など防衛義務が確約された。また経済面では環太平洋連携協定(TPP)交渉がぎりぎりまで行われた。

    0
    続き

    空海がつなぐ日本と中国 高野山大学名誉教授霊宝館館長静慈圓師に聞く

     今年は空海が四国八十八カ所霊場を開いてから1200年に当たる。空海の原点は入唐にあると考えた静慈圓師は1984年、空海が804年に漂着した福州(赤岸鎮)から西安(青龍寺)まで2400キロを踏破し、それを「空海ロード」と名付けた。今、豊かになった中国で空海が信仰と思想の両面から見直されているという。 (聞き手=フリージャーナリスト・多田則明)

    日本を出て自分を開いていけ/高野山で研究する中国人も

    0
    続き

    英右派、欧州議会選躍進か

     英国での欧州議会選挙戦で右派政党の英独立党が旋風を巻き起こしている。反欧州連合(EU)と移民問題をアピールして保守層を取り込み、支持率トップに立っている。(ロンドン・行天慎二)

    0
    続き

    東大生入社ゼロの衝撃

     「国家安全保障会議(日本版NSC)発足」、「特定秘密保護法成立」、「集団的自衛権行使の憲法解釈見直し」、「武器輸出見直し」の4項目は、安倍晋三内閣が進めている日本が普通の国になるための安全保障政策の大きな変更だ。

     古館伊知郎がキャスターを務めるテレビ朝日の「報道ステーション」と、TBSの「関口宏のサンデーモーニング」では、安倍政権のこれらの動きに反対する報道を繰り返している。番組の中で、安倍首相のことを極悪人かのようなコメントで批判するゲスト(コメンテーター)もいる。

    0
    続き

    生きる希望伝え感動呼ぶ、「福島の今」描いた創作劇

     福島県立大沼高校(会津美里町、五十嵐研校長)の演劇部による創作劇が感動を呼び起こしている。東日本大震災と東京電力福島第一原発事故発生後の「福島県の今」を描いた作品で、高校演劇としての高評価はもちろん、困難に負けず生き抜くことの大切さを訴えたものとして注目を集めている。(市原幸彦)

    0
    続き

    財界期待の法人税減税を促し自然増収に太鼓判を押すエコノミスト

     安倍晋三首相は、かねてより「法人税制のさらなる改革に着手する」ことを訴え、法人税の実効税率の引き下げを国の内外で吹聴している。事実、政府税制調査会では法人課税ディスカッショングループを設けて議論しているところ。また、政府は6月に策定する経済財政運営の基本方針「骨太の方針」に、来年度からの法人税実効税率引き下げを明記する方針だ。

     安倍首相は現在、「3本の矢」と称したアベノミクスを推し進めているが、中でも3本目の矢となる「民間投資を喚起する成長戦略」として法人税減税を訴えていた。ちなみに、現在の日本の国・地方の法人税実効税率は米国(39・13%)に次いで世界第2位の高さ(35・64%)に位置し、アジア諸国を見ても韓国(24・20%)や中国(25・00%)よりも高く設定されている。その一方で「これでは諸外国との競争に勝てない。国際競争力を阻害している。せめてアジア並みにしてほしい」という声が経済界にある。

    0
    続き

    Nスペ「廃炉への道」に望む安易な反原発論と一線を画するシリーズ

     5月5日の「こどもの日」にテレビ朝日で放送された「ここがポイント!!池上彰解説塾」で東京電力福島第1原発が取り上げられた 。

     同番組ではジャーナリストの池上さんが、海外で原発需要が高まっていることに触れた上で、政府が原発再稼働を目指していることを解説。このコーナーでは、映像テロップを見たゲストの高木美保さんが「原発(の再稼働)ありきで進んでいく感じに見える」と政府のエネルギー政策を批判していた。すかさず北村晴男弁護士が「原発ありきかどうかが出発点ではなくて、我々の現在の生活ありきかどうかだと思う」と反論したが、再稼働を強引に進めていると誘導されやすい部分もあった 。

    0
    続き

    悩ましくなる神功皇后の謎

    麗澤大学教授・評論家 松本 健一

     このところ神功(じんぐう)皇后のことが気にかかっている。神功皇后といえば、まずは「三韓征伐」であり、戦後生まれのわたしたちは、あれは神話上の出来ごとであって歴史的事実ではない、と考える思潮のなかで育った。

    0
    続き

    タイのインラック首相失職、深まる政治的混迷

     タイ憲法裁判所による7日の違憲判決で、反政府デモの辞職圧力に最後まで抵抗してきたインラック首相がついに失職した。これで赤シャツ軍団に象徴されるタクシン元首相派と黄シャツデモ隊に象徴される反タクシン派との間の、国家を二分する対立が一層先鋭化するのは必至の情勢だ。ただ、「赤と黄」の間に横たわる溝は「利と理」の深い溝でもある。(池永達夫)

    0
    続き

    China’s missile cruiser a major step to naval warfare buildup 中国、ミサイル巡洋艦で海軍力増強へ

    China is developing an advanced guided missile cruiser that represents a major step forward in Beijing’s large-scale naval warfare buildup.

    Images of a land-based mock-up of the new warship were disclosed recently on the Chinese Internet.

    0
    続き

    訪欧首相と集団的自衛権

    公明に配慮と圧力、グレーゾーン協議も

    憲法で党内複雑な民主

     

    0
    続き

    韓国、客船沈没事故で総懺悔?

     先月、韓国南西部の珍島沖で発生した客船「セウォル号」の沈没事故。韓国では安全軽視や責任意識の欠如などがもたらした事実上の人災だったとする認識が広がり、韓国人全体に根付く間違った精神文化を正そうという機運も生まれている。(ソウル・上田勇実、写真も)

    0
    続き

    憲法9条改正の真の目的、独立国の「かたち」整える

     「自衛隊は軍隊か?」と問われれば、おそらく多くの人が「イエス」と答えるだろう。

     しかし、正解は「ノー」である。自衛隊が軍隊ならば、憲法第9条改正は不要となる。

     なぜ、こうした誤った考え方が横行するのだろうか。

     その大きな原因は、学校教育の中で憲法と安全保障の基本問題を正確に教えてないからである。

    0
    続き

    不透明さ残す日米同盟

     先月24日の日米首脳会談は日米同盟を確認する意味で一応の成果を収めた。ただ日米関係が今後どのように進化してゆくかに関しては、まだ不透明な部分が多い。(ワシントン・久保田秀明)

     今回の日米首脳会談は、尖閣諸島をめぐる日中の対立や北朝鮮の金正恩体制強化など日本を取り巻く北東アジア情勢が変化し、地域の緊張が高まる中で行われた。

    0
    続き