■連載一覧
  • トランプ大統領の衝撃 米国と世界はどこに向かう
  • 国防最前線・南西諸島はいま 第2部 自衛隊配備へ動く石垣島
  • 国防最前線・南西諸島はいま 第1部 与那国島・陸自駐屯地
  • トランプvsヒラリー 米大統領選まで1カ月
  • オバマのLGBT外交 米国と途上国の「文化戦争」
  • 2016/11/11
  • 2016/10/31
  • 2016/10/12
  • 2016/10/08
  • 2016/9/26
  • 2016 世界はどう動く-識者に聞く
  • 戦後70年 識者は語る
  • 2015 世界はどう動く-識者に聞く
  • 2014 世界はどう動く
  • 2016/1/04
  • 2015/8/09
  • 2015/1/07
  • 2014/1/06
  • 台湾に吹いた蔡英文旋風
  • ルポ・政権交代の攻防 台湾総統選
  • 二極化する香港 識者インタビュー
  • 香港誌「前哨」編集長 劉達文氏に聞く
  • 「雨傘革命」下の香港 揺れる一国二制度の行方
  • 揺れる香港 各派リーダーに聞く
  • 香港の普選運動 親中派民間団体代表の見方
  • 2016/1/18
  • 2015/12/26
  • 2015/7/12
  • 2014/11/21
  • 2014/11/14
  • 2014/11/06
  • 2014/7/08
  • ドゥテルテ大統領就任から3カ月 どこへ向かう比政権
  • 香港「自治」の行方 識者に聞く
  • 中華圏に浸透する同性婚
  • 中台関係の行方
  • 日米同盟と台湾 海洋安全保障の展望
  • 蔡英文時代の台湾 本土派路線のビジョンと課題
  • ASEANの夜明け アジアハイウエー7000キロルポ
  • 緊張 南シナ海
  • 中央アジア胎動 中国「新シルクロード」と日本の戦略
  • “政熱経熱”の中韓
  • 新QDRと米中軍事バランス
  • 新グレートゲーム・幻想だった中国の平和的台頭
  • 新グレートゲーム・中国南進の海
  • 2016/9/21
  • 2016/8/17
  • 2016/7/26
  • 2016/6/03
  • 2016/5/31
  • 2016/5/19
  • 2016/3/22
  • 2015/11/18
  • 2015/10/14
  • 2015/9/07
  • 2014/3/31
  • 2014/2/14
  • 2013/4/18
  • 多難な年明けのトルコ
  • EUと難民 UNHCRウィーン事務所報道官に聞く
  • ロシアのシリア内戦介入 アルアハラム財団事務局長に聞く
  • 2016/1/30
  • 2015/12/11
  • 2015/11/13
  • 蓮舫民進 疑問の船出
  • 新閣僚に聞く
  • 「立憲主義」について
  • 再改造内閣 始動
  • 安倍政権 新たな挑戦
  • 16参院選 注目区を行く
  • 伊勢志摩サミット
  • 憲法改正 ここが焦点
  • 筆坂元日本共産党ナンバー3と田村自民党政務調査会審議役が対談
  • 第3次安倍改造内閣スタート
  • 詳解 集団的自衛権 安保法制案の合憲性
  • 衆院選 自公圧勝 ~課題と展望~
  • ’14衆院選 注目区を行く
  • 第2次安倍改造内閣スタート
  • 日米首脳会談 成果と課題
  • 2016/9/17
  • 2016/9/02
  • 2016/8/22
  • 2016/8/04
  • 2016/7/12
  • 2016/6/30
  • 2016/5/23
  • 2016/4/25
  • 2016/4/04
  • 2015/10/08
  • 2015/8/06
  • 2014/12/16
  • 2014/12/07
  • 2014/9/05
  • 2014/4/26
  • 激震・翁長県政 「オール沖縄」の凋落
  • 普天間基地移設 経緯の検証と提言
  • 「援護法」に隠された沖縄戦の真実
  • 2016/1/26
  • 2015/10/01
  • 2013/7/08
  • どう見る金正恩体制 日韓専門家対談
  • 迎撃ミサイル配備 韓国の決断
  • 3代世襲“完成” 北朝鮮第7回党大会
  • 検証 元料理人 藤本氏の再訪朝
  • 韓国総選挙ショック
  • 日韓国交正常化50年 識者に聞く
  • どうする拉致解決 日朝ストックホルム合意1年
  • 日韓国交正常化50年 「嫌韓」「反日」を越えて
  • 張成沢氏失脚 北で何が起きたか
  • 2016/8/24
  • 2016/7/20
  • 2016/5/10
  • 2016/4/29
  • 2016/4/15
  • 2015/6/22
  • 2015/5/11
  • 2015/2/05
  • 2013/12/10
  • 待ったなし地球温暖化対策
  • 環境先進国フランスの挑戦
  • 迫る気候変動の脅威 どうする大災害への備え
  • 2016/1/02
  • 2015/10/07
  • 2015/9/21
  • トランプVSヒラリー 米大統領選まで3カ月
  • オバマ外交と次期米大統領の課題
  • 2016年米大統領選まで1年
  • 再考 オバマの世界観
  • オバマの対宗教戦争・第1部
  • オバマの対宗教戦争・第2部
  • 2016/8/06
  • 2016/6/14
  • 2015/11/08
  • 2015/7/06
  • 2013/8/05
  • 2013/9/30
  • JAXA宇宙探査計画
  • 2015/12/24
  • [雨傘革命] rss

    雨傘運動1年、焦燥感強く

     香港の学生団体ら若年層が選挙制度の民主改革を求めて主要道路を79日間占拠した「雨傘革命運動」開始から9月28日で1年が過ぎた。中国政府の香港への締め付けが強化され、民主派は穏健派と急進派で路線対立し、11月の区議会選挙では親中派が漁夫の利を得てやや優勢。民主派は態勢立て直しを迫られ、天王山となる来秋の立法会(議会70議席)選挙で現有議席を維持できるか、親中派の包囲網に押されかねない情勢だ。(香港・深川耕治)

    0
    続き

    香港の75日、一国二制度の矛盾浮き彫り

     香港行政長官選挙の制度民主化をめぐり、香港当局は11日、金鐘(アドミラルティー)の大通りを占拠していた学生団体ら民主派に対し、警官隊を動員してバリケードの全面撤去を行って247人を逮捕、幹線道路を開通させて一掃した。9月末から75日間にわたる占拠デモは終結したが、中国が台湾に提起する一国二制度の矛盾が浮き彫りになり、中国の香港統治は混迷の度を深めている。(香港・深川耕治)

    0
    続き

    香港占拠デモ撤収で仕切り直し

    改革案議決へ攻防 「雨傘革命」第二幕へ

     香港行政長官選挙の制度改革をめぐり、真の普通選挙を求める民主派が9月28日から始めた幹線道路の占拠デモは終焉を迎えつつある。九竜半島の繁華街・旺角(モンコック)での占拠は11月末に裁判所の強制退去命令で一掃され、政府庁舎のある金鍾(アドミラルティー)や銅鑼湾(コーズウェイベイ)も同様の措置が取られるのは時間の問題。

    1
    続き

    香港の民主派30人が警察出頭

     【香港・深川耕治】香港行政長官選挙の民主化をめぐり、幹線道路を占拠する学生組織と連携してきた民主派団体「オキュパイ・セントラル(占拠中環)」の発起人3人とカトリック香港教区の陳日君枢機卿(名誉司教)、民主派の立法会議員、学者、市民など計30人が不法占拠の罪を償うため3日、警察に自首(出頭)し、占拠デモ完全撤収を呼び掛けた。

    0
    続き

    香港強制執行、中国は民主化要求に耳傾けよ

     香港当局は九竜地区の繁華街・旺角(モンコック)で高等法院(高裁)による道路占拠禁止命令の強制執行を行った。

     行政長官の選挙制度民主化を求める民主派デモ隊が妨害したため、警察はデモ参加者80人を逮捕した。

     「真の普通選挙」求める

    0
    続き

    デモ隊暴徒化で民主派混乱

     香港行政長官選挙の民主化を求める学生らによる道路占拠デモは、裁判所による強制排除で転機を迎えている。デモ隊側は強硬派による立法会(議会=70)ビル突入で求心力が落ち、香港世論も占拠長期化を望まない声が強まることで親中派は民主派の分裂・弱体化を図る。29日投開票の台湾統一地方選では中国の香港への圧力に警戒感が強まり、対中融和推進の与党・国民党は苦戦を強いられている。(香港・深川耕治、写真も)

    0
    続き

    占拠デモ、台湾政局に影響

    香港誌「前哨」編集長 劉達文氏に聞く(下)

    ――香港の占拠デモは11月29日に投開票される台湾の統一地方選挙に影響を与えるか。台湾政局への影響をどう見るか。

    0
    続き

    民主派は持久戦の戦略転換を

    香港誌「前哨」編集長 劉達文氏に聞く(中)

     ――学生を中心とする今回の占拠デモは天安門事件で鎮圧された学生たちを支援する香港での民主化運動とどのような関わりがあるか。

     香港は英領時代の1989年、北京で天安門事件が発生すると、中国の民主化を求める学生たちを支援する運動が支連会(香港市民支援愛国民主運動連合会)を通し、香港大学や香港中文大学などの学生団体も協力してきた。

    0
    続き

    民主派の道路占拠、予想外の長期化に焦りも

    香港誌「前哨」編集長 劉達文氏に聞く(上)

     香港行政長官選挙の普通選挙改革をめぐり、制度の民主化を要求する学生ら民主派が幹線道路の占拠デモを50日以上続け、香港警察はバリケードの一部撤去を開始することで再び強制排除に乗り出し、混乱している。香港の現状や台湾の政局、中国政府の動向について香港月刊政治誌「前哨」の劉達文(リュウ・ダーウェン)編集長に聞いた。(聞き手・深川耕治、写真も)

    0
    続き

    周永康氏、罪状認め親族免罪交渉か

     中国共産党規律検査委員会から汚職容疑で取り調べを受けている周永康・前政治局常務委員(71)は家族や親族に罪が及ばないことを条件に罪状を認め、党籍剥奪や懲役刑を受け入れる最終交渉段階に入った。香港政治月刊誌「前哨」の劉達文編集長が北京の確かな情報筋の話として本紙に明らかにした。(香港・深川耕治)

    0
    続き

    鍵握る議会での攻防

    「雨傘革命」下の香港  揺れる一国二制度の行方(4)

     香港の占拠デモは、警官隊の強制排除執行後も、散発的に続く可能性が高い。長期的な見通しとしては香港トップの梁振英行政長官(2012年7月から任期5年)が中央政府の判断で早期辞任し、中央政府が事実上擁立する候補者を当選させ、民主派の要求を若干受け入れる形で玉虫色の決着をつけるというシナリオが濃厚だ。

    0
    続き

    新文化で「香港人意識」拡大

    「雨傘革命」下の香港 揺れる一国二制度の行方(3)

     「どんなトラブルも私を悩ませない(中略)打算で数えることも勧告を受け入れることもない 天にそびえる頂き もう止まらない」

    0
    続き

    英米の介在を非難する中国

    「雨傘革命」下の香港  揺れる一国二制度の行方(2)

     中国の習近平国家主席は9日、アジア太平洋経済協力会議(APEC)に出席した香港の梁振英行政長官と北京で会談し、「中央政府は今後も一国二制度と香港基本法を貫徹させる。法に基づく民主的な発展推進を強く支持する」と述べ、中国側の決定撤回や修正には断固応じず、占拠デモへの妥協を拒む方針を示した。

    0
    続き

    非暴力抵抗のシャープ理論、中国は本土への波及警戒

    「雨傘革命」下の香港 揺れる一国二制度の行方(1)

     香港のトップを決める2017年の行政長官選挙の普通選挙改革案をめぐり、制度の民主化を要求する学生ら民主派が幹線道路の占拠を継続し、膠(こう)着状態が続いている。「雨傘革命」と呼ばれる占拠デモは政府対話を通して収束していくのか。一国二制度の矛盾で揺れる香港が普通選挙案の立法会(議会=70)での攻防を通してどう展開していくかルポした。(香港・深川耕治、写真も)

    0
    続き

    忍耐と時間が解決の糸口 「愛港之声」主席 高達斌氏

    揺れる香港 各派リーダーに聞く(6)

     香港の学生団体ら民主派が幹線道路で占拠デモを続けている問題に対し、親中派の民間組織「愛港之声」の高達斌(パトリック・コ)主席に聞いた。(聞き手・深川耕治、写真も)

     ――デモに対する中国政府の香港政府への指示は何か。

    0
    続き

    長官選挙全人代決定見直しを 公民党副主席・陳淑荘氏

    揺れる香港 各派リーダーに聞く(5)

     香港の幹線道路を占拠するデモの行方について民主派政党・公民党の陳淑荘副主席に聞いた。(聞き手=深川耕治、写真も)

     ――8月末の全国人民代表大会(全人代=国会)常務委員会による香港行政長官選挙改革案に対して、9月、頭を剃ったのは抗議の意味合いが大きいのか。

    0
    続き

    デモ反対署名こそ「民意」 全国人民代表大会代表 呉秋北氏

    揺れる香港 各派リーダーに聞く(4)

     香港民主派が幹線道路で占拠デモを続けている問題について警察による取り締まり強化の署名活動を展開した全国人民代表大会(全人代=国会)代表の呉秋北・香港工会連合会理事長に聞いた。(聞き手・深川耕治、写真も)

    0
    続き

    中台統一は香港動向次第 立法会議員・涂謹申氏

    揺れる香港 各派リーダーに聞く(3)

     香港の占拠デモと民主化動向について史上最多得票で当選した民主党の涂謹申・立法会議員に聞いた。(聞き手=深川耕治、写真も)

     ――占拠デモは今後、どれぐらい継続するのか、撤退するのか。

    0
    続き

    高度な自治は独立ではない 民建連副主席 蔣麗芸氏

    揺れる香港 各派リーダーに聞く(2)

     香港立法会(議会=定数70)で最多の13議席を占める親中派政党・民主建港協進連盟(民建連)で副主席を務める蔣麗芸立法会議員に学生団体らの占拠デモや立法会での動向を聞いた。(聞き手=深川耕治、写真も)

    0
    続き

    対話での解決が最優先 公民党名誉主席・梁家傑氏

    揺れる香港 各派リーダーに聞く(1)

     香港行政長官選挙の普通選挙改革をめぐり、制度の民主化を要求する学生ら民主派が幹線道路の占拠デモを継続して40日が過ぎた。デモを継続する民主派と政府や親中派の動きは立法会(議会=70議席)を通してどうなっていくのか、各派の立法会議員などに聞いた。1回目は民主派政党・公民党名誉主席の梁家傑(アラン・リョン)立法会議員。(聞き手・深川耕治、写真も)

    0
    続き

    香港デモ、民意争奪戦で足並みに乱れ

     香港行政長官選挙の普通選挙改革をめぐり制度の民主化を要求する学生ら民主派が幹線道路の占拠デモを継続している問題で、中国政府やデモ隊側は「民意」争奪戦で双方とも足並みに乱れが生じ、一進一退の膠着(こうちゃく)状態が続いている。財界系穏健派からは梁振英行政長官の辞任を促す声も出て混迷の度を増している。(香港・深川耕治、写真も)

    0
    続き

    対話決裂、香港デモの長期化も

     2017年の香港行政長官選挙について中央政府が決めた現行案に反対する民主派の路上占拠デモをめぐり、香港政府と民主派学生団体の正式対話は直前に見送られ、デモ長期化で曲折が予想される。背後に米中のせめぎ合いがあり、台湾で3月に成功した学生の立法院(国会)占拠による政府対話とは違い、一国二制度の矛盾を背負う香港政府と習近平政権のジレンマが続く。(香港・深川耕治)

    0
    続き