■連載一覧
  • どこへ行く混迷・韓国 国政介入事件の深層
  • トランプ大統領の衝撃 米国と世界はどこに向かう
  • 国防最前線・南西諸島はいま 第2部 自衛隊配備へ動く石垣島
  • 国防最前線・南西諸島はいま 第1部 与那国島・陸自駐屯地
  • トランプvsヒラリー 米大統領選まで1カ月
  • 2016/12/05
  • 2016/11/11
  • 2016/10/31
  • 2016/10/12
  • 2016/10/08
  • 2016 世界はどう動く-識者に聞く
  • 戦後70年 識者は語る
  • 2015 世界はどう動く-識者に聞く
  • 2014 世界はどう動く
  • 2016/1/04
  • 2015/8/09
  • 2015/1/07
  • 2014/1/06
  • 台湾に吹いた蔡英文旋風
  • ルポ・政権交代の攻防 台湾総統選
  • 二極化する香港 識者インタビュー
  • 香港誌「前哨」編集長 劉達文氏に聞く
  • 「雨傘革命」下の香港 揺れる一国二制度の行方
  • 揺れる香港 各派リーダーに聞く
  • 香港の普選運動 親中派民間団体代表の見方
  • 2016/1/18
  • 2015/12/26
  • 2015/7/12
  • 2014/11/21
  • 2014/11/14
  • 2014/11/06
  • 2014/7/08
  • ドゥテルテ大統領就任から3カ月 どこへ向かう比政権
  • 香港「自治」の行方 識者に聞く
  • 中華圏に浸透する同性婚
  • 中台関係の行方
  • 日米同盟と台湾 海洋安全保障の展望
  • 蔡英文時代の台湾 本土派路線のビジョンと課題
  • ASEANの夜明け アジアハイウエー7000キロルポ
  • 緊張 南シナ海
  • 中央アジア胎動 中国「新シルクロード」と日本の戦略
  • “政熱経熱”の中韓
  • 新QDRと米中軍事バランス
  • 新グレートゲーム・幻想だった中国の平和的台頭
  • 新グレートゲーム・中国南進の海
  • 2016/9/21
  • 2016/8/17
  • 2016/7/26
  • 2016/6/03
  • 2016/5/31
  • 2016/5/19
  • 2016/3/22
  • 2015/11/18
  • 2015/10/14
  • 2015/9/07
  • 2014/3/31
  • 2014/2/14
  • 2013/4/18
  • 多難な年明けのトルコ
  • EUと難民 UNHCRウィーン事務所報道官に聞く
  • ロシアのシリア内戦介入 アルアハラム財団事務局長に聞く
  • 2016/1/30
  • 2015/12/11
  • 2015/11/13
  • 蓮舫民進 疑問の船出
  • 新閣僚に聞く
  • 「立憲主義」について
  • 再改造内閣 始動
  • 安倍政権 新たな挑戦
  • 16参院選 注目区を行く
  • 伊勢志摩サミット
  • 憲法改正 ここが焦点
  • 筆坂元日本共産党ナンバー3と田村自民党政務調査会審議役が対談
  • 第3次安倍改造内閣スタート
  • 詳解 集団的自衛権 安保法制案の合憲性
  • 衆院選 自公圧勝 ~課題と展望~
  • ’14衆院選 注目区を行く
  • 第2次安倍改造内閣スタート
  • 日米首脳会談 成果と課題
  • 2016/9/17
  • 2016/9/02
  • 2016/8/22
  • 2016/8/04
  • 2016/7/12
  • 2016/6/30
  • 2016/5/23
  • 2016/4/25
  • 2016/4/04
  • 2015/10/08
  • 2015/8/06
  • 2014/12/16
  • 2014/12/07
  • 2014/9/05
  • 2014/4/26
  • 激震・翁長県政 「オール沖縄」の凋落
  • 普天間基地移設 経緯の検証と提言
  • 「援護法」に隠された沖縄戦の真実
  • 2016/1/26
  • 2015/10/01
  • 2013/7/08
  • どう見る金正恩体制 日韓専門家対談
  • 迎撃ミサイル配備 韓国の決断
  • 3代世襲“完成” 北朝鮮第7回党大会
  • 検証 元料理人 藤本氏の再訪朝
  • 韓国総選挙ショック
  • 日韓国交正常化50年 識者に聞く
  • どうする拉致解決 日朝ストックホルム合意1年
  • 日韓国交正常化50年 「嫌韓」「反日」を越えて
  • 張成沢氏失脚 北で何が起きたか
  • 2016/8/24
  • 2016/7/20
  • 2016/5/10
  • 2016/4/29
  • 2016/4/15
  • 2015/6/22
  • 2015/5/11
  • 2015/2/05
  • 2013/12/10
  • 待ったなし地球温暖化対策
  • 環境先進国フランスの挑戦
  • 迫る気候変動の脅威 どうする大災害への備え
  • 2016/1/02
  • 2015/10/07
  • 2015/9/21
  • オバマのLGBT外交 米国と途上国の「文化戦争」
  • トランプVSヒラリー 米大統領選まで3カ月
  • オバマ外交と次期米大統領の課題
  • 2016年米大統領選まで1年
  • 再考 オバマの世界観
  • オバマの対宗教戦争・第1部
  • オバマの対宗教戦争・第2部
  • 2016/9/26
  • 2016/8/06
  • 2016/6/14
  • 2015/11/08
  • 2015/7/06
  • 2013/8/05
  • 2013/9/30
  • JAXA宇宙探査計画
  • 2015/12/24
  • [難民] rss

    ヨルダン訪問経験をトーク、難民の苦境に支援を

     今年3月にシリア難民が生活するヨルダンの難民キャンプを訪れた「X JAPAN」ギタリストのSUGIZOさんと報道写真家の佐藤慧さんが22日、東京都渋谷区のシダックスホールでトークイベント(国連UNHCR協会主催)を行った。

    2
    続き

    世界をゆさぶる テロ、難民・移民危機

    世日クラブ

    元嘉悦大学教授 山田 寛氏

    1
    続き

    伊勢志摩サミットまで2ヵ月、難民・移民政策構築の好機

     5月26、27日の伊勢志摩サミット(主要国首脳会議)まで、2カ月余りとなった。会議の一大テーマは、欧州を覆う難民・移民危機だろう。

     欧州が分裂し、「歴史家は、2015~16年に、欧州崩壊が始まったと記すだろう」(仏ルモンド紙)とすら言われている。

    2
    続き

    過去最大規模の難民流入にEU苦慮

     2015年、欧州連合(EU)加盟国での難民申請者は125万人を超え、過去最大となった。シリアなどEU周辺国から押し寄せる難民や経済移民に対しては、EU加盟国の受け入れの対応は足並みが揃っていない。事態の収拾の目途(めど)が立たない中、EUは人道支援金の拠出を決めたが、今年の難民流入は増加するとの予想もある。(安部雅信)

     フランスのオランド大統領とドイツのメルケル首相の両首脳は4日、パリのエリゼ宮で難民問題をめぐり会談を行い、7日に予定されるEUとトルコの首脳会合で、トルコに協力を求めていく方針を確認した。

    1
    続き

    椰子の実の故郷に憂いあり

    歴史家 金子 民雄

     最近の世の中は、なにか日々殺伐としていて明るいことがない。朝のニュースを聞いたり見たりしても、暗い気持ちに襲われることばかり。そんなときふと、もう数十年も昔の幼少年期の頃のことを思うと、むしろいまほど気の重くなることは少なかったように思う。なぜなのか理由は分からないのだが、夢や希望がいまよりずっとあったのではないだろうか。

    0
    続き

    難民250万人が流入

    多難な年明けのトルコ(4)

     現在までトルコ国内には、シリア内戦から逃れてきた人々をはじめ、イラクのシーア派偏重政治に嫌気が差したスンニ派住民などが、実に250万人以上滞在しているとされる。

    0
    続き

    欧州に広がるケルン事件の波紋

     2015年、100万人以上の難民が押し寄せた欧州は、人道的観点からの支援の限界に達し、欧州各国は難民受け入れ制限の強化に動いている。デンマーク議会は、難民の所有財産を没収し、彼らの保護費用に充てる法案を可決し、難民の玄関口のギリシャは、十分な対応をしていないと非難され、強い不満を表明している。(安部雅信)

     パリに本部を置く経済協力開発機構(OECD)は1月28日、国連難民弁務官事務所(UNHCR)と共同で会議を開催し、欧州各国政府に対して、押し寄せる難民たちが社会に適応し、経済に貢献できるよう、さらなる支援を行うよう呼び掛けた。

    0
    続き

    難民のソーシャルメディア審査へ/U.S. screening refugees’ social media accounts

     国土安全保障省の局長によると、同省は、イラク人とシリア人難民申請者のソーシャルメディアアカウントの審査を試みようとしている。移民当局者らが、外国人戦闘員がサイバー空間に残した痕跡から移民の目的を探ることができる可能性が出てきたからだ。

     難民の審査を行う市民権・移民局(USCIS)のロドリゲス局長は、17日に放映されたC-SPANとのインタビューで、フェイスブック、ツイッターなどのソーシャルメディアを審査し、何万人もの申請者の中から安全保障上の脅威につながるネット上の痕跡を探す許可を得たことを明らかにした。

    0
    続き

    イスラム教と集団婦女暴行事件

     独ケルン市駅周辺で大晦日から新年にかけ外国人らしき若い男性集団が女性を襲撃し、暴行や窃盗を犯した事件はメルケル政権の土台を動かす大事件に発展する兆しだ。容疑者として拘束された外国人の中にシリア、アフガニスタン出身の難民申請者が含まれていたことが判明し、難民の積極的な受入れ政策を実施してきたメルケル首相への批判が高まっている。

    0
    続き

    EU難民政策と集団婦女暴行事件

     欧州連合(EU)では今年も北アフリカ・中東から難民・移民の殺到が予想されている。昨年は100万人を超える難民・移民が欧州入りし、その収容問題で加盟国内で意見の対立が表面化するなど、解決の見通しが立たず、苦慮したまま新年を迎えた。

     EU28カ国の中でもドイツはシリア、イラクからの難民の最大の受入れ国だ。同国南部バイエルン州には新年に入って既に難民が殺到している。同州の与党「キリスト教社会同盟」(CSU)党首のゼ―ホーファー州知事は、「はっきりとした対策を取らない限り、今年は120万人以上になるかもしれない。ドイツは毎年、100万人の難民を受け入れ続けることは出来ない。10万人から最大で20万人ならば受入れ作業もスムーズに運ぶし、難民の統合支援も可能だ」と指摘、難民の最上限を明確に規定すべきだと強調している。

    0
    続き

    ベルリンの教会、先行き不安な難民に安らぎ

     シリアから今年ドイツに殺到した難民はイスラム教徒ばかりではなく、キリスト教徒も一定数おり、クリスマスから新年にかけての時期を特別な思いで過ごしている。希望の地にはたどり着いたが、先行きへの不安は拭えず、安らぎを求めて教会に集っている。

    0
    続き

    政治的苦境脱した独首相、難民問題めぐる演説で感動呼ぶ

    「大きなことをやり遂げるのが民族のアイデンディディー」

     ドイツに殺到する難民対策で一時、苦境に陥ったメルケル首相が蘇(よみがえ)ってきた。カールスルーエ(独南西部)で開催された与党「キリスト教民主同盟」(CDU)党大会でメルケル首相は「難民受け入れ最上限」の言葉こそ避けたが、「国民が納得できるほど難民数を減少させなければならない」と述べ、難民受け入れで柔軟姿勢を示す一方、「ドイツは戦後、廃虚から経済大国に発展し、東西分裂した民族を再統一した。大きなことをやり遂げるのが民族のアイデンティティーだ」とドイツ民族の使命を強調し、党員の理解を求めた。感動を呼んだメルケル首相の党大会の演説内容を紹介する。(ウィーン・小川 敏)

    0
    続き

    難民の社会統合促進を

    EUと難民 UNHCRウィーン事務所報道官に聞く(下)

     ――難民の分配問題だが、難民には居住国を選ぶ権利があるのか。それとも収容国が難民を選び、有資格者、高等教育修了者の難民を優先的に受け入れ、自国の労働力不足を解決する権利があるのか。

    0
    続き

    難民への懐疑に警告

    EUと難民 UNHCRウィーン事務所報道官に聞く(中)

     ――欧州ではアフガン難民はもはや収容しないという声が高まっている。なぜなら、シリアやイラクとは違い、アフガンでは国民は居住できるからだ。

    0
    続き

    欧州に今年1年で難民90万人殺到

    EUと難民 UNHCRウィーン事務所報道官に聞く(上)

     2015年は難民が欧州に殺到した年として記憶されるだろう。12月現在、欧州に殺到した難民総数は90万人を超え、大台100万人に迫っている。欧州連合(EU)28カ国の加盟国は押し寄せてくる難民の受け入れに苦慮し、受け入れに批判的な国は鉄条網を設置し、難民の入国阻止に乗り出している。そこで国連難民高等弁務官事務所(UNHCR)ウィーン事務所のルート・シェフル報道官に今年1年の難民問題の総括と今後の見通しについて聞いた。(聞き手=ウィーン・小川 敏)

    0
    続き

    シリア難民で窮地の共和党

    米コラムニスト チャールズ・クラウトハマー

     【ワシントン】シリア難民の問題が全米を騒がせている。発端は大統領にある。必死で外交政策の失敗から注意をそらし、安全地帯に逃げ込もうとしている。いつもの、批判に対して感情に訴える手法だ。今回は、夫や親を失ったシリア人に対する思いやりがないと反論した。

    0
    続き

    殺到する難民は「トロイアの木馬」?

     欧州諸国は北アフリカ・中東諸国から殺到する難民・移民への対応で苦慮しているが、欧州に避難する難民・移民たちを「トロイアの木馬」と見なし、欧州のイスラム化に対し脅威を感じる声が出始めている。

    0
    続き

    難民が避ける国

    地球だより

     大量の難民がシリアやイラクから押し寄せる欧州だが、なぜかフランスを目指す難民は少ない。英仏海峡を命懸けで渡り英国に向かおうとする難民が押し寄せるフランス北西部カレーでは、誰もフランスに踏みとどまろうとはしない。

    0
    続き

    EU、難民受け入れで課題山積

     第2次世界大戦後、最大規模の移民・難民が押し寄せている欧州連合(EU)では、12万人の難民受け入れと加盟国に対する割当制度を設けることを決めた。だが、押し寄せる難民は、その数倍規模であるだけでなく、国籍を偽って難民申請を行う者やイスラム過激派活動家も含まれ、今後も課題が山積みだ。人道的見地と実際にアラブ・アフリカ系移民と共存することの困難さのはざまで欧州の苦闘は続いている。(パリ・安部雅信)

    0
    続き

    なぜハンガリーは難民を拒むか

     ハンガリーの国境警備隊が対セルビア国境沿いでフェンスを越えて入ろうとした難民・移民に対し放水する一方、催涙スプレーを使用するなど厳しい対応に出た。このニュースが流れると、欧州諸国や人権グループからハンガリー政府の対応に非難ごうごうとなった。欧州が直面している難民・移民問題ではこれまで静観してきた国連の潘基文事務総長もハンガリー政府の対応を批判。国連難民高等弁務官事務所(UNHCR)は17日 、ハンガリーが難民・移民に関する国際法を違反していると異例の批判を発表している。

     ハンガリーは過去、多くの国民が隣国に亡命した難民体験をしている。ハンガリー動乱(1956年)だ。民主化運動が旧ソ連軍の弾圧で挫折し、多くの国民が隣国オーストリアに亡命していった。その数は25万人にもなるといわれた。ハンガリーからの政治亡命者を隣国オーストリアは暖かく迎え入れた。その後、歴史的に繋がりが深い両国はより一層、友好関係を築いてきた経緯がある。

    0
    続き

    厳しい写真も直視しよう 難民幼児の死と軍事パレード

     1枚の写真が、欧州と世界をゆさぶった。

     今月初め、トルコからボートで欧州を目指した3歳のシリア難民、アイランくんの悲しい水死体写真。日本の新聞やテレビは海岸の遺体をズバリ出さなかったが、欧米では出したマスメディアも多く、欧州連合(EU)に大きな衝撃を広げた。

     EUはすぐ、計16万人の難民受け入れ方針を決めた。難民・移民受け入れに消極的になっていた英仏首脳も、「義務と道義的責任」を再確認した。

    0
    続き

    Syria refugee crisis a no-win for Obama シリア難民危機で板挟みのオバマ氏

    Human rights groups say President Obama’s opening bid of accepting 10,000 Syrian refugees next year is far too timid in the face of the humanitarian catastrophe playing out in the Middle East, and even his own party colleagues in Congress are preparing to raise him tenfold, calling for the U.S. to take in 100,000 Syrians.

    0
    続き

    難民と人々の出会いのスケッチ

     オーストリア最大の難民収容所トライスキルヒェに入ったアフガニスタンの青年は、「難民が多くて、テント生活を強いられているが、3度の食を与えられ、薬ももらえる。オーストリア政府には感謝している。なんといってもここは安全だからね」(オーストリア国営放送ニュース番組で)と答えていた。

     青年は長い道を歩いてオーストリアにたどり着いたのだろう。その間、どのような辛いことがあったか、外からは分からないが、青年の明るい顔と収容所側のオーストリアに感謝する姿勢には救いを感じた。

    0
    続き