■連載一覧
  • どこへ行く混迷・韓国 国政介入事件の深層
  • トランプ大統領の衝撃 米国と世界はどこに向かう
  • 国防最前線・南西諸島はいま 第2部 自衛隊配備へ動く石垣島
  • 国防最前線・南西諸島はいま 第1部 与那国島・陸自駐屯地
  • トランプvsヒラリー 米大統領選まで1カ月
  • 2016/12/05
  • 2016/11/11
  • 2016/10/31
  • 2016/10/12
  • 2016/10/08
  • 2016 世界はどう動く-識者に聞く
  • 戦後70年 識者は語る
  • 2015 世界はどう動く-識者に聞く
  • 2014 世界はどう動く
  • 2016/1/04
  • 2015/8/09
  • 2015/1/07
  • 2014/1/06
  • 台湾に吹いた蔡英文旋風
  • ルポ・政権交代の攻防 台湾総統選
  • 二極化する香港 識者インタビュー
  • 香港誌「前哨」編集長 劉達文氏に聞く
  • 「雨傘革命」下の香港 揺れる一国二制度の行方
  • 揺れる香港 各派リーダーに聞く
  • 香港の普選運動 親中派民間団体代表の見方
  • 2016/1/18
  • 2015/12/26
  • 2015/7/12
  • 2014/11/21
  • 2014/11/14
  • 2014/11/06
  • 2014/7/08
  • ドゥテルテ大統領就任から3カ月 どこへ向かう比政権
  • 香港「自治」の行方 識者に聞く
  • 中華圏に浸透する同性婚
  • 中台関係の行方
  • 日米同盟と台湾 海洋安全保障の展望
  • 蔡英文時代の台湾 本土派路線のビジョンと課題
  • ASEANの夜明け アジアハイウエー7000キロルポ
  • 緊張 南シナ海
  • 中央アジア胎動 中国「新シルクロード」と日本の戦略
  • “政熱経熱”の中韓
  • 新QDRと米中軍事バランス
  • 新グレートゲーム・幻想だった中国の平和的台頭
  • 新グレートゲーム・中国南進の海
  • 2016/9/21
  • 2016/8/17
  • 2016/7/26
  • 2016/6/03
  • 2016/5/31
  • 2016/5/19
  • 2016/3/22
  • 2015/11/18
  • 2015/10/14
  • 2015/9/07
  • 2014/3/31
  • 2014/2/14
  • 2013/4/18
  • 多難な年明けのトルコ
  • EUと難民 UNHCRウィーン事務所報道官に聞く
  • ロシアのシリア内戦介入 アルアハラム財団事務局長に聞く
  • 2016/1/30
  • 2015/12/11
  • 2015/11/13
  • 蓮舫民進 疑問の船出
  • 新閣僚に聞く
  • 「立憲主義」について
  • 再改造内閣 始動
  • 安倍政権 新たな挑戦
  • 16参院選 注目区を行く
  • 伊勢志摩サミット
  • 憲法改正 ここが焦点
  • 筆坂元日本共産党ナンバー3と田村自民党政務調査会審議役が対談
  • 第3次安倍改造内閣スタート
  • 詳解 集団的自衛権 安保法制案の合憲性
  • 衆院選 自公圧勝 ~課題と展望~
  • ’14衆院選 注目区を行く
  • 第2次安倍改造内閣スタート
  • 日米首脳会談 成果と課題
  • 2016/9/17
  • 2016/9/02
  • 2016/8/22
  • 2016/8/04
  • 2016/7/12
  • 2016/6/30
  • 2016/5/23
  • 2016/4/25
  • 2016/4/04
  • 2015/10/08
  • 2015/8/06
  • 2014/12/16
  • 2014/12/07
  • 2014/9/05
  • 2014/4/26
  • 激震・翁長県政 「オール沖縄」の凋落
  • 普天間基地移設 経緯の検証と提言
  • 「援護法」に隠された沖縄戦の真実
  • 2016/1/26
  • 2015/10/01
  • 2013/7/08
  • どう見る金正恩体制 日韓専門家対談
  • 迎撃ミサイル配備 韓国の決断
  • 3代世襲“完成” 北朝鮮第7回党大会
  • 検証 元料理人 藤本氏の再訪朝
  • 韓国総選挙ショック
  • 日韓国交正常化50年 識者に聞く
  • どうする拉致解決 日朝ストックホルム合意1年
  • 日韓国交正常化50年 「嫌韓」「反日」を越えて
  • 張成沢氏失脚 北で何が起きたか
  • 2016/8/24
  • 2016/7/20
  • 2016/5/10
  • 2016/4/29
  • 2016/4/15
  • 2015/6/22
  • 2015/5/11
  • 2015/2/05
  • 2013/12/10
  • 待ったなし地球温暖化対策
  • 環境先進国フランスの挑戦
  • 迫る気候変動の脅威 どうする大災害への備え
  • 2016/1/02
  • 2015/10/07
  • 2015/9/21
  • オバマのLGBT外交 米国と途上国の「文化戦争」
  • トランプVSヒラリー 米大統領選まで3カ月
  • オバマ外交と次期米大統領の課題
  • 2016年米大統領選まで1年
  • 再考 オバマの世界観
  • オバマの対宗教戦争・第1部
  • オバマの対宗教戦争・第2部
  • 2016/9/26
  • 2016/8/06
  • 2016/6/14
  • 2015/11/08
  • 2015/7/06
  • 2013/8/05
  • 2013/9/30
  • JAXA宇宙探査計画
  • 2015/12/24
  • [美ら風(ちゅらかじ)] rss

    アリーナ建設の是非問う北中城村長選

    沖縄発のコラム:美ら風(ちゅらかじ)

     任期満了に伴う北中城村長選が12月4日、投開票される。11月29日に告示され、元村役場企画振興課長の比嘉孝則氏(62)と現職の新垣邦男氏(60)が出馬した。

     北中城村は2010年7月に米軍専用施設の泡瀬ゴルフ場が返還され、昨年、県内最大のショッピングモールがオープンし、新たなまちづくりが始まっている。

    1
    続き

    「沖縄を変えた男」栽弘義

    沖縄発のコラム:美ら風(ちゅらかじ)

     米大リーグの最優秀監督賞がこのほど発表され、ナ・リーグは沖縄生まれの日系人、ドジャース就任1年目のデーブ・ロバーツ監督が初受賞した。

     知名度ではロバーツ監督をも上回る沖縄出身の名将として真っ先に名前が挙がるのは栽弘義ではなかろうか。

    2
    続き

    「トランプ大統領」と翁長知事

    沖縄発のコラム:美ら風(ちゅらかじ)

     米国の新大統領に共和党のドナルド・トランプ氏が就任することが決まったことを受け、翁長雄志知事はトランプ氏に祝電を送った。

    4
    続き

    日の丸ないウチナーンチュ大会

    沖縄発のコラム:美ら風(ちゅらかじ)

     海外・県内外の沖縄県系人が一堂に会する第6回世界のウチナーンチュ大会(主催・同実行委員会)が10月26日から30日まで開かれた。過去最多となる26カ国・2地域の7297人が参加した。

     戦前、多くの沖縄出身者が海外に移住。沖縄県は海外移民からの巨額の送金で経済が潤った時期があった。

    2
    続き

    沖縄県米軍北部訓練場での機動隊員発言問題の本質

    沖縄発のコラム:美ら風(ちゅらかじ)

     沖縄県の米軍北部訓練場(東村)で警備に派遣されていた大阪府警の機動隊員が反基地活動家に「土人」と発言した問題の波紋が広がっている。

    16
    続き

    嘉手納ゲート前に溢れる笑顔

    沖縄発のコラム:美ら風(ちゅらかじ)

     嘉手納基地のゲート前で米軍に手を振る人々がいる。「グッドモーニング」と大きな声であいさつすると、米軍や軍属が笑顔や親指を上に上げるグッドサインで応える。日本人の基地従業員は恥ずかしそうにしているが、アメリカ人からは100%に近い確率で反応が返ってくる。

    8
    続き

    浦添市長が那覇軍港「受忍」

    沖縄発のコラム:美ら風(ちゅらかじ)

     浦添市長選が4カ月後に迫っている中、再選を目指す松本哲治氏がこのほど、市政報告会を行い、4年弱の市政を総括し、再選に向けて強い意欲を示した。翁長雄志知事がどんな手を打ってくるか気掛かりではある。

    3
    続き

    防衛相と会談も「平行線」。唯一のサプライズは…

    沖縄発のコラム:美ら風(ちゅらかじ)

     稲田朋美防衛相が23日と24日、沖縄入りし、翁長雄志知事と県庁で会談した。普天間飛行場の名護市辺野古沖への移設をめぐっては、両者の意見は平行線のままで、打開策は見いだせなかった。

     会談後の会見で、稲田氏は「知事は断固として阻止したいということで、私の方からは辺野古移転という方針に変わりない」と述べた。

    1
    続き

    自民・二階幹事長が訪沖

    沖縄発のコラム:美ら風(ちゅらかじ)

     自民党の二階俊博幹事長が13日から2日間の日程で沖縄入りした。二階氏は幹事長に就任後、全国の都道府県連訪問を沖縄からスタート。下村博文氏ら3人の幹事長代理らも同行し、沖縄重視の姿勢をアピールした。

    2
    続き

    那覇市議会、議長居座り混乱

    沖縄発のコラム:美ら風(ちゅらかじ)

     那覇市議会の9月定例会が7日、始まったが、過半数の議員が金城徹議長の辞職を求めて審議に応じない状況が続いている。補正予算や次年度予算案など一切の審議に入ることができず、前代未聞の混乱の様相を呈している。

     7日、議員はいったん議場に着席したものの、金城氏の議事運営に反発し、野党の自民、公明両会派と「なはの翼無所属G」、無所属の会の18人が退席して流会した。

    1
    続き

    沖縄2紙記者の一時拘束

    沖縄発のコラム:美ら風(ちゅらかじ)

     沖縄県東村高江地区周辺で国が進める米軍のヘリコプター着陸帯(ヘリパッド)の移設工事で、反対運動を取材していた沖縄タイムスと琉球新報の記者2人が一時拘束された。

    2
    続き

    那覇市「ゆいレール」呆れた駅エレベーターの故障放置

    沖縄発のコラム:美ら風(ちゅらかじ)

     沖縄都市モノレール社が運営する、「ゆいレール」の全15駅のうち、6駅でエスカレーターまたはエレベーターが故障したまま長期間にわたって放置されていることが明らかになった。これを受け19日、同社や県、那覇市などの関係者らが「お客さまに多大なご不便とご迷惑をお掛けしている」と謝罪した。

    3
    続き

    空手五輪決定に沸く沖縄

    沖縄発のコラム:美ら風(ちゅらかじ)

     2020年の東京五輪で空手が正式種目に決まった。五輪採用への挑戦は過去3度あったがいずれも失敗。「4度目の正直」となった。

    3
    続き

    残念な福祉団体訴訟判決

    沖縄発のコラム:美ら風(ちゅらかじ)

     那覇市が福祉事業を委託した福祉団体に対し事業計画を大幅に超過した金額が支払われていた上、適切な手続きなしで事務所費用が免除されていた問題で、福岡高等裁判所那覇支部はこのほど、原告の主張を棄却した。

    2
    続き

    沖縄で初の18歳選挙で若手が勉強会

    沖縄発のコラム:美ら風(ちゅらかじ)

     選挙年齢が18歳に引き下げられてから初めての選挙となった参院選。政治、経済、国際社会の中心で活躍したいという志を持った大学生ら若者を対象とした勉強会が開催された。

    2
    続き

    逆転の浦添商が無念のコールド負け

    沖縄発のコラム:美ら風(ちゅらかじ)

     第98回全国高校野球選手権大会沖縄大会では嘉手納が優勝し、初めての全国への切符を手にした。

     決勝戦はワンサイドゲームとなってしまったが、大会を通じて波瀾(はらん)万丈の展開の試合が多かった。糸満、沖縄尚学などシード校4校、春のセンバツに出場した興南が3回戦までに姿を消してしまったことは誰が予想できただろうか。

    1
    続き

    本島と離島で分かれた「民意」

    沖縄発のコラム:美ら風(ちゅらかじ)

     10日に投開票された参院選沖縄選挙区では、元宜野湾市長で革新系新人の伊波洋一氏が、現職で沖縄北方担当相の島尻安伊子氏に大差をつけて初当選を果たした。

    5
    続き

    日米同盟と「慰霊の日」

    沖縄発のコラム:美ら風(ちゅらかじ)

     沖縄戦の組織的な戦闘が終結したとされる1945年6月23日から、71年目を迎えた今年の「慰霊の日」。糸満市の沖縄県平和祈念公園では、県主催の沖縄全戦没者追悼式が催された。

     米国籍の元軍人による残虐な女性殺人遺棄事件が発生して間もない中の開催となり、翁長雄志知事は平和宣言の中で、海兵隊の削減を含む米軍基地の整理縮小を強く求めた。

    1
    続き

    那覇市議会議長の不信任案可決の「理由」

    沖縄発のコラム:美ら風(ちゅらかじ)

     那覇市議会の金城徹議長に対する不信任決議案が17日、自民、公明両党などの賛成多数で可決された。

     市が今年3月に公表した文化財課の不祥事に関する情報を議会に適切に伝えなかったことなどを理由に「議長として不適格」と断じた。また、公用車の公務外利用も指摘された。

    7
    続き

    高校球児が政治集会の犠牲になっていいのか

    沖縄発のコラム:美ら風(ちゅらかじ)

     19日に那覇市の奥武山陸上競技場で革新系の政治集会が開かれるため、隣接する沖縄セルラースタジアム那覇で予定されていた全国高校野球選手権大会沖縄大会の会場が変更された問題が波紋を広げている。

     元米兵の米国男性が女性を殺害遺棄した事件が起きたことで、革新系政党・労組などで構成される「オール沖縄県民会議」が大規模な集会を開催することを計画した。

    3
    続き

    米軍関係事件で謝罪と怒号

    沖縄発のコラム:美ら風(ちゅらかじ)

     元米軍兵の米国籍男性による女性死体遺棄事件で、沖縄県全体で怒りが広がっている。こうした中、米国の軍人・軍属、民間人らが、米軍基地が所在する北谷町の国道で、行き交う人々に頭を下げ続けていた。

    6
    続き

    元文科相の中山成彬氏「新聞はウソも」

    沖縄発のコラム:美ら風(ちゅらかじ)

     「琉球新、報沖縄タイムスを正す県民・国民の会」(我那覇真子代表)は21日、同会顧問で元文科相の中山成彬(なりあき)氏を招き、講演会を行った。

     中山氏は「日教組を解体しなければならない」「日教組はがん」などと発言したことが問題視され、辞任に追い込まれた。

    2
    続き

    USJ沖縄進出断念の余波

    沖縄発のコラム:美ら風(ちゅらかじ)

     世界的に有名な映画のテーマパーク、ユニバーサル・スタジオ・ジャパン(USJ)の沖縄進出断念が11日に正式に決まった。

     USJのジャン・ルイ・ボニエ最高経営責任者(CEO)が菅官房長官に計画断念を伝えた後、沖縄入りして県幹部らにも報告した。

     政府は「沖縄振興に全力で取り組む」と約束。安慶田光男副知事は「非常に残念」と無念さをにじませた。

    5
    続き