■連載一覧
  • どう対処 北の脅威 米有識者に聞く
  • 9年ぶり左派政権 文在寅大統領の韓国
  • 施行から70年 憲法改正を問う
  • 疑問の「同性パートナーシップ」
  • 「情報戦争」時代と米国
  • 2017/5/17
  • 2017/5/11
  • 2017/4/26
  • 2017/4/11
  • 2017/4/03
  • 2016 世界はどう動く-識者に聞く
  • 戦後70年 識者は語る
  • 2015 世界はどう動く-識者に聞く
  • 2014 世界はどう動く
  • 2016/1/04
  • 2015/8/09
  • 2015/1/07
  • 2014/1/06
  • 台湾に吹いた蔡英文旋風
  • ルポ・政権交代の攻防 台湾総統選
  • 二極化する香港 識者インタビュー
  • 香港誌「前哨」編集長 劉達文氏に聞く
  • 「雨傘革命」下の香港 揺れる一国二制度の行方
  • 揺れる香港 各派リーダーに聞く
  • 香港の普選運動 親中派民間団体代表の見方
  • 2016/1/18
  • 2015/12/26
  • 2015/7/12
  • 2014/11/21
  • 2014/11/14
  • 2014/11/06
  • 2014/7/08
  • ドゥテルテ大統領就任から3カ月 どこへ向かう比政権
  • 香港「自治」の行方 識者に聞く
  • 中華圏に浸透する同性婚
  • 中台関係の行方
  • 日米同盟と台湾 海洋安全保障の展望
  • 蔡英文時代の台湾 本土派路線のビジョンと課題
  • ASEANの夜明け アジアハイウエー7000キロルポ
  • 緊張 南シナ海
  • 中央アジア胎動 中国「新シルクロード」と日本の戦略
  • “政熱経熱”の中韓
  • 新QDRと米中軍事バランス
  • 新グレートゲーム・幻想だった中国の平和的台頭
  • 新グレートゲーム・中国南進の海
  • 2016/9/21
  • 2016/8/17
  • 2016/7/26
  • 2016/6/03
  • 2016/5/31
  • 2016/5/19
  • 2016/3/22
  • 2015/11/18
  • 2015/10/14
  • 2015/9/07
  • 2014/3/31
  • 2014/2/14
  • 2013/4/18
  • 多難な年明けのトルコ
  • EUと難民 UNHCRウィーン事務所報道官に聞く
  • ロシアのシリア内戦介入 アルアハラム財団事務局長に聞く
  • 2016/1/30
  • 2015/12/11
  • 2015/11/13
  • どうなる「民共協力」 27回共産党大会の焦点
  • 蓮舫民進 疑問の船出
  • 新閣僚に聞く
  • 「立憲主義」について
  • 再改造内閣 始動
  • 安倍政権 新たな挑戦
  • 16参院選 注目区を行く
  • 伊勢志摩サミット
  • 憲法改正 ここが焦点
  • 筆坂元日本共産党ナンバー3と田村自民党政務調査会審議役が対談
  • 第3次安倍改造内閣スタート
  • 詳解 集団的自衛権 安保法制案の合憲性
  • 衆院選 自公圧勝 ~課題と展望~
  • ’14衆院選 注目区を行く
  • 第2次安倍改造内閣スタート
  • 日米首脳会談 成果と課題
  • 2017/1/09
  • 2016/9/17
  • 2016/9/02
  • 2016/8/22
  • 2016/8/04
  • 2016/7/12
  • 2016/6/30
  • 2016/5/23
  • 2016/4/25
  • 2016/4/04
  • 2015/10/08
  • 2015/8/06
  • 2014/12/16
  • 2014/12/07
  • 2014/9/05
  • 2014/4/26
  • 国防最前線・南西諸島はいま 第2部 自衛隊配備へ動く石垣島
  • 国防最前線・南西諸島はいま 第1部 与那国島・陸自駐屯地
  • 激震・翁長県政 「オール沖縄」の凋落
  • 普天間基地移設 経緯の検証と提言
  • 「援護法」に隠された沖縄戦の真実
  • 2016/10/31
  • 2016/10/12
  • 2016/1/26
  • 2015/10/01
  • 2013/7/08
  • 弾劾の波紋 漂流する韓国政治
  • 検証・金正恩統治5年
  • どこへ行く混迷・韓国 国政介入事件の深層
  • どう見る金正恩体制 日韓専門家対談
  • 迎撃ミサイル配備 韓国の決断
  • 3代世襲“完成” 北朝鮮第7回党大会
  • 検証 元料理人 藤本氏の再訪朝
  • 韓国総選挙ショック
  • 日韓国交正常化50年 識者に聞く
  • どうする拉致解決 日朝ストックホルム合意1年
  • 日韓国交正常化50年 「嫌韓」「反日」を越えて
  • 張成沢氏失脚 北で何が起きたか
  • 2017/3/15
  • 2016/12/27
  • 2016/12/05
  • 2016/8/24
  • 2016/7/20
  • 2016/5/10
  • 2016/4/29
  • 2016/4/15
  • 2015/6/22
  • 2015/5/11
  • 2015/2/05
  • 2013/12/10
  • 待ったなし地球温暖化対策
  • 環境先進国フランスの挑戦
  • 迫る気候変動の脅威 どうする大災害への備え
  • 2016/1/02
  • 2015/10/07
  • 2015/9/21
  • 米軍再建への課題-元上級将校の提言
  • トランプ政権始動
  • トランプ大統領の衝撃 米国と世界はどこに向かう
  • トランプvsヒラリー 米大統領選まで1カ月
  • オバマのLGBT外交 米国と途上国の「文化戦争」
  • トランプVSヒラリー 米大統領選まで3カ月
  • オバマ外交と次期米大統領の課題
  • 2016年米大統領選まで1年
  • 再考 オバマの世界観
  • オバマの対宗教戦争・第1部
  • オバマの対宗教戦争・第2部
  • 2017/2/28
  • 2017/1/22
  • 2016/11/11
  • 2016/10/08
  • 2016/9/26
  • 2016/8/06
  • 2016/6/14
  • 2015/11/08
  • 2015/7/06
  • 2013/8/05
  • 2013/9/30
  • JAXA宇宙探査計画
  • 2015/12/24
  • [明日へのノート] rss

    教育のために憲法改正?

     元米国務省日本部長のケビン・メア氏が本紙とのインタビュー(18日付掲載)で憲法9条の改正議論について、「子供の教育のため」9条を改正した方がいいと述べている。

     メア氏はその理由について「日本の子供たちは、学校で平和憲法があるから平和で、日本は軍事力を持っていないと教えられている。だが、日本には戦闘機も護衛艦もあり、矛盾している。それは教育的に良くない」と敷衍(ふえん)している。学校で教えていることと現実が矛盾している、つまり、事実でないことを教えるのは教育的でないという、明快な指摘だ。現実にそぐわない法律(憲法)は当然、現実に適合するよう変えられるべきだというプラグマティズム的な考え方がその前提にある。

    4
    続き

    躾を強く言えない環境の中で

     1950年代、まだ、戦後の様子が残る時代に生まれ、成長してきた世代はワルサをしたり、常識を超えるようなことをすると、親だけでなく、近所のオジサンたちに、大きな怒鳴り声、時にはゲンコツで、こっぴどく叱られたものだ。当時は悪いことをしたのだから、当たり前という時代だった。

     少子高齢化が進む昨今、子供の「権利・自由」のウエートが大きくなって、「義務」や「迷惑をかけない」といった当たり前のことが疎(おろそ)かになってきている。子供の躾(しつけ)においても、大きな声を出して叱ったり、躾と称して、ゲンコツを見舞って、子供を泣かせようものなら、近隣の住民から警察や児童相談所に、「児童虐待」として通報されかねない。

    4
    続き

    スマホ育児が現実のものに

     電車の席に座っていたら、隣で母親に抱っこされていた乳児が筆者の肩に触ってきた。30代初めと思われる母親が恐縮して頭を下げた。子供好きの筆者は「いいですよ」と乳児の頭をなで、「初めてのお子さんですか」と尋ねた。

     たまたま電車の中で隣り合っただけで、声を掛けたら嫌がられるかと思ったが、その母親は「そうなんです。何も分からなくて」と、にこやかに応じてきた。

    0
    続き

    妊娠中の女性に出会って

     先日、朝の通勤途中の電車内でのこと。筆者は優先席近くに立っていたが、右前に立っていた若い女性の様子がおかしい。手すりに頭を付けていると思ったら、急にその場にしゃがみ込んでしまった。「大丈夫ですか?」と声を掛けると、かすれた声で「つわりが…」。女性のカバンにマタニティマークが付いていることに気付いた。

     優先席に座っていた女性が席を譲り、その妊娠中の女性は礼を言って座ったが、しばらく顔を伏せたまま。かなり具合が悪そうだったので、駅に着いた時に「降りますか?」と声を掛けたが、「大丈夫です」と答えるだけだった。筆者も男の身でそれ以上声を掛けることに気が引けて、そのまま三つ先の目的地の駅で下車した。

    1
    続き

    信時潔の「海ゆかば」

     神武天皇の「東征」を描いた交声曲「海道東征」は戦後、国家主義的な記憶を刺激するなどの理由で封印されてきた。70年を経て、呪縛が解かれたように復活公演が開かれるようになった。一昨年の大阪のザ・シンフォニーホールでの公演は、追加公演が行われるほど、大盛況だった。

     その時の様子を文芸評論家の新保祐司氏が、ある雑誌のインタビュー記事で語っていたのを読んだことがある。「日本人は精神的呪縛から、ようやく解放された。あのコンサートは『歴史的大事件』だった」。その時、初めて幻の交声曲の存在を知った。

    1
    続き

    ふるさと納税の非教育的効果

     総務省が過熱する「ふるさと納税」返礼品の高額化競争に待ったを掛けた。1日付の通知で、返礼品価格が寄付額の3割を超える場合、「速やかに3割以下に」抑えるよう要請。また、換金性の高いプリペイドカードや商品券、資産性の高い家電や宝飾品など、制度の趣旨に反する返礼品も制止している。

     ふるさと納税は、自分の出身地に限らず、応援したい地方自治体(都道府県・市区町村)に寄付すると、2000円の自己負担を超える額が所得税と個人住民税から控除される制度で、15年度の寄付金総額は1653億円。控除の上限額が2倍になったこともあって、これは前年の4・3倍、制度ができた2008年度の20倍以上になった。

    2
    続き

    誰でも運動は上手くなれる

     学校の運動会・体育祭といえば、秋の年中行事と決まっていたが、最近では4月末から5月初めの連休後に行う学校が増えてきた。暑からず、寒からず、過ごしやすく、父母や祖父母、町内会の人たちが学校に応援・観戦でやって来る。運動が得意な子供は意気揚々と、苦手な子供はそれなりに…ということになる。

     「うちの子は運動が苦手だから…」とか「運動神経が鈍いから…」と嘆く父母の声も聞く。だが、ちょっと待ってください。俗に言う「運動神経」というのは先天的なものではなく、誰でも、練習して回数を重ねれば、できるようになっているのです。「走ったり、投げたり、打ったり、さまざまな運動において、理想的なフォーム・形を頭に入れ、それを実際に行動に移すことが上達の秘訣(ひけつ)だ」という。

    0
    続き

    リビングウィルと終活

     経済産業省ヘルスケア産業課課長の江崎禎英さんの講演を聞く機会があった。テーマは「生涯現役社会の構築に向けて」。その中で、会場に驚きの声が漏れたのは、人生の最期の3日間に、生涯医療費の30%が投入されているとの数字が出た時だった。「スパゲッティ症候群」という言葉がある。延命のため、気道チューブや導尿バルーン、サチュレーションモニターなど、体中にチューブやセンサーが取り付けられて、まるでスパゲッティのような状態で死ぬことをいう。

     高齢者への延命措置がどれほどの意味があるのか、と言ってもすぐには納得できない人が多いかもしれない。しかし、筆者のように、比較的健康体で大病をしたことのない人間が終末期に病院で延命措置を長く続けたら、きっと生涯医療費の大半はそこに費やされることになる。そんなお金を掛けなくても、自宅で自然に死を迎えた方がどれほど幸せか。

    1
    続き

    「子供の性格のせい」にしない

     2018年度から新しく教科になる道徳では、すべての教科書が「いじめ」に関する題材を取り上げている。もともと道徳を教科化するという方針も、大津市で起きた男子中学生のいじめ自殺事件がきっかけだった。

     筆者の子供が通う学校でも、一人の男の子に対するいじめが起こり、クラスに広がり掛けたが、教師が気付いて解決したことがあった。いずれにしても、教師と親にとって、いじめを防ぐために子供にどう接するかが問題だ。

    6
    続き

    富士と李良枝の文学碑

     山梨県富士吉田市に新倉山浅間公園という富士見ポイントがある。2月下旬、山中湖のダイヤモンド富士を撮影しに行った折、初めて立ち寄った。桜と富士と五重の塔を1枚の写真に収められる撮影スポットとして、近年は外国人観光客も多く訪れる。冬場は凍結により、公園入り口は通行止めとなるが、今年は雪がまったくなかった。何百段もの長い石段を上ると、五重の塔の手前にまだ目新しい石碑が立っていた。

     碑には「愛、人、生」。韓国語で「サラン、サラム、サルム」。37歳で夭折(ようせつ)した芥川賞作家の李良枝さんの碑だった。裏には「すべてが美しかった。それだけでなく、山脈を見て、美しいと感じ、呟いている自分も、やはり素直で平静だった。韓国を愛している。日本を愛している。二つの国を私は愛している」。受賞後、生まれ故郷の富士吉田を訪れた時のことを書いた「富士山」というエッセーの一節だ。

    1
    続き

    男女の捉える世界の違い

     本当に男と女はそんなに違うのだろうか。男に生まれて60年近く過ごし、35年は妻と一緒に暮らしてきた。息子、娘もいる。それでも、よく分からない。

     本紙でも紹介された『男の子の脳、女の子の脳』(草思社)によると、男と女はまず、耳の聞こえ方が違う。新生児の時から女児は男児よりはるかに聴覚が発達していて、音がよく聞こえる。この差は成長するにつれてさらに大きくなり、11歳の女の子は男の子よりおよそ10倍も小さな音に気を散らされやすいのだとか。それで教師が同じ話をしても最前列にいる女児には怒鳴っているように聞こえ、最後列にいる男児には聞こえないということが起こるのだそうだ。

    3
    続き

    患者中心の医療

     会社近くに最近開業した歯科クリニックに通院し、詰め物が外れた奥歯の治療を続けている。歯医者に診てもらうのは、30年ぶり。歯の手入れの重要性が叫ばれる昨今だから、「定期的に歯の手入れをしなさい」と説教されるのかと身構えて治療室に入ったが、予想に反し、そこのクリニックの歯科医もスタッフも親切で、感じがいい。

     治療を始める前は、医者の方から「よろしくお願いします」と、あいさつしてくる。丁寧な対応に気分を良くしたので、この際、その医者に治すべきところは全部治してもらうことにした。

    0
    続き

    神話や昔話を子供に教える

     先日、ある道徳教育のシンポジウムに参加した。道徳の教科化が小学校で平成30年度、中学校ではその翌年から正式にスタートする。会合では現場の教師の方々が試行錯誤を続けている様子がうかがえた。  その中で「神話や昔話を教えたい」という意見が出て、他の教師も賛同していたのが印象的だった。参加していた保護者の一人も「良いと思う。この前、桃太郎も知らない子がいて驚いた」と話していた。

     筆者は親から昔話を聞かされた記憶はあまりないが、本を読んで自然に覚えていった。今は本を読む時間も親子の会話も減り、幼稚園や保育園で取り上げる機会も少なくなったということか。

    0
    続き

    寄り添う医療

     日本で初めて「がん哲学外来」を開設した、順天堂大学の樋野興夫先生の話を伺う機会があった。がん細胞の話をしながら、内村鑑三や新渡戸稲造といった先人の言葉を巧みに引き出しながら聴衆を引き込む。言葉の魔術師と称されている。顕微鏡でがん細胞を見てきた病理学者ががん患者との対話を始めるようになったのは、医療で患者の心は救えないという思いから。

     患者や家族とお茶を飲みながら、1時間くらいかけて雑談風の交流をする。「鳥は飛び方を変えられないが、人間は生き方を変えられる」。この一言で救われ、絶望のどん底にあった患者が人生の意味を考え始める。9年前に始まった「がん哲学外来」は瞬く間に全国各地の病院に広がり、ここで立ち直ったがん患者らが自主的に運営する「メディカル・カフェ」も次々と誕生している。

    1
    続き

    能力に勝る経験の差

     この世の中には、本当に天才的な頭脳を持つ人がいる。筆者が知るその人は大学の同学年で、一時期、同じ寮で生活した。彼はなんと、新約聖書のマタイ伝の冒頭に出てくるイエス・キリストの系図を、夜にじっと眺めているだけで、翌日の昼にはノートに一言一句間違いなくアダムから順に書き記すことができた。彼の勉強は毎日、その日の授業のノート数冊を30分くらいじっと見直すだけ。それですっきり頭に入るのだから、あっと驚くしかない。

     もちろんそんな勉強法を大学まで続けられる人はめったにいない。普通の人は小学校や中学校のある時点で、授業をノートを取りながら真剣に聞いてもだんだん理解できないところが出てきて、それを放置すると授業に付いていけなくなる。筆者も然(しか)りで、数学では、中学校の2年生になると「どうしてあんな補助線を引くのか」「どうしてあんな式のまとめ方をするのか」と疑問ばかり浮かんで、取り組み方が分からなくなった。

    0
    続き

    地下鉄で席の奪い合い

     東日本大震災以来、日本人の公徳心の高さが世界から賞賛されている。他の国から見ればそうなのかもしれないが、昭和30年代生まれの筆者としては、日本人もかなり利己的になっているというのが実感であり、少し持ち上げ過ぎではないか、という気がしている。  東京メトロで、池袋から永田町に向かっている途中だった。つり革につかまっていた筆者の近くの座席が一つ空いた。  すぐさま、中年男性と若い男性がその席に座ろうとした。そのタイミングがほぼ同時だったので、まるで椅子取りゲームでもやるようにお互いお尻をぶっつけ合う形になった。どちらかが譲れば済む話だが、2人は必死の形相で張り合った。  大の大人が無言でそれをやるものだから、はたから見ていると、滑稽この上ない。筆者が笑いをこらえていると、軍配は中年男性に上がって、若者は離れていった。さぞやバツが悪かったに違いない。  永田町で仕事を終え、また東京メトロに乗った。空いている席があったので、歩み寄りそこに座ろうとしたが、小学1年くらいの女の子が走り込んできてその座を確保してしまった。瞬間、大人同士の席の奪い合いの光景が頭をよぎった。子供と席を争うようなみっともないまねはできない。何食わぬ顔をして、別の空いている席に座った。  筆者から席を奪った女の子の様子を見ると、父親らしき連れがいた。そして、その子に盛んに説教をしていた。「先に座ろうとしていた人がいたじゃないか。ちゃんと回りを見て、座りなさい」と。女の子はマナー違反をしたとは思っていないらしく、キョトンとしていた。  教育は日常生活で行うものだ。他人に心を配ることを教えるなんて、まだ若いのになかなかいい父親じゃないか、と感心した。「席を譲ってくれた、優しいおじさんに、ちゃんとお礼を言いなさい」と言ったら、完璧だったが……。(森)

    0
    続き

    晩婚と未婚が広がる時代に

     昨年末、筆者の従弟が“ついに”結婚した。40代半ばでの初婚だ。今は晩婚も珍しくはないが、叔父たちはさすがにホッとしていた。

     義理の弟も結婚は30代後半。20代の頃には「自分は一生結婚しない」と言って義父と義母を心配させていた。それが今は2児の父としてすっかり頼もしくなっている。従弟も義理の弟ももともと真面目な性格だが、昔であれば「結婚して一人前」と言われたように、結婚して家庭を築いてこそ人として大きくなることが確かにあると、2人を見て思う。

    2
    続き

    おまけの人生

     昨年1年間に生まれた赤ちゃんの数が100万人を割った。戦後のベビーブームには260万人も生まれていたわけだから、人口構造の激変ぶりは凄(すさ)まじい。

     一方先進国以外の多くの国は人口増にある。2083年には100億人を突破するという。

     人類生態学によると、環境の“定員”を超えては生きられないと考えられている。100億人を突破した後は減少に転じると言われている。

    0
    続き

    何のための「常在戦場」か

     昨年来、「常在戦場」という言葉をよく聞く。早期衆院解散・総選挙説が囁かれる中で、「政治家たる者、常に選挙に向け物心両面の準備を怠ってはならぬ」と自戒する声だ。安倍晋三総裁など自民党幹部だけでなく、民進党の蓮舫代表も昨年9月末の会見で、1月解散説と関連して「常在戦場、いつでも戦える態勢を整える」と語っている。

     「常在戦場」は越後長岡藩(新潟県長岡市)の藩主、牧野氏の家訓「参州牛久保之壁書」の冒頭にある言葉で、長岡藩の藩訓・藩風であり、長岡出身の山本五十六連合艦隊司令長官が座右の銘としたことでも有名だ。牧野一門の、そして牧野氏が治める長岡藩士の精神の拠り所であり、指導者(武士)たるものかくあるべしという理想、そのための教育理念でもあった。

    0
    続き

    声かけ禁止の時代

     スーパーに立ち寄った時のこと。レジで支払い中、次のような店内放送が流れた。

     「3歳くらいの女の子を探しています。姿を見かけた方は、店員にお知らせください」

     レジそばのサービスカウンターを見ると、お母さんらしい女性が心配そうに立っていた。周囲を見渡したが、女の子の姿はない。変質者が連れ去ったわけではないだろうから、すぐに見つかると思い、支払いを済ませて店を出た。

    5
    続き

    自尊感情には二つある

     「日本の子供たちの自己肯定感(あるいは自尊感情)が低い」と言われて久しい。政府の教育再生実行会議は、子供たちの自己肯定感が低い現状を改善するためにどうすべきか、議論を開始した。

     自己肯定感や自尊感情というと、ほめたり認めてあげたり成功体験を重ねることで高めようと考えることが多い。 ただ、自尊感情を研究している近藤卓氏(日本いのちの教育学会会長、山陽学園大学教授)は、それだけでは不十分だと述べている(『乳幼児期から育む自尊感情』エイデル研究所)。

    0
    続き

    読書による“未知との遭遇”

     まだ秋たけなわだった今月初め、久しぶりに神保町の古書店街を歩いて、かねて欲しかった本や思いがけず目についた本を仕入れてきた。ちょうど今年で57回を迎える神田古本まつりの期間中で、靖国通り沿いの歩道に作られた「本の回廊」は老若男女の人波で埋まっていた。  この時に買った後者の本、つまり、予め著者や本の存在すら知らなかったのに、どういうわけか書名や本の体裁、立ち読みした箇所に興味を覚えて衝動買いしたのが『政党興亡五十年―わが歩みし足跡―』(国会通信社)だった。著者の肥田琢司氏は大正時代から終戦後まで政財界で陰に陽に活躍した大変な人物だが、恥ずかしながら、それも同書の購入後に知った。

     肥田氏が師と仰ぐ原敬をはじめ、山本権兵衛、山県有朋、西園寺公望、大隈重信、寺内正毅、加藤友三郎、田中義一など、歴史的人物と同世代に生きて直に交流があった肥田氏が語る敗戦までの政党興亡の歴史は臨場感があり、教科書や歴史書の剥製のような記述に血が通い、生きて動き出すような感覚を受ける。

    0
    続き

    学校トイレの進化

     ロサンゼルスに出張した時のこと。日本に帰国する前日、現地で取材をアレンジしてくれた米国人の女性と日本人男性が筆者をねぎらいたいと、すし屋に招待してくれた。今年春に開店したばかりで、インターネットで調べて見つけたという。

     経営者も職人も日本人というだけあって、シャリもネタも米国の店とは思えないレベルでちょっと驚いた。食事が終わりかけたころ、女性が席を立った。

    0
    続き