■連載一覧
  • 衆院選大勝 安倍政権への提言
  • 2017衆院選 国難と選択
  • 北暴走 揺れる韓国
  • どう見る北の脅威
  • 2017/10/25
  • 2017/10/16
  • 2017/9/21
  • 2017/9/19
  • 2016 世界はどう動く-識者に聞く
  • 戦後70年 識者は語る
  • 2015 世界はどう動く-識者に聞く
  • 2014 世界はどう動く
  • 2016/1/04
  • 2015/8/09
  • 2015/1/07
  • 2014/1/06
  • 香港・中国返還20年 「一国二制度」の前途
  • 台湾に吹いた蔡英文旋風
  • ルポ・政権交代の攻防 台湾総統選
  • 二極化する香港 識者インタビュー
  • 香港誌「前哨」編集長 劉達文氏に聞く
  • 「雨傘革命」下の香港 揺れる一国二制度の行方
  • 揺れる香港 各派リーダーに聞く
  • 香港の普選運動 親中派民間団体代表の見方
  • 2017/7/01
  • 2016/1/18
  • 2015/12/26
  • 2015/7/12
  • 2014/11/21
  • 2014/11/14
  • 2014/11/06
  • 2014/7/08
  • 南シナ海 強まる中国支配 安保専門家に聞く
  • ドゥテルテ大統領就任から3カ月 どこへ向かう比政権
  • 香港「自治」の行方 識者に聞く
  • 中華圏に浸透する同性婚
  • 中台関係の行方
  • 日米同盟と台湾 海洋安全保障の展望
  • 蔡英文時代の台湾 本土派路線のビジョンと課題
  • ASEANの夜明け アジアハイウエー7000キロルポ
  • 緊張 南シナ海
  • 中央アジア胎動 中国「新シルクロード」と日本の戦略
  • “政熱経熱”の中韓
  • 新QDRと米中軍事バランス
  • 新グレートゲーム・幻想だった中国の平和的台頭
  • 新グレートゲーム・中国南進の海
  • 2017/7/26
  • 2016/9/21
  • 2016/8/17
  • 2016/7/26
  • 2016/6/03
  • 2016/5/31
  • 2016/5/19
  • 2016/3/22
  • 2015/11/18
  • 2015/10/14
  • 2015/9/07
  • 2014/3/31
  • 2014/2/14
  • 2013/4/18
  • ムスリム同胞団とアラブ モハメド・F・ファラハト氏に聞く
  • 多難な年明けのトルコ
  • EUと難民 UNHCRウィーン事務所報道官に聞く
  • ロシアのシリア内戦介入 アルアハラム財団事務局長に聞く
  • 2017/9/01
  • 2016/1/30
  • 2015/12/11
  • 2015/11/13
  • 新閣僚に聞く
  • 第3次改造内閣 信頼回復へ始動
  • ’17首都決戦
  • 施行から70年 憲法改正を問う
  • どうなる「民共協力」 27回共産党大会の焦点
  • 蓮舫民進 疑問の船出
  • 新閣僚に聞く
  • 「立憲主義」について
  • 再改造内閣 始動
  • 安倍政権 新たな挑戦
  • 16参院選 注目区を行く
  • 伊勢志摩サミット
  • 憲法改正 ここが焦点
  • 筆坂元日本共産党ナンバー3と田村自民党政務調査会審議役が対談
  • 第3次安倍改造内閣スタート
  • 詳解 集団的自衛権 安保法制案の合憲性
  • 衆院選 自公圧勝 ~課題と展望~
  • ’14衆院選 注目区を行く
  • 第2次安倍改造内閣スタート
  • 日米首脳会談 成果と課題
  • 2017/9/07
  • 2017/8/06
  • 2017/6/27
  • 2017/4/26
  • 2017/1/09
  • 2016/9/17
  • 2016/9/02
  • 2016/8/22
  • 2016/8/04
  • 2016/7/12
  • 2016/6/30
  • 2016/5/23
  • 2016/4/25
  • 2016/4/04
  • 2015/10/08
  • 2015/8/06
  • 2014/12/16
  • 2014/12/07
  • 2014/9/05
  • 2014/4/26
  • 国防最前線・南西諸島はいま 第2部 自衛隊配備へ動く石垣島
  • 国防最前線・南西諸島はいま 第1部 与那国島・陸自駐屯地
  • 激震・翁長県政 「オール沖縄」の凋落
  • 普天間基地移設 経緯の検証と提言
  • 「援護法」に隠された沖縄戦の真実
  • 2016/10/31
  • 2016/10/12
  • 2016/1/26
  • 2015/10/01
  • 2013/7/08
  • 北朝鮮 制裁の現実
  • どう対処 北の脅威 米有識者に聞く
  • 9年ぶり左派政権 文在寅大統領の韓国
  • 弾劾の波紋 漂流する韓国政治
  • 検証・金正恩統治5年
  • どこへ行く混迷・韓国 国政介入事件の深層
  • どう見る金正恩体制 日韓専門家対談
  • 迎撃ミサイル配備 韓国の決断
  • 3代世襲“完成” 北朝鮮第7回党大会
  • 検証 元料理人 藤本氏の再訪朝
  • 韓国総選挙ショック
  • 日韓国交正常化50年 識者に聞く
  • どうする拉致解決 日朝ストックホルム合意1年
  • 日韓国交正常化50年 「嫌韓」「反日」を越えて
  • 張成沢氏失脚 北で何が起きたか
  • 2017/6/26
  • 2017/5/17
  • 2017/5/11
  • 2017/3/15
  • 2016/12/27
  • 2016/12/05
  • 2016/8/24
  • 2016/7/20
  • 2016/5/10
  • 2016/4/29
  • 2016/4/15
  • 2015/6/22
  • 2015/5/11
  • 2015/2/05
  • 2013/12/10
  • 待ったなし地球温暖化対策
  • 環境先進国フランスの挑戦
  • 迫る気候変動の脅威 どうする大災害への備え
  • 2016/1/02
  • 2015/10/07
  • 2015/9/21
  • 「情報戦争」時代と米国
  • 米軍再建への課題-元上級将校の提言
  • トランプ政権始動
  • トランプ大統領の衝撃 米国と世界はどこに向かう
  • トランプvsヒラリー 米大統領選まで1カ月
  • オバマのLGBT外交 米国と途上国の「文化戦争」
  • トランプVSヒラリー 米大統領選まで3カ月
  • オバマ外交と次期米大統領の課題
  • 2016年米大統領選まで1年
  • 再考 オバマの世界観
  • オバマの対宗教戦争・第1部
  • オバマの対宗教戦争・第2部
  • 2017/4/03
  • 2017/2/28
  • 2017/1/22
  • 2016/11/11
  • 2016/10/08
  • 2016/9/26
  • 2016/8/06
  • 2016/6/14
  • 2015/11/08
  • 2015/7/06
  • 2013/8/05
  • 2013/9/30
  • JAXA宇宙探査計画
  • 2015/12/24
  • 安東 幹
    安東 幹
    共産党問題
    坂東 忠信
    坂東 忠信
    元警視庁北京語通訳捜査官
    古川 光輝
    古川 光輝
    保守国際派
    細川 珠生
    細川 珠生
    政治評論家
    伊勢 雅臣
    伊勢 雅臣
    「国際派日本人養成講座」編集長
    河添 恵子
    河添 恵子
    ノンフィクション作家
    宮本 惇夫
    宮本 惇夫
    企業・経営
    中村 仁
    中村 仁
    元全国紙経済記者
    石平
    石平
    評論家
    宇佐美 典也
    宇佐美 典也
    エネルギーコンサルタント
    長谷川 良 (ウィーン在住)
    長谷川 良 ...
    コンフィデンシャル

    祝!ユネスコの世界の記憶から慰安婦が外される

     宗像大社の世界遺産への逆転登録に続き、また日本外交が勝利しました。

     韓国などが申請していた慰安婦の「世界の記憶」への登録を見送るべしとユネスコに勧告を出しました。

     まだまだ逆転があるかもしれないので要注意ですが、世界の人々に慰安婦問題など韓国のプロパガンダだと反論するいい機会です。

     以前は、あまり情報がなかったのと、自虐史観にまみれた政治家の思惑で日本政府がそれを認めたかのようにしたため、このデマが韓国などのプロパガンダとして使われ、おおいに日本の品位を傷つけてきました。

     慰安婦とは、軍隊に追従していった売春婦のことで、ちゃんと存在していました。生と死の派境にいる兵士たちを慰めるためと、第一次世界大戦時、塹壕戦で両軍が対峙していた時に、売春婦の衛生管理をしていなかったために、ドイツ軍将兵の間で梅毒が蔓延し、戦力が極端にダウンしたという事実から、各国の軍隊(ソ連を除く)で追軍の売春婦を軍の衛生管理のもとに認めた制度です。

     徴兵されている自分のお父さんや夫やお兄さんが売春婦の所に出入りするとは言えないため、軍隊の中での隠語「ピー屋」や「酌婦」などが使われ、本当はその実態を知っていたのですが、暗黙の了解として残る家族も認めていたのです。

     国内にも「赤線」と呼ばれる公娼制度があった時代です。現在の価値観で判断してはなりません。

     韓国の主張が許せないのは、その売春婦が軍が組織的に民家に押し入り、銃剣で脅して強制的に連行し、性奴隷にしたという所です。

     そんな事実はありませんし、もしそうなら韓国各地で誇り高き朝鮮民族の男性たちは若い女性を守るために立ち上がっているはずです。

     でも、そんな記録は一切残っていません。

     それは朝鮮民族が腰抜けだったのでしょうか?

     いいえ私はそんなことはないと思います。朝鮮民族の男性たちは自分の命を捨てても、同朋の若い女性を守るはずだと信じています。

     朝鮮出身の兵士たちは勇猛に日本軍として戦っています。

     でも、記録が全く残っていないということは、軍が強制連行をした事実がないということです。

     女衒(ぜげん)という職業がありました。

     俗にいう「人買い」です。村々を回り、家族が生き残るために若い娘を遊郭に泣き泣き売ったのです。売られた娘も家族のためだと泣く泣く女郎屋に行くのです。

     朝鮮半島の事?

     いいえ、日本国内でもたくさんありました。

     特に昭和恐慌の時で、東北では飢饉が続き出稼ぎに行って稼ぐこともできずに、仕方なく娘を売って一家が生き延びたなんてことがたくさんあったのです。

     当然、兵隊のお姉さんや妹がそういう目に遭っており、その惨状を見た皇道派の青年将校たちがこれは天子様のそばにいる君側の奸が問題であると起こした事件が515であり、226事件です。

     日本は特に東北地方はとても貧しく、そういう女性の職業があったのです。これを現在の価値観で見ると大きく見誤ります。

     朝鮮半島でも、男の子供と女の子供では扱いが違い、跡取りである男の子を守るために女の子を犠牲にしていました。
     
     この現状は日本が統治する前はもっとひどく、だいぶ改善されたのですが、日本本土でもそういう状況かでしたので、朝鮮半島ではおして知るべしです。
     
     そこで朝鮮半島でも女衒が闊歩するのですが、日本人の女衒が朝鮮人の部落に行っても、言葉も通じませんし、信用もされません。

     親としても仕方なく娘を売るために、娘のために少しでも人のよさそうな女衒を頼るのです。それが親心というものでしょう。

     そうです、朝鮮半島における女衒は朝鮮人です。

     女衒の存在も知らない人が慰安婦問題を人権問題として語ることが滑稽でなりません。無知そのものですし、当時の様子が全く理解できていません。

     この誤解を作った張本人は、河野洋平氏です。ですから今度の内閣改造でぜひとも河野太郎氏を外相に留任させて、父親の過ちを子が正してほしいと思っています。

     また米国をはじめ、世界各地に建てられている慰安婦像、韓国では「平和の少女像」と呼ばれていますが、これを建てることを許した都市がもうすぐ世界に大恥をかくことになることを知らしめなければなりません。

     私たちの父や祖父は強制的に女性をさらってきて性奴隷にさせていません。

     特に東北出身の兵士たちは自分の身内が女郎屋に売られているのです。そういう人たちが同じような境遇の女性に対して酷いことができるでしょうか?

     ちょっと想像力を働かせてみましょう。

     日本人は調和と平安を大切にするおとなしい民族です。

     歴史を見ても、戦乱の時よりも平安な時期の方が長いという世界でも稀有の歴史を持っています。

     価値観はご皇室がずっと続いており、1000年前とさほど変わっていません。

     それが慰安婦いや性奴隷を組織的に行うでしょうか?

     今がチャンスです。国民の信任を受けた安倍政権が世界に向けて韓国のでたらめに反撃するのです。

     今回の見送りはアメリカに続いて日本の脱退示唆が聞いているとも言われています。

     大阪市では韓国との姉妹都市を解除してもいいと強硬な態度で出ています。

     残念ながら唐津市は強い態度で出ることができませんでしたが、唐津JCは強硬に友好JCに対して申し入れをしています。

     国内の左巻きが今回の選挙によって弱体化している今こそ、日本を貶めてきた韓国の慰安婦(戦時売春婦)問題にけりをつけましょう。

     草莽崛起、全国の市町村で有志が声を上げることを望みます。


    『井上政典のブログ』より転載
    http://ameblo.jp/rekishinavi/

    52

    コメント

    コメントの書き込み・表示するにはログインが必要です(承認制)。