■連載一覧
  • 衆院選大勝 安倍政権への提言
  • 2017衆院選 国難と選択
  • 北暴走 揺れる韓国
  • どう見る北の脅威
  • 2017/10/25
  • 2017/10/16
  • 2017/9/21
  • 2017/9/19
  • 2016 世界はどう動く-識者に聞く
  • 戦後70年 識者は語る
  • 2015 世界はどう動く-識者に聞く
  • 2014 世界はどう動く
  • 2016/1/04
  • 2015/8/09
  • 2015/1/07
  • 2014/1/06
  • 香港・中国返還20年 「一国二制度」の前途
  • 台湾に吹いた蔡英文旋風
  • ルポ・政権交代の攻防 台湾総統選
  • 二極化する香港 識者インタビュー
  • 香港誌「前哨」編集長 劉達文氏に聞く
  • 「雨傘革命」下の香港 揺れる一国二制度の行方
  • 揺れる香港 各派リーダーに聞く
  • 香港の普選運動 親中派民間団体代表の見方
  • 2017/7/01
  • 2016/1/18
  • 2015/12/26
  • 2015/7/12
  • 2014/11/21
  • 2014/11/14
  • 2014/11/06
  • 2014/7/08
  • 南シナ海 強まる中国支配 安保専門家に聞く
  • ドゥテルテ大統領就任から3カ月 どこへ向かう比政権
  • 香港「自治」の行方 識者に聞く
  • 中華圏に浸透する同性婚
  • 中台関係の行方
  • 日米同盟と台湾 海洋安全保障の展望
  • 蔡英文時代の台湾 本土派路線のビジョンと課題
  • ASEANの夜明け アジアハイウエー7000キロルポ
  • 緊張 南シナ海
  • 中央アジア胎動 中国「新シルクロード」と日本の戦略
  • “政熱経熱”の中韓
  • 新QDRと米中軍事バランス
  • 新グレートゲーム・幻想だった中国の平和的台頭
  • 新グレートゲーム・中国南進の海
  • 2017/7/26
  • 2016/9/21
  • 2016/8/17
  • 2016/7/26
  • 2016/6/03
  • 2016/5/31
  • 2016/5/19
  • 2016/3/22
  • 2015/11/18
  • 2015/10/14
  • 2015/9/07
  • 2014/3/31
  • 2014/2/14
  • 2013/4/18
  • ムスリム同胞団とアラブ モハメド・F・ファラハト氏に聞く
  • 多難な年明けのトルコ
  • EUと難民 UNHCRウィーン事務所報道官に聞く
  • ロシアのシリア内戦介入 アルアハラム財団事務局長に聞く
  • 2017/9/01
  • 2016/1/30
  • 2015/12/11
  • 2015/11/13
  • 新閣僚に聞く
  • 第3次改造内閣 信頼回復へ始動
  • ’17首都決戦
  • 施行から70年 憲法改正を問う
  • どうなる「民共協力」 27回共産党大会の焦点
  • 蓮舫民進 疑問の船出
  • 新閣僚に聞く
  • 「立憲主義」について
  • 再改造内閣 始動
  • 安倍政権 新たな挑戦
  • 16参院選 注目区を行く
  • 伊勢志摩サミット
  • 憲法改正 ここが焦点
  • 筆坂元日本共産党ナンバー3と田村自民党政務調査会審議役が対談
  • 第3次安倍改造内閣スタート
  • 詳解 集団的自衛権 安保法制案の合憲性
  • 衆院選 自公圧勝 ~課題と展望~
  • ’14衆院選 注目区を行く
  • 第2次安倍改造内閣スタート
  • 日米首脳会談 成果と課題
  • 2017/9/07
  • 2017/8/06
  • 2017/6/27
  • 2017/4/26
  • 2017/1/09
  • 2016/9/17
  • 2016/9/02
  • 2016/8/22
  • 2016/8/04
  • 2016/7/12
  • 2016/6/30
  • 2016/5/23
  • 2016/4/25
  • 2016/4/04
  • 2015/10/08
  • 2015/8/06
  • 2014/12/16
  • 2014/12/07
  • 2014/9/05
  • 2014/4/26
  • 国防最前線・南西諸島はいま 第2部 自衛隊配備へ動く石垣島
  • 国防最前線・南西諸島はいま 第1部 与那国島・陸自駐屯地
  • 激震・翁長県政 「オール沖縄」の凋落
  • 普天間基地移設 経緯の検証と提言
  • 「援護法」に隠された沖縄戦の真実
  • 2016/10/31
  • 2016/10/12
  • 2016/1/26
  • 2015/10/01
  • 2013/7/08
  • 北朝鮮 制裁の現実
  • どう対処 北の脅威 米有識者に聞く
  • 9年ぶり左派政権 文在寅大統領の韓国
  • 弾劾の波紋 漂流する韓国政治
  • 検証・金正恩統治5年
  • どこへ行く混迷・韓国 国政介入事件の深層
  • どう見る金正恩体制 日韓専門家対談
  • 迎撃ミサイル配備 韓国の決断
  • 3代世襲“完成” 北朝鮮第7回党大会
  • 検証 元料理人 藤本氏の再訪朝
  • 韓国総選挙ショック
  • 日韓国交正常化50年 識者に聞く
  • どうする拉致解決 日朝ストックホルム合意1年
  • 日韓国交正常化50年 「嫌韓」「反日」を越えて
  • 張成沢氏失脚 北で何が起きたか
  • 2017/6/26
  • 2017/5/17
  • 2017/5/11
  • 2017/3/15
  • 2016/12/27
  • 2016/12/05
  • 2016/8/24
  • 2016/7/20
  • 2016/5/10
  • 2016/4/29
  • 2016/4/15
  • 2015/6/22
  • 2015/5/11
  • 2015/2/05
  • 2013/12/10
  • 待ったなし地球温暖化対策
  • 環境先進国フランスの挑戦
  • 迫る気候変動の脅威 どうする大災害への備え
  • 2016/1/02
  • 2015/10/07
  • 2015/9/21
  • 「情報戦争」時代と米国
  • 米軍再建への課題-元上級将校の提言
  • トランプ政権始動
  • トランプ大統領の衝撃 米国と世界はどこに向かう
  • トランプvsヒラリー 米大統領選まで1カ月
  • オバマのLGBT外交 米国と途上国の「文化戦争」
  • トランプVSヒラリー 米大統領選まで3カ月
  • オバマ外交と次期米大統領の課題
  • 2016年米大統領選まで1年
  • 再考 オバマの世界観
  • オバマの対宗教戦争・第1部
  • オバマの対宗教戦争・第2部
  • 2017/4/03
  • 2017/2/28
  • 2017/1/22
  • 2016/11/11
  • 2016/10/08
  • 2016/9/26
  • 2016/8/06
  • 2016/6/14
  • 2015/11/08
  • 2015/7/06
  • 2013/8/05
  • 2013/9/30
  • JAXA宇宙探査計画
  • 2015/12/24
  • 安東 幹
    安東 幹
    共産党問題
    坂東 忠信
    坂東 忠信
    元警視庁北京語通訳捜査官
    古川 光輝
    古川 光輝
    保守国際派
    細川 珠生
    細川 珠生
    政治評論家
    伊勢 雅臣
    伊勢 雅臣
    「国際派日本人養成講座」編集長
    河添 恵子
    河添 恵子
    ノンフィクション作家
    宮本 惇夫
    宮本 惇夫
    企業・経営
    中村 仁
    中村 仁
    元全国紙経済記者
    石平
    石平
    評論家
    宇佐美 典也
    宇佐美 典也
    エネルギーコンサルタント
    長谷川 良 (ウィーン在住)
    長谷川 良 ...
    コンフィデンシャル

    テレビが立憲民主党を推すのはなぜ?

     一か月前まであれだけ小池氏を持ち上げ、希望の党がその名前のように燦々と輝いていましたが、今は見る影もありません。

     その劣勢が伝えられてからマスコミは代わりに立憲民主党を持ち上げるようになってきました。

     「筋を通している」とか「ぶれていない」そして「希望の党には失望したから」などが理由にあげられます。

     でも、その顔ぶれを見てみると、前の民主党政権の顔ぶれと全く一緒で、その政策はもれなく反日政策です。

     ぶれていません、まっすぐに反日です。

     希望の党から入党を排除され、本来はいらないもの、ほおるもん、ホルモンのような存在だったのですが、その逆境を見事にはねのけているようにマスコミでは言っています。

     「野党第一党になるかもしれない」と持ち上げているコメンテーターもいますが、私はそうはならないと思います。

     前にも書きましたが、前原氏が民進党の代表になった時、この党の面々を代表でまとめていくのは難しいと判断したのだと思います。

     前原氏は中途半端ですが、けっして根っからの反日議員ではないと思っています。

     そこで小池氏と手を組んで日本の野党の洗濯をはじめたと思っています。

     するとそこに安倍政権を倒せるかもしれないというマスコミの思惑も働いて小池新党ブームが起き、自分たちが思った以上に波紋を広げたと思っています。

     まさか政権をとるつもりもなかったので、小池氏は首班指名者も考えていなかったのだと考えています。

     ただいつものマスコミの手法で持ち上げるだけ持ち上げてあとはドーンと奈落の底に突き落とすということをしています。

     そして今度は立憲民主党に白羽の矢を立てているだけのことです。

     もし、私が博多駅を歩いていて枝野代表が演説をしますと耳に入ったら時間さえあれば足を止めて聞くでしょう。

     いったいこの人はどんなことを言い出すのだろう、どんな言い訳をするのだろうと興味があるからです。

     でも、絶対に立憲民主党には投票しません。
     
     駅前の大勢の人たちはただ物珍しさのあまり、パンダを見るように集まっている人も大勢いると思います。

     ツィッターを立ち上げ、自民党を抜いたと言われていますが、そのほとんどが実体のないツィッターでした。

     これを一般では「さくら」と言います。

     もし、その場におられた人がいたら、ぜひその様子をお知らせください。

     そもそも立憲民主党ってなんでしょう?

     共産党も「憲法が」「憲法が」と連呼していますが、私はその憲法がおかしいと思っているから共産党の志位委員長の発言が滑稽でなりません。

     立憲民主党も現政権下では変えないし、話し合いもしないと言っているようですが、話し合いというのは民主主義の根本原則ではないでしょうか。

     その人が「民主」という言葉のついた政党を立ち上げるとは矛盾であり、この「民主」というのはあの「民主党」のことだと理解しています。

     現行憲法を読んで、とくにあの前文を読んでこの憲法が今後も祖国のためになる憲法だとあの人たちは本気で思っているのでしょうか。

     そういう憲法ですが、昭和天皇陛下が公布された憲法ですから国民として尊重はしていますが、おかしいところはきちんと変えるなり、全体を作り直す作業を早急にしようというのも憲法の権利だと思っています。

     共産党は自衛隊は「違憲」だと明言しているのでわかりやすいのですが、立憲民主党はそこのところは明言を避けているように思えます。

     阪神淡路大震災や東北大震災であれだけ国民のために粉骨砕身働いた自衛隊をよくのうのうと「違憲」だと言えますね。

     そしてそれを言っている政党を支持する人たちも災害や戦争で自分や自分の家族が危うい目に遭遇したら、一番に「自衛隊は何をやっているのか」と詰め寄るでしょう。
     
     希望の党に入ったにもかかわらず、選挙後には離島をほのめかす候補や自分の政治信条とは違うと堂々と言う人を信用できますか?

     党に所属して選挙を戦うと、資金面や動員や運動員が得られるために選挙がし易くなります。それに比例と重複していたら、選挙区で負けても接戦まで持っていけば復活当選があります。

     無所属であれば、そういう利点はことごとく失われ、孤立無援で自分の知名度と組織だけで戦わなければなりません。

     自分は希望の党という保険をかけておきながら、自分の政治信条とは違う党にいることを明言する人のことを世間一般では「嘘つき」と言います。

     政治にはある程度妥協も必要です。それを繰り返しながらも自分の理想とする政治ができる環境にすることが大物の政治家のすることです。
     
     できもしないことを選挙で言って、当選したら全く目立たない議員はいっぱいいます。それこそ税金泥棒と言われてもおかしくありません。

     左巻きのタイムラインを見ていると、戦略的投票という言葉が飛び交っています。

     個人の選挙区で当選しそうもない共産党候補に入れるより、立憲民主党の候補に票を結集し、比例で共産党と書くことだそうです。

     ここではっきりと一つのことがわかります;

     立憲民主党も共産党も「同じ穴の狢(むじな)」ということが。

     今回の選挙で問われるのはこれから起こりうるだろう未曽有の国難に対処できる政権を選び、それに対処できる憲法を作るということです。
     
     その中には自衛隊が日本国の国軍だということを明確にし、日本の国内法でも「軍隊」と位置付けることです。

     それをするだけでCHINAや北朝鮮は恐れて日本に手が出せなくなります。それによって戦争の足音が遠のくのです。

     安倍政権が大多数をとったら戦争が近くなるというのは「大きな間違い」です。

     安保関連法が制定されたら戦争が近づいたり、徴兵制の話が出てきましたか?

     特定秘密保護法が制定されたら、個人の権利が著しく侵害されましたか?

     改正組織的犯罪防止法ができてから国民の発言の自由は制限されていますか?

     ぜんぶ、反対派である共産党や現立憲民進党の議員のデマです。

     憲法に大きく制約されながら祖国の安全を守っておられる自衛隊の方々や政府の面々を苦労を垣間見ている私としては、少しでも現場に裁量権を持たせて、「専守防衛」というでたらめの言葉の独り歩きによって優秀な自衛官の命が失われることのないようにしなければならないと思っています。

     何度も言いますが、「専守防衛」というのは、日本人が殺されなければ反撃してはならないという国際的には全く無価値な言葉です。どうぞこの言葉の本当の意味を知ってください。

     さすれば、立憲民主党がいかに日本人のためにならない政党であるかがわかると思います。

     私は昨日期日前投票に来ました。

     本日は好天に恵まれています。20時まで期日前投票所も開いているようです。お確かめの上、ぜひ投票に行きましょう。

     その際にはこの候補者に入れることによって大切な祖国のためになるのかを考えてください。

     わたしは日本国民の英知を信じます。


    『井上政典のブログ』より転載
    http://ameblo.jp/rekishinavi/

    13

    コメント

    コメントの書き込み・表示するにはログインが必要です(承認制)。