■連載一覧
  • 衆院選大勝 安倍政権への提言
  • 2017衆院選 国難と選択
  • 北暴走 揺れる韓国
  • どう見る北の脅威
  • 2017/10/25
  • 2017/10/16
  • 2017/9/21
  • 2017/9/19
  • 2016 世界はどう動く-識者に聞く
  • 戦後70年 識者は語る
  • 2015 世界はどう動く-識者に聞く
  • 2014 世界はどう動く
  • 2016/1/04
  • 2015/8/09
  • 2015/1/07
  • 2014/1/06
  • 香港・中国返還20年 「一国二制度」の前途
  • 台湾に吹いた蔡英文旋風
  • ルポ・政権交代の攻防 台湾総統選
  • 二極化する香港 識者インタビュー
  • 香港誌「前哨」編集長 劉達文氏に聞く
  • 「雨傘革命」下の香港 揺れる一国二制度の行方
  • 揺れる香港 各派リーダーに聞く
  • 香港の普選運動 親中派民間団体代表の見方
  • 2017/7/01
  • 2016/1/18
  • 2015/12/26
  • 2015/7/12
  • 2014/11/21
  • 2014/11/14
  • 2014/11/06
  • 2014/7/08
  • 南シナ海 強まる中国支配 安保専門家に聞く
  • ドゥテルテ大統領就任から3カ月 どこへ向かう比政権
  • 香港「自治」の行方 識者に聞く
  • 中華圏に浸透する同性婚
  • 中台関係の行方
  • 日米同盟と台湾 海洋安全保障の展望
  • 蔡英文時代の台湾 本土派路線のビジョンと課題
  • ASEANの夜明け アジアハイウエー7000キロルポ
  • 緊張 南シナ海
  • 中央アジア胎動 中国「新シルクロード」と日本の戦略
  • “政熱経熱”の中韓
  • 新QDRと米中軍事バランス
  • 新グレートゲーム・幻想だった中国の平和的台頭
  • 新グレートゲーム・中国南進の海
  • 2017/7/26
  • 2016/9/21
  • 2016/8/17
  • 2016/7/26
  • 2016/6/03
  • 2016/5/31
  • 2016/5/19
  • 2016/3/22
  • 2015/11/18
  • 2015/10/14
  • 2015/9/07
  • 2014/3/31
  • 2014/2/14
  • 2013/4/18
  • ムスリム同胞団とアラブ モハメド・F・ファラハト氏に聞く
  • 多難な年明けのトルコ
  • EUと難民 UNHCRウィーン事務所報道官に聞く
  • ロシアのシリア内戦介入 アルアハラム財団事務局長に聞く
  • 2017/9/01
  • 2016/1/30
  • 2015/12/11
  • 2015/11/13
  • 新閣僚に聞く
  • 第3次改造内閣 信頼回復へ始動
  • ’17首都決戦
  • 施行から70年 憲法改正を問う
  • どうなる「民共協力」 27回共産党大会の焦点
  • 蓮舫民進 疑問の船出
  • 新閣僚に聞く
  • 「立憲主義」について
  • 再改造内閣 始動
  • 安倍政権 新たな挑戦
  • 16参院選 注目区を行く
  • 伊勢志摩サミット
  • 憲法改正 ここが焦点
  • 筆坂元日本共産党ナンバー3と田村自民党政務調査会審議役が対談
  • 第3次安倍改造内閣スタート
  • 詳解 集団的自衛権 安保法制案の合憲性
  • 衆院選 自公圧勝 ~課題と展望~
  • ’14衆院選 注目区を行く
  • 第2次安倍改造内閣スタート
  • 日米首脳会談 成果と課題
  • 2017/9/07
  • 2017/8/06
  • 2017/6/27
  • 2017/4/26
  • 2017/1/09
  • 2016/9/17
  • 2016/9/02
  • 2016/8/22
  • 2016/8/04
  • 2016/7/12
  • 2016/6/30
  • 2016/5/23
  • 2016/4/25
  • 2016/4/04
  • 2015/10/08
  • 2015/8/06
  • 2014/12/16
  • 2014/12/07
  • 2014/9/05
  • 2014/4/26
  • 国防最前線・南西諸島はいま 第2部 自衛隊配備へ動く石垣島
  • 国防最前線・南西諸島はいま 第1部 与那国島・陸自駐屯地
  • 激震・翁長県政 「オール沖縄」の凋落
  • 普天間基地移設 経緯の検証と提言
  • 「援護法」に隠された沖縄戦の真実
  • 2016/10/31
  • 2016/10/12
  • 2016/1/26
  • 2015/10/01
  • 2013/7/08
  • 北朝鮮 制裁の現実
  • どう対処 北の脅威 米有識者に聞く
  • 9年ぶり左派政権 文在寅大統領の韓国
  • 弾劾の波紋 漂流する韓国政治
  • 検証・金正恩統治5年
  • どこへ行く混迷・韓国 国政介入事件の深層
  • どう見る金正恩体制 日韓専門家対談
  • 迎撃ミサイル配備 韓国の決断
  • 3代世襲“完成” 北朝鮮第7回党大会
  • 検証 元料理人 藤本氏の再訪朝
  • 韓国総選挙ショック
  • 日韓国交正常化50年 識者に聞く
  • どうする拉致解決 日朝ストックホルム合意1年
  • 日韓国交正常化50年 「嫌韓」「反日」を越えて
  • 張成沢氏失脚 北で何が起きたか
  • 2017/6/26
  • 2017/5/17
  • 2017/5/11
  • 2017/3/15
  • 2016/12/27
  • 2016/12/05
  • 2016/8/24
  • 2016/7/20
  • 2016/5/10
  • 2016/4/29
  • 2016/4/15
  • 2015/6/22
  • 2015/5/11
  • 2015/2/05
  • 2013/12/10
  • 待ったなし地球温暖化対策
  • 環境先進国フランスの挑戦
  • 迫る気候変動の脅威 どうする大災害への備え
  • 2016/1/02
  • 2015/10/07
  • 2015/9/21
  • 「情報戦争」時代と米国
  • 米軍再建への課題-元上級将校の提言
  • トランプ政権始動
  • トランプ大統領の衝撃 米国と世界はどこに向かう
  • トランプvsヒラリー 米大統領選まで1カ月
  • オバマのLGBT外交 米国と途上国の「文化戦争」
  • トランプVSヒラリー 米大統領選まで3カ月
  • オバマ外交と次期米大統領の課題
  • 2016年米大統領選まで1年
  • 再考 オバマの世界観
  • オバマの対宗教戦争・第1部
  • オバマの対宗教戦争・第2部
  • 2017/4/03
  • 2017/2/28
  • 2017/1/22
  • 2016/11/11
  • 2016/10/08
  • 2016/9/26
  • 2016/8/06
  • 2016/6/14
  • 2015/11/08
  • 2015/7/06
  • 2013/8/05
  • 2013/9/30
  • JAXA宇宙探査計画
  • 2015/12/24
  • 安東 幹
    安東 幹
    共産党問題
    坂東 忠信
    坂東 忠信
    元警視庁北京語通訳捜査官
    古川 光輝
    古川 光輝
    保守国際派
    細川 珠生
    細川 珠生
    政治評論家
    伊勢 雅臣
    伊勢 雅臣
    「国際派日本人養成講座」編集長
    河添 恵子
    河添 恵子
    ノンフィクション作家
    宮本 惇夫
    宮本 惇夫
    企業・経営
    中村 仁
    中村 仁
    元全国紙経済記者
    石平
    石平
    評論家
    宇佐美 典也
    宇佐美 典也
    エネルギーコンサルタント
    長谷川 良 (ウィーン在住)
    長谷川 良 ...
    コンフィデンシャル

    立憲民主党ではなく、一見民主党?

     私がもし絵が上手だったら、次のような絵を描きます。

     それは民進党と書かれたボロ舟のキングストン弁を前原氏が抜き、水がどんどん入ってきて沈没寸前。
     そこから自分だけは助かろうとする人たちがキラキラの希望の党と書かれた船に乗り移ろうとすると、緑のおばさんが手下の鬼を使って「いいよ」とか「排除」とか選別しています。
     枝野氏が「おおーい、いかだを作ったよ」と言いながら立憲民主党の旗を立ててやってきているという図柄です。

     前原氏がどうして自分でキングストン弁を抜いたのかが後々の謎となるでしょう。本気で民進党の全員が希望の党へ移籍できると思っていたのでしょうか?

     若い時の先輩であった小池百合子氏に何かの弱みを握られているのでしょうか?今回のごたごた劇の主人公は、騙されたお人よしの前原氏だと思っています。

     小池氏はしたたかです。勝負師で、時と場合によっては一時の勝利は得られるでしょうが、継続することはできないと思っています。だから組織運営は人に任し、自分は表舞台で脚光を浴びながら活躍する場を求めているとしか思えません。

     ただ今回の選挙は自民党が圧勝するでしょう。
     
     マスコミが言っているように安倍氏では選挙に不利だと自民党員が思っているようなことはないと思っています。
     
     それを言っているのは自分が当落線上の議員だということを選挙通の方から聞きました。私もそう思います

     マスコミは一所懸命に争点をぼかし、国民の目から本当の危機を当座けています。それは普通の論理的思考をすれば、現在の北朝鮮危機に対応できるのは外交力の傑出した安倍総理しかいないのです。

     これをお読みの反安倍支持者の方、安倍総理に代わる人材が今の時点でいるのかをぜひ教えてください。

     いろんな人にこの質問をするのですが、誰一人として満足な答えが返ってこず、誰一人として名前が上がりません。
     
     野党共闘で安倍政権を終わらせると主張されている方々、終わらせた後はどうするのでしょう?誰もその答えに応えてくれません。

     すぐに選挙期間が始まり、各候補者の演説会が始まるでしょう?

     ぜひ、そこに出かけていって反安倍、そして安倍政権に終止符を主張している候補者に上記の質問をしてみてください。

     きっと誰の名前もあがらず、答えられないと思います。

     よしんば、誰かの名前を上げたら、「その人をアメリカ大統領や各国の首脳たちは信用するのでしょうか?」と聞いてみましょう。

     外交も人間と人間が決めるものです。その信頼関係によって大きく変わってくるのは言うまでもないはずですが、日本のマスコミはあまりにも国内問題だけに傾注しすぎです。

     「今はそんな危機ではないでしょう」というノー天気な人に昨日ラスベガスで起こった乱射事件を見てもそう思うのでしょうか?

     カントリーミュージックの大規模なコンサートがあっていました。日本で言うなら演歌の大御所がずらっと登場する一大イベントのようなものでしょう。

     全米からそれを楽しみにたくさんの老若男女が集まっていました。

     その人たちは戦争が好きな人たちでしょうか?
     
     その人たちはそこに危険があるとわかっていたのでしょうか?

     痛ましくも50名以上殺され、400名以上が負傷した事件の被害者には何の落ち度もありません。無辜の民と言ってもいい人たちでしょう。

     でも、たった一人の狂人のために悲劇に見舞われたのです。

     私はこの狂人を許すことはできませんし、これをおよみの多くの人も同じ思いだと思います。

     いやいや加害者にもいろんな事情があるから、それをよく聞いて考えてあげましょうという人はいますか?もしいたらみんなから袋叩きにあうでしょう。

     でも、それがまかり通っていたのが、今までの日本でした。

     加害者の人権が尊重され、被害者の人権は見向きもされませんでした。光市の母子殺人強姦事件でその矛盾に光が射し、やっと被害者の人権にも光が当たるようになったのです。

     誰かが殺されなければ是正されなかったのです。

     憲法9条は、ここで何度も書いているように誰かが他国からの攻撃で殺されなければ反撃できません。厳密にいえばそう書いていないのですが、それが当たり前のようになっているのが現実です。
     
     それがみんなが当たり前のように使う「専守防衛」です。
     
     それがやっと変えられようとしています。またそれを変えるのが今回の選挙です。あまりにも遅いのです。

     特定秘密保護法や集団的自衛権の行使を認めたことが同盟国アメリカの信用を増し、以前とは比べ物にならないくらいの情報が政府に入ってきています。

     北朝鮮の情報も入ってきているのです。

     それに政府は着々と対処しています。それは日本という国が信用されているだけでなく、日本国の内閣総理大臣である安倍晋三氏がアメリカから信用されているからです。

     韓国も米国の同盟国ですが、文大統領の間抜けな言動により、トランプ大統領は全く信頼していません。

     このままでは、敵と対峙する前線が対馬海峡に移るかもしれません。
     
     韓国ではバスに乗車中の慰安婦像が5体集結していました。何かに変身でもするのでしょうか(笑)

     敵は誰でしょう? 何が脅威なのでしょう?

     韓国も日本のマスコミも分かっているのに、それに対処しようとしません。それはなぜ?

     その意を組んだ人たちが動いているとしか思えません。

     一見民主党?いや立憲民主党に集う面々がそれなりの臭いを発する人たちばかりで、とても分かりやすい構図になると思います。

     ただ、選挙は議員だけで決まるものではありません。下部組織がいかにしっかりしているかどうかで決まります。

     一見民主党?いや立憲民主党の下部組織は、民進党の組織を使うのでしょうか?そうなれば希望の党はそこに民進党から受けれた候補者を擁立すれば面白いですね。

     小池氏の一連の言動が日本の将来にプラスになるのではと思えてきました。

     それは左右混合して、数の少ないけど影響力の強かった左巻き議員とちょっとおとなしめの議員がきれいに選別できそうだからです。

     憲法改正に反対をすれば、希望の党には入れてもらえません。だから今までの主張を変えて希望の党にはいれるようにする候補者も出てくるでしょう。

     その変節漢をきちんと監視して、そういう信用の置けない候補者はできるだけ多く日本の国会から排除すべきなのです。

     枝野氏が立党の記者会見で、希望の党は今まで自分たちが目指してきた理念と違うと言っていましたが、まともな党の綱領も作れなかったのが民進党ではなかったのですか?
     
     ではどういうお国柄を目指しているのかを聞きたいですね。でも、薄っぺらなことしか言えないと思います。なぜなら日本を解体するとか破壊するとか決して表立って言えないからです。

     腐っても民主党なのです。あの3年3か月にわたり日本を混乱に導いた張本人たちの党に期待するのは誰でしょう。

     答えはすぐにわかるでしょう。


    『井上政典のブログ』より転載
    http://ameblo.jp/rekishinavi/

    2

    コメント

    コメントの書き込み・表示するにはログインが必要です(承認制)。