■連載一覧
  • 衆院選大勝 安倍政権への提言
  • 2017衆院選 国難と選択
  • 北暴走 揺れる韓国
  • どう見る北の脅威
  • 2017/10/25
  • 2017/10/16
  • 2017/9/21
  • 2017/9/19
  • 2016 世界はどう動く-識者に聞く
  • 戦後70年 識者は語る
  • 2015 世界はどう動く-識者に聞く
  • 2014 世界はどう動く
  • 2016/1/04
  • 2015/8/09
  • 2015/1/07
  • 2014/1/06
  • 香港・中国返還20年 「一国二制度」の前途
  • 台湾に吹いた蔡英文旋風
  • ルポ・政権交代の攻防 台湾総統選
  • 二極化する香港 識者インタビュー
  • 香港誌「前哨」編集長 劉達文氏に聞く
  • 「雨傘革命」下の香港 揺れる一国二制度の行方
  • 揺れる香港 各派リーダーに聞く
  • 香港の普選運動 親中派民間団体代表の見方
  • 2017/7/01
  • 2016/1/18
  • 2015/12/26
  • 2015/7/12
  • 2014/11/21
  • 2014/11/14
  • 2014/11/06
  • 2014/7/08
  • 南シナ海 強まる中国支配 安保専門家に聞く
  • ドゥテルテ大統領就任から3カ月 どこへ向かう比政権
  • 香港「自治」の行方 識者に聞く
  • 中華圏に浸透する同性婚
  • 中台関係の行方
  • 日米同盟と台湾 海洋安全保障の展望
  • 蔡英文時代の台湾 本土派路線のビジョンと課題
  • ASEANの夜明け アジアハイウエー7000キロルポ
  • 緊張 南シナ海
  • 中央アジア胎動 中国「新シルクロード」と日本の戦略
  • “政熱経熱”の中韓
  • 新QDRと米中軍事バランス
  • 新グレートゲーム・幻想だった中国の平和的台頭
  • 新グレートゲーム・中国南進の海
  • 2017/7/26
  • 2016/9/21
  • 2016/8/17
  • 2016/7/26
  • 2016/6/03
  • 2016/5/31
  • 2016/5/19
  • 2016/3/22
  • 2015/11/18
  • 2015/10/14
  • 2015/9/07
  • 2014/3/31
  • 2014/2/14
  • 2013/4/18
  • ムスリム同胞団とアラブ モハメド・F・ファラハト氏に聞く
  • 多難な年明けのトルコ
  • EUと難民 UNHCRウィーン事務所報道官に聞く
  • ロシアのシリア内戦介入 アルアハラム財団事務局長に聞く
  • 2017/9/01
  • 2016/1/30
  • 2015/12/11
  • 2015/11/13
  • 新閣僚に聞く
  • 第3次改造内閣 信頼回復へ始動
  • ’17首都決戦
  • 施行から70年 憲法改正を問う
  • どうなる「民共協力」 27回共産党大会の焦点
  • 蓮舫民進 疑問の船出
  • 新閣僚に聞く
  • 「立憲主義」について
  • 再改造内閣 始動
  • 安倍政権 新たな挑戦
  • 16参院選 注目区を行く
  • 伊勢志摩サミット
  • 憲法改正 ここが焦点
  • 筆坂元日本共産党ナンバー3と田村自民党政務調査会審議役が対談
  • 第3次安倍改造内閣スタート
  • 詳解 集団的自衛権 安保法制案の合憲性
  • 衆院選 自公圧勝 ~課題と展望~
  • ’14衆院選 注目区を行く
  • 第2次安倍改造内閣スタート
  • 日米首脳会談 成果と課題
  • 2017/9/07
  • 2017/8/06
  • 2017/6/27
  • 2017/4/26
  • 2017/1/09
  • 2016/9/17
  • 2016/9/02
  • 2016/8/22
  • 2016/8/04
  • 2016/7/12
  • 2016/6/30
  • 2016/5/23
  • 2016/4/25
  • 2016/4/04
  • 2015/10/08
  • 2015/8/06
  • 2014/12/16
  • 2014/12/07
  • 2014/9/05
  • 2014/4/26
  • 国防最前線・南西諸島はいま 第2部 自衛隊配備へ動く石垣島
  • 国防最前線・南西諸島はいま 第1部 与那国島・陸自駐屯地
  • 激震・翁長県政 「オール沖縄」の凋落
  • 普天間基地移設 経緯の検証と提言
  • 「援護法」に隠された沖縄戦の真実
  • 2016/10/31
  • 2016/10/12
  • 2016/1/26
  • 2015/10/01
  • 2013/7/08
  • 北朝鮮 制裁の現実
  • どう対処 北の脅威 米有識者に聞く
  • 9年ぶり左派政権 文在寅大統領の韓国
  • 弾劾の波紋 漂流する韓国政治
  • 検証・金正恩統治5年
  • どこへ行く混迷・韓国 国政介入事件の深層
  • どう見る金正恩体制 日韓専門家対談
  • 迎撃ミサイル配備 韓国の決断
  • 3代世襲“完成” 北朝鮮第7回党大会
  • 検証 元料理人 藤本氏の再訪朝
  • 韓国総選挙ショック
  • 日韓国交正常化50年 識者に聞く
  • どうする拉致解決 日朝ストックホルム合意1年
  • 日韓国交正常化50年 「嫌韓」「反日」を越えて
  • 張成沢氏失脚 北で何が起きたか
  • 2017/6/26
  • 2017/5/17
  • 2017/5/11
  • 2017/3/15
  • 2016/12/27
  • 2016/12/05
  • 2016/8/24
  • 2016/7/20
  • 2016/5/10
  • 2016/4/29
  • 2016/4/15
  • 2015/6/22
  • 2015/5/11
  • 2015/2/05
  • 2013/12/10
  • 待ったなし地球温暖化対策
  • 環境先進国フランスの挑戦
  • 迫る気候変動の脅威 どうする大災害への備え
  • 2016/1/02
  • 2015/10/07
  • 2015/9/21
  • 「情報戦争」時代と米国
  • 米軍再建への課題-元上級将校の提言
  • トランプ政権始動
  • トランプ大統領の衝撃 米国と世界はどこに向かう
  • トランプvsヒラリー 米大統領選まで1カ月
  • オバマのLGBT外交 米国と途上国の「文化戦争」
  • トランプVSヒラリー 米大統領選まで3カ月
  • オバマ外交と次期米大統領の課題
  • 2016年米大統領選まで1年
  • 再考 オバマの世界観
  • オバマの対宗教戦争・第1部
  • オバマの対宗教戦争・第2部
  • 2017/4/03
  • 2017/2/28
  • 2017/1/22
  • 2016/11/11
  • 2016/10/08
  • 2016/9/26
  • 2016/8/06
  • 2016/6/14
  • 2015/11/08
  • 2015/7/06
  • 2013/8/05
  • 2013/9/30
  • JAXA宇宙探査計画
  • 2015/12/24
  • 安東 幹
    安東 幹
    共産党問題
    坂東 忠信
    坂東 忠信
    元警視庁北京語通訳捜査官
    古川 光輝
    古川 光輝
    保守国際派
    細川 珠生
    細川 珠生
    政治評論家
    伊勢 雅臣
    伊勢 雅臣
    「国際派日本人養成講座」編集長
    河添 恵子
    河添 恵子
    ノンフィクション作家
    宮本 惇夫
    宮本 惇夫
    企業・経営
    中村 仁
    中村 仁
    元全国紙経済記者
    石平
    石平
    評論家
    宇佐美 典也
    宇佐美 典也
    エネルギーコンサルタント
    長谷川 良 (ウィーン在住)
    長谷川 良 ...
    コンフィデンシャル

    混沌とした時代だからこそ、何が一番大事かを考える。

     連日の小池劇場で電波が乗っ取られています。

     ただ、もうすぐマスコミは小池氏を上げるだけ挙げておいて、ドーンと奈落へ突き落すと思っています。

     それは、小池新党がにっくき安倍政権に終止符を撃てそうだったからですが、しかしこの党も同じ改憲派であることがわかりつつあるからです。

     さらに滑稽なのは民進党の多くの売国奴議員たちが右往左往しています。

     一番茫然自失なのが再選の目を完全に閉ざされた菅直人ではないでしょうか。前回の衆議院選挙で、落選だと思い込んで寝て次の朝起きたら、ゾンビのように比例で最後に復活していました。

     仮にも総理大臣まで務めた人が個人選挙区で落選するなんて私なら恥ずかしくて穴に入れたい、いや失礼、入りたいと思うはず。

     あといろいろ在庫一掃セールをしてほしい売国議員がいるのですが、どう希望の党が選別し、排除するのかを楽しみに見ています。

     でも、今回の選挙の大義を考えなければなりません。

     私と左巻きの人は今日本がおかれている現状の認識が大きく違うように見受けられます。

     前原氏も、民進党の両議院総会で「安倍政治を終わらせるために…」と発言していましたが、終わらせてどうするという所が完全に消えています。

     ある私と反対側にいる人に意見を聞こうと電話したところ、「選挙期間中なので」と質問に答えてくれませんでした。その人が選挙に出るわけでもないし、その人は日ごろから右も左もなく対話をすべきだと主張していた人です。

     安倍政治を終わらせようと主張している彼に、「この国難の時期に、外交で高い手腕のある安倍総理を外して、誰ならこの国難を乗り切れるのか?」という質問でした。
     
     野党や左巻きは相変わらず、モリカケ問題や安倍政治を終わらせるというくだらない言葉遊びに夢中のようです。

     民進党が解党になるまで国民の支持が落ちたのは、目の前の重要な議論をせずに、モリカケ問題のようなただのいちゃもんに大切な国会の議論の時間を浪費させたからというのがまだわからないのでしょうか。

     安倍政権に100%満足しているわけではありませんが、少なくとも外交力に関して、歴代の総理大臣の中でもベスト3に入るのではないでしょうか。

     トランプ大統領ともお友達で、誕生日のケーキを文大統領の目の前でサプライズされるなど、「米国は韓国など相手にしていない、日本が一番の友達だ」とアピールさせ、いざとなったら韓国を切り捨てる可能性があることを示唆しているのではないでしょうか。

     朝鮮戦争時、時の韓国大統領の李承晩はそそくさと都であるソウルを捨て、大勢の人が逃げ遅れているにもかかわらず橋を落として、見殺しにした人です。
     
     彼は李氏朝鮮第14代国王宣祖のように都を民を置き去りにして釜山まで逃げ、大嫌いなはずの日本に亡命しようとしていました。
     
     あまりにも不甲斐ない韓国と韓国軍に業を煮やしたマッカーサーは朝鮮半島に駐留していた日本帝国陸軍の朝鮮方面軍の参謀たちを呼び戻し、計画立案したのが仁川逆上陸でした。

     そうやって血みどろの戦いを繰り広げ、大東亜戦争が正義の戦いとして誇りを持っていましたが、朝鮮戦争は大義なき戦いとして位置づけられています。

     歴史は何度でも繰り返します。米国は韓国は信用できない国だと気付いているのです。

     この期に及んで北朝鮮に人道支援をしようとした文大統領を完全に見限ったのではないかと思わせるトランプ大統領の言動は、安倍総理への信頼とその安倍総理を嫌う韓国への当てつけではないかと類推します。

     その信頼を勝ち取っている安倍総理を今度の選挙で弱体化させることが日本国の国益につながるのでしょうか。はなはだ疑問です。

     外交の最終手段である武力の行使を現行憲法で禁じられている日本として外交手段は最大の解決策であるはず。

     外交は政治家の優劣や人脈などの力量に大きく依存します。

     では、安倍総理以外に誰が現在の国難を外交手腕で乗り切ることができるでしょう。

     これをお読みの反安倍の方は、具体的に政治家の名前を教えてください。

     かつて保守派の月刊誌として名をはせた月刊「日本」も最近は反安倍、反体制の記事ばかり。

     だれがこの国難に日本のかじ取りができるのか具体的な名前を挙げてください。

     反対の反対や議論のための議論ならだれでもできます。

     日本国の総理大臣という地位ならだれでも世界の海千山千の指導者と互角に渡り合えるのでしょうか。

     かつて史上最低と言われる総理大臣の菅直人が習近平国家主席と会談した時はしどろもどろではっきりと役者の核の違いを見せつけられました。これこそ国辱というべき事態でした。

     パフォーマンスが多く風見鶏と言われた中曽根康弘大勲位はサミットの時に仲良しのレーガンのそばに行ってなんとか中央で記念撮影に収まりました。

     でも、安倍総理は伊勢志摩サミットで各国の首脳をセキュリティーの問題があるから警備が大反対したにもかかわらず、伊勢神宮の玉砂利を各国の首脳が並んで20分以上も外を歩かせ、その静寂と畏怖の念あふれる伊勢神宮を体感させました。

     そして当然のように記念撮影の時にはみんなから押されて中央で写真に納まっています。

     これだけ外交上手の安倍総理のほかにこの国難の状況を乗り切ることができる指導者が今の日本にいるでしょうか。

     またいたとしての各国の首脳から信頼を勝ち得るためには時間が必要です。

     もし、今回の選挙で辻本清美や枝野幸雄のような売国奴議員を落選させることができたなら小池劇場も評価せざるを得ません。

     しかし、安倍政権が微動だにすることがあってはなりません。
     
     愛国の士を落選させてはなりません。
     
     福岡二区の鬼木誠議員がんばれ!

     彼は先日青山繁晴参議院議員の応援講演会で愛国の士や同志と何度も呼ばれていました。

     今は北朝鮮状況がどうなるかわからない国難の時期です。

     政府は、難民の検疫制度の整備と、半島からの逃亡者を防ぐためにもビザなし渡航の禁止を一時的にも禁止すべき時期に来ています。

     さらに、日本から半島への渡航も最小限に制限すべき時期が来たと思います。
     
     今は国難の時であるという認識をみんなが持ちましょう。

     さすれば延々とテレビで垂れ流される小池劇場を見ても何とも思わなくなります。どの議員がどの政党がこの国難を乗り切るために必要なのかを見極めましょう。

     これはぜひ大勢の方に読んでいただきたいと思っています。テレビに惑わされることなく、責任がきっちり取れる政党と神社に堂々と参拝する人に投票しましょう。


    『井上政典のブログ』より転載
    http://ameblo.jp/rekishinavi/

    7

    コメント

    コメントの書き込み・表示するにはログインが必要です(承認制)。