■連載一覧
  • 2017衆院選 国難と選択
  • 北暴走 揺れる韓国
  • どう見る北の脅威
  • 新閣僚に聞く
  • 2017/10/16
  • 2017/9/21
  • 2017/9/19
  • 2017/9/07
  • 2016 世界はどう動く-識者に聞く
  • 戦後70年 識者は語る
  • 2015 世界はどう動く-識者に聞く
  • 2014 世界はどう動く
  • 2016/1/04
  • 2015/8/09
  • 2015/1/07
  • 2014/1/06
  • 香港・中国返還20年 「一国二制度」の前途
  • 台湾に吹いた蔡英文旋風
  • ルポ・政権交代の攻防 台湾総統選
  • 二極化する香港 識者インタビュー
  • 香港誌「前哨」編集長 劉達文氏に聞く
  • 「雨傘革命」下の香港 揺れる一国二制度の行方
  • 揺れる香港 各派リーダーに聞く
  • 香港の普選運動 親中派民間団体代表の見方
  • 2017/7/01
  • 2016/1/18
  • 2015/12/26
  • 2015/7/12
  • 2014/11/21
  • 2014/11/14
  • 2014/11/06
  • 2014/7/08
  • 南シナ海 強まる中国支配 安保専門家に聞く
  • ドゥテルテ大統領就任から3カ月 どこへ向かう比政権
  • 香港「自治」の行方 識者に聞く
  • 中華圏に浸透する同性婚
  • 中台関係の行方
  • 日米同盟と台湾 海洋安全保障の展望
  • 蔡英文時代の台湾 本土派路線のビジョンと課題
  • ASEANの夜明け アジアハイウエー7000キロルポ
  • 緊張 南シナ海
  • 中央アジア胎動 中国「新シルクロード」と日本の戦略
  • “政熱経熱”の中韓
  • 新QDRと米中軍事バランス
  • 新グレートゲーム・幻想だった中国の平和的台頭
  • 新グレートゲーム・中国南進の海
  • 2017/7/26
  • 2016/9/21
  • 2016/8/17
  • 2016/7/26
  • 2016/6/03
  • 2016/5/31
  • 2016/5/19
  • 2016/3/22
  • 2015/11/18
  • 2015/10/14
  • 2015/9/07
  • 2014/3/31
  • 2014/2/14
  • 2013/4/18
  • ムスリム同胞団とアラブ モハメド・F・ファラハト氏に聞く
  • 多難な年明けのトルコ
  • EUと難民 UNHCRウィーン事務所報道官に聞く
  • ロシアのシリア内戦介入 アルアハラム財団事務局長に聞く
  • 2017/9/01
  • 2016/1/30
  • 2015/12/11
  • 2015/11/13
  • 第3次改造内閣 信頼回復へ始動
  • ’17首都決戦
  • 施行から70年 憲法改正を問う
  • どうなる「民共協力」 27回共産党大会の焦点
  • 蓮舫民進 疑問の船出
  • 新閣僚に聞く
  • 「立憲主義」について
  • 再改造内閣 始動
  • 安倍政権 新たな挑戦
  • 16参院選 注目区を行く
  • 伊勢志摩サミット
  • 憲法改正 ここが焦点
  • 筆坂元日本共産党ナンバー3と田村自民党政務調査会審議役が対談
  • 第3次安倍改造内閣スタート
  • 詳解 集団的自衛権 安保法制案の合憲性
  • 衆院選 自公圧勝 ~課題と展望~
  • ’14衆院選 注目区を行く
  • 第2次安倍改造内閣スタート
  • 日米首脳会談 成果と課題
  • 2017/8/06
  • 2017/6/27
  • 2017/4/26
  • 2017/1/09
  • 2016/9/17
  • 2016/9/02
  • 2016/8/22
  • 2016/8/04
  • 2016/7/12
  • 2016/6/30
  • 2016/5/23
  • 2016/4/25
  • 2016/4/04
  • 2015/10/08
  • 2015/8/06
  • 2014/12/16
  • 2014/12/07
  • 2014/9/05
  • 2014/4/26
  • 国防最前線・南西諸島はいま 第2部 自衛隊配備へ動く石垣島
  • 国防最前線・南西諸島はいま 第1部 与那国島・陸自駐屯地
  • 激震・翁長県政 「オール沖縄」の凋落
  • 普天間基地移設 経緯の検証と提言
  • 「援護法」に隠された沖縄戦の真実
  • 2016/10/31
  • 2016/10/12
  • 2016/1/26
  • 2015/10/01
  • 2013/7/08
  • 北朝鮮 制裁の現実
  • どう対処 北の脅威 米有識者に聞く
  • 9年ぶり左派政権 文在寅大統領の韓国
  • 弾劾の波紋 漂流する韓国政治
  • 検証・金正恩統治5年
  • どこへ行く混迷・韓国 国政介入事件の深層
  • どう見る金正恩体制 日韓専門家対談
  • 迎撃ミサイル配備 韓国の決断
  • 3代世襲“完成” 北朝鮮第7回党大会
  • 検証 元料理人 藤本氏の再訪朝
  • 韓国総選挙ショック
  • 日韓国交正常化50年 識者に聞く
  • どうする拉致解決 日朝ストックホルム合意1年
  • 日韓国交正常化50年 「嫌韓」「反日」を越えて
  • 張成沢氏失脚 北で何が起きたか
  • 2017/6/26
  • 2017/5/17
  • 2017/5/11
  • 2017/3/15
  • 2016/12/27
  • 2016/12/05
  • 2016/8/24
  • 2016/7/20
  • 2016/5/10
  • 2016/4/29
  • 2016/4/15
  • 2015/6/22
  • 2015/5/11
  • 2015/2/05
  • 2013/12/10
  • 待ったなし地球温暖化対策
  • 環境先進国フランスの挑戦
  • 迫る気候変動の脅威 どうする大災害への備え
  • 2016/1/02
  • 2015/10/07
  • 2015/9/21
  • 「情報戦争」時代と米国
  • 米軍再建への課題-元上級将校の提言
  • トランプ政権始動
  • トランプ大統領の衝撃 米国と世界はどこに向かう
  • トランプvsヒラリー 米大統領選まで1カ月
  • オバマのLGBT外交 米国と途上国の「文化戦争」
  • トランプVSヒラリー 米大統領選まで3カ月
  • オバマ外交と次期米大統領の課題
  • 2016年米大統領選まで1年
  • 再考 オバマの世界観
  • オバマの対宗教戦争・第1部
  • オバマの対宗教戦争・第2部
  • 2017/4/03
  • 2017/2/28
  • 2017/1/22
  • 2016/11/11
  • 2016/10/08
  • 2016/9/26
  • 2016/8/06
  • 2016/6/14
  • 2015/11/08
  • 2015/7/06
  • 2013/8/05
  • 2013/9/30
  • JAXA宇宙探査計画
  • 2015/12/24
  • 安東 幹
    安東 幹
    共産党問題
    坂東 忠信
    坂東 忠信
    元警視庁北京語通訳捜査官
    細川 珠生
    細川 珠生
    政治評論家
    井上 政典
    井上 政典
    歴史ナビゲーター
    伊勢 雅臣
    伊勢 雅臣
    「国際派日本人養成講座」編集長
    河添 恵子
    河添 恵子
    ノンフィクション作家
    宮本 惇夫
    宮本 惇夫
    企業・経営
    中村 仁
    中村 仁
    元全国紙経済記者
    石平
    石平
    評論家
    宇佐美 典也
    宇佐美 典也
    エネルギーコンサルタント
    長谷川 良 (ウィーン在住)
    長谷川 良 ...
    コンフィデンシャル

    安倍首相に忍び寄る数々の試練

     人気、実力ともに政治家として頂点を上り詰めた安倍晋三。長期政権の真っ只中で順調に見えた政権運営も、今となっては厳しい局面を迎えつつある。今後安倍首相を苦しめるものは何なのか。その正体は意外なものであると考える。

    abe

    政党政治はもはや意味が無いものに

     日本の政党政治は現代社会において何とも説明しようがない状況である。保守とリベラルの垣根が曖昧な状況で、政党政治や思想に基づいた政治主張は国民にそっぽを向かれることを政治家達は知っている。「政治家はどうせダメだ」その雰囲気が現在の政治不信を招いたのは言うまでも無い。その結果、維新や都民ファーストなどの台頭を許し、かつての既成政党は力を失った。

     自民党は今でも保守を謳っているが、保守派が一体何なのか、日本の一般の若者(つまり政治に興味のない若者)は知らないだろう。保守派がどのような主張でどのような政策を志しているのか彼らは知らない。民進党はかつて分裂を繰り返し、民主党として一時は政権を担った。中道路線を目指し、自民党に変わりうる政党を目指したが、おそまつな国家運営に国民は愛想を尽かした。今となっては左派、良い呼び方で言えばリベラル一直線の方向へ向かっている。

     かつての政治のように政党別や思想別に支持をしてきた国民は、今の政治状況を見て戸惑っているだろう。中道路線を謳っていた民進党が共産党を組んでみたり、新しい政党が次々に乱立し、国民の選択肢をかえって混乱させているような気さえする。そのなかで安倍首相が行った政治は単純明快なものだった。

    保守回帰に成功したものの…

     安倍首相は2度目の総理就任後、早速経済対策に乗り出した。1度目の総理就任後は「戦後レジームからの脱却」を掲げ、保守派は歓喜に沸いたが、広く国民の共感を得ることはなかった。それを安倍首相はしっかり覚えていたのだろう。本音では「憲法改正」「自衛隊の強化」などをストレートに発信したかったに違いない。しかし国民にその覚悟が備わっていないことも知っていた。そう、まだ日本人全体に憲法改正や国防軍、抑止力の拡大という覚悟がなかったのだ。安倍首相は長期政権の中で時間を掛けてそれらを実現させたいと考えたのだろう。長期政権には高支持率が絶対条件であり、そのために国民受けの良い「アベノミクス」を発動したのだった。

     そのなかで「集団的自衛権の限定容認」や「自衛隊のPKO派遣改正」などを経て、国防や国際貢献という大きなビジョンを国民に理解させようとしてきた。これらは民進党が仮に政権を担っていたとすれば実現することはなく、日本の安全保障の危機は一層深まっていたに違いない。国防体制を万全にすることは政治家として当たり前のことなのだが、「戦後の病」を煩った日本人を説得するのは相当難しい仕事だっただろう。

     この一連の流れは「保守回帰」と見て間違いない。しかし、保守派全ての主張を実現できているかといえば必ずしもそうではない。それはここ最近の東アジアの危機を対処する政府の姿を見れば一目瞭然である。そしてそれが将来的に安倍首相の首を絞める恐れがあることも警告しておきたい。

    北朝鮮の行動が国防の危機なのは間違いない

    msile

     北朝鮮の繰り返される脅威が日本の安全保障を脅かしていることは百も承知である。しかし「国防の危機」といっても国民にはリアリティがないのだ。北朝鮮のミサイルが日本上空を通過したり、その影響でJアラートが警報を出しても、我々はいつもと変わらぬ日常を送っている。これは正直に申し上げて「異常」である。他国のミサイル兵器が自国を飛び越えて、自国の周囲海域に落ちるという事実は普通の国家であれば「戦争行為」として認定するのである。日本はまさに当事者意識が欠落しているのである。

     それは地上波のテレビニュースを見れば明らかで、北朝鮮がミサイルを撃つたびに日本のニュースは、日本が取るべき手段を議論・報道せずに、米国や中国、韓国の動向ばかりを報道している。大事なのは日本がどういう行動取るか、ではないのか?日本は北朝鮮からすれば100%攻撃対象で、あれだけのミサイル性能を見れば容易に日本列島を何発もの核ミサイルで狙うことが可能なのだ。その状況を正しく理解できていない日本メディアは世界への恥さらしである。

     一番最悪な結末は、こうしたマスコミの危機感のない平和ボケ報道のせいで、日本政府や自衛隊が行っている国防政策を正しく報じないまま、国民が北朝鮮問題に無関心のまま日本に攻撃が行われたときだ。日本列島のどこかに北朝鮮のミサイルが着弾したら…。確実に日本国民に犠牲者が出る。その時に初めて大多数の国民とマスコミは国防危機だと騒ぎ、最終的には安倍首相の責任だと騒ぎ立てるだろう。他国による攻撃で自国民に死傷者が出た場合、政治指導者が責任を追及されるのは当然のことである。だからこそ、安倍政権は北の暴発に備え、抑止力とミサイル防衛を徹底しなければならないのだ。手遅れになる前にもっと国防力を上げるべきだろう。

    尖閣問題を放置すれば国民の怒りは安倍首相へ

    shima

     北朝鮮の挑発の影に隠れるように、ここのところほぼ毎日、中国による尖閣諸島周囲への侵略が続いている。天気の悪い日以外はほぼ毎日である。尖閣問題はもはや常態化してしまっている。何度も確認するが尖閣は日本の領土である。どこの国に自分たちの領土が侵されているのに放置する国家があるのだろうか。とても信じられことである。

     この問題も北朝鮮問題と同じように、放置したままでは安倍首相の信任にかかわる問題である。何度も言うが尖閣は日本の領土である。それを中国に平気で侵略されている現状を放置していいわけがない。いつ国民の不満が爆発するかわからないのである。

    人気頼りの政権運営は支持者を失うことに

     安倍首相はそろそろ、自分の支持者を意識したほうが良いだろう。保守派の怒りは溜まりに溜まっている。韓国に勝手なことばかり言わせて、北朝鮮の挑発を止めることができず、中国には尖閣を侵略されている。さらにロシアには北方領土問題でリードされている。これらは保守派を満足させるものだろうか?保守派の理想よりも間逆を行く現状である。

     安倍政権を批判し、デモ行進をする集団は、いわゆる左派・リベラル派だが、いずれ保守派による安倍政権批判デモが行われてもおかしくない。なぜなら安倍首相は国民の保守層の主張を満足に実現していないから。尖閣に関しては特にその兆候が見られ、このまま中国の好き勝手にされたままでは、政権の危機的状況になるだろう。


    「オトナの本格国際政治マガジン JAPAN IN THE WORLD」より転載
    https://japan-in-the-world.themedia.jp/

    4

    コメント

    コメントの書き込み・表示するにはログインが必要です(承認制)。