■連載一覧
  • どう見る北の脅威
  • 新閣僚に聞く
  • ムスリム同胞団とアラブ モハメド・F・ファラハト氏に聞く
  • 第3次改造内閣 信頼回復へ始動
  • 南シナ海 強まる中国支配 安保専門家に聞く
  • 2017/9/19
  • 2017/9/07
  • 2017/9/01
  • 2017/8/06
  • 2017/7/26
  • 2016 世界はどう動く-識者に聞く
  • 戦後70年 識者は語る
  • 2015 世界はどう動く-識者に聞く
  • 2014 世界はどう動く
  • 2016/1/04
  • 2015/8/09
  • 2015/1/07
  • 2014/1/06
  • 香港・中国返還20年 「一国二制度」の前途
  • 台湾に吹いた蔡英文旋風
  • ルポ・政権交代の攻防 台湾総統選
  • 二極化する香港 識者インタビュー
  • 香港誌「前哨」編集長 劉達文氏に聞く
  • 「雨傘革命」下の香港 揺れる一国二制度の行方
  • 揺れる香港 各派リーダーに聞く
  • 香港の普選運動 親中派民間団体代表の見方
  • 2017/7/01
  • 2016/1/18
  • 2015/12/26
  • 2015/7/12
  • 2014/11/21
  • 2014/11/14
  • 2014/11/06
  • 2014/7/08
  • ドゥテルテ大統領就任から3カ月 どこへ向かう比政権
  • 香港「自治」の行方 識者に聞く
  • 中華圏に浸透する同性婚
  • 中台関係の行方
  • 日米同盟と台湾 海洋安全保障の展望
  • 蔡英文時代の台湾 本土派路線のビジョンと課題
  • ASEANの夜明け アジアハイウエー7000キロルポ
  • 緊張 南シナ海
  • 中央アジア胎動 中国「新シルクロード」と日本の戦略
  • “政熱経熱”の中韓
  • 新QDRと米中軍事バランス
  • 新グレートゲーム・幻想だった中国の平和的台頭
  • 新グレートゲーム・中国南進の海
  • 2016/9/21
  • 2016/8/17
  • 2016/7/26
  • 2016/6/03
  • 2016/5/31
  • 2016/5/19
  • 2016/3/22
  • 2015/11/18
  • 2015/10/14
  • 2015/9/07
  • 2014/3/31
  • 2014/2/14
  • 2013/4/18
  • 多難な年明けのトルコ
  • EUと難民 UNHCRウィーン事務所報道官に聞く
  • ロシアのシリア内戦介入 アルアハラム財団事務局長に聞く
  • 2016/1/30
  • 2015/12/11
  • 2015/11/13
  • ’17首都決戦
  • 施行から70年 憲法改正を問う
  • どうなる「民共協力」 27回共産党大会の焦点
  • 蓮舫民進 疑問の船出
  • 新閣僚に聞く
  • 「立憲主義」について
  • 再改造内閣 始動
  • 安倍政権 新たな挑戦
  • 16参院選 注目区を行く
  • 伊勢志摩サミット
  • 憲法改正 ここが焦点
  • 筆坂元日本共産党ナンバー3と田村自民党政務調査会審議役が対談
  • 第3次安倍改造内閣スタート
  • 詳解 集団的自衛権 安保法制案の合憲性
  • 衆院選 自公圧勝 ~課題と展望~
  • ’14衆院選 注目区を行く
  • 第2次安倍改造内閣スタート
  • 日米首脳会談 成果と課題
  • 2017/6/27
  • 2017/4/26
  • 2017/1/09
  • 2016/9/17
  • 2016/9/02
  • 2016/8/22
  • 2016/8/04
  • 2016/7/12
  • 2016/6/30
  • 2016/5/23
  • 2016/4/25
  • 2016/4/04
  • 2015/10/08
  • 2015/8/06
  • 2014/12/16
  • 2014/12/07
  • 2014/9/05
  • 2014/4/26
  • 国防最前線・南西諸島はいま 第2部 自衛隊配備へ動く石垣島
  • 国防最前線・南西諸島はいま 第1部 与那国島・陸自駐屯地
  • 激震・翁長県政 「オール沖縄」の凋落
  • 普天間基地移設 経緯の検証と提言
  • 「援護法」に隠された沖縄戦の真実
  • 2016/10/31
  • 2016/10/12
  • 2016/1/26
  • 2015/10/01
  • 2013/7/08
  • 北朝鮮 制裁の現実
  • どう対処 北の脅威 米有識者に聞く
  • 9年ぶり左派政権 文在寅大統領の韓国
  • 弾劾の波紋 漂流する韓国政治
  • 検証・金正恩統治5年
  • どこへ行く混迷・韓国 国政介入事件の深層
  • どう見る金正恩体制 日韓専門家対談
  • 迎撃ミサイル配備 韓国の決断
  • 3代世襲“完成” 北朝鮮第7回党大会
  • 検証 元料理人 藤本氏の再訪朝
  • 韓国総選挙ショック
  • 日韓国交正常化50年 識者に聞く
  • どうする拉致解決 日朝ストックホルム合意1年
  • 日韓国交正常化50年 「嫌韓」「反日」を越えて
  • 張成沢氏失脚 北で何が起きたか
  • 2017/6/26
  • 2017/5/17
  • 2017/5/11
  • 2017/3/15
  • 2016/12/27
  • 2016/12/05
  • 2016/8/24
  • 2016/7/20
  • 2016/5/10
  • 2016/4/29
  • 2016/4/15
  • 2015/6/22
  • 2015/5/11
  • 2015/2/05
  • 2013/12/10
  • 待ったなし地球温暖化対策
  • 環境先進国フランスの挑戦
  • 迫る気候変動の脅威 どうする大災害への備え
  • 2016/1/02
  • 2015/10/07
  • 2015/9/21
  • 「情報戦争」時代と米国
  • 米軍再建への課題-元上級将校の提言
  • トランプ政権始動
  • トランプ大統領の衝撃 米国と世界はどこに向かう
  • トランプvsヒラリー 米大統領選まで1カ月
  • オバマのLGBT外交 米国と途上国の「文化戦争」
  • トランプVSヒラリー 米大統領選まで3カ月
  • オバマ外交と次期米大統領の課題
  • 2016年米大統領選まで1年
  • 再考 オバマの世界観
  • オバマの対宗教戦争・第1部
  • オバマの対宗教戦争・第2部
  • 2017/4/03
  • 2017/2/28
  • 2017/1/22
  • 2016/11/11
  • 2016/10/08
  • 2016/9/26
  • 2016/8/06
  • 2016/6/14
  • 2015/11/08
  • 2015/7/06
  • 2013/8/05
  • 2013/9/30
  • JAXA宇宙探査計画
  • 2015/12/24
  • 安東 幹
    安東 幹
    共産党問題
    坂東 忠信
    坂東 忠信
    元警視庁北京語通訳捜査官
    古川 光輝
    古川 光輝
    保守国際派
    細川 珠生
    細川 珠生
    政治評論家
    伊勢 雅臣
    伊勢 雅臣
    「国際派日本人養成講座」編集長
    河添 恵子
    河添 恵子
    ノンフィクション作家
    宮本 惇夫
    宮本 惇夫
    企業・経営
    中村 仁
    中村 仁
    元全国紙経済記者
    石平
    石平
    評論家
    宇佐美 典也
    宇佐美 典也
    エネルギーコンサルタント
    長谷川 良 (ウィーン在住)
    長谷川 良 ...
    コンフィデンシャル

    それでも山尾志桜里を擁護する人たちがいる。

     人間の恋愛感情はどこでどうなるものでなく、してはいけない恋があるから文学が発達したという説をなるほどと思っている私は、誰がどんな不倫をしようとあまり関心がありません。

     また男女がくっつこうが別れようが個人の自由なのでそれにもあまり首を突っ込むこともいろんな修羅場を見てきた人間としてあまり関心がありません。

     ただし、そこに子供がいて、その子供が受ける心の傷や将来を考えると自分の欲望だけに流される無責任な大人を許すことができません。

     もし、山尾志桜里議員とその不倫相手が結婚していても両者とも子供がいなかったら、そういうこともあるだろうくらいにしか思えません。

     でも、二人とも子供がいて、家庭というものを持っているのです。

     一般人と違ってその注目度は、片やその舌鋒鋭い追及で注目の政治家、片やテレビに露出しているコメンテーターの弁護士。

     絶好のテレビネタです。

     この山尾志桜里という野党第一党の要職を任されようとした矢先の行動は危機管理能力の欠如としか言いようがありません。

     この二人の関係の怪しさは永田町界隈ではうわさになっており、それこそマスコミだけでなく、与党をはじめ、民進党の中からもその尻尾を捕まえようと虎視眈々と狙っていたと言います。

     それを短期間に言い訳のできないほどの頻度で密会していたら、その危機管理能力と人間性が疑われるのは当然です。

     5歳の子供がいると聞いています。うちの孫と同じくらいの年齢です。
     
     甘えたい盛りでしょう。

     でも、お母さんは野党第一党のエースとして国会で八面六臂の活躍をしている人です。きっとご主人をはじめとして周りの方々がフォローして子供さんをあやしていたことでしょう。

     母親として子供にさみしい思いをさせてもこの国のために一所懸命働いているのならば世の中の人たちも共感を持ち、何とかこの人を応援していこうと大勢の人たちが思っていたはずです。

     でも、この人は見事にみんなを裏切っていました。

     母親のいないさみしさを我慢するわが子まで裏切っていたのです。

     これは看過することができません。

     私の両親も学校の先生として共稼ぎでした。だから、家に帰っても母親がいないさみしさを十分に味わってきています。 

     幼稚園の時もさみしいと思った記憶がありません。

     でも、大きくなって母親から聞かされた話は今思い出しても涙が出てきます。

     それは幼稚園の遠足の時でした。当時はまだ女性の社会進出が珍しいときでほとんどの同級生のお母さんが遠足についてきていました。

     でも、私は先生をはじめとして周りの人のおかげでさみしい記憶がありませんでした。でも、遠足のバスを降りた時に迎えに来てくれた母親を見て抱きつきどっと泣き出したそうです。

     私には記憶がありません。

     でも、母親としてはそれが不憫でならなかったと92歳になる今でも悔やんでいます。

     小学校三年生までは越境して一緒にバスに乗って母親と同じ学校に行っていました。そして母親の担任としての仕事が終わるまで学校の近くの同級生の家に預けられ、母親の仕事が終わるのを待っていました。

     おばあちゃんが可愛がってくれたり、近所や周りの人からたくさんの愛情を貰ったりしていたので、あまり性格的にひん曲がらずにすくすくと育ったと思っています。

     日曜日は母親も休息をとる日だったので、日曜日に家族で出かけたという記憶もあまりありません。

     かといって母親の愛情の薄さなどこれっぽっちも感じたことがありません。たくさんの愛情を私に注いでくれていました。

     自分の時間があるときはできるだけ多くの時間を私に割いてくれていました。子供ながらに母親には仕事や責任があり、そのために頑張っているのだから自分も耐えなければならないと思っていたのでしょう。

     小学校二年生くらいの時に、熱が出て学校に一緒に行けない時がありました。枕元におにぎりを置いて母親は仕事に出かけました。

     小学校のクラスを受け持っていたので、担任がおいそれと休むわけにはいかなかったのです。なぜか、おにぎりの記憶はあります。でも、心細いとかさみしいという記憶はありません。

     お母さんは仕事でがんばっているんだ、自分も頑張ろうと思っていた記憶はありました。

     自分に子供ができ熱を出して苦しんでいる時、仕事に行く時間になると行かないで泣きじゃくるのを見て、心が痛みました。幸い妻は看護師の資格を持ち、家にいたので安心でしたが、親になって初めて子を一人誰もいない家に残して仕事に言った母親の胸の痛みが分かったのです。

     それでも、両親は家族のためにいい暮らしをさせてあげようとお金をため、家を二回も建てました。同級生でもカラーテレビが家に来たのも一番でしたし、夏休みには北海道や東京、そして京都や奈良へ旅行に連れていってもらいました。

     私たちのために母親は一所懸命に働いてくれていると思っていたから私の中にはさみしいと思った記憶がありません。

     でも、この山尾志桜里議員のお子さんはどう思うのでしょう。

     不倫相手の弁護士先生のお子さんはどう思うのでしょう。

     そのことを思うとこの山尾志桜里議員を人として尊敬できません。
      
     そのことを思うとこの山尾志桜里議員にこの日本のかじ取りをゆだねることはできません。

     議員も先生の人間です。
     
     間違いは犯すでしょう。失敗もするでしょう。

     でも、この山尾志桜里議員は自民党の宮崎健介元議員が不倫報道された時に結構きつく追及していました。

     それをみて大勢の女性がこの山尾志桜里議員を女性の見方だと思ったことでしょう。

     改正組織犯罪防止法の審議の時も、元検察官らしく舌鋒鋭く与党の追及をしていました。

     これを見て反安倍の人たちは、自分たちの代弁者と思ったことでしょう。

     テレビでこの山尾志桜里議員の活躍を見て、家族や周りの人たちも自分たちもできる限りの支援をしようと思ったことでしょう。

     でも、この山尾志桜里議員はその人たちを見事に裏切っていたのです。

     そういう自分の一番大切な人たちを裏切る人がいつ何時日本国や国民を裏切るのかと不審に思うのも当然のことですね。

     だから、政治資金に関していい加減な民進党でさえ、これ以上の党勢低迷の原因にしたくないのでさっさと離党届を受理しました。

     ということは民進党としてはこの山尾志桜里議員に対しての詮議は行わないという責任逃れをするのですね。

     前原誠司新代表の船出を幹事長として抜擢し、新体制の目玉にして党勢回復を図ろうとした矢先の出来事です。これは共産党と手を組むのを嫌がっている前原氏への当てつけでしょうか?

     それとも、当選回数の少ない山尾志桜里議員へのやっかみでしょうか?

     どちらでもいいのですが、やはり程度が低い民進党だということを露呈していると思いませんか。多分これで民進党は消えていく運命が加速されたと思います。

     でも、ここで理解できないのが小林よしのりや左巻きの人たちの山尾志桜里議員の擁護です。

     そして口々に「民主主義を守る」と言っています。

     私は以前から時間があると自分とは考えの違う人のタイムラインを見るようにしています。

     この人たちが同じように「民主主義を守る」と言っているのです。

     私から見ればこの反体制の考え方を持つ人たちは売国奴としか思えないのですが、この我が子も家族も支援者も支持者もそして党も裏切った山尾志桜里議員を守ることがどうして「民主主義を守る」事につながるのか理解できません。

     彼らのいう「民主主義」とは「自分たちの主張に合うもの」とした読みようがないのです。

     私たちの言う民主主義とは全くの別物だと思うようになりました。

     彼らの言う「民主主義」を「彼らの主張」という風に置き換えてみるとすごくよく意味が通じます。

     そしてその「彼らの主張」とは大多数の国民の総意ではなく、少数意見なのです。

     私は家庭を壊すことに対しては猛烈に反対します。

     でも、よく考えてみると民進党や共産党の議員たちは、「夫婦別姓」や「一人戸籍」など日本社会が歴史的に守ってきた家族制度を真っ向から否定している人たちばかりです。

     だから、この山尾志桜里議員のように不倫をして家庭を壊すことは自分たちの主張と同じことを指しているのではないかと思うようになりました。

     この山尾志桜里議員の擁護をする人でこの私の意見とは違う意見をお持ちの方は、ぜひその反論をお聞かせください。

     いつものように礼節を持ち、論理だてての反論にはきちんとお答えしたいと思っております。


    『井上政典のブログ』より転載
    http://ameblo.jp/rekishinavi/

    19

    コメント

    コメントの書き込み・表示するにはログインが必要です(承認制)。