■連載一覧
  • 衆院選大勝 安倍政権への提言
  • 2017衆院選 国難と選択
  • 北暴走 揺れる韓国
  • どう見る北の脅威
  • 2017/10/25
  • 2017/10/16
  • 2017/9/21
  • 2017/9/19
  • 2016 世界はどう動く-識者に聞く
  • 戦後70年 識者は語る
  • 2015 世界はどう動く-識者に聞く
  • 2014 世界はどう動く
  • 2016/1/04
  • 2015/8/09
  • 2015/1/07
  • 2014/1/06
  • 香港・中国返還20年 「一国二制度」の前途
  • 台湾に吹いた蔡英文旋風
  • ルポ・政権交代の攻防 台湾総統選
  • 二極化する香港 識者インタビュー
  • 香港誌「前哨」編集長 劉達文氏に聞く
  • 「雨傘革命」下の香港 揺れる一国二制度の行方
  • 揺れる香港 各派リーダーに聞く
  • 香港の普選運動 親中派民間団体代表の見方
  • 2017/7/01
  • 2016/1/18
  • 2015/12/26
  • 2015/7/12
  • 2014/11/21
  • 2014/11/14
  • 2014/11/06
  • 2014/7/08
  • 南シナ海 強まる中国支配 安保専門家に聞く
  • ドゥテルテ大統領就任から3カ月 どこへ向かう比政権
  • 香港「自治」の行方 識者に聞く
  • 中華圏に浸透する同性婚
  • 中台関係の行方
  • 日米同盟と台湾 海洋安全保障の展望
  • 蔡英文時代の台湾 本土派路線のビジョンと課題
  • ASEANの夜明け アジアハイウエー7000キロルポ
  • 緊張 南シナ海
  • 中央アジア胎動 中国「新シルクロード」と日本の戦略
  • “政熱経熱”の中韓
  • 新QDRと米中軍事バランス
  • 新グレートゲーム・幻想だった中国の平和的台頭
  • 新グレートゲーム・中国南進の海
  • 2017/7/26
  • 2016/9/21
  • 2016/8/17
  • 2016/7/26
  • 2016/6/03
  • 2016/5/31
  • 2016/5/19
  • 2016/3/22
  • 2015/11/18
  • 2015/10/14
  • 2015/9/07
  • 2014/3/31
  • 2014/2/14
  • 2013/4/18
  • ムスリム同胞団とアラブ モハメド・F・ファラハト氏に聞く
  • 多難な年明けのトルコ
  • EUと難民 UNHCRウィーン事務所報道官に聞く
  • ロシアのシリア内戦介入 アルアハラム財団事務局長に聞く
  • 2017/9/01
  • 2016/1/30
  • 2015/12/11
  • 2015/11/13
  • 新閣僚に聞く
  • 第3次改造内閣 信頼回復へ始動
  • ’17首都決戦
  • 施行から70年 憲法改正を問う
  • どうなる「民共協力」 27回共産党大会の焦点
  • 蓮舫民進 疑問の船出
  • 新閣僚に聞く
  • 「立憲主義」について
  • 再改造内閣 始動
  • 安倍政権 新たな挑戦
  • 16参院選 注目区を行く
  • 伊勢志摩サミット
  • 憲法改正 ここが焦点
  • 筆坂元日本共産党ナンバー3と田村自民党政務調査会審議役が対談
  • 第3次安倍改造内閣スタート
  • 詳解 集団的自衛権 安保法制案の合憲性
  • 衆院選 自公圧勝 ~課題と展望~
  • ’14衆院選 注目区を行く
  • 第2次安倍改造内閣スタート
  • 日米首脳会談 成果と課題
  • 2017/9/07
  • 2017/8/06
  • 2017/6/27
  • 2017/4/26
  • 2017/1/09
  • 2016/9/17
  • 2016/9/02
  • 2016/8/22
  • 2016/8/04
  • 2016/7/12
  • 2016/6/30
  • 2016/5/23
  • 2016/4/25
  • 2016/4/04
  • 2015/10/08
  • 2015/8/06
  • 2014/12/16
  • 2014/12/07
  • 2014/9/05
  • 2014/4/26
  • 国防最前線・南西諸島はいま 第2部 自衛隊配備へ動く石垣島
  • 国防最前線・南西諸島はいま 第1部 与那国島・陸自駐屯地
  • 激震・翁長県政 「オール沖縄」の凋落
  • 普天間基地移設 経緯の検証と提言
  • 「援護法」に隠された沖縄戦の真実
  • 2016/10/31
  • 2016/10/12
  • 2016/1/26
  • 2015/10/01
  • 2013/7/08
  • 北朝鮮 制裁の現実
  • どう対処 北の脅威 米有識者に聞く
  • 9年ぶり左派政権 文在寅大統領の韓国
  • 弾劾の波紋 漂流する韓国政治
  • 検証・金正恩統治5年
  • どこへ行く混迷・韓国 国政介入事件の深層
  • どう見る金正恩体制 日韓専門家対談
  • 迎撃ミサイル配備 韓国の決断
  • 3代世襲“完成” 北朝鮮第7回党大会
  • 検証 元料理人 藤本氏の再訪朝
  • 韓国総選挙ショック
  • 日韓国交正常化50年 識者に聞く
  • どうする拉致解決 日朝ストックホルム合意1年
  • 日韓国交正常化50年 「嫌韓」「反日」を越えて
  • 張成沢氏失脚 北で何が起きたか
  • 2017/6/26
  • 2017/5/17
  • 2017/5/11
  • 2017/3/15
  • 2016/12/27
  • 2016/12/05
  • 2016/8/24
  • 2016/7/20
  • 2016/5/10
  • 2016/4/29
  • 2016/4/15
  • 2015/6/22
  • 2015/5/11
  • 2015/2/05
  • 2013/12/10
  • 待ったなし地球温暖化対策
  • 環境先進国フランスの挑戦
  • 迫る気候変動の脅威 どうする大災害への備え
  • 2016/1/02
  • 2015/10/07
  • 2015/9/21
  • 「情報戦争」時代と米国
  • 米軍再建への課題-元上級将校の提言
  • トランプ政権始動
  • トランプ大統領の衝撃 米国と世界はどこに向かう
  • トランプvsヒラリー 米大統領選まで1カ月
  • オバマのLGBT外交 米国と途上国の「文化戦争」
  • トランプVSヒラリー 米大統領選まで3カ月
  • オバマ外交と次期米大統領の課題
  • 2016年米大統領選まで1年
  • 再考 オバマの世界観
  • オバマの対宗教戦争・第1部
  • オバマの対宗教戦争・第2部
  • 2017/4/03
  • 2017/2/28
  • 2017/1/22
  • 2016/11/11
  • 2016/10/08
  • 2016/9/26
  • 2016/8/06
  • 2016/6/14
  • 2015/11/08
  • 2015/7/06
  • 2013/8/05
  • 2013/9/30
  • JAXA宇宙探査計画
  • 2015/12/24
  • 安東 幹
    安東 幹
    共産党問題
    坂東 忠信
    坂東 忠信
    元警視庁北京語通訳捜査官
    古川 光輝
    古川 光輝
    保守国際派
    細川 珠生
    細川 珠生
    政治評論家
    伊勢 雅臣
    伊勢 雅臣
    「国際派日本人養成講座」編集長
    河添 恵子
    河添 恵子
    ノンフィクション作家
    宮本 惇夫
    宮本 惇夫
    企業・経営
    中村 仁
    中村 仁
    元全国紙経済記者
    石平
    石平
    評論家
    宇佐美 典也
    宇佐美 典也
    エネルギーコンサルタント
    長谷川 良 (ウィーン在住)
    長谷川 良 ...
    コンフィデンシャル

    民進党は枝野を選んで民主共産党となれ!

     昨日は福岡から数十キロの場所にある飯塚市の友人が本を購入してくれるというので、8冊持っていきました。そこでの講演も依頼されたので、ご当地の神社のことも調べようと納祖八幡宮に行ってみました。

     友人によると1800年近い歴史を誇るこの神社は40年ほど前に金銭問題で境内地を切り売りしたそうで、せっかくの由緒正しい神社の威厳が損なわれていました。

     神職の方にいろいろ質問してもあまり答えることができなかったために、教えていただいた飯塚市歴史資料館を訪問しました。

     すると、そこには戦艦『金剛』の軍艦旗が夏休み特別企画で飾ってあるではありませんか。

     昭和19年11月に台湾沖で潜水艦の攻撃で沈んだのですが、その時の乗組員の方が軍艦旗を体に巻き付け漂流中に中華民国海軍の船に拾われ、後にこの軍艦旗も返還してもらったそうです。

     軍艦旗は何枚も準備されていていつもきれいな16条の日足がたなびくようにしてあるのですが、この軍艦旗は沈没時に掲揚されていた軍艦旗で歴史的にも貴重なものです。

     多くの乗組員の方々が艦と運命をともにされたのでしょうが、「俺たちのことを忘れないでくれよ」と私に語り掛けているような気がしました。

     夏の特別企画ですのでお早めに行かれることをお勧めします。数百の英霊の方々の命の重さを感じます。

     さて今日の本題ですが、あまり国民には関心のない民進党の代表選のことです。

     枝野氏と前原氏の事実上の一騎打ちと言われていますが、これは「左巻き」と「中途半端」の戦いと言えるでしょう。

    枝野幸男氏Twitterより

    枝野幸男氏Twitterより


     多くの議員が民進党を離党した原因は、民進党の共産党化です。

     二大政党制を樹立するという理念に基づいて民主党に加わった議員の思惑とは別に社会党を解雇された党職員が民主党を赤い政党にしてしまった事実がここにきてはっきりとしてきました。

     以前にも書きましたが、民主党結党の際に大勢の弱小化した旧日本社会党の党職員を雇用したために、保守的な考えを盛り込んだ法案の作成を意図しても出てきた法案はしっかりとマルクスレーニン主義の思想が根底にあるものになって出てきたのです。

     それでも始めたものは仕方ないと思っていたようですが、蓮舫代表が共産党との連携をどんどん強化し始めたので、その路線についていけなくなった議員と支持者が離脱しているのです。

     枝野氏が代表になれば、その動きはもっと活発化すると思いますが、その時になって離脱してももう遅いと思います。

     改革と口先だけで唱えても自分の党の改革もできない議員は何も実現できないと思います。

     前原氏も自民党との差をしっかりと見せつけることもできずに中途半端に終わってしまうでしょう。

     もともと民進党の存在意義は薄れに薄れ、無いと言っても過言ではないでしょう。

     それならば、いままで情報弱者を偽善的な笑顔でだましていた左巻きや売国奴がその正体を前面に打ち出し、堂々と国民の審判を仰いだらいいと思っているのは私だけではないでしょう。

     民進党は枝野氏を代表に選び、限りなく共産党に同化して、そして民主共産党として左巻き・売国奴の政党を造ったらいいのです。

     そうすれば自民党との論点を明確になり、森友や加計などで行ったいちゃもんで国会審議を空虚化せずに、日本のためになる政策か、ならない政策が良いのかの国民の判断を仰いだらいいと思います。

     以前民主党が主張していた高速道路の無料化、ガソリン代の低減化などできもしないことを差もできるように主張し、情報弱者をだました責任は何も取らず、自民党政権に責任をとれというのはあまりにも不可解だと思っている日本人は少なくないと思いますというより、多いと思います。

     それならすっきりと日本の國體を根本から変えなければならないと主張し、どれだけの国民の支持がとれるかを実際やってみたらいいと思います。

     天皇陛下に対しての非難はすぐに袋叩き似合うのでほとんど見受けられませんが、その代り東宮とそのお妃に矛先が向けられ、保守派と言われる人たちもそれに乗って見苦しい発言をしている方が見受けられます。

     おかしいのです、臣下は臣下としての発言をすべきであり、ご皇室のことなどに軽々しく口を挟むものではないと考えます。

     ご皇室をはっきりと否定するのが日本共産党であり、民進党がその共産党と手を組むのは共産党と同じになることを意味すると考えられない人たちが党利党略のため、安倍政権憎しという理由で手を取り合うということはその人たちは真剣に日本とは何かという哲学的な考察ができていないということです。

     自分の理念の中に日本とはなにかということを満足にわからない人間が国民の負託に応える責任を持つ議員にはなるべきではないと考えます。

     枝野氏が民進党の代表になった方が、国民に民進党に巣食う議員の正体が明確になってわかりやすくなるでしょう。

     蓮舫をはじめ、辻元や山井などの厚顔無恥な議員が日本国の国会議員として跋扈するのを見るのはもううんざりです。

     彼らが国民を代表してという顔をして政権に突っかかるのももういりません。

     少なくとも私はあんたたちを代表と思っていないのです。

     テレビで顔が売れているからと言ってその人の政治信条や思想の根本になるものを知らずに投票すべきではないと思います。

     今は便利になっています。枝野氏の略歴や交友関係、これまでの発言の記録などをネットで調べればあっという間に出てきます。

     その恐ろしさがわからない人はもっと勉強しましょう。枝野氏が心の奥底にどれだけ恐ろしいものを持っているのかということをわかると思います。

     共産党は世界の各国では非合法な政党と位置付けられているところが数多くあります。
     逆にCHINAや北朝鮮などは一党独裁です。

     つまり、共産党政権になると他の党を容認できずに一党独裁化が進むということです。民主主義の対極にあるのがこの政党です。

     また世界の歴史を見ても共産主義で国民が幸せになった国家はありません。

     それでも一貫して名前を変えずに少数でも一定の支持者を持っている共産党は凄いと思います。

     民進党の残党とくっついて勢力を拡大した共産党がどれだけ日本に悪影響を及ぼすのか、それはかつての民主党政権の比ではありません。

     枝野氏対前原氏、私は枝野氏に勝ってほしいと思っています。

     それによって日本国民の目覚める度合いが早まると確信するからです。


    『井上政典のブログ』より転載
    http://ameblo.jp/rekishinavi/

    10

    コメント

    コメントの書き込み・表示するにはログインが必要です(承認制)。