■連載一覧
  • 北暴走 揺れる韓国
  • どう見る北の脅威
  • 新閣僚に聞く
  • ムスリム同胞団とアラブ モハメド・F・ファラハト氏に聞く
  • 第3次改造内閣 信頼回復へ始動
  • 2017/9/21
  • 2017/9/19
  • 2017/9/07
  • 2017/9/01
  • 2017/8/06
  • 2016 世界はどう動く-識者に聞く
  • 戦後70年 識者は語る
  • 2015 世界はどう動く-識者に聞く
  • 2014 世界はどう動く
  • 2016/1/04
  • 2015/8/09
  • 2015/1/07
  • 2014/1/06
  • 香港・中国返還20年 「一国二制度」の前途
  • 台湾に吹いた蔡英文旋風
  • ルポ・政権交代の攻防 台湾総統選
  • 二極化する香港 識者インタビュー
  • 香港誌「前哨」編集長 劉達文氏に聞く
  • 「雨傘革命」下の香港 揺れる一国二制度の行方
  • 揺れる香港 各派リーダーに聞く
  • 香港の普選運動 親中派民間団体代表の見方
  • 2017/7/01
  • 2016/1/18
  • 2015/12/26
  • 2015/7/12
  • 2014/11/21
  • 2014/11/14
  • 2014/11/06
  • 2014/7/08
  • 南シナ海 強まる中国支配 安保専門家に聞く
  • ドゥテルテ大統領就任から3カ月 どこへ向かう比政権
  • 香港「自治」の行方 識者に聞く
  • 中華圏に浸透する同性婚
  • 中台関係の行方
  • 日米同盟と台湾 海洋安全保障の展望
  • 蔡英文時代の台湾 本土派路線のビジョンと課題
  • ASEANの夜明け アジアハイウエー7000キロルポ
  • 緊張 南シナ海
  • 中央アジア胎動 中国「新シルクロード」と日本の戦略
  • “政熱経熱”の中韓
  • 新QDRと米中軍事バランス
  • 新グレートゲーム・幻想だった中国の平和的台頭
  • 新グレートゲーム・中国南進の海
  • 2017/7/26
  • 2016/9/21
  • 2016/8/17
  • 2016/7/26
  • 2016/6/03
  • 2016/5/31
  • 2016/5/19
  • 2016/3/22
  • 2015/11/18
  • 2015/10/14
  • 2015/9/07
  • 2014/3/31
  • 2014/2/14
  • 2013/4/18
  • 多難な年明けのトルコ
  • EUと難民 UNHCRウィーン事務所報道官に聞く
  • ロシアのシリア内戦介入 アルアハラム財団事務局長に聞く
  • 2016/1/30
  • 2015/12/11
  • 2015/11/13
  • ’17首都決戦
  • 施行から70年 憲法改正を問う
  • どうなる「民共協力」 27回共産党大会の焦点
  • 蓮舫民進 疑問の船出
  • 新閣僚に聞く
  • 「立憲主義」について
  • 再改造内閣 始動
  • 安倍政権 新たな挑戦
  • 16参院選 注目区を行く
  • 伊勢志摩サミット
  • 憲法改正 ここが焦点
  • 筆坂元日本共産党ナンバー3と田村自民党政務調査会審議役が対談
  • 第3次安倍改造内閣スタート
  • 詳解 集団的自衛権 安保法制案の合憲性
  • 衆院選 自公圧勝 ~課題と展望~
  • ’14衆院選 注目区を行く
  • 第2次安倍改造内閣スタート
  • 日米首脳会談 成果と課題
  • 2017/6/27
  • 2017/4/26
  • 2017/1/09
  • 2016/9/17
  • 2016/9/02
  • 2016/8/22
  • 2016/8/04
  • 2016/7/12
  • 2016/6/30
  • 2016/5/23
  • 2016/4/25
  • 2016/4/04
  • 2015/10/08
  • 2015/8/06
  • 2014/12/16
  • 2014/12/07
  • 2014/9/05
  • 2014/4/26
  • 国防最前線・南西諸島はいま 第2部 自衛隊配備へ動く石垣島
  • 国防最前線・南西諸島はいま 第1部 与那国島・陸自駐屯地
  • 激震・翁長県政 「オール沖縄」の凋落
  • 普天間基地移設 経緯の検証と提言
  • 「援護法」に隠された沖縄戦の真実
  • 2016/10/31
  • 2016/10/12
  • 2016/1/26
  • 2015/10/01
  • 2013/7/08
  • 北朝鮮 制裁の現実
  • どう対処 北の脅威 米有識者に聞く
  • 9年ぶり左派政権 文在寅大統領の韓国
  • 弾劾の波紋 漂流する韓国政治
  • 検証・金正恩統治5年
  • どこへ行く混迷・韓国 国政介入事件の深層
  • どう見る金正恩体制 日韓専門家対談
  • 迎撃ミサイル配備 韓国の決断
  • 3代世襲“完成” 北朝鮮第7回党大会
  • 検証 元料理人 藤本氏の再訪朝
  • 韓国総選挙ショック
  • 日韓国交正常化50年 識者に聞く
  • どうする拉致解決 日朝ストックホルム合意1年
  • 日韓国交正常化50年 「嫌韓」「反日」を越えて
  • 張成沢氏失脚 北で何が起きたか
  • 2017/6/26
  • 2017/5/17
  • 2017/5/11
  • 2017/3/15
  • 2016/12/27
  • 2016/12/05
  • 2016/8/24
  • 2016/7/20
  • 2016/5/10
  • 2016/4/29
  • 2016/4/15
  • 2015/6/22
  • 2015/5/11
  • 2015/2/05
  • 2013/12/10
  • 待ったなし地球温暖化対策
  • 環境先進国フランスの挑戦
  • 迫る気候変動の脅威 どうする大災害への備え
  • 2016/1/02
  • 2015/10/07
  • 2015/9/21
  • 「情報戦争」時代と米国
  • 米軍再建への課題-元上級将校の提言
  • トランプ政権始動
  • トランプ大統領の衝撃 米国と世界はどこに向かう
  • トランプvsヒラリー 米大統領選まで1カ月
  • オバマのLGBT外交 米国と途上国の「文化戦争」
  • トランプVSヒラリー 米大統領選まで3カ月
  • オバマ外交と次期米大統領の課題
  • 2016年米大統領選まで1年
  • 再考 オバマの世界観
  • オバマの対宗教戦争・第1部
  • オバマの対宗教戦争・第2部
  • 2017/4/03
  • 2017/2/28
  • 2017/1/22
  • 2016/11/11
  • 2016/10/08
  • 2016/9/26
  • 2016/8/06
  • 2016/6/14
  • 2015/11/08
  • 2015/7/06
  • 2013/8/05
  • 2013/9/30
  • JAXA宇宙探査計画
  • 2015/12/24
  • 安東 幹
    安東 幹
    共産党問題
    坂東 忠信
    坂東 忠信
    元警視庁北京語通訳捜査官
    古川 光輝
    古川 光輝
    保守国際派
    細川 珠生
    細川 珠生
    政治評論家
    伊勢 雅臣
    伊勢 雅臣
    「国際派日本人養成講座」編集長
    河添 恵子
    河添 恵子
    ノンフィクション作家
    宮本 惇夫
    宮本 惇夫
    企業・経営
    中村 仁
    中村 仁
    元全国紙経済記者
    石平
    石平
    評論家
    宇佐美 典也
    宇佐美 典也
    エネルギーコンサルタント
    長谷川 良 (ウィーン在住)
    長谷川 良 ...
    コンフィデンシャル

    「テロ等準備罪」を新設する改正組織犯罪処罰法の可決を歓迎する

     今朝、長い茶番劇の末にテロ等準備罪が可決成立しました。(*当記事は、6月15日に掲載されたものです。)これを歓迎します。

     この法案の可決の瞬間を見ていた組織犯罪者はとても嫌がったと思います。

     みなさんはどうですか?

     私は何も嫌がりはしませんでしたし、何の嫌悪感も持ちませんでした。

     でもいつも思うのですが、野党はどうしてあのような壮大な無駄をするのしょう?

     委員会審議を維新の議員が質問中に問責決議案を提出し、審議を遮り打ち切ったのは野党です。審議が足りないというのならなぜきちんと最後まで論陣を張らなかったのかと問いたい。

     一体国会は何をするところ?

     大昔に社会党が常套手段をしていた牛歩戦術を数人の議員がしてみたり、投票するときに山本太郎のように大声でわめいたり、本当に見るに堪えません。

     本会議の採決に持ち込まれれば数に劣る野党は負けるに決まっているのです。それを本会議の採決に持ち込みやすい環境を作るとは本当にアホとしか言いようがありません。

     この法律の正式名称は「改正組織犯罪処罰法」です。

     なぜかこの法律が可決してからこの正式名称をテレビでは言うようになりました。

     「共謀罪?」「テロ等準備罪?(これは私も使っていました)」

     全くこの法律の本筋を表していない呼称で国民をたぶらかし、かけそばやもりそばでお腹いっぱいにさせて、本来の法律の内容に関心を持たせないようにしたように思えます。

     この法律が可決した時に、いやな顔をした人たちを覚えておいてください。そのうちの何人かが近い将来逮捕されるでしょう。

     山本太郎のように中核派の支援で活動している議員は止めたとたんに逮捕されしまうのではないでしょうか。

     まあ無事成立したのですから、国際犯罪組織が少しでも嫌がり日本を拠点にテロをしようと思わせないことになるのではないでしょうか?

     この法律ですべてのテロが防げるなんてこれっぽっちも思っていません。ただ、すこしでもその可能性が低くなったのは事実です。
     
     そして今まで好き勝手してきた連中が息苦しさを感じるのは当然だと思います。

     いままではいくら準備しても犯罪が行われなければ逮捕もできずにいたのが、組織的犯罪集団が事前に起こそうとしていた事件から一般の国民を守ることが可能になりました。

     そのためには、私たちが周囲に目を配っておかしいところはないかと見張る必要があります。

     この法律を過度に怖がる人によく言うのですが、今まではストーカー被害を受けて警察に届け出ても何もしてもらえませんでした。
     
     でも、ストーカーによる殺人事件が起きてからストーカー規制法ができ、警察が動けるようになり、ある程度の抑止力になったと思います。

     それでも犯罪をゼロにすることはできません。

     この改正組織犯罪処罰法の成立により、テロやサイバー攻撃を準備しているだけで警察が動けるようになり、未然にたくさんの人の被害を防ぐことができるようになっています。

     繰り返しますが、これにより組織犯罪をゼロにすることはできません。

     でも、確実に減らせます。だから野党の面々はあれほど嫌がったのです。
     
     この法律ができたので、加計学園問題はしりすぼみになるでしょう。

     今日の産経新聞に前愛媛県知事がインタビューで、自民党政権でできなかった獣医学部新設を民主党政権になって初めて前進した。あのまま民主党政権が続いていればもうとっくに獣医学部が新設で来ていたと証言されていました。
     
     私立の獣医学部は東日本が8割、西日本は2割にしかないのが現状で、四国四県の知事が揃って獣医学部を西日本に認めてほしいと陳情していたそうです。

     でも、私立の獣医学部を持つ東京の勢力が自民党の議員のパーティ券を買って西日本に獣医学部を作らせないように画策していたとまで書かれていました。

     鳥インフルエンザや口蹄疫の際に専門的知識を持つ獣医学部出身者の採用ができずに定員割れが続き、これらの問題が起きた時に速やかな対応がとれずに困っていたとまで言われていました。
     
     この前知事の主張にマスコミを始め、加計学園の獣医学部新設を問題視していた人たちはどうこたえるのでしょう?
     
     決定前の内部文書が不思議なことに外部に漏れて、それがあったかなかったかをくどくどと言っていましたが、それがどうしたのでしょう?

     決定する前まで日本は民主主義で言論の自由が保障されているので、いろんな意見が出てくるでしょう。

     その一部分だけを切り取って、「おかしい」「不正が働いている」「政治が捻じ曲げられた」といくら言っても何も変わりません。

     本当にくだらない、そして壮大な時間とお金の無駄を野党とマスコミは延々としたのです。

     それによって国民の理解は得られたのか?

     答えは「ノー」です。

     もう「もりそば」と「かけそば」でお腹いっぱいです。

     前川元事務次官はとんだピエロになりました。

     強硬に反対をした議員の支持者たちがこれから戦々恐々として行かねばならないと思いますが、何の組織にも属さず、日本のために活動している私やその仲間は今まで通りのびのびとして行こうと思っております。

     ただ、法律は現在の状況に応じて作られています。

     当然時間がたって経年劣化したり、不具合が生じたりすることもあると思います。

     その時にもう一度この法律を見直せばいいだけです。
      
     私たちはきちんとこの法律が適正に運用されているかを見守らなければなりませんし、それをチェックするのが立法機関である国会、国会議員の仕事だと思っております。

     日本国民のためになるかならないかを判断基準にしっかりと見守っていきましょう。


    「井上政典のブログ」より転載
    http://ameblo.jp/rekishinavi/

    7

    コメント

    コメントの書き込み・表示するにはログインが必要です(承認制)。