■連載一覧
  • どこへ行く混迷・韓国 国政介入事件の深層
  • トランプ大統領の衝撃 米国と世界はどこに向かう
  • 国防最前線・南西諸島はいま 第2部 自衛隊配備へ動く石垣島
  • 国防最前線・南西諸島はいま 第1部 与那国島・陸自駐屯地
  • トランプvsヒラリー 米大統領選まで1カ月
  • 2016/12/05
  • 2016/11/11
  • 2016/10/31
  • 2016/10/12
  • 2016/10/08
  • 2016 世界はどう動く-識者に聞く
  • 戦後70年 識者は語る
  • 2015 世界はどう動く-識者に聞く
  • 2014 世界はどう動く
  • 2016/1/04
  • 2015/8/09
  • 2015/1/07
  • 2014/1/06
  • 台湾に吹いた蔡英文旋風
  • ルポ・政権交代の攻防 台湾総統選
  • 二極化する香港 識者インタビュー
  • 香港誌「前哨」編集長 劉達文氏に聞く
  • 「雨傘革命」下の香港 揺れる一国二制度の行方
  • 揺れる香港 各派リーダーに聞く
  • 香港の普選運動 親中派民間団体代表の見方
  • 2016/1/18
  • 2015/12/26
  • 2015/7/12
  • 2014/11/21
  • 2014/11/14
  • 2014/11/06
  • 2014/7/08
  • ドゥテルテ大統領就任から3カ月 どこへ向かう比政権
  • 香港「自治」の行方 識者に聞く
  • 中華圏に浸透する同性婚
  • 中台関係の行方
  • 日米同盟と台湾 海洋安全保障の展望
  • 蔡英文時代の台湾 本土派路線のビジョンと課題
  • ASEANの夜明け アジアハイウエー7000キロルポ
  • 緊張 南シナ海
  • 中央アジア胎動 中国「新シルクロード」と日本の戦略
  • “政熱経熱”の中韓
  • 新QDRと米中軍事バランス
  • 新グレートゲーム・幻想だった中国の平和的台頭
  • 新グレートゲーム・中国南進の海
  • 2016/9/21
  • 2016/8/17
  • 2016/7/26
  • 2016/6/03
  • 2016/5/31
  • 2016/5/19
  • 2016/3/22
  • 2015/11/18
  • 2015/10/14
  • 2015/9/07
  • 2014/3/31
  • 2014/2/14
  • 2013/4/18
  • 多難な年明けのトルコ
  • EUと難民 UNHCRウィーン事務所報道官に聞く
  • ロシアのシリア内戦介入 アルアハラム財団事務局長に聞く
  • 2016/1/30
  • 2015/12/11
  • 2015/11/13
  • 蓮舫民進 疑問の船出
  • 新閣僚に聞く
  • 「立憲主義」について
  • 再改造内閣 始動
  • 安倍政権 新たな挑戦
  • 16参院選 注目区を行く
  • 伊勢志摩サミット
  • 憲法改正 ここが焦点
  • 筆坂元日本共産党ナンバー3と田村自民党政務調査会審議役が対談
  • 第3次安倍改造内閣スタート
  • 詳解 集団的自衛権 安保法制案の合憲性
  • 衆院選 自公圧勝 ~課題と展望~
  • ’14衆院選 注目区を行く
  • 第2次安倍改造内閣スタート
  • 日米首脳会談 成果と課題
  • 2016/9/17
  • 2016/9/02
  • 2016/8/22
  • 2016/8/04
  • 2016/7/12
  • 2016/6/30
  • 2016/5/23
  • 2016/4/25
  • 2016/4/04
  • 2015/10/08
  • 2015/8/06
  • 2014/12/16
  • 2014/12/07
  • 2014/9/05
  • 2014/4/26
  • 激震・翁長県政 「オール沖縄」の凋落
  • 普天間基地移設 経緯の検証と提言
  • 「援護法」に隠された沖縄戦の真実
  • 2016/1/26
  • 2015/10/01
  • 2013/7/08
  • どう見る金正恩体制 日韓専門家対談
  • 迎撃ミサイル配備 韓国の決断
  • 3代世襲“完成” 北朝鮮第7回党大会
  • 検証 元料理人 藤本氏の再訪朝
  • 韓国総選挙ショック
  • 日韓国交正常化50年 識者に聞く
  • どうする拉致解決 日朝ストックホルム合意1年
  • 日韓国交正常化50年 「嫌韓」「反日」を越えて
  • 張成沢氏失脚 北で何が起きたか
  • 2016/8/24
  • 2016/7/20
  • 2016/5/10
  • 2016/4/29
  • 2016/4/15
  • 2015/6/22
  • 2015/5/11
  • 2015/2/05
  • 2013/12/10
  • 待ったなし地球温暖化対策
  • 環境先進国フランスの挑戦
  • 迫る気候変動の脅威 どうする大災害への備え
  • 2016/1/02
  • 2015/10/07
  • 2015/9/21
  • オバマのLGBT外交 米国と途上国の「文化戦争」
  • トランプVSヒラリー 米大統領選まで3カ月
  • オバマ外交と次期米大統領の課題
  • 2016年米大統領選まで1年
  • 再考 オバマの世界観
  • オバマの対宗教戦争・第1部
  • オバマの対宗教戦争・第2部
  • 2016/9/26
  • 2016/8/06
  • 2016/6/14
  • 2015/11/08
  • 2015/7/06
  • 2013/8/05
  • 2013/9/30
  • JAXA宇宙探査計画
  • 2015/12/24
  • あふれる闘志前面に、萩野公介を変えた「絶対勝つ」

    リオ五輪競泳男子400個メで、萩野が瀬戸破り金

    リオ五輪競泳男子400個メで、萩野が瀬戸破り金

    競泳男子400メートル個人メドレー決勝、優勝しガッツポーズする萩野公介=6日、リオデジャネイロ(AFP=時事)

    リオ五輪競泳男子400個メで、萩野が瀬戸破り金

    競泳男子400メートル個人メドレー決勝、力泳する萩野公介=6日、リオデジャネイロ(時事)

    リオ五輪競泳男子400個メで、萩野が瀬戸破り金

    競泳男子400メートル個人メドレー決勝で力泳する瀬戸大也=6日、リオデジャネイロ(時事)

    リオ五輪競泳男子400個メで、萩野が瀬戸破り金

    競泳男子400メートル個人メドレーで萩野公介選手の金メダル獲得に歓喜する地元の人たち=7日午前、栃木県小山市

    リオ五輪競泳男子400個メで、萩野が瀬戸破り金

    競泳男子400メートル個人メドレー、金メダル獲得し笑顔を見せる萩野公介(左)と銅メダルの瀬戸大也=6日、リオデジャネイロ(AFP=時事)

     苦しい最後の50メートル。がむしゃらにキックを打ってタッチした瞬間、これまでになかった気持ちが萩野にこみ上げた。「僕は一人じゃない」。競泳男子400メートル個人メドレーで、今大会の日本勢最初の金メダル。憧れのフェルプスら、米国勢が長年勝ち続けてきた種目に挑み、ついに頂点に立った。

     決勝では瀬戸、ケイリシュとの自由形勝負になるとみていた。バタフライで前に出た瀬戸を得意の背泳ぎでかわし、200メートルで体一つリード。続く平泳ぎでは力を抑えて、最後の自由形に入った。「もういくしかないと心に決めて泳いだ」。隣のレーンから迫るケイリシュを、力強いストロークで振り切った。大歓声の中、ガッツポーズを突き上げた。

     2012年にロンドン五輪で銅メダルを獲得。東洋大で指導する平井伯昌監督は、さらなる飛躍のため、勝負への意識を変えるよう求めてきた。真面目な努力家だが、あまり本音を明かさない。一人で黙々と練習に打ち込むタイプで、不安があるレースでは、全力を出し切らずに勝負を避けていた。幼い頃からずばぬけた実力で、他の選手ではなくタイムを追いかけてきた萩野。平井監督には、勝つことへの闘志が足りないように見えた。

     昨年、右肘を骨折し、泳げない時期には部のマネジャーを任せ、他の選手のサポートを経験させた。消極的なレースをしたときには、「気持ちで負けるな。お前の弱気が、大也を強くしたんだぞ」と、きつい言葉を受け、萩野は「今は絶対勝つんだという強い気持ちで勝負に臨める」。競技に向き合う姿勢が変わったと感じている。

     レース後は、恩師と長年のライバルへの思いを口にした。「最後は先生に背中を押してもらった。大也とはこれからも勝負していく」。ずしりと重い金メダルを胸に、自分を変えた2人の存在を強調した。(時事)

    ◆   ◇   ◆

    瀬戸大也、最善尽くしたライバル対決、敗れても感謝

     幼い頃から競い合ったライバルと臨んだ夢の舞台。瀬戸は競泳男子400メートル個人メドレーで萩野に完敗を喫した。世界選手権で2連覇しているとはいえ、2度目は萩野不在の大会。相手の強さを認めているからこそ、「ちょっと残念だが、素直に受け止めて喜びたい」。初の五輪で銅メダルを得たことに気持ちを切り替えた。

     簡単に諦めたわけではない。予選でも終盤に流すことはせず、自己ベストを更新。自信を深めて決勝に臨み、最善を尽くした。得意のバタフライで頭一つリード。続く背泳ぎでも粘ったが、後半は疲労もあり、勢いが鈍った。最後の自由形では萩野にもケイリシュにも振り切られた。「まだまだ実力がなかった。疲れちゃいました」。笑顔には、やるべきことはやったという充実感がある。

     幼い頃は萩野に大差をつけられながらも、「いつか勝てる」と信じてきた。「雲の上の存在」だった相手と肩を並べ、先に世界を2度制した。再び差を広げられたが、「公介がいたから、自分はここまで強くなれた」と感謝している。

     レース後は一番にライバルをたたえ、「公介が金メダル取って、すごく幸せ。ロンドン五輪からみっちり4年間、頑張ってきた成果だと思う」。すがすがしさとともに、また追い付こうとする決意が見えた。(時事)

    1

    コメント

    コメントの書き込み・表示するにはログインが必要です(承認制)。