■連載一覧
  • どこへ行く混迷・韓国 国政介入事件の深層
  • トランプ大統領の衝撃 米国と世界はどこに向かう
  • 国防最前線・南西諸島はいま 第2部 自衛隊配備へ動く石垣島
  • 国防最前線・南西諸島はいま 第1部 与那国島・陸自駐屯地
  • トランプvsヒラリー 米大統領選まで1カ月
  • 2016/12/05
  • 2016/11/11
  • 2016/10/31
  • 2016/10/12
  • 2016/10/08
  • 2016 世界はどう動く-識者に聞く
  • 戦後70年 識者は語る
  • 2015 世界はどう動く-識者に聞く
  • 2014 世界はどう動く
  • 2016/1/04
  • 2015/8/09
  • 2015/1/07
  • 2014/1/06
  • 台湾に吹いた蔡英文旋風
  • ルポ・政権交代の攻防 台湾総統選
  • 二極化する香港 識者インタビュー
  • 香港誌「前哨」編集長 劉達文氏に聞く
  • 「雨傘革命」下の香港 揺れる一国二制度の行方
  • 揺れる香港 各派リーダーに聞く
  • 香港の普選運動 親中派民間団体代表の見方
  • 2016/1/18
  • 2015/12/26
  • 2015/7/12
  • 2014/11/21
  • 2014/11/14
  • 2014/11/06
  • 2014/7/08
  • ドゥテルテ大統領就任から3カ月 どこへ向かう比政権
  • 香港「自治」の行方 識者に聞く
  • 中華圏に浸透する同性婚
  • 中台関係の行方
  • 日米同盟と台湾 海洋安全保障の展望
  • 蔡英文時代の台湾 本土派路線のビジョンと課題
  • ASEANの夜明け アジアハイウエー7000キロルポ
  • 緊張 南シナ海
  • 中央アジア胎動 中国「新シルクロード」と日本の戦略
  • “政熱経熱”の中韓
  • 新QDRと米中軍事バランス
  • 新グレートゲーム・幻想だった中国の平和的台頭
  • 新グレートゲーム・中国南進の海
  • 2016/9/21
  • 2016/8/17
  • 2016/7/26
  • 2016/6/03
  • 2016/5/31
  • 2016/5/19
  • 2016/3/22
  • 2015/11/18
  • 2015/10/14
  • 2015/9/07
  • 2014/3/31
  • 2014/2/14
  • 2013/4/18
  • 多難な年明けのトルコ
  • EUと難民 UNHCRウィーン事務所報道官に聞く
  • ロシアのシリア内戦介入 アルアハラム財団事務局長に聞く
  • 2016/1/30
  • 2015/12/11
  • 2015/11/13
  • 蓮舫民進 疑問の船出
  • 新閣僚に聞く
  • 「立憲主義」について
  • 再改造内閣 始動
  • 安倍政権 新たな挑戦
  • 16参院選 注目区を行く
  • 伊勢志摩サミット
  • 憲法改正 ここが焦点
  • 筆坂元日本共産党ナンバー3と田村自民党政務調査会審議役が対談
  • 第3次安倍改造内閣スタート
  • 詳解 集団的自衛権 安保法制案の合憲性
  • 衆院選 自公圧勝 ~課題と展望~
  • ’14衆院選 注目区を行く
  • 第2次安倍改造内閣スタート
  • 日米首脳会談 成果と課題
  • 2016/9/17
  • 2016/9/02
  • 2016/8/22
  • 2016/8/04
  • 2016/7/12
  • 2016/6/30
  • 2016/5/23
  • 2016/4/25
  • 2016/4/04
  • 2015/10/08
  • 2015/8/06
  • 2014/12/16
  • 2014/12/07
  • 2014/9/05
  • 2014/4/26
  • 激震・翁長県政 「オール沖縄」の凋落
  • 普天間基地移設 経緯の検証と提言
  • 「援護法」に隠された沖縄戦の真実
  • 2016/1/26
  • 2015/10/01
  • 2013/7/08
  • どう見る金正恩体制 日韓専門家対談
  • 迎撃ミサイル配備 韓国の決断
  • 3代世襲“完成” 北朝鮮第7回党大会
  • 検証 元料理人 藤本氏の再訪朝
  • 韓国総選挙ショック
  • 日韓国交正常化50年 識者に聞く
  • どうする拉致解決 日朝ストックホルム合意1年
  • 日韓国交正常化50年 「嫌韓」「反日」を越えて
  • 張成沢氏失脚 北で何が起きたか
  • 2016/8/24
  • 2016/7/20
  • 2016/5/10
  • 2016/4/29
  • 2016/4/15
  • 2015/6/22
  • 2015/5/11
  • 2015/2/05
  • 2013/12/10
  • 待ったなし地球温暖化対策
  • 環境先進国フランスの挑戦
  • 迫る気候変動の脅威 どうする大災害への備え
  • 2016/1/02
  • 2015/10/07
  • 2015/9/21
  • オバマのLGBT外交 米国と途上国の「文化戦争」
  • トランプVSヒラリー 米大統領選まで3カ月
  • オバマ外交と次期米大統領の課題
  • 2016年米大統領選まで1年
  • 再考 オバマの世界観
  • オバマの対宗教戦争・第1部
  • オバマの対宗教戦争・第2部
  • 2016/9/26
  • 2016/8/06
  • 2016/6/14
  • 2015/11/08
  • 2015/7/06
  • 2013/8/05
  • 2013/9/30
  • JAXA宇宙探査計画
  • 2015/12/24
  • 「打撃の神様」川上哲治さん逝く

    日本シリーズ9連覇を果たし、ペナントを手に場内一周する川上哲治監督(左手前)ら巨人ナイン=1973年11月1日、東京・後楽園球場

    日本シリーズ9連覇を果たし、ペナントを手に場内一周する川上哲治監督(左手前)ら巨人ナイン=1973年11月1日、東京・後楽園球場

     プロ野球巨人の4番打者として活躍し、監督になって史上最多の9年連続日本一を達成した川上哲治(かわかみ・てつはる)さんが28日午後4時58分、老衰のため東京都内の病院で死去した。93歳だった。熊本県出身。葬儀は近親者で済ませた。親族らが30日、明らかにした。後日、お別れ会を行う予定。

     熊本工業高校時代に春夏計3回甲子園に出場し、1938年に巨人入団。初めは投手だったが、打力を買われて一塁手に転向し、39年に首位打者と打点王を獲得。58年の引退まで「弾丸ライナー」の強打者として活躍し、巨人の黄金時代を築いた。「(打撃練習中に)ボールが止まって見えた」という境地に達して「打撃の神様」とも呼ばれた。

     通算1979試合、7500打数、2351安打、打率3割1分3厘、1319打点、181本塁打。首位打者5回、本塁打王2回、打点王3回。最優秀選手(MVP)にも3回選ばれた。

     引退後2年間ヘッドコーチを務め、61年から監督。「管理野球」を打ち出し、長嶋茂雄、王貞治ら戦力にも恵まれて14年間でセ・リーグ優勝11回、日本シリーズもすべて制した。65年からは、現在も破られていない9年連続日本一を達成した。

     65年に野球殿堂入り。背番号16は巨人の永久欠番。巨人退団後はNHKなどの野球解説者を務め、少年野球の指導にも情熱を注いだ。92年文化功労者。

    名選手かつ名将、努力と一徹の人

     戦前から戦後にかけて、日本のプロ野球史に偉大な足跡を残した川上哲治さんが28日、亡くなった。現役時代は巨人不動の4番打者として活躍し、監督としても「V9」を達成するなど、名選手にして名監督。まさに栄光の野球人生だった。

     一時期、大下弘が青く塗ったバットを、川上さんが赤く塗ったバットを使い、「青バットの大下」「赤バットの川上」と呼ばれた。ともに本塁打を連発してファンを喜ばせたが、天才型の大下に対し、川上さんは努力型だった。

     川上さんは熊本工高時代に甲子園の土を3回踏み、1938年に投手として巨人入りしたが、巨人の本当の狙いは同僚の捕手・吉原だったといわれる。しかし、間もなく打者に転向した川上さんは、低かった評価を猛練習で覆した。毎日1000回もの素振りを欠かさなかったという。

     有名な「ボールが止まって見えた」という打撃開眼のエピソードが生まれたのは30歳になった50年夏ごろのこと。川上さんは、その境地を「雑念を払って、球を打つことだけに精神を集中する。疲れてもなお打つ。没入し切った時、球が見えてきた」と話した。

     打率3割が12回。51年の3割7分7厘は86年にバース(阪神=3割8分9厘)に破られるまで、セ・リーグ記録だった。

     「とことんやれば、おのずと道は開ける」が信条。61年の監督就任後は勝つことに徹底的にこだわり、妥協のないチームづくりに専念した。

     ドジャースを手本に、今では常識となったチームプレーを積極的に取り入れた。投手は先発完投が当たり前といわれた時代に、「8時半の男」宮田征典を抑えの切り札に使ったことでも、先見性を発揮した。

     全てが勝利のため。キャンプで練習に集中させるため、報道陣のグラウンド立ち入りを規制した「哲のカーテン」もその一つ。「石橋をたたいても渡らない」「面白みに欠ける」とも言われたが、考えは曲げなかった。監督の優勝11回は鶴岡一人さん(南海)に並ぶ最多だが、日本シリーズ不敗は、他の追随を許さない。今後も球史に輝き続けるだろう。

    1

    コメント

    コメントの書き込み・表示するにはログインが必要です(承認制)。