■連載一覧
  • 衆院選大勝 安倍政権への提言
  • 2017衆院選 国難と選択
  • 北暴走 揺れる韓国
  • どう見る北の脅威
  • 2017/10/25
  • 2017/10/16
  • 2017/9/21
  • 2017/9/19
  • 2016 世界はどう動く-識者に聞く
  • 戦後70年 識者は語る
  • 2015 世界はどう動く-識者に聞く
  • 2014 世界はどう動く
  • 2016/1/04
  • 2015/8/09
  • 2015/1/07
  • 2014/1/06
  • 香港・中国返還20年 「一国二制度」の前途
  • 台湾に吹いた蔡英文旋風
  • ルポ・政権交代の攻防 台湾総統選
  • 二極化する香港 識者インタビュー
  • 香港誌「前哨」編集長 劉達文氏に聞く
  • 「雨傘革命」下の香港 揺れる一国二制度の行方
  • 揺れる香港 各派リーダーに聞く
  • 香港の普選運動 親中派民間団体代表の見方
  • 2017/7/01
  • 2016/1/18
  • 2015/12/26
  • 2015/7/12
  • 2014/11/21
  • 2014/11/14
  • 2014/11/06
  • 2014/7/08
  • 南シナ海 強まる中国支配 安保専門家に聞く
  • ドゥテルテ大統領就任から3カ月 どこへ向かう比政権
  • 香港「自治」の行方 識者に聞く
  • 中華圏に浸透する同性婚
  • 中台関係の行方
  • 日米同盟と台湾 海洋安全保障の展望
  • 蔡英文時代の台湾 本土派路線のビジョンと課題
  • ASEANの夜明け アジアハイウエー7000キロルポ
  • 緊張 南シナ海
  • 中央アジア胎動 中国「新シルクロード」と日本の戦略
  • “政熱経熱”の中韓
  • 新QDRと米中軍事バランス
  • 新グレートゲーム・幻想だった中国の平和的台頭
  • 新グレートゲーム・中国南進の海
  • 2017/7/26
  • 2016/9/21
  • 2016/8/17
  • 2016/7/26
  • 2016/6/03
  • 2016/5/31
  • 2016/5/19
  • 2016/3/22
  • 2015/11/18
  • 2015/10/14
  • 2015/9/07
  • 2014/3/31
  • 2014/2/14
  • 2013/4/18
  • ムスリム同胞団とアラブ モハメド・F・ファラハト氏に聞く
  • 多難な年明けのトルコ
  • EUと難民 UNHCRウィーン事務所報道官に聞く
  • ロシアのシリア内戦介入 アルアハラム財団事務局長に聞く
  • 2017/9/01
  • 2016/1/30
  • 2015/12/11
  • 2015/11/13
  • 新閣僚に聞く
  • 第3次改造内閣 信頼回復へ始動
  • ’17首都決戦
  • 施行から70年 憲法改正を問う
  • どうなる「民共協力」 27回共産党大会の焦点
  • 蓮舫民進 疑問の船出
  • 新閣僚に聞く
  • 「立憲主義」について
  • 再改造内閣 始動
  • 安倍政権 新たな挑戦
  • 16参院選 注目区を行く
  • 伊勢志摩サミット
  • 憲法改正 ここが焦点
  • 筆坂元日本共産党ナンバー3と田村自民党政務調査会審議役が対談
  • 第3次安倍改造内閣スタート
  • 詳解 集団的自衛権 安保法制案の合憲性
  • 衆院選 自公圧勝 ~課題と展望~
  • ’14衆院選 注目区を行く
  • 第2次安倍改造内閣スタート
  • 日米首脳会談 成果と課題
  • 2017/9/07
  • 2017/8/06
  • 2017/6/27
  • 2017/4/26
  • 2017/1/09
  • 2016/9/17
  • 2016/9/02
  • 2016/8/22
  • 2016/8/04
  • 2016/7/12
  • 2016/6/30
  • 2016/5/23
  • 2016/4/25
  • 2016/4/04
  • 2015/10/08
  • 2015/8/06
  • 2014/12/16
  • 2014/12/07
  • 2014/9/05
  • 2014/4/26
  • 国防最前線・南西諸島はいま 第2部 自衛隊配備へ動く石垣島
  • 国防最前線・南西諸島はいま 第1部 与那国島・陸自駐屯地
  • 激震・翁長県政 「オール沖縄」の凋落
  • 普天間基地移設 経緯の検証と提言
  • 「援護法」に隠された沖縄戦の真実
  • 2016/10/31
  • 2016/10/12
  • 2016/1/26
  • 2015/10/01
  • 2013/7/08
  • 北朝鮮 制裁の現実
  • どう対処 北の脅威 米有識者に聞く
  • 9年ぶり左派政権 文在寅大統領の韓国
  • 弾劾の波紋 漂流する韓国政治
  • 検証・金正恩統治5年
  • どこへ行く混迷・韓国 国政介入事件の深層
  • どう見る金正恩体制 日韓専門家対談
  • 迎撃ミサイル配備 韓国の決断
  • 3代世襲“完成” 北朝鮮第7回党大会
  • 検証 元料理人 藤本氏の再訪朝
  • 韓国総選挙ショック
  • 日韓国交正常化50年 識者に聞く
  • どうする拉致解決 日朝ストックホルム合意1年
  • 日韓国交正常化50年 「嫌韓」「反日」を越えて
  • 張成沢氏失脚 北で何が起きたか
  • 2017/6/26
  • 2017/5/17
  • 2017/5/11
  • 2017/3/15
  • 2016/12/27
  • 2016/12/05
  • 2016/8/24
  • 2016/7/20
  • 2016/5/10
  • 2016/4/29
  • 2016/4/15
  • 2015/6/22
  • 2015/5/11
  • 2015/2/05
  • 2013/12/10
  • 待ったなし地球温暖化対策
  • 環境先進国フランスの挑戦
  • 迫る気候変動の脅威 どうする大災害への備え
  • 2016/1/02
  • 2015/10/07
  • 2015/9/21
  • 「情報戦争」時代と米国
  • 米軍再建への課題-元上級将校の提言
  • トランプ政権始動
  • トランプ大統領の衝撃 米国と世界はどこに向かう
  • トランプvsヒラリー 米大統領選まで1カ月
  • オバマのLGBT外交 米国と途上国の「文化戦争」
  • トランプVSヒラリー 米大統領選まで3カ月
  • オバマ外交と次期米大統領の課題
  • 2016年米大統領選まで1年
  • 再考 オバマの世界観
  • オバマの対宗教戦争・第1部
  • オバマの対宗教戦争・第2部
  • 2017/4/03
  • 2017/2/28
  • 2017/1/22
  • 2016/11/11
  • 2016/10/08
  • 2016/9/26
  • 2016/8/06
  • 2016/6/14
  • 2015/11/08
  • 2015/7/06
  • 2013/8/05
  • 2013/9/30
  • JAXA宇宙探査計画
  • 2015/12/24
  • 若者の生活習慣に潜むわな

    根本 和雄メンタルヘルスカウンセラー 根本 和雄

    セロトニン欠乏症の危機
    よく噛んで偏らぬ食生活を

     昨今の欲望氾濫(はんらん)の世相にあって若者世代の生活習慣の様相は、危機的状況に置かれているのではなかろうか。

     1980年代(昭和55年頃)になって起こった生活環境の急激な変化により、メカ化社会の著しい進展に伴い、家庭用のテレビゲームの普及によって長時間ゲームに依存し続けるという生活スタイルの変貌である。

     それによって、人間らしい生活を司(つかさど)る大脳の「前頭前野」の機能が極端に低下し、衝動的な行為を抑制したり、道徳的な行動を促したりする働きの機能低下に陥った「ゲーム脳」の出現である。この現象は、長時間家に閉じこもり、何時間もゲーム漬けの生活が続くことによってセロトニン神経が退化し、その結果「セロトニン欠乏症」に陥っていることが懸念される。このセロトニン神経の働きを低下させているもう一つの要因が、昼夜逆転の生活習慣である。自然の太陽の恵みがセロトニン神経を活性化させるのである。文部科学省の調査によると、深夜0時以降に就寝している中学生は実に22%、高校生では47%という状況である(2014年11月、調べ)

     このような睡眠時間帯では、セロトニン神経の退化は当然ながら免れないのである。

     朝、網膜から入る太陽の光がセロトニン神経を活性化させ、それによって精神を安定させるし、かつ不安や怒り、気分の低下をコントロールすることができる。つまり、セロトニンは自律神経の働きを整えるのである。しかも、朝(午前中に)太陽の光を30分位浴びるとセロトニンの分泌が増え、睡眠を促すホルモン・メラトニンの元になるので、眠りの質を高めることができる。従って、セロトニンは疲労回復をももたらす効果を高める。

     「セロトニン欠乏症」の主な症状としては、「キレる症状・うつ症状・摂食障害などの食行動の異常」などが出てくる可能性がある。

     さらに近年深刻な問題は、若い世代の自殺である。15~39歳の各年代の死因の第1位が自殺である(平成29年版自殺対策白書)。中でも、2015年の中高生の自殺は343人で前年より31人増で過去(07年以降)最多となり実に憂慮に堪えない。

     これは、国際的に見ても、先進国でこの年代の死因の第1位が自殺になっているのは日本のみで、将来を担う若い世代への対策が今や国策として特に急務という他はない。

     自殺の要因は、実に多種多様な諸要因が複合的に重なりあって生ずることを考えれば、その対策は実に困難という他はないものの“生きることへの希望”“将来への目標”さらには“人生を生きる喜び”“感謝の念”などを一人一人の若者たちと直接対話をしながら深めていく地道な積み重ねが今こそ求められているのではないかと思われてならない。

     それにつけては、日常の基本的な生活習慣の確立が不可欠であることは言うに及ばない。

     中でも、日々感謝の念を抱きつつ「偏らない食生活」の重要性と「食に対する感謝の念」を育むこと。加えて「よく噛む習慣」の確立は重要である。「よく噛(か)む」ことによって脳を刺激し、それによって、セロトニン神経の活性化に結び付き、記憶を司る側頭葉の海馬を働かせることにもなるのである。

     しかも、この「セロトニン」という神経伝達物質を体内で作り出すには、トリプトファン・ビタミンB6・炭水化物の三つの栄養成分が必要である。これら多く含まれているものは、例えばバナナ・アーモンド・くるみ・卵・豆腐や納豆などの大豆製品類、ヨーグルトなど乳製品などである。炭水化物では、玄米・胚芽米やイモ類、ビタミンB6を含んだものでは魚類、中でもカツオで、さらにトリプトファンの含んだものにはゴマなどである。

     つまり、セロトニンは、食物の中に含まれているトリプトファンを材料として作られ、食物の一部として血液の中に入ったトリプトファンが脳の神経の中に入ることになる。

     このように、トリプトファンからセロトニンを合成することができる神経のことを「セロトニン神経」と呼んでいるのである。

     この「セロトニン神経」の働きは、注意を集中し過ぎる行為、つまりある一つのことに極端に没頭する(捉われる)と、例えば「ゲーム脳」になるとセロトニン神経は一時的に活動停止に陥る。これが「セロトニン欠乏症」を加速させるのである。そのためにも、リズミカルに、ものごとに柔軟に、捉われないフレキシビリティー(融通性)のある生き方が求められているのではないかと思う。

     江戸初期禅僧の沢庵宗彭はこう語っている

     “万一もし一所に定めて心を置くならば、一所に取られて用を欠くべきなり”と。

    (「不動智神妙録」)

     大事なことは「一所に心を留める」ことなく融通性のある生き方ではなかろうか。

    (ねもと・かずお)

    1

    コメント

    コメントの書き込み・表示するにはログインが必要です(承認制)。