■連載一覧
  • どこへ行く混迷・韓国 国政介入事件の深層
  • トランプ大統領の衝撃 米国と世界はどこに向かう
  • 国防最前線・南西諸島はいま 第2部 自衛隊配備へ動く石垣島
  • 国防最前線・南西諸島はいま 第1部 与那国島・陸自駐屯地
  • トランプvsヒラリー 米大統領選まで1カ月
  • 2016/12/05
  • 2016/11/11
  • 2016/10/31
  • 2016/10/12
  • 2016/10/08
  • 2016 世界はどう動く-識者に聞く
  • 戦後70年 識者は語る
  • 2015 世界はどう動く-識者に聞く
  • 2014 世界はどう動く
  • 2016/1/04
  • 2015/8/09
  • 2015/1/07
  • 2014/1/06
  • 台湾に吹いた蔡英文旋風
  • ルポ・政権交代の攻防 台湾総統選
  • 二極化する香港 識者インタビュー
  • 香港誌「前哨」編集長 劉達文氏に聞く
  • 「雨傘革命」下の香港 揺れる一国二制度の行方
  • 揺れる香港 各派リーダーに聞く
  • 香港の普選運動 親中派民間団体代表の見方
  • 2016/1/18
  • 2015/12/26
  • 2015/7/12
  • 2014/11/21
  • 2014/11/14
  • 2014/11/06
  • 2014/7/08
  • ドゥテルテ大統領就任から3カ月 どこへ向かう比政権
  • 香港「自治」の行方 識者に聞く
  • 中華圏に浸透する同性婚
  • 中台関係の行方
  • 日米同盟と台湾 海洋安全保障の展望
  • 蔡英文時代の台湾 本土派路線のビジョンと課題
  • ASEANの夜明け アジアハイウエー7000キロルポ
  • 緊張 南シナ海
  • 中央アジア胎動 中国「新シルクロード」と日本の戦略
  • “政熱経熱”の中韓
  • 新QDRと米中軍事バランス
  • 新グレートゲーム・幻想だった中国の平和的台頭
  • 新グレートゲーム・中国南進の海
  • 2016/9/21
  • 2016/8/17
  • 2016/7/26
  • 2016/6/03
  • 2016/5/31
  • 2016/5/19
  • 2016/3/22
  • 2015/11/18
  • 2015/10/14
  • 2015/9/07
  • 2014/3/31
  • 2014/2/14
  • 2013/4/18
  • 多難な年明けのトルコ
  • EUと難民 UNHCRウィーン事務所報道官に聞く
  • ロシアのシリア内戦介入 アルアハラム財団事務局長に聞く
  • 2016/1/30
  • 2015/12/11
  • 2015/11/13
  • 蓮舫民進 疑問の船出
  • 新閣僚に聞く
  • 「立憲主義」について
  • 再改造内閣 始動
  • 安倍政権 新たな挑戦
  • 16参院選 注目区を行く
  • 伊勢志摩サミット
  • 憲法改正 ここが焦点
  • 筆坂元日本共産党ナンバー3と田村自民党政務調査会審議役が対談
  • 第3次安倍改造内閣スタート
  • 詳解 集団的自衛権 安保法制案の合憲性
  • 衆院選 自公圧勝 ~課題と展望~
  • ’14衆院選 注目区を行く
  • 第2次安倍改造内閣スタート
  • 日米首脳会談 成果と課題
  • 2016/9/17
  • 2016/9/02
  • 2016/8/22
  • 2016/8/04
  • 2016/7/12
  • 2016/6/30
  • 2016/5/23
  • 2016/4/25
  • 2016/4/04
  • 2015/10/08
  • 2015/8/06
  • 2014/12/16
  • 2014/12/07
  • 2014/9/05
  • 2014/4/26
  • 激震・翁長県政 「オール沖縄」の凋落
  • 普天間基地移設 経緯の検証と提言
  • 「援護法」に隠された沖縄戦の真実
  • 2016/1/26
  • 2015/10/01
  • 2013/7/08
  • どう見る金正恩体制 日韓専門家対談
  • 迎撃ミサイル配備 韓国の決断
  • 3代世襲“完成” 北朝鮮第7回党大会
  • 検証 元料理人 藤本氏の再訪朝
  • 韓国総選挙ショック
  • 日韓国交正常化50年 識者に聞く
  • どうする拉致解決 日朝ストックホルム合意1年
  • 日韓国交正常化50年 「嫌韓」「反日」を越えて
  • 張成沢氏失脚 北で何が起きたか
  • 2016/8/24
  • 2016/7/20
  • 2016/5/10
  • 2016/4/29
  • 2016/4/15
  • 2015/6/22
  • 2015/5/11
  • 2015/2/05
  • 2013/12/10
  • 待ったなし地球温暖化対策
  • 環境先進国フランスの挑戦
  • 迫る気候変動の脅威 どうする大災害への備え
  • 2016/1/02
  • 2015/10/07
  • 2015/9/21
  • オバマのLGBT外交 米国と途上国の「文化戦争」
  • トランプVSヒラリー 米大統領選まで3カ月
  • オバマ外交と次期米大統領の課題
  • 2016年米大統領選まで1年
  • 再考 オバマの世界観
  • オバマの対宗教戦争・第1部
  • オバマの対宗教戦争・第2部
  • 2016/9/26
  • 2016/8/06
  • 2016/6/14
  • 2015/11/08
  • 2015/7/06
  • 2013/8/05
  • 2013/9/30
  • JAXA宇宙探査計画
  • 2015/12/24
  • 山の日、恩恵に感謝し次世代に継承を

     きょうは山の日である。平成26年に制定され、今年から施行された国民の祝日。

     日本の国土は7割が山地で、各地に名山名峰がある。古くから人々は山の恵みを受け、山を崇(あが)め、山とともに生きてきた。そのような歴史を踏まえ、山の日は「山に親しむ機会を得て、山の恩恵に感謝する」日として制定された。

     記念式典などを開催

     近代アルピニズム発祥の地である長野県松本市上高地では、第1回山の日全国大会の記念式典が開催され、同市内では国際フォーラムも開かれる。上高地は眼前に穂高連峰がそびえ、周囲に森林が広がり、清冽(せいれつ)な梓川が流れている。この類いまれな景観の中で山について考え、語り合うことは意義が深い。

     また特殊切手「山の日制定」シートが発売され、特殊通信日付印(特印)サービスも行われる。特殊切手は各地の代表的な山とそこに生息する動植物を表現しており、大雪山とエゾナキウサギ、岩手山とコマクサ、槍ヶ岳とヤリガタケシジミ、大山とダイセンキスミレ、くじゅう連山とホオアカなど、日本の山々の素晴らしさを感じさせる。

     人はなぜ山に登るのかという問いに、マロリーが「そこに山があるからだ」と答えて有名になった。だが、これは禅問答のようで満足しない人も多い。登山家の今西錦司もその一人で、「山にはよいところがあまりたくさんありすぎて、ひと口にはいい現わせない」と断った上で、「よいところの中に、山の偉大さということのあるのを、見のがしてはならない」(「なぜ山に登るか」)と述べる。その偉大さへの帰依が行動となる時、それが登山だといい、山岳宗教の基礎にもなっていたという。

     心理学者のV・E・フランクルは、ナチスによる強制収容所での体験を記した『夜と霧』の著者として知られているが、彼は生涯、登山家でもあった。「私が拝受した二十七の名誉博士号よりも、アルプスの二つの登山路が初登頂者にちなんで『フランクル登山路(シュタイゲ)』と名付けられたことの方が、私にとって大きな意味があるのではないかと感じるほどなのである」(『フランクル回想録』)。彼は自分の考えをまとめたり、重要な決意や決断をしたりする時、いつも山を散策したという。

     山で決意や決断の重要性を学んだが故に、ナチスの強制収容所生活でも「収容所囚人」にならず、人間としての尊厳を守る人間になる決断を下し続けたのである。

     生物学者でもあった今西は自然の秩序、調和、平衡の中に完全さと永遠性を見ていた。その完全さと永遠性こそ憧れを抱いた理由でもあった。ヨーロッパの岩山と日本の緑豊かな山とでは標高も形状も違うが、自然としての本質は共通している。フランクルも偉大で完全なものの中に身を置いて、判断の是非を検討したのだ。それは山が与えてくれた特別な恩恵である。

     偉大さと尊い価値銘記を

     山の日は、われわれが山の偉大さとその尊い価値について思いを新たにする日である。またそれを傷つけず、汚さず、破壊せず、次世代に継承していくことを深く銘記する日でもある。

    1

    コメント

    コメントの書き込み・表示するにはログインが必要です(承認制)。