■連載一覧
  • トランプ大統領の衝撃 米国と世界はどこに向かう
  • 国防最前線・南西諸島はいま 第2部 自衛隊配備へ動く石垣島
  • 国防最前線・南西諸島はいま 第1部 与那国島・陸自駐屯地
  • トランプvsヒラリー 米大統領選まで1カ月
  • オバマのLGBT外交 米国と途上国の「文化戦争」
  • 2016/11/11
  • 2016/10/31
  • 2016/10/12
  • 2016/10/08
  • 2016/9/26
  • 2016 世界はどう動く-識者に聞く
  • 戦後70年 識者は語る
  • 2015 世界はどう動く-識者に聞く
  • 2014 世界はどう動く
  • 2016/1/04
  • 2015/8/09
  • 2015/1/07
  • 2014/1/06
  • 台湾に吹いた蔡英文旋風
  • ルポ・政権交代の攻防 台湾総統選
  • 二極化する香港 識者インタビュー
  • 香港誌「前哨」編集長 劉達文氏に聞く
  • 「雨傘革命」下の香港 揺れる一国二制度の行方
  • 揺れる香港 各派リーダーに聞く
  • 香港の普選運動 親中派民間団体代表の見方
  • 2016/1/18
  • 2015/12/26
  • 2015/7/12
  • 2014/11/21
  • 2014/11/14
  • 2014/11/06
  • 2014/7/08
  • ドゥテルテ大統領就任から3カ月 どこへ向かう比政権
  • 香港「自治」の行方 識者に聞く
  • 中華圏に浸透する同性婚
  • 中台関係の行方
  • 日米同盟と台湾 海洋安全保障の展望
  • 蔡英文時代の台湾 本土派路線のビジョンと課題
  • ASEANの夜明け アジアハイウエー7000キロルポ
  • 緊張 南シナ海
  • 中央アジア胎動 中国「新シルクロード」と日本の戦略
  • “政熱経熱”の中韓
  • 新QDRと米中軍事バランス
  • 新グレートゲーム・幻想だった中国の平和的台頭
  • 新グレートゲーム・中国南進の海
  • 2016/9/21
  • 2016/8/17
  • 2016/7/26
  • 2016/6/03
  • 2016/5/31
  • 2016/5/19
  • 2016/3/22
  • 2015/11/18
  • 2015/10/14
  • 2015/9/07
  • 2014/3/31
  • 2014/2/14
  • 2013/4/18
  • 多難な年明けのトルコ
  • EUと難民 UNHCRウィーン事務所報道官に聞く
  • ロシアのシリア内戦介入 アルアハラム財団事務局長に聞く
  • 2016/1/30
  • 2015/12/11
  • 2015/11/13
  • 蓮舫民進 疑問の船出
  • 新閣僚に聞く
  • 「立憲主義」について
  • 再改造内閣 始動
  • 安倍政権 新たな挑戦
  • 16参院選 注目区を行く
  • 伊勢志摩サミット
  • 憲法改正 ここが焦点
  • 筆坂元日本共産党ナンバー3と田村自民党政務調査会審議役が対談
  • 第3次安倍改造内閣スタート
  • 詳解 集団的自衛権 安保法制案の合憲性
  • 衆院選 自公圧勝 ~課題と展望~
  • ’14衆院選 注目区を行く
  • 第2次安倍改造内閣スタート
  • 日米首脳会談 成果と課題
  • 2016/9/17
  • 2016/9/02
  • 2016/8/22
  • 2016/8/04
  • 2016/7/12
  • 2016/6/30
  • 2016/5/23
  • 2016/4/25
  • 2016/4/04
  • 2015/10/08
  • 2015/8/06
  • 2014/12/16
  • 2014/12/07
  • 2014/9/05
  • 2014/4/26
  • 激震・翁長県政 「オール沖縄」の凋落
  • 普天間基地移設 経緯の検証と提言
  • 「援護法」に隠された沖縄戦の真実
  • 2016/1/26
  • 2015/10/01
  • 2013/7/08
  • どう見る金正恩体制 日韓専門家対談
  • 迎撃ミサイル配備 韓国の決断
  • 3代世襲“完成” 北朝鮮第7回党大会
  • 検証 元料理人 藤本氏の再訪朝
  • 韓国総選挙ショック
  • 日韓国交正常化50年 識者に聞く
  • どうする拉致解決 日朝ストックホルム合意1年
  • 日韓国交正常化50年 「嫌韓」「反日」を越えて
  • 張成沢氏失脚 北で何が起きたか
  • 2016/8/24
  • 2016/7/20
  • 2016/5/10
  • 2016/4/29
  • 2016/4/15
  • 2015/6/22
  • 2015/5/11
  • 2015/2/05
  • 2013/12/10
  • 待ったなし地球温暖化対策
  • 環境先進国フランスの挑戦
  • 迫る気候変動の脅威 どうする大災害への備え
  • 2016/1/02
  • 2015/10/07
  • 2015/9/21
  • トランプVSヒラリー 米大統領選まで3カ月
  • オバマ外交と次期米大統領の課題
  • 2016年米大統領選まで1年
  • 再考 オバマの世界観
  • オバマの対宗教戦争・第1部
  • オバマの対宗教戦争・第2部
  • 2016/8/06
  • 2016/6/14
  • 2015/11/08
  • 2015/7/06
  • 2013/8/05
  • 2013/9/30
  • JAXA宇宙探査計画
  • 2015/12/24
  • 15年の日本、未来への展望を開いた1年

     いま東映系で公開中の日土合作映画「海難1890」は二つの史実に基づいた日本とトルコの名もなき人々の素朴な善意を描いている。

     安保関連法が9月に成立

     昭和60(1985)年3月、イラン・イラク戦争下のテヘラン空港に欧米各国は自国民の帰国救援に軍用機や民間機を差し向けた。しかし、日本は民間機を手配できず、自衛隊機も憲法の制約で飛べなかった。テヘラン空港で帰国便のあてがつかず立ち往生する日本人200人余に、救いの手を差し伸べたのはトルコの救援機の座席を譲ってくれたトルコの人々であった。

     映画の半分はこの友好・友情のエピソードを綴るのであるが、私たちは感動からさらに思索を深めて教訓を得なければならない。なぜ、自衛隊が自国民救援に出動できなかったのか? 9月の「関東・東北豪雨(茨城などで8人死亡)」(今年の本紙国内10大ニュース第10位)で、堤防決壊の豪雨による死者が8人ですんだのは、自衛隊の何十人もの命を救う救助活動のおかげだ。そのようにテヘラン空港へはなぜ、飛べなかったのか。

     そうした憲法上の制約を取り除き、米国との同盟関係を強化・深化させて国民の命を守れるようにしたのが9月の「安全保障関連法が成立」(同第1位)である。「戦争法案」だとするプロパガンダに与するメディアの影響で論争を呼んだが、「平和安保法」の成立でようやく日本も普通の国に近づいた。「TPP交渉が大筋合意」(第4位)とともに、国際社会で日本は世界の安定と平和、経済成長と繁栄に貢献しなければならないのである。

     「両陛下、戦後70年でパラオ御訪問」(第2位)、「安倍首相が戦後70年談話発表、米議会両院合同会議で初演説」(第6位)、年末に飛び込んできた「『慰安婦』日韓合意/『最終、不可逆的』を確認」(第7位)は戦後70年の節目の年に実った意義深いニュースと言える。今年が未来への展望を開く1年であったことを改めて印象付けた。

     また、最高裁が「夫婦同姓規定は合憲、再婚禁止100日超は違憲」(第8位)とした判断は、近来の風潮に流されることなく家族制度の意義を積極的に認めたもので大いに評価したい。

     科学とスポーツでもニュースが世の中を明るくした。昨年の日本人3氏に続いて今年も「ノーベル賞に大村、梶田両氏」(第3位)が輝いた。「『あかつき』金星周回軌道に投入成功」(第10位)や初の商業衛星打ち上げ成功、探査機「はやぶさ2」の小惑星への針路向け成功などもある。スポーツでは新国立競技場問題(7月)、エンブレム白紙撤回(9月)など「2020東京五輪の準備でゴタゴタ」(第9位)した一方で、「日本人アスリートの大活躍」(第10位)があった。ラグビーW杯で日本が南アフリカを破るなど3勝。体操やバドミントンでも日本人選手や団体が世界の頂点に立った。

     社会の劣化示す不祥事

     一方で、東芝の不正会計や横浜市のマンション傾斜で発覚した基礎工事のデータ改竄など「相次いだ企業不祥事」(第5位)は、ものづくりを誇った日本社会の劣化を示す深刻な問題を提起しているのである。

    (12月31日付社説)

    0

    コメント

    コメントの書き込み・表示するにはログインが必要です(承認制)。