■連載一覧
  • トランプ大統領の衝撃 米国と世界はどこに向かう
  • 国防最前線・南西諸島はいま 第2部 自衛隊配備へ動く石垣島
  • 国防最前線・南西諸島はいま 第1部 与那国島・陸自駐屯地
  • トランプvsヒラリー 米大統領選まで1カ月
  • オバマのLGBT外交 米国と途上国の「文化戦争」
  • 2016/11/11
  • 2016/10/31
  • 2016/10/12
  • 2016/10/08
  • 2016/9/26
  • 2016 世界はどう動く-識者に聞く
  • 戦後70年 識者は語る
  • 2015 世界はどう動く-識者に聞く
  • 2014 世界はどう動く
  • 2016/1/04
  • 2015/8/09
  • 2015/1/07
  • 2014/1/06
  • 台湾に吹いた蔡英文旋風
  • ルポ・政権交代の攻防 台湾総統選
  • 二極化する香港 識者インタビュー
  • 香港誌「前哨」編集長 劉達文氏に聞く
  • 「雨傘革命」下の香港 揺れる一国二制度の行方
  • 揺れる香港 各派リーダーに聞く
  • 香港の普選運動 親中派民間団体代表の見方
  • 2016/1/18
  • 2015/12/26
  • 2015/7/12
  • 2014/11/21
  • 2014/11/14
  • 2014/11/06
  • 2014/7/08
  • ドゥテルテ大統領就任から3カ月 どこへ向かう比政権
  • 香港「自治」の行方 識者に聞く
  • 中華圏に浸透する同性婚
  • 中台関係の行方
  • 日米同盟と台湾 海洋安全保障の展望
  • 蔡英文時代の台湾 本土派路線のビジョンと課題
  • ASEANの夜明け アジアハイウエー7000キロルポ
  • 緊張 南シナ海
  • 中央アジア胎動 中国「新シルクロード」と日本の戦略
  • “政熱経熱”の中韓
  • 新QDRと米中軍事バランス
  • 新グレートゲーム・幻想だった中国の平和的台頭
  • 新グレートゲーム・中国南進の海
  • 2016/9/21
  • 2016/8/17
  • 2016/7/26
  • 2016/6/03
  • 2016/5/31
  • 2016/5/19
  • 2016/3/22
  • 2015/11/18
  • 2015/10/14
  • 2015/9/07
  • 2014/3/31
  • 2014/2/14
  • 2013/4/18
  • 多難な年明けのトルコ
  • EUと難民 UNHCRウィーン事務所報道官に聞く
  • ロシアのシリア内戦介入 アルアハラム財団事務局長に聞く
  • 2016/1/30
  • 2015/12/11
  • 2015/11/13
  • 蓮舫民進 疑問の船出
  • 新閣僚に聞く
  • 「立憲主義」について
  • 再改造内閣 始動
  • 安倍政権 新たな挑戦
  • 16参院選 注目区を行く
  • 伊勢志摩サミット
  • 憲法改正 ここが焦点
  • 筆坂元日本共産党ナンバー3と田村自民党政務調査会審議役が対談
  • 第3次安倍改造内閣スタート
  • 詳解 集団的自衛権 安保法制案の合憲性
  • 衆院選 自公圧勝 ~課題と展望~
  • ’14衆院選 注目区を行く
  • 第2次安倍改造内閣スタート
  • 日米首脳会談 成果と課題
  • 2016/9/17
  • 2016/9/02
  • 2016/8/22
  • 2016/8/04
  • 2016/7/12
  • 2016/6/30
  • 2016/5/23
  • 2016/4/25
  • 2016/4/04
  • 2015/10/08
  • 2015/8/06
  • 2014/12/16
  • 2014/12/07
  • 2014/9/05
  • 2014/4/26
  • 激震・翁長県政 「オール沖縄」の凋落
  • 普天間基地移設 経緯の検証と提言
  • 「援護法」に隠された沖縄戦の真実
  • 2016/1/26
  • 2015/10/01
  • 2013/7/08
  • どう見る金正恩体制 日韓専門家対談
  • 迎撃ミサイル配備 韓国の決断
  • 3代世襲“完成” 北朝鮮第7回党大会
  • 検証 元料理人 藤本氏の再訪朝
  • 韓国総選挙ショック
  • 日韓国交正常化50年 識者に聞く
  • どうする拉致解決 日朝ストックホルム合意1年
  • 日韓国交正常化50年 「嫌韓」「反日」を越えて
  • 張成沢氏失脚 北で何が起きたか
  • 2016/8/24
  • 2016/7/20
  • 2016/5/10
  • 2016/4/29
  • 2016/4/15
  • 2015/6/22
  • 2015/5/11
  • 2015/2/05
  • 2013/12/10
  • 待ったなし地球温暖化対策
  • 環境先進国フランスの挑戦
  • 迫る気候変動の脅威 どうする大災害への備え
  • 2016/1/02
  • 2015/10/07
  • 2015/9/21
  • トランプVSヒラリー 米大統領選まで3カ月
  • オバマ外交と次期米大統領の課題
  • 2016年米大統領選まで1年
  • 再考 オバマの世界観
  • オバマの対宗教戦争・第1部
  • オバマの対宗教戦争・第2部
  • 2016/8/06
  • 2016/6/14
  • 2015/11/08
  • 2015/7/06
  • 2013/8/05
  • 2013/9/30
  • JAXA宇宙探査計画
  • 2015/12/24
  • 日本遺産の再発見こそ対外発信への道

     文化庁は、各地の文化財に物語性を持たせてPRし、内外の観光客を呼び込んで地域の活性化につなげる「日本遺産」に、「四国遍路」や「近世日本の教育遺産群」など18件を初めて認定した。

     ストーリーを軸に認定

     日本遺産がこれまでの文化財認定などと異なるのは、わが国の文化・伝統を語るストーリーを軸とした点にある。

     地域の魅力として発信する明確なテーマを設定し、それにまつわる文化財が地域に根差して継承・保存されていることが認定条件だ。ストーリーは、単一の地域で完結するものと、複数の市町村にまたがったものを認めている。

     ゆくゆくは「世界遺産」への登録も視野に入れたものだが、世界への発信のためには、まず日本人自身がその価値をよく認識する必要がある。その意味で日本遺産の認定は、われわれ日本人が日本文化の価値を再発見するきっかけともなる。

     例えば、「近世日本の教育遺産群―学ぶ心・礼節の本源―」は、旧弘道館(茨城県水戸市)、足利学校跡(栃木県足利市)、旧閑谷学校(岡山県備前市)、咸宜園跡(大分県日田市)によって構成されている。

     わが国では明治になって近代教育制度が導入される前から、武士だけでなく庶民も読み書き・算術ができ、礼儀正しさを身に付けるなど高い教育水準を示した。

     これが明治維新後におけるいち早い近代化の原動力となった。そういう教育を担ったのが、藩校や郷学、私塾など、さまざまな階層を対象とした学校であった。

     このようなことは歴史の授業などで習う内容だが、近世日本の各地にあった学校が今回、日本遺産に認定されることによって、改めてその重みを知ることができる。

     一方、空海ゆかりの礼所を回る「四国遍路」は、キリスト教やイスラム教などに見られる「往復型」聖地巡礼とは異なる「回遊型巡礼路」で、国籍や宗教・宗派を超えて誰もが行え、世界でも類を見ない巡礼文化として登録された。

     また、奈良県の明日香村、橿原市、高取町は「日本国創生のとき―飛鳥を翔(かけ)た女性たち―」というストーリーを柱にしている。日本が国家として歩み始めた飛鳥時代は斉明天皇はじめ天皇の半数が女帝であったことに着目し、日本の黎明(れいめい)期を牽引(けんいん)したのは女性であったとの観点から、この地域と時代を意味付けている。女性の活躍という点では、現代の問題意識に訴えるものがある。

    これらのストーリーを見ていくと、日本にいかにユニークで多様な文化遺産があるかを改めて知ることができる。それは日本ならではのものであると同時に、世界に発信し得る普遍的な価値を持つものだ。

     観光客に新しい見方示す

     日本遺産のさまざまなストーリーは、一度訪ねたことがある人にも新しい見方を提示してくれる。

     観光客がこれを頼りに、自分独自の体験と見方からそれぞれのストーリーを作り上げていくのもいい。

    (5月1日付社説)

    0

    コメント

    コメントの書き込み・表示するにはログインが必要です(承認制)。