■連載一覧
  • どこへ行く混迷・韓国 国政介入事件の深層
  • トランプ大統領の衝撃 米国と世界はどこに向かう
  • 国防最前線・南西諸島はいま 第2部 自衛隊配備へ動く石垣島
  • 国防最前線・南西諸島はいま 第1部 与那国島・陸自駐屯地
  • トランプvsヒラリー 米大統領選まで1カ月
  • 2016/12/05
  • 2016/11/11
  • 2016/10/31
  • 2016/10/12
  • 2016/10/08
  • 2016 世界はどう動く-識者に聞く
  • 戦後70年 識者は語る
  • 2015 世界はどう動く-識者に聞く
  • 2014 世界はどう動く
  • 2016/1/04
  • 2015/8/09
  • 2015/1/07
  • 2014/1/06
  • 台湾に吹いた蔡英文旋風
  • ルポ・政権交代の攻防 台湾総統選
  • 二極化する香港 識者インタビュー
  • 香港誌「前哨」編集長 劉達文氏に聞く
  • 「雨傘革命」下の香港 揺れる一国二制度の行方
  • 揺れる香港 各派リーダーに聞く
  • 香港の普選運動 親中派民間団体代表の見方
  • 2016/1/18
  • 2015/12/26
  • 2015/7/12
  • 2014/11/21
  • 2014/11/14
  • 2014/11/06
  • 2014/7/08
  • ドゥテルテ大統領就任から3カ月 どこへ向かう比政権
  • 香港「自治」の行方 識者に聞く
  • 中華圏に浸透する同性婚
  • 中台関係の行方
  • 日米同盟と台湾 海洋安全保障の展望
  • 蔡英文時代の台湾 本土派路線のビジョンと課題
  • ASEANの夜明け アジアハイウエー7000キロルポ
  • 緊張 南シナ海
  • 中央アジア胎動 中国「新シルクロード」と日本の戦略
  • “政熱経熱”の中韓
  • 新QDRと米中軍事バランス
  • 新グレートゲーム・幻想だった中国の平和的台頭
  • 新グレートゲーム・中国南進の海
  • 2016/9/21
  • 2016/8/17
  • 2016/7/26
  • 2016/6/03
  • 2016/5/31
  • 2016/5/19
  • 2016/3/22
  • 2015/11/18
  • 2015/10/14
  • 2015/9/07
  • 2014/3/31
  • 2014/2/14
  • 2013/4/18
  • 多難な年明けのトルコ
  • EUと難民 UNHCRウィーン事務所報道官に聞く
  • ロシアのシリア内戦介入 アルアハラム財団事務局長に聞く
  • 2016/1/30
  • 2015/12/11
  • 2015/11/13
  • 蓮舫民進 疑問の船出
  • 新閣僚に聞く
  • 「立憲主義」について
  • 再改造内閣 始動
  • 安倍政権 新たな挑戦
  • 16参院選 注目区を行く
  • 伊勢志摩サミット
  • 憲法改正 ここが焦点
  • 筆坂元日本共産党ナンバー3と田村自民党政務調査会審議役が対談
  • 第3次安倍改造内閣スタート
  • 詳解 集団的自衛権 安保法制案の合憲性
  • 衆院選 自公圧勝 ~課題と展望~
  • ’14衆院選 注目区を行く
  • 第2次安倍改造内閣スタート
  • 日米首脳会談 成果と課題
  • 2016/9/17
  • 2016/9/02
  • 2016/8/22
  • 2016/8/04
  • 2016/7/12
  • 2016/6/30
  • 2016/5/23
  • 2016/4/25
  • 2016/4/04
  • 2015/10/08
  • 2015/8/06
  • 2014/12/16
  • 2014/12/07
  • 2014/9/05
  • 2014/4/26
  • 激震・翁長県政 「オール沖縄」の凋落
  • 普天間基地移設 経緯の検証と提言
  • 「援護法」に隠された沖縄戦の真実
  • 2016/1/26
  • 2015/10/01
  • 2013/7/08
  • どう見る金正恩体制 日韓専門家対談
  • 迎撃ミサイル配備 韓国の決断
  • 3代世襲“完成” 北朝鮮第7回党大会
  • 検証 元料理人 藤本氏の再訪朝
  • 韓国総選挙ショック
  • 日韓国交正常化50年 識者に聞く
  • どうする拉致解決 日朝ストックホルム合意1年
  • 日韓国交正常化50年 「嫌韓」「反日」を越えて
  • 張成沢氏失脚 北で何が起きたか
  • 2016/8/24
  • 2016/7/20
  • 2016/5/10
  • 2016/4/29
  • 2016/4/15
  • 2015/6/22
  • 2015/5/11
  • 2015/2/05
  • 2013/12/10
  • 待ったなし地球温暖化対策
  • 環境先進国フランスの挑戦
  • 迫る気候変動の脅威 どうする大災害への備え
  • 2016/1/02
  • 2015/10/07
  • 2015/9/21
  • オバマのLGBT外交 米国と途上国の「文化戦争」
  • トランプVSヒラリー 米大統領選まで3カ月
  • オバマ外交と次期米大統領の課題
  • 2016年米大統領選まで1年
  • 再考 オバマの世界観
  • オバマの対宗教戦争・第1部
  • オバマの対宗教戦争・第2部
  • 2016/9/26
  • 2016/8/06
  • 2016/6/14
  • 2015/11/08
  • 2015/7/06
  • 2013/8/05
  • 2013/9/30
  • JAXA宇宙探査計画
  • 2015/12/24
  • 原爆の日、核抑止力の重要性を考えたい

     広島はきょう、長崎は9日に69回目の「原爆の日」を迎える。犠牲者に深く静かに鎮魂の祈りを捧(ささ)げるとともに、二度と同様な惨禍を招かないよう誓いを新たにしたい。

     核なき世界は平和か

     唯一の被爆国として、その記憶を風化させることがあってはならない。絶えず原爆の悲惨さを全世界の人々に訴え続けることが必要だ。だが同時に核兵器の問題について忘れてならないのは、感傷に流されることなく、その功罪を考えるという冷厳な姿勢である。

     第一の問題は、核なき世界が果たして平和かどうかだ。戦争の原因としては民族、宗教、政治、経済、イデオロギーなどに関する対立が挙げられる。核兵器をなくせば確かに核戦争は起こり得ない。

     しかし戦争の原因が存在する限り、人々はあらゆる手段を動員して戦うに違いない。そしてその場合、人口が多く強力な地上兵力を持つ国家が圧倒的に有利となり、核による報復攻撃を恐れることなく開戦に踏み切れるようになろう。

     次に核兵器を全て“悪”と断じることができるかどうかが問題だ。同じ拳銃でも強盗が持てば恐るべき武器となるが、警官が持てば市民を守るものとなる。悪いのは核兵器そのものではなく、誰がどのような意図で保有しているかが問われなければならない。

     中国や北朝鮮の核兵器は、その国柄から考えて、日本にとっての脅威だ。これに対して日米安保条約でわが国の防衛を約束している米国の核兵器は、対日核攻撃を抑止するものとなっている。米国による報復核攻撃を受けるという恐怖心を生じさせるためだ。

     それにもかかわらず、一律に核兵器廃絶を唱えるのは思考停止の抽象論と言われても仕方があるまい。その意味で、わが国が米国の「核の傘」によって守られていながら、国連などで核廃絶を主張するのは矛盾していると言える。

     ドイツの哲学者フォン・ワイツゼッカー博士は「核兵器を含む軍備競争は国際緊張の原因ではなく結果である。同様に核を含む軍縮は平和の結果として実現するものであり原因とはならない」と述べた。

     さらに、一度開発された核兵器の製造技術をなくすことは不可能だ。たとえ核廃絶ができたとしても、戦争の原因がある限り、いつでも核開発競争が起こり得るだろう。

     中国と北朝鮮の核の脅威にさらされているわが国は、実現の可能性が低い核廃絶よりも、核抑止力を重視すべきだ。その点で、まずは広島、長崎の被爆体験による核兵器への拒絶反応をなくすことが肝要である。わが国では核アレルギーが先行して「核の傘」の重要性への認識が乏しいのは残念だ。

     流出防止が緊急の課題

     核兵器の問題で最も危惧されるのは、中国や北朝鮮、イランからの中東やアフリカのテロリスト集団への流出だ。

     こうした集団には、核による抑止効果は及ばない。国連を中心に世界が緊急に取り組むべきは、この問題であることを忘れてはならない。

    (8月6日付社説)

    0

    コメント

    コメントの書き込み・表示するにはログインが必要です(承認制)。