■連載一覧
  • どこへ行く混迷・韓国 国政介入事件の深層
  • トランプ大統領の衝撃 米国と世界はどこに向かう
  • 国防最前線・南西諸島はいま 第2部 自衛隊配備へ動く石垣島
  • 国防最前線・南西諸島はいま 第1部 与那国島・陸自駐屯地
  • トランプvsヒラリー 米大統領選まで1カ月
  • 2016/12/05
  • 2016/11/11
  • 2016/10/31
  • 2016/10/12
  • 2016/10/08
  • 2016 世界はどう動く-識者に聞く
  • 戦後70年 識者は語る
  • 2015 世界はどう動く-識者に聞く
  • 2014 世界はどう動く
  • 2016/1/04
  • 2015/8/09
  • 2015/1/07
  • 2014/1/06
  • 台湾に吹いた蔡英文旋風
  • ルポ・政権交代の攻防 台湾総統選
  • 二極化する香港 識者インタビュー
  • 香港誌「前哨」編集長 劉達文氏に聞く
  • 「雨傘革命」下の香港 揺れる一国二制度の行方
  • 揺れる香港 各派リーダーに聞く
  • 香港の普選運動 親中派民間団体代表の見方
  • 2016/1/18
  • 2015/12/26
  • 2015/7/12
  • 2014/11/21
  • 2014/11/14
  • 2014/11/06
  • 2014/7/08
  • ドゥテルテ大統領就任から3カ月 どこへ向かう比政権
  • 香港「自治」の行方 識者に聞く
  • 中華圏に浸透する同性婚
  • 中台関係の行方
  • 日米同盟と台湾 海洋安全保障の展望
  • 蔡英文時代の台湾 本土派路線のビジョンと課題
  • ASEANの夜明け アジアハイウエー7000キロルポ
  • 緊張 南シナ海
  • 中央アジア胎動 中国「新シルクロード」と日本の戦略
  • “政熱経熱”の中韓
  • 新QDRと米中軍事バランス
  • 新グレートゲーム・幻想だった中国の平和的台頭
  • 新グレートゲーム・中国南進の海
  • 2016/9/21
  • 2016/8/17
  • 2016/7/26
  • 2016/6/03
  • 2016/5/31
  • 2016/5/19
  • 2016/3/22
  • 2015/11/18
  • 2015/10/14
  • 2015/9/07
  • 2014/3/31
  • 2014/2/14
  • 2013/4/18
  • 多難な年明けのトルコ
  • EUと難民 UNHCRウィーン事務所報道官に聞く
  • ロシアのシリア内戦介入 アルアハラム財団事務局長に聞く
  • 2016/1/30
  • 2015/12/11
  • 2015/11/13
  • 蓮舫民進 疑問の船出
  • 新閣僚に聞く
  • 「立憲主義」について
  • 再改造内閣 始動
  • 安倍政権 新たな挑戦
  • 16参院選 注目区を行く
  • 伊勢志摩サミット
  • 憲法改正 ここが焦点
  • 筆坂元日本共産党ナンバー3と田村自民党政務調査会審議役が対談
  • 第3次安倍改造内閣スタート
  • 詳解 集団的自衛権 安保法制案の合憲性
  • 衆院選 自公圧勝 ~課題と展望~
  • ’14衆院選 注目区を行く
  • 第2次安倍改造内閣スタート
  • 日米首脳会談 成果と課題
  • 2016/9/17
  • 2016/9/02
  • 2016/8/22
  • 2016/8/04
  • 2016/7/12
  • 2016/6/30
  • 2016/5/23
  • 2016/4/25
  • 2016/4/04
  • 2015/10/08
  • 2015/8/06
  • 2014/12/16
  • 2014/12/07
  • 2014/9/05
  • 2014/4/26
  • 激震・翁長県政 「オール沖縄」の凋落
  • 普天間基地移設 経緯の検証と提言
  • 「援護法」に隠された沖縄戦の真実
  • 2016/1/26
  • 2015/10/01
  • 2013/7/08
  • どう見る金正恩体制 日韓専門家対談
  • 迎撃ミサイル配備 韓国の決断
  • 3代世襲“完成” 北朝鮮第7回党大会
  • 検証 元料理人 藤本氏の再訪朝
  • 韓国総選挙ショック
  • 日韓国交正常化50年 識者に聞く
  • どうする拉致解決 日朝ストックホルム合意1年
  • 日韓国交正常化50年 「嫌韓」「反日」を越えて
  • 張成沢氏失脚 北で何が起きたか
  • 2016/8/24
  • 2016/7/20
  • 2016/5/10
  • 2016/4/29
  • 2016/4/15
  • 2015/6/22
  • 2015/5/11
  • 2015/2/05
  • 2013/12/10
  • 待ったなし地球温暖化対策
  • 環境先進国フランスの挑戦
  • 迫る気候変動の脅威 どうする大災害への備え
  • 2016/1/02
  • 2015/10/07
  • 2015/9/21
  • オバマのLGBT外交 米国と途上国の「文化戦争」
  • トランプVSヒラリー 米大統領選まで3カ月
  • オバマ外交と次期米大統領の課題
  • 2016年米大統領選まで1年
  • 再考 オバマの世界観
  • オバマの対宗教戦争・第1部
  • オバマの対宗教戦争・第2部
  • 2016/9/26
  • 2016/8/06
  • 2016/6/14
  • 2015/11/08
  • 2015/7/06
  • 2013/8/05
  • 2013/9/30
  • JAXA宇宙探査計画
  • 2015/12/24
  • 彩島 うた
    彩島 うた
    学生ライター
    ココ浅井
    ココ浅井
    ブラジル在住
    ロバート・D・エルドリッヂ
    ロバート・D...
    エルドリッヂ研究所
    江崎 孝
    江崎 孝
    人気政治ブログ「狼魔人日記」主宰
    我那覇 真子
    我那覇 真子
    フリーライター
    星 雅彦
    星 雅彦
    沖縄県文化協会顧問
    きむむ
    きむむ
    大学院生
    岸元 実春
    岸元 実春
    フリーライター
    松谷 秀夫
    松谷 秀夫
    普天間日米友好協会会長
    三井 俊介
    三井 俊介
    陸前高田市議会議員
    仲村 覚
    仲村 覚
    沖縄対策本部代表
    仲里 嘉彦
    仲里 嘉彦
    万国津梁機構理事長
    西田 健次郎
    西田 健次郎
    OKINAWA政治大学校
    豊田 剛
    豊田 剛
    那覇支局長
    宮城 能彦
    宮城 能彦
    沖縄大学教授

    宜野湾市長選挙、「オール沖縄」神話の崩壊と「オール“コミンテルン”」の実在

     2015年1月24日に投開票が行われた沖縄県の宜野湾市長選挙は、本来は宜野湾市民の福利厚生を争点にするはずだったが、志村恵一郎・翁長雄志陣営と各メディアにより、米海兵隊普天間基地の辺野古移設が争点となった。

     結果は、安倍政権が支援する佐喜眞淳氏が当選。引き続き、宜野湾市長を続けることになった。獲得票数は、佐喜眞氏が2万7668票で志村氏が2万1811票と、約5000票の大差で、佐喜眞氏が勝利した。これは、宜野湾市民が「より現実的な普天間基地撤去案」を選んだ結果と言える。

     沖縄メディアを含む多数派メディアや左派系野党は、「佐喜眞氏は争点隠しをした」と批判しているが、そもそも地方選挙で国家の安全保障と外交に関わることを争うものではない。外交問題は、日本国憲法には内閣の専権事項と規定されており、地方自治法にも次のように規定されている。

     普通地方公共団体は、条例で普通地方公共団体に関する事件(法定受託事務に係るものにあつては、国の安全に関することその他の事由により議会の議決すべきものとすることが適当でないものとして政令で定めるものを除く)につき議会の議決すべきものを定めることができる。(地方自治法の条文より抜粋)

     よって、国家の安全保障に関わる案件は、地方の選挙では争点にはそもそもならないのである。「佐喜眞氏は争点隠しをした」というのは、批判として的を射ていない。

     だが、メディアと共産党を中心とする左派系野党陣営は、「辺野古新基地建設反対」をむりやり争点化した。とくに、琉球新報や沖縄タイムスは、インターネットの記事を読むだけでも、左派系野党に便乗しているのが分かる。これにより、事実上、「辺野古移設」の是非を問う宜野湾市長選挙になってしまった。

     さて、佐喜眞市政が継続することになったが、選挙翌日の左派系新聞や左派系野党は、どういう反応だったのだろうか。まずは、全国紙の社説から検証しよう。

     全国紙で、最も左派色の強い東京新聞は、宜野湾市長選挙について、「基地の閉鎖を願う民意の表れだが、名護市辺野古への県内『移設』が信任されたと考えるのは早計だ」「佐喜眞陣営は選挙戦で普天間飛行場の固定化回避には言及したものの、辺野古移設推進を直接訴えたわけではないからだ」と主張している。

     次に、朝日新聞の社説。タイトルは、「宜野湾市長選『辺野古』容認と言えぬ」としており、「当選した佐喜眞淳市長は「普天間の一日も早い閉鎖・撤去」を主張しつつ、辺野古移設への賛否は明言せず、移設問題を争点化させない戦略をとった」と解説している。
     毎日新聞は、タイトルは「宜野湾市長選 辺野古に直結はしない」で、「佐喜眞氏は普天間の移設先である『辺野古』の是非には一切言及しなかった」としている。

     大手左派メディアの見解は、ほぼ同じであることがわかるだろう。

     では、地元紙の琉球新報と沖縄タイムスはどうか。

     琉球新報は、「佐喜眞氏再選 新基地容認ではない 国に『5年以内』閉鎖責任」とのタイトルを掲げ、「佐喜眞氏は選挙戦で辺野古移設の賛否を明言せず」と分析。沖縄タイムスも、「辺野古外しが奏功した」とのタイトルの社説で、これまた大手左派系メディアと同様の見解になっている。

     中央政界の左派系野党の反応はどうか。志村・翁長陣営を支援した日本共産党は、「相手陣営は、辺野古『移設』に一言も触れなかった。したがって、辺野古『移設』賛成の民意が示されたとはいえない」との見解である。山下芳生書記局長の発言である。

     維新の党の松野代表も、「今回の勝利は政府による移設の争点化回避策が功を奏したというべきで、沖縄の民意が辺野古移設を認めたことを必ずしも意味しない」との見解を表明している。民主党も、社民党も似たような見解である。

     よって、導き出されるのは、日本共産党の見解に、左派系大手メディアならびに沖縄メディア、左派系野党は足並みをそろえていると分かる。「オール沖縄」というのはただの幻想にすぎず、実態は「オール“コミンテルン”」である。ここまで、左派・共産主義勢力が足並みをそろえるのは、異常としか言えない。沖縄に触手を伸ばそうとしてる彼の国の“スパイ”ではないかと勘ぐってしまうほどだ。

     私見であるが、沖縄には「辺野古移設反対」という同調圧力があり、言論の自由と民主主義が事実上存在しない。しかし、今回の宜野湾市長選挙で、沖縄の同調圧力に風穴をあけた。宜野湾市長選挙は、ただの地方選挙ではなく、沖縄の言論の自由と民主主義を取り戻す戦いだったと考える。

    2

    コメント

    コメントの書き込み・表示するにはログインが必要です(承認制)。