■連載一覧
  • トランプ大統領の衝撃 米国と世界はどこに向かう
  • 国防最前線・南西諸島はいま 第2部 自衛隊配備へ動く石垣島
  • 国防最前線・南西諸島はいま 第1部 与那国島・陸自駐屯地
  • トランプvsヒラリー 米大統領選まで1カ月
  • オバマのLGBT外交 米国と途上国の「文化戦争」
  • 2016/11/11
  • 2016/10/31
  • 2016/10/12
  • 2016/10/08
  • 2016/9/26
  • 2016 世界はどう動く-識者に聞く
  • 戦後70年 識者は語る
  • 2015 世界はどう動く-識者に聞く
  • 2014 世界はどう動く
  • 2016/1/04
  • 2015/8/09
  • 2015/1/07
  • 2014/1/06
  • 台湾に吹いた蔡英文旋風
  • ルポ・政権交代の攻防 台湾総統選
  • 二極化する香港 識者インタビュー
  • 香港誌「前哨」編集長 劉達文氏に聞く
  • 「雨傘革命」下の香港 揺れる一国二制度の行方
  • 揺れる香港 各派リーダーに聞く
  • 香港の普選運動 親中派民間団体代表の見方
  • 2016/1/18
  • 2015/12/26
  • 2015/7/12
  • 2014/11/21
  • 2014/11/14
  • 2014/11/06
  • 2014/7/08
  • ドゥテルテ大統領就任から3カ月 どこへ向かう比政権
  • 香港「自治」の行方 識者に聞く
  • 中華圏に浸透する同性婚
  • 中台関係の行方
  • 日米同盟と台湾 海洋安全保障の展望
  • 蔡英文時代の台湾 本土派路線のビジョンと課題
  • ASEANの夜明け アジアハイウエー7000キロルポ
  • 緊張 南シナ海
  • 中央アジア胎動 中国「新シルクロード」と日本の戦略
  • “政熱経熱”の中韓
  • 新QDRと米中軍事バランス
  • 新グレートゲーム・幻想だった中国の平和的台頭
  • 新グレートゲーム・中国南進の海
  • 2016/9/21
  • 2016/8/17
  • 2016/7/26
  • 2016/6/03
  • 2016/5/31
  • 2016/5/19
  • 2016/3/22
  • 2015/11/18
  • 2015/10/14
  • 2015/9/07
  • 2014/3/31
  • 2014/2/14
  • 2013/4/18
  • 多難な年明けのトルコ
  • EUと難民 UNHCRウィーン事務所報道官に聞く
  • ロシアのシリア内戦介入 アルアハラム財団事務局長に聞く
  • 2016/1/30
  • 2015/12/11
  • 2015/11/13
  • 蓮舫民進 疑問の船出
  • 新閣僚に聞く
  • 「立憲主義」について
  • 再改造内閣 始動
  • 安倍政権 新たな挑戦
  • 16参院選 注目区を行く
  • 伊勢志摩サミット
  • 憲法改正 ここが焦点
  • 筆坂元日本共産党ナンバー3と田村自民党政務調査会審議役が対談
  • 第3次安倍改造内閣スタート
  • 詳解 集団的自衛権 安保法制案の合憲性
  • 衆院選 自公圧勝 ~課題と展望~
  • ’14衆院選 注目区を行く
  • 第2次安倍改造内閣スタート
  • 日米首脳会談 成果と課題
  • 2016/9/17
  • 2016/9/02
  • 2016/8/22
  • 2016/8/04
  • 2016/7/12
  • 2016/6/30
  • 2016/5/23
  • 2016/4/25
  • 2016/4/04
  • 2015/10/08
  • 2015/8/06
  • 2014/12/16
  • 2014/12/07
  • 2014/9/05
  • 2014/4/26
  • 激震・翁長県政 「オール沖縄」の凋落
  • 普天間基地移設 経緯の検証と提言
  • 「援護法」に隠された沖縄戦の真実
  • 2016/1/26
  • 2015/10/01
  • 2013/7/08
  • どう見る金正恩体制 日韓専門家対談
  • 迎撃ミサイル配備 韓国の決断
  • 3代世襲“完成” 北朝鮮第7回党大会
  • 検証 元料理人 藤本氏の再訪朝
  • 韓国総選挙ショック
  • 日韓国交正常化50年 識者に聞く
  • どうする拉致解決 日朝ストックホルム合意1年
  • 日韓国交正常化50年 「嫌韓」「反日」を越えて
  • 張成沢氏失脚 北で何が起きたか
  • 2016/8/24
  • 2016/7/20
  • 2016/5/10
  • 2016/4/29
  • 2016/4/15
  • 2015/6/22
  • 2015/5/11
  • 2015/2/05
  • 2013/12/10
  • 待ったなし地球温暖化対策
  • 環境先進国フランスの挑戦
  • 迫る気候変動の脅威 どうする大災害への備え
  • 2016/1/02
  • 2015/10/07
  • 2015/9/21
  • トランプVSヒラリー 米大統領選まで3カ月
  • オバマ外交と次期米大統領の課題
  • 2016年米大統領選まで1年
  • 再考 オバマの世界観
  • オバマの対宗教戦争・第1部
  • オバマの対宗教戦争・第2部
  • 2016/8/06
  • 2016/6/14
  • 2015/11/08
  • 2015/7/06
  • 2013/8/05
  • 2013/9/30
  • JAXA宇宙探査計画
  • 2015/12/24
  • 9月, 2016のデータ一覧

    “電子版”の指名手配書

     米ニューヨーク市マンハッタンやニュージャージー州で17日に起きたテロ事件は発生から2日足らずで犯人逮捕に至ったが、この捜査では新しい手法が試みられた。

     それは、テロ犯が潜んでいると思われる地域にいる人たちの携帯電話に緊急警報を一斉送信するというものだ。

     「指名手配:アフマド・カーン・ラハミ、28歳の男。写真は報道で見て。もし見掛けたら911に通報を」

    0
    続き

    潘基文国連事務総長の次期大統領選挙挑戦

     秋夕(旧盆)連休の時、米国を訪問した韓国国会議長一行は潘基文(パンギムン)国連事務総長を国内政治に巻き込んだ。この時伝えられた金鍾泌(キムジョンピル)のメッセージは結集信号弾になった。「渾身の力で助ける」。メッセンジャーは鄭鎭碩(チョンジンソク)セヌリ党院内代表だった。

    0
    続き

    世界最大手の音楽定額配信「Spotify」が日本上陸

    広告表示付き「無料」プランも

     音楽定額配信サービス世界最大手のSpotify(スポティファイ。以下、スポティファイ社)が29日、日本でサービスを始めたと発表した。月額980円の有料プランと、広告付きで一部機能が制限される無料プランがあり、スマートフォンやタブレット型端末、PCなどで視聴する。

    1
    続き

    オバマ氏実父の祖国も「黙れ」と反発

     オバマ米大統領は昨年7月、就任後初めて実父の出身国ケニアを訪問した。ケニア国民の間で高い人気を誇るオバマ氏だが、訪問は必ずしも全面的に歓迎されたわけではなかった。

     「オバマ氏がケニアに来て中絶や同性愛の問題を取り上げようとするなら、われわれはこう言おう。黙れ、家に帰れ、と」

    3
    続き

    米大統領選、世界をリードする構想見えぬ

     2016年米大統領選の最大のヤマ場となる民主党候補ヒラリー・クリントン氏と共和党候補ドナルド・トランプ氏の第1回テレビ討論会が、ニューヨーク州内の大学で開かれた。両候補の初めての直接対決である。

     両候補が初の直接対決

    0
    続き

    東京五輪ボート会場「夢のよう」、喜びや歓迎の声

     2020年東京五輪・パラリンピックのボート・カヌー会場の変更先として、宮城県登米市のボート場が提案されたことを受け、地元からは29日、「夢のようだ」などと喜びや歓迎の声が上がった。

    0
    続き

    DeNAの三浦、横浜一筋25年プロ生活に幕

     七回、先頭の雄平を137キロの直球で空振り三振に打ち取り、25年の選手生活を締めくくった。マウンドに集まったチームメートと握手を交わし、涙を浮かべた三浦が帽子を取って一礼しマウンドを降りた。「ファンの皆さんにはマウンドに上がるたび、打席に入るたび大きな声援を送っていただき、本当にありがたかった」。3万人近い観客から惜別の声援と拍手。感謝の言葉しかなかった。

    0
    続き

    東山篤規教授「楽しく研究するのが一番です」

     「楽しく研究するのが一番です」。独創的でユーモラスな研究を表彰する「イグ・ノーベル賞」を、「股のぞき」の研究で受賞した立命館大文学部(京都市)の東山篤規教授(65)が29日、同大で受賞報告会を開いた。受賞について「うれしいなんて全く思わなかった。驚きだけです」と語った。

    0
    続き

    日立製作所、爆発物を3秒で検知する装置を発売

     日立製作所は29日、入場者が挿入するIDカードなどに付着した微粒子を調べ、爆発物を3秒で検知する装置を10月に発売すると発表した。駅の自動改札に似た外観の装置で、当面、発電所など厳重な警備が必要な重要インフラ施設向けに販売活動を進める。空港や駅、イベント会場でのテロ対策としての活用も目指す。

    0
    続き

    蓮舫氏の二重国籍問題

     民進党の党代表選挙が9月15日行われ、蓮舫氏が新代表に選出された。野党第一党の党首は、将来の総理の座を狙う立場に立つ政治家である。その党首の座を争う段階で、同氏に「二重国籍」問題が浮上。しかも、説明が二転三転したことから、最新の月刊誌は保守論壇を中心に、国籍の意義と政治家としての資質を問う論考が並んだ。

     まずは、蓮舫氏擁護論から。コラムニストの小田嶋隆氏は、「新潮45」10月号の論考「『商売にならない』民進党」で、二重国籍の問題をきちんと説明できなかったことについては「批判が出ることは、ある程度仕方のない」としながらも、事務手続き上の問題でそれは台湾当局が処理すべきで、「蓮舫議員の側には何の落ち度もない」「政治家としての資格や、日本国民としての忠誠心を疑うのは、端的に言って差別そのもの」という。

    1
    続き

    「LGBT差別解消」の到達点 左翼による家族解体

     東京都渋谷区で昨年3月、同性のカップルを「結婚」に相当する関係と認める「パートナーシップ条例」が全国で初めて成立した。その条例に基づいて、「パートナーシップ証明書」の発行が始まったのは同年11月から。それを控えていたこともあり、昨年の今ごろは、いわゆる「LGBT」(性的少数者)に関する報道で溢(あふ)れていた。今はメディアがこのテーマを取り上げる回数はかなり減っているが、リベラル・左派の新聞・テレビを中心に、パートナーシップ条例の広がりや「同性婚」の合法化を後押しする論調が続いていることは1年前と変わらない。

     そんな中、月刊「WiLL」11月号で、ノンフィクション作家の河添恵子氏とアカオアルミ(株)代表取締役社長の赤尾由美氏が対談している(「安倍さん、プーチンって大丈夫なの?」)。赤尾氏の伯父は、赤尾敏・大日本愛国党総裁(故人)。中国共産党による独裁を批判し続ける河添氏が対談の中で、「我々“国防女子”」と自任するように、両氏とも筋金入りの保守派である。

    2
    続き

    日露の北方領土交渉 正念場を迎える安倍外交

     現在、日本とロシアの関係は新しい局面を迎えようとしている。本年9月2日にウラジオストクで安倍首相とプーチン大統領が会談したのを契機として、12月には同首相の故郷である山口県に同大統領が招待される予定となった。また、今後も両国関係を協議する定期会議がウラジオストクに常設されることも決定した。

     もちろん日露両国は、これまでにも協調関係を進展させるための努力をしてきた経緯があるのだが、そのたびに北方領土問題が障害となり、進展の道が閉ざされてきた。しかし、今回はようやくその懸案の具体的な協議をも含めた外交が進展する可能性が高くなったのである。

    1
    続き

    最近見たテレビのバラエティー番組。人気予備校…

     最近見たテレビのバラエティー番組。人気予備校講師の林修氏が登場し、読書についての話題で「同じ本を何度も繰り返して読む」と発言した。

     それを隣の席で聞いた中堅お笑い芸人が、ポカンとした表情をしていたのが印象に残った。「繰り返して読むような読書の仕方があるのか?」「何でそんな面倒なことをするの?」といった感じ。

    2
    続き

    非営利組織の「総会」で本当に行うべきことは?

     当法人では年に4回、「SET DAY」と称した総会を開催しています。そのうちの3回は東京で行い、1回は広田町で行います。  総会といっても決算書をみんなで見て、事業計画を確認して……というような一般的なものではありません。私たちは普段バラバラで活動しているメンバーが一堂に集う総会の場を、「SETとして一歩前進する日」と位置づけています。先日9月17日~19日に広田町にて開催したので、そのことについて今日は書きたいと思います。この記事を通して、総会というものの在り方や存在意義の再定義に挑戦できればと思っています。

    「なぜ今ここにいるのか」  創設期の社会人から現在現役で活動する大学1年生まで(我が子も含めると1歳が最年少!)総勢24人が集いました。  最初に行った事は、「なぜ『今』ここにいるのか?」について対話を通して自己理解、相互理解を深めていきました。

    2
    続き

    北朝鮮核ミサイルの脅威が現実化

     オバマ米大統領が任期最後のアジア歴訪を終了した直後、北朝鮮は5回目の核実験を行った。中国の海洋覇権の拡大とともに北朝鮮の動きは、アジアで高まる脅威に対するオバマ政権の無力ぶりを露呈した。 (ワシントン・久保田秀明)

    1
    続き

    北朝鮮核問題の解決チャンスはあった

     前日のコラムで創設60周年を迎えた国際原子力機関(IAEA)の核エネルギーの平和利用の歩みをは早足で紹介した。今回はIAEAの歴史の中で大きなダメージをもたらした北朝鮮の核問題について、簡単にまとめる。

     IAEAは北の核問題を解決できる機会が少なくとも1度はあった。そのチャンスを生かしきれなかったIAEAは、北が過去5回の核実験を実施するのをただ「遺憾」の思いで眺めているほかはなかった。

    2
    続き

    サラリーマンのロマン

     いい職場の条件は? 三つ挙げることができるだろう。分厚い月給袋、少ない労働時間、意義深い仕事。こんな会社なら命懸けで働くぞという人がたくさんいるはずだ。サラリーマンのロマンだが、現実は異なる。薄い月給袋、多い労働時間、あれやれこれやれと言われ、何でも手当たり次第にやらなければならない仕事。オナーのロマンだ。

     「夢は夢にすぎない」。サラリーマンの10人に9人はこんなことを考えながら出勤している。

    0
    続き

    殺人、暴力犯罪が増加-FBI

     全米で昨年起きた暴力犯罪が4%増加し、殺人事件の増加率はさらに高く11%だった。連邦捜査局(FBI)が26日に公表した犯罪資料から明らかになった。近年の暴力事件の減少傾向が逆転した格好だ。

     増加傾向にあることがデータで示されたにもかかわらずオバマ政権は、犯罪率は依然、記録更新に近い低率と主張、暴力事件は10年前と比較して、16.5%少ないというデータを示した。

    0
    続き

    秘境聖地「カイラス」巡礼

     ヒンドゥー、ジャイナのスワミ師のお誘いで3年ほど前にシヴァの住むと言われる聖なる山カイラス(カイラーサ)を1周する「プラダクシャナ」(注)の旅に参加することが出来た。巡礼の旅は、禁酒、禁肉食の旅でもある。  カイラスは中国チベット高原西部にそびえ立つ独立峰(6,656m)で、仏教(特にチベット仏教)、ボン教、ヒンドゥー教、ジャイナ教で聖地とされ、信仰の山であることから入山が禁止された未踏峰である。またヤルツァンポ川(ブラマプトラ川)、ガンジス川、サトレジ川、インダス川の“四大河の源”と言われる。  私の体験した聖地巡礼の旅について紹介する。

     日本からバンコク経由でカトマンズに入り、ルンビニに移動し、お釈迦様の聖地を訪れるところからスタートした。ルンビニのホテルで1泊した翌日、ホテルから近い日本山妙法寺が建立した世界平和塔を参拝し、カピラヴァストゥ跡を拝謁、ラーフラが出家したという寺院跡に立ち寄った後、お釈迦様の生誕の地を拝礼した。  マーヤ聖堂、アショーカ王の円柱、菩提樹と池、神聖な空気に包まれた地は、まさに聖地というべきところだ。  その後、永遠の平和の火、タイの寺院を参拝して、再びカトマンズに移動して、翌日からカイラスに向けての旅となった。

    1
    続き

    作られた「人頭税」伝説

    沖縄大学教授 宮城 能彦

     昨年、来間泰男の『人頭税はなかった』(2015年・榕樹書林)という本が話題になった。

     人頭税とは、近世沖縄八重山地方にあった税制であり、ひとり当たりいくらという過酷な税に八重山の民衆は苦しめられた。しかも、明治政府の琉球処分以降も放置され、そのために八重山地方の住民たちはその取り立てに苦しみ、反対運動の末にようやく廃止されたというのが通説である。

    2
    続き

    水害復旧より核実験断行した金正恩氏

     咸鏡北道地方が大洪水に見舞われ、死者行方不明者約500人、被災者16万人が発生した。北朝鮮は国連傘下の国際救護団体をはじめとする国際社会に援助を要請した。

     一方で北朝鮮は「大陸間弾道ミサイル(ICBM)を発射してあまりあるほどの推進力を持った新型エンジン性能試験に成功した」と主張し9枚の写真まで公開した。

    0
    続き

    「体元に戻して」 子宮頸がんワクチン訴訟始まる

     子宮頸(けい)がんワクチンを接種し、全身の痛みなどの症状が出た若い女性らが、国と製薬会社2社に損害賠償を求めた訴訟の第1回口頭弁論が28日、福岡地裁(倉沢守春裁判長)であった。原告の女性2人が意見陳述し、「体を(元に)戻してほしい」などと訴えた。

    3
    続き