■連載一覧
  • 衆院選大勝 安倍政権への提言
  • 2017衆院選 国難と選択
  • 北暴走 揺れる韓国
  • どう見る北の脅威
  • 2017/10/25
  • 2017/10/16
  • 2017/9/21
  • 2017/9/19
  • 2016 世界はどう動く-識者に聞く
  • 戦後70年 識者は語る
  • 2015 世界はどう動く-識者に聞く
  • 2014 世界はどう動く
  • 2016/1/04
  • 2015/8/09
  • 2015/1/07
  • 2014/1/06
  • 香港・中国返還20年 「一国二制度」の前途
  • 台湾に吹いた蔡英文旋風
  • ルポ・政権交代の攻防 台湾総統選
  • 二極化する香港 識者インタビュー
  • 香港誌「前哨」編集長 劉達文氏に聞く
  • 「雨傘革命」下の香港 揺れる一国二制度の行方
  • 揺れる香港 各派リーダーに聞く
  • 香港の普選運動 親中派民間団体代表の見方
  • 2017/7/01
  • 2016/1/18
  • 2015/12/26
  • 2015/7/12
  • 2014/11/21
  • 2014/11/14
  • 2014/11/06
  • 2014/7/08
  • 南シナ海 強まる中国支配 安保専門家に聞く
  • ドゥテルテ大統領就任から3カ月 どこへ向かう比政権
  • 香港「自治」の行方 識者に聞く
  • 中華圏に浸透する同性婚
  • 中台関係の行方
  • 日米同盟と台湾 海洋安全保障の展望
  • 蔡英文時代の台湾 本土派路線のビジョンと課題
  • ASEANの夜明け アジアハイウエー7000キロルポ
  • 緊張 南シナ海
  • 中央アジア胎動 中国「新シルクロード」と日本の戦略
  • “政熱経熱”の中韓
  • 新QDRと米中軍事バランス
  • 新グレートゲーム・幻想だった中国の平和的台頭
  • 新グレートゲーム・中国南進の海
  • 2017/7/26
  • 2016/9/21
  • 2016/8/17
  • 2016/7/26
  • 2016/6/03
  • 2016/5/31
  • 2016/5/19
  • 2016/3/22
  • 2015/11/18
  • 2015/10/14
  • 2015/9/07
  • 2014/3/31
  • 2014/2/14
  • 2013/4/18
  • ムスリム同胞団とアラブ モハメド・F・ファラハト氏に聞く
  • 多難な年明けのトルコ
  • EUと難民 UNHCRウィーン事務所報道官に聞く
  • ロシアのシリア内戦介入 アルアハラム財団事務局長に聞く
  • 2017/9/01
  • 2016/1/30
  • 2015/12/11
  • 2015/11/13
  • 新閣僚に聞く
  • 第3次改造内閣 信頼回復へ始動
  • ’17首都決戦
  • 施行から70年 憲法改正を問う
  • どうなる「民共協力」 27回共産党大会の焦点
  • 蓮舫民進 疑問の船出
  • 新閣僚に聞く
  • 「立憲主義」について
  • 再改造内閣 始動
  • 安倍政権 新たな挑戦
  • 16参院選 注目区を行く
  • 伊勢志摩サミット
  • 憲法改正 ここが焦点
  • 筆坂元日本共産党ナンバー3と田村自民党政務調査会審議役が対談
  • 第3次安倍改造内閣スタート
  • 詳解 集団的自衛権 安保法制案の合憲性
  • 衆院選 自公圧勝 ~課題と展望~
  • ’14衆院選 注目区を行く
  • 第2次安倍改造内閣スタート
  • 日米首脳会談 成果と課題
  • 2017/9/07
  • 2017/8/06
  • 2017/6/27
  • 2017/4/26
  • 2017/1/09
  • 2016/9/17
  • 2016/9/02
  • 2016/8/22
  • 2016/8/04
  • 2016/7/12
  • 2016/6/30
  • 2016/5/23
  • 2016/4/25
  • 2016/4/04
  • 2015/10/08
  • 2015/8/06
  • 2014/12/16
  • 2014/12/07
  • 2014/9/05
  • 2014/4/26
  • 国防最前線・南西諸島はいま 第2部 自衛隊配備へ動く石垣島
  • 国防最前線・南西諸島はいま 第1部 与那国島・陸自駐屯地
  • 激震・翁長県政 「オール沖縄」の凋落
  • 普天間基地移設 経緯の検証と提言
  • 「援護法」に隠された沖縄戦の真実
  • 2016/10/31
  • 2016/10/12
  • 2016/1/26
  • 2015/10/01
  • 2013/7/08
  • 北朝鮮 制裁の現実
  • どう対処 北の脅威 米有識者に聞く
  • 9年ぶり左派政権 文在寅大統領の韓国
  • 弾劾の波紋 漂流する韓国政治
  • 検証・金正恩統治5年
  • どこへ行く混迷・韓国 国政介入事件の深層
  • どう見る金正恩体制 日韓専門家対談
  • 迎撃ミサイル配備 韓国の決断
  • 3代世襲“完成” 北朝鮮第7回党大会
  • 検証 元料理人 藤本氏の再訪朝
  • 韓国総選挙ショック
  • 日韓国交正常化50年 識者に聞く
  • どうする拉致解決 日朝ストックホルム合意1年
  • 日韓国交正常化50年 「嫌韓」「反日」を越えて
  • 張成沢氏失脚 北で何が起きたか
  • 2017/6/26
  • 2017/5/17
  • 2017/5/11
  • 2017/3/15
  • 2016/12/27
  • 2016/12/05
  • 2016/8/24
  • 2016/7/20
  • 2016/5/10
  • 2016/4/29
  • 2016/4/15
  • 2015/6/22
  • 2015/5/11
  • 2015/2/05
  • 2013/12/10
  • 待ったなし地球温暖化対策
  • 環境先進国フランスの挑戦
  • 迫る気候変動の脅威 どうする大災害への備え
  • 2016/1/02
  • 2015/10/07
  • 2015/9/21
  • 「情報戦争」時代と米国
  • 米軍再建への課題-元上級将校の提言
  • トランプ政権始動
  • トランプ大統領の衝撃 米国と世界はどこに向かう
  • トランプvsヒラリー 米大統領選まで1カ月
  • オバマのLGBT外交 米国と途上国の「文化戦争」
  • トランプVSヒラリー 米大統領選まで3カ月
  • オバマ外交と次期米大統領の課題
  • 2016年米大統領選まで1年
  • 再考 オバマの世界観
  • オバマの対宗教戦争・第1部
  • オバマの対宗教戦争・第2部
  • 2017/4/03
  • 2017/2/28
  • 2017/1/22
  • 2016/11/11
  • 2016/10/08
  • 2016/9/26
  • 2016/8/06
  • 2016/6/14
  • 2015/11/08
  • 2015/7/06
  • 2013/8/05
  • 2013/9/30
  • JAXA宇宙探査計画
  • 2015/12/24
  • 8月, 2016のデータ一覧

    クリントン家復活へ、「財団」通じ巧妙な資金集め

    米コラムニスト チャールズ・クラウトハマー

     バーニー・サンダース氏は、ヒラリー・クリントン氏のスキャンダルの本質がまったく分かっていない。1回目の討論会でサンダース氏が、電子メール問題を軽く扱ったことはよく知られている。

     この問題の核心にあるのは、機密情報ではない。マスコミが伝えたように、連邦捜査局(FBI)長官が、情報の管理が非常にいいかげんだとクリントン氏を非難したことでもない。

    1
    続き

    「幸せ」は「不幸」の数より多い

     米航空宇宙局(NASA)によると、先月28日未明、午前3時24分、「2016QA2」と呼ばれる直径35mの小惑星が地球から8万4000kmのところまで接近したが、衝突することなく通過したという。衝突していた場合、多くの被害が生じたと予想されている。小惑星の接近は通過数時間前になってキャッチしたという。事前に分かっていたら、一部でパニックが生じたかもしれない。

    5
    続き

    クリントン陣営、トランプを国家反逆罪呼ばわり

     とんでもなく恥知らずな話に聞こえるが、日曜日、クリントン陣営の選挙参謀ロビー・ムックは、ABCニュースで、ドナルド・トランプが「この選挙戦においてクレムリンの単なる操り人形に成り下がっているというのは、本当かどうか」という「リアルな問題が持ち上がっている」のだと語った。若いムック氏は、自国の歴史に無知な彼の世代の人間と同様、重大な問題発言をしていると言わなければならない。敵対する相手を国家反逆罪を犯していると非難したりしたら、昔なら、樫(かし)の木の下での夜明けの決闘(樫の古木で有名な<ルイジアナ州>ニューオーリンズのシィティパークがよく決闘の場に選ばれた)を申し込まれたところだ。そんなことになったら、ムック氏の命はただでは済まなかったであろう。樫の木が見守る決闘の現場から無事戻って来ようと思うなら、皆公明正大に戦うことができなければならない。

     見境のない申し立てというと、これも民主党員で、ネバダ州選出のハリー・リード上院議員が4年前に、米国の上院の議場に立ち、(共和党大統領候補)ミット・ロムニーは10年間税金を払っていないと非難したことを思い起こさせる。その証拠を見せるように要求することもなく、政治記者らは律儀にリードの非難を記事にした。証拠については、リード氏は何も持ってはいなかった。彼が持っていた「証拠」といえば、彼はロムニー氏の納税申告書を見たことがなかったということだけだった。すべて、彼のでっち上げだった。彼は謝罪することもなく、憎しみに満ちた党派精神で目くらましさせられた人々によって党の英雄であり続けた。

    0
    続き

    拉致と日朝、二国間で困難なら大局的に 坂井氏

    どう見る金正恩体制 日韓専門家対談(8)

    日本人拉致被害者の再調査などを約束した日朝ストックホルム合意から2年以上が経過したが、成果を上げられずにいる。日本はどうしたらいいか。

    2
    続き

    天皇陛下「お気持ち」表明に思う

    作家 竹田恒泰

     天皇陛下のビデオメッセージによる、お気持ち表明を大きな驚きをもって拝聴した。天皇は非政治的であるという憲法上の大前提があり、陛下はこれまで皇室制度も含め政治向きな話は基本的にお話しにならなかった。ところが今回、天皇や皇室制度のあり方を議論するきっかけとなるような、相当踏み込んだことを仰った。

    8
    続き

    川内原発停止要請、電力の安定供給を妨げるな

     鹿児島県の三反園訓知事は、運転中の九州電力川内原発1、2号機(同県薩摩川内市)の一時停止と点検を九電に申し入れた。知事に原発の運転を止める法的権限はなく、異例の要請と言える。

    知事選で公約に盛り込む

    2
    続き

    台風10号が岩手から青森を縦断、航空・鉄道に乱れ

     大型の台風10号は30日、関東・東北地方の太平洋沖を北上し、午後6時前に岩手県大船渡市付近に上陸した後、青森県を縦断した。午後9時ごろには津軽海峡の西の日本海上に抜けて北西へ進み、31日未明に温帯低気圧に変わる見込み。北海道や東北では局地的に激しい雨が降り、土砂災害警戒情報や避難指示・勧告が出た地域があった。気象庁は土砂災害や河川の氾濫に厳重な警戒を呼び掛けた。

    1
    続き

    古典芸能「文楽」を野外で気軽に親しんで!

     野外で飲食しながら気軽に日本の古典芸能「文楽」を楽しめる――。日本財団は30日、東京都千代田区のホテルグランドアーク半蔵門で記者会見し、プロジェクト「にっぽん文楽」の浅草公演を10月15~18日に開催すると発表した。

    0
    続き

    小澤征爾さん、松本フェスで力強く指揮

     指揮者の小澤征爾さん(80)が28日、長野県松本市を中心に開催中のセイジ・オザワ松本フェスティバル(OMF)でマーカス・ロバーツ・トリオなどと協演し、ガーシュインの「ラプソディー・イン・ブルー」を力強く指揮した。演奏後、約2000人の聴衆が立ち上がって拍手を送ると、小澤さんは笑顔で応えた。

    0
    続き

    永六輔さんお別れの会、明るく笑いで見送り

     7月7日に83歳で死去した放送作家でタレントの永六輔さんのお別れの会が30日、東京都港区の青山葬儀所で営まれた。ラジオ番組のパーソナリティーだった永さんにちなみ、会場には参列者が記帳の代わりにメッセージを書くカードと赤いポストが用意された。

     「六輔 永(なが)のお別れ会」と題された会の祭壇には20代、50代、70代後半それぞれの穏やかな表情の遺影が飾られた。

    0
    続き

    大野将平、「強くて美しい」攻撃柔道に自信

     リオデジャネイロ五輪の柔道で金メダルに輝いた男子73キロ級の大野将平(旭化成)、同90キロ級のベイカー茉秋(東海大)、女子70キロ級の田知本遥(ALSOK)が30日、東京都の日本外国特派員協会で記者会見に臨んだ。圧倒的な強さで頂点に立った大野は「日本の強くて美しい柔道を見せられた。これからも攻撃的な柔道を追求していきたい」と力強く語った。

    1
    続き

    金城徹・那覇市議会議長に辞職勧告「独善的で非民主的議会運営」

     沖縄県那覇市議会の金城徹議長に対する辞職勧告決議が19日、自民、公明両党などの賛成多数で可決された。金城氏は翁長雄志知事の側近で、知事を支える「オール沖縄」勢力のうち、県内の市町村議会で唯一の保守系議員会派「新風会」の中心的メンバーだ。知事派の保守系の一角が崩れれば、県政の求心力は低下する一方、革新色が一層強まることが予想される。(那覇支局・豊田 剛)

    4
    続き

    沖縄2紙記者の一時拘束

    沖縄発のコラム:美ら風(ちゅらかじ)

     沖縄県東村高江地区周辺で国が進める米軍のヘリコプター着陸帯(ヘリパッド)の移設工事で、反対運動を取材していた沖縄タイムスと琉球新報の記者2人が一時拘束された。

    2
    続き

    イタリア中部を襲ったマグニチュード6・2の…

     イタリア中部を襲ったマグニチュード6・2の地震で290人以上の死亡が確認されたが、行方不明者はまだ多数いるとみられる。地震発生から1週間、捜索活動は厳しさを増している。

     被災地は山間部にあり、救助隊員らの移動に困難が生じているという。さらに多発する大小の余震のため、橋が損壊して多くの道が寸断されてお、救援用の重機運搬にも支障を来している。歯がゆい限りだ。

    0
    続き

    都会では作り得ない人と人との確かな繋がり

     「おまえらに希望をもってるんだよなぁ」  地元の60代の方に言ってもらった言葉です。  「私たちこそ、地元の方に希望を感じてるんです」  この人は今後も私とともに人生を歩み、絶対に裏切ることのない人だと感じられる瞬間でもあります。

     見ず知らずの土地に移住して5年目。「お互いがお互いに希望を持つことで確かなつながりができる」ということに気づくことができました。

    6
    続き

    高畑母子が受ける“生活破綻”という重たい罰

     8月23日、俳優の高畑裕太容疑者が、強姦致傷容疑で群馬県警に逮捕されたという衝撃的なニュースが報道されました。女優の高畑淳子さんの長男で、NHKの朝ドラでブレイクし、最近ではバラエティーにも多数出演しており、先日の24時間テレビでも番組内のドラマに出演予定で、今が旬な注目度の高い俳優というイメージでした。そんな高畑祐太さんが逮捕されたという突然の報道に、なぜブレイク中の今、こんなことをしてしまったのか、疑問に思わざるを得ませんでした。

    ●憔悴しきった状態で行った64分間の謝罪会見  高畑容疑者が逮捕されて3日後、母の高畑淳子さんが都内のホテルで大勢の記者とカメラを前に、謝罪会見を開きました。冒頭、「この度は、大変なご迷惑をおかけいたしました。大変なことをしてしまいました。本当に申し訳ありません。心よりお詫び申し上げます」と話した高畑淳子さん。会見に臨む心境について、まずこのように語っていました。

    3
    続き

    祖国との一体感を求めて開催された東京オリンピック沖縄聖火リレー

     リオデジャネイロ・オリンピックが8月21日に閉幕しました。日本選手団が今大会獲得したメダル数は41個(金12、銀8、銅21)で、前回ロンドン大会の38個を上回って過去最高の結果となりました。金メダルの獲得数では6位、総メダル獲得数では7位です。この勢いで、4年後の東京五輪への期待も大きく膨らみます。東京での開催は2度目となりますが、ここで五輪開催の隠された重要な意義を振り返ってみたいと思います。

    ◇米軍占領下の中で東京五輪を迎えた沖縄  52年前に開催された東京五輪は、まさしく日本の敗戦からの復興の象徴でもありました。これをきっかけに日本の高度成長は加速し、昭和43年にはドイツを抜いて国内総生産(GDP)世界第2位にまでなりました。しかし、戦後復興のシンボルである東京五輪を語る上において、見逃されている重要な事があります。それは、東京五輪が開催されたその瞬間、沖縄はいまだに米軍の占領下にあったということです。では、当時の沖縄県民は東京五輪をどのように受け止めたのでしょうか? それを象徴するものを見つけました。昭和39年(1964年)の琉球切手です。当時、沖縄はまだ米国の施政権下にあったため、この切手は5円でも10円でもなく「3セント」と書かれています。

    7
    続き

    核合意後もイランの態度は変わらず

     イラン核合意が鳴り物入りで交わされ、イラン政府・軍の行動が穏健化するとオバマ政権高官らが希望を表明してから1年、イランと米国の海軍がペルシャ湾で今週、2度にわたって危険なほど接近したことで、イランが何を意図しているのかをめぐって新たな疑念が生じている。

     イラン国防省高官は25日、イラン軍は領海に入る外国船に「警告」「対抗」すると語った。4隻の高速艇が23日、ホルムズ海峡で米海軍のミサイル駆逐艦ニッツェに異常接近、沿岸警備艇スコールは次の日、通航量の多いホルムズ海峡の北端で、イラン革命防衛隊の艦艇を抑止するために、3度の警告射撃をした。

    0
    続き

    「難民歓迎政策」と「太陽政策」の蹉跌

     独日刊紙ヴェルト(8月26日付)とのインタビューの中でイスラム教学者 Hazim Fouad 氏は、「イスラム過激主義者サラフィスト(厳格なイスラム復古主義者)に対抗する最高、最強の武器は難民ウエルカム(歓迎)政策の一層の促進だ」と答えている。少し驚いた。

     同氏は、「西側に逃げてきたイスラム系難民が、『自分はここで歓迎されている』と感じることができれば、サラフィストたちの甘い言葉に惑わされ、イスラム寺院に行き、西側文化憎悪の説教を聞くことはない」というのだ。同氏によると、「多くのイスラム系難民はサラフィストの勧誘を拒否する、なぜならば、彼らは紛争地から逃れてきたからだ。しかし、ドイツで自分が歓迎されていないという感情が高まれば、危険性が出てくる」という。

    0
    続き

    アドラー心理学に学ぶ生き方

    メンタルヘルスカウンセラー 根本 和雄

     昨今の不安定な社会状況と先行不透明な世相にあって、人々は混迷の日々を過ごしているのではなかろうか。

     このような状況の中で近年、注目されている考え方の一つに「アドラー心理学」による「生き方セラピー」があると思うのである。

    1
    続き

    北朝鮮市場経済、富裕化で勤労意欲喚起の効果 坂井氏

    どう見る金正恩体制 日韓専門家対談(7)

     坂井隆 いわゆる富裕層の増加は、2000年代に入って以来、継続的に指摘されてきた。ただし、富裕層が必ずしも新興とは思わない。既存幹部ないしその親族・関係者らが役得を得て富裕化しているケースも少なくないのではないか。

    2
    続き

    参院合区解消、改憲での抜本改革が筋だ

     全国知事会は、先の参院選で導入された「合区」によって都道府県ごとの意思が国政に届かなくなるとして、その解消に向けた改憲議論を求めている。

     合区は「1票の格差」を是正するためのものだが、数合わせの“改革”はもはや限界だ。改憲論議を通じて合区の弊害の解消だけでなく、参院の存在意義を抜本的に問い直す時だ。

     全国知事会が議論求める

    0
    続き

    中村橋之助さん、「芝翫」襲名披露でお練り

     歌舞伎の大名跡、八代目中村芝翫を10月に襲名する中村橋之助さん(50)が29日、東京・浅草の浅草寺でお披露目のお練りを行った。

     同時襲名で四代目として橋之助を継ぐ長男の中村国生さん(20)、三代目福之助となる次男の宗生さん(18)、四代目歌之助となる三男の宜生さん(14)との親子4人で雷門から本堂まで練り歩き、沿道から「成駒屋」「おめでとう」の掛け声が飛んだ。

    0
    続き