■連載一覧
  • 衆院選大勝 安倍政権への提言
  • 2017衆院選 国難と選択
  • 北暴走 揺れる韓国
  • どう見る北の脅威
  • 2017/10/25
  • 2017/10/16
  • 2017/9/21
  • 2017/9/19
  • 2016 世界はどう動く-識者に聞く
  • 戦後70年 識者は語る
  • 2015 世界はどう動く-識者に聞く
  • 2014 世界はどう動く
  • 2016/1/04
  • 2015/8/09
  • 2015/1/07
  • 2014/1/06
  • 香港・中国返還20年 「一国二制度」の前途
  • 台湾に吹いた蔡英文旋風
  • ルポ・政権交代の攻防 台湾総統選
  • 二極化する香港 識者インタビュー
  • 香港誌「前哨」編集長 劉達文氏に聞く
  • 「雨傘革命」下の香港 揺れる一国二制度の行方
  • 揺れる香港 各派リーダーに聞く
  • 香港の普選運動 親中派民間団体代表の見方
  • 2017/7/01
  • 2016/1/18
  • 2015/12/26
  • 2015/7/12
  • 2014/11/21
  • 2014/11/14
  • 2014/11/06
  • 2014/7/08
  • 南シナ海 強まる中国支配 安保専門家に聞く
  • ドゥテルテ大統領就任から3カ月 どこへ向かう比政権
  • 香港「自治」の行方 識者に聞く
  • 中華圏に浸透する同性婚
  • 中台関係の行方
  • 日米同盟と台湾 海洋安全保障の展望
  • 蔡英文時代の台湾 本土派路線のビジョンと課題
  • ASEANの夜明け アジアハイウエー7000キロルポ
  • 緊張 南シナ海
  • 中央アジア胎動 中国「新シルクロード」と日本の戦略
  • “政熱経熱”の中韓
  • 新QDRと米中軍事バランス
  • 新グレートゲーム・幻想だった中国の平和的台頭
  • 新グレートゲーム・中国南進の海
  • 2017/7/26
  • 2016/9/21
  • 2016/8/17
  • 2016/7/26
  • 2016/6/03
  • 2016/5/31
  • 2016/5/19
  • 2016/3/22
  • 2015/11/18
  • 2015/10/14
  • 2015/9/07
  • 2014/3/31
  • 2014/2/14
  • 2013/4/18
  • ムスリム同胞団とアラブ モハメド・F・ファラハト氏に聞く
  • 多難な年明けのトルコ
  • EUと難民 UNHCRウィーン事務所報道官に聞く
  • ロシアのシリア内戦介入 アルアハラム財団事務局長に聞く
  • 2017/9/01
  • 2016/1/30
  • 2015/12/11
  • 2015/11/13
  • 新閣僚に聞く
  • 第3次改造内閣 信頼回復へ始動
  • ’17首都決戦
  • 施行から70年 憲法改正を問う
  • どうなる「民共協力」 27回共産党大会の焦点
  • 蓮舫民進 疑問の船出
  • 新閣僚に聞く
  • 「立憲主義」について
  • 再改造内閣 始動
  • 安倍政権 新たな挑戦
  • 16参院選 注目区を行く
  • 伊勢志摩サミット
  • 憲法改正 ここが焦点
  • 筆坂元日本共産党ナンバー3と田村自民党政務調査会審議役が対談
  • 第3次安倍改造内閣スタート
  • 詳解 集団的自衛権 安保法制案の合憲性
  • 衆院選 自公圧勝 ~課題と展望~
  • ’14衆院選 注目区を行く
  • 第2次安倍改造内閣スタート
  • 日米首脳会談 成果と課題
  • 2017/9/07
  • 2017/8/06
  • 2017/6/27
  • 2017/4/26
  • 2017/1/09
  • 2016/9/17
  • 2016/9/02
  • 2016/8/22
  • 2016/8/04
  • 2016/7/12
  • 2016/6/30
  • 2016/5/23
  • 2016/4/25
  • 2016/4/04
  • 2015/10/08
  • 2015/8/06
  • 2014/12/16
  • 2014/12/07
  • 2014/9/05
  • 2014/4/26
  • 国防最前線・南西諸島はいま 第2部 自衛隊配備へ動く石垣島
  • 国防最前線・南西諸島はいま 第1部 与那国島・陸自駐屯地
  • 激震・翁長県政 「オール沖縄」の凋落
  • 普天間基地移設 経緯の検証と提言
  • 「援護法」に隠された沖縄戦の真実
  • 2016/10/31
  • 2016/10/12
  • 2016/1/26
  • 2015/10/01
  • 2013/7/08
  • 北朝鮮 制裁の現実
  • どう対処 北の脅威 米有識者に聞く
  • 9年ぶり左派政権 文在寅大統領の韓国
  • 弾劾の波紋 漂流する韓国政治
  • 検証・金正恩統治5年
  • どこへ行く混迷・韓国 国政介入事件の深層
  • どう見る金正恩体制 日韓専門家対談
  • 迎撃ミサイル配備 韓国の決断
  • 3代世襲“完成” 北朝鮮第7回党大会
  • 検証 元料理人 藤本氏の再訪朝
  • 韓国総選挙ショック
  • 日韓国交正常化50年 識者に聞く
  • どうする拉致解決 日朝ストックホルム合意1年
  • 日韓国交正常化50年 「嫌韓」「反日」を越えて
  • 張成沢氏失脚 北で何が起きたか
  • 2017/6/26
  • 2017/5/17
  • 2017/5/11
  • 2017/3/15
  • 2016/12/27
  • 2016/12/05
  • 2016/8/24
  • 2016/7/20
  • 2016/5/10
  • 2016/4/29
  • 2016/4/15
  • 2015/6/22
  • 2015/5/11
  • 2015/2/05
  • 2013/12/10
  • 待ったなし地球温暖化対策
  • 環境先進国フランスの挑戦
  • 迫る気候変動の脅威 どうする大災害への備え
  • 2016/1/02
  • 2015/10/07
  • 2015/9/21
  • 「情報戦争」時代と米国
  • 米軍再建への課題-元上級将校の提言
  • トランプ政権始動
  • トランプ大統領の衝撃 米国と世界はどこに向かう
  • トランプvsヒラリー 米大統領選まで1カ月
  • オバマのLGBT外交 米国と途上国の「文化戦争」
  • トランプVSヒラリー 米大統領選まで3カ月
  • オバマ外交と次期米大統領の課題
  • 2016年米大統領選まで1年
  • 再考 オバマの世界観
  • オバマの対宗教戦争・第1部
  • オバマの対宗教戦争・第2部
  • 2017/4/03
  • 2017/2/28
  • 2017/1/22
  • 2016/11/11
  • 2016/10/08
  • 2016/9/26
  • 2016/8/06
  • 2016/6/14
  • 2015/11/08
  • 2015/7/06
  • 2013/8/05
  • 2013/9/30
  • JAXA宇宙探査計画
  • 2015/12/24
  • 7月, 2016のデータ一覧

    地域活性化で外部の若者にしかできないこと

     「あなたたちがきて家庭が明るくなったわ!」  「俺らのほうが教えられることが多いよ!」  私たちが連れてくる外部の若者と触れ合う機会の多い、地元の方は上記のようなことをおっしゃってくれます。そして私たちは「外部の若者」こそ、地域課題解決に重要な役割を果たすと考えます。

    地域がもつ、「町の未来の為」にと行動する人が増えない構造

    2
    続き

    香港立法会選、民主派分裂で波乱含み

     来年7月に返還20周年を迎える香港では、9月4日投開票の香港立法会(議会=70議席、任期4年)選挙が一国二制度下の政局を決する重大な天王山となる政治の季節を迎えている。現有議席保持を死守したい親中派と議席増を目指す民主派が立候補届け出を終え、香港こそ本土であるとする本土派、香港独立を主張する独立派が第三勢力として加わって民主派分裂の混戦となり、序盤から波乱含みの選挙戦となっている。 (香港・深川耕治、写真も)

     今回の選挙の特徴は候補者の新旧世代交代と本土派が第三勢力として加わって民主派が分裂気味になっている点だ。

    9
    続き

    リアリズムより重要なこと、人に希望や楽観は必要

    名寄市立大学教授 加藤 隆

     ある雑誌に司馬遼太郎の文章を引用して、日本社会の持つ危うさを論じているコラムがあった。中身はこうである。

    3
    続き

    “英語読み”でなく正しい天体名を使おう

     アメリカ人と話をした人ならば必ず気づくことであるが、地名や人名の英語の発音は日本の学校教育で教わったものとかなり異なる。例えばイエス・キリストは英語ではJesus Christ(ジーザス・クライスト)であり、エルサレムは英語ではJerusalem(ジェル―サレム)である。だから、アメリカに来て日本語式に発音しても、まず誰も分かってくれないので、英語式の発音に直そうと努力するうちに、国際的に英語の発音が正しいのだと錯覚してしまい、日本に帰ってもそれを使う日本人もいる。

     しかし英語が正しい発音であると誰が決めたのであろうか。私は学校で、日本の社会科の教科書の表記は現地語の発音に忠実にカタカナで表記していると習った。だから、それが正しければ、日本語のように、エルサレムにイエス・キリストが来られた、という言い方が正しいのであり、英語の発音ではイスラエルではかえって通じにくいのではないかと思われる。

    8
    続き

    「土用の丑の日」、ウナギ商戦がピークを迎える

     「土用の丑(うし)の日」に当たる30日、全国各地のスーパーや専門店などでウナギ商戦がピークを迎えた。今年の販売価格は、稚魚のシラスウナギの不漁などでやや上昇傾向にあるが、売れ行きは各社とも好調だという。

    0
    続き

    石川佳純「本番へ向けてしっかりと準備を」

     リオデジャネイロ五輪の卓球日本代表が30日、リオ入りした。女子シングルスで日本勢初のメダルを目指す石川佳純(全農)は長旅の疲れも見せず、「体調とプレーをしっかり調整して、本番へ向けて準備していきたい」と落ち着いた表情で話した。

    1
    続き

    英作家ビアトリクス・ポター生誕150年を祝賀

     日本など世界中で愛読される童話「ピーターラビット」シリーズの作者で英国人作家のビアトリクス・ポター(1866~1943年)が、28日で生誕150年を迎えた。英国が誇る女性作家の生涯に思いを寄せようと、「ピーターラビット」の舞台となった中部の湖水地方をはじめ、各地で祝賀行事が行われている。

    0
    続き

    白い恐竜「ホワイトザウルス」の頭部が落下

     福井県勝山市で観光客の人気を集めていた恐竜のモニュメント「ホワイトザウルス」の頭部が落下し、痛々しい姿をさらしている。設置した市は湿気などによる腐食が原因とみて、8月上旬にも撤去する予定。

    0
    続き

    「トラを救え」キャンペーンで、顔にペイント

     27日、インド南部のバンガロールの「トラを救え」キャンペーンで、トラの縫いぐるみを抱え、顔にペイントを施した少女。

     2010年のサンクトペテルブルク「トラ・サミット(世界トラ保護会議)」で、トラの保護を呼び掛ける「世界トラの日」と定められた7月29日を前にしたイベントの一こま。(EPA=時事)

    0
    続き

    イチローは海外日本人の誇りだ!

     イチロー選手の大リーグ通算3000本安打達成はもはや時間の問題となった。達成したら、日米メディアでイチローの偉業に対する称賛の声が溢れるだろう。大偉業まであと2本となった28日、当方はイチロー選手の偉業に対し、当方なりの記事を書きだした。記録達成の日は、当方もイチロー関連の記事を読むのに忙しく、自身の小さな感慨などを書く時間はないと思ったからだ。

     イチローの過去の記録を見れば、イチローが如何に偉大な選手であるかは一目瞭然だろう。日本での9年間、大リーグの15年間の歩みは一つ一つが記録であり、ドラマだ。

    2
    続き

    説得力欠く同性愛の遺伝要因説

    中華圏に浸透する同性婚(6)

    香港の精神科医・康貴華氏に聞く(上)

     性的少数者(LGBT)の抱える課題や香港での権益拡大の動き、性解放運動の本質について香港で精神科医として同性愛者の診療や立ち直りを支援する活動を長年行っている康貴華医師に聞いた。(聞き手・深川耕治、写真も)

    香港で同性愛差別撤廃の法案が成立すれば、彼らが差別を受けたと判断する人々の行動を厳しく罰する動きになるのか。

    12
    続き

    南シナ海問題で対中制裁の「せ」の字も出なかったNHK「日曜討論」

     オランダ・ハーグの仲裁裁判所が南シナ海をめぐるフィリピンの提訴を審理し、中国が主張する「九段線」は法的根拠がなく、中国の管轄権を認めない判決を出したが、ラオス・ビエンチャンで開かれた東南アジア諸国連合(ASEAN)外相会議はこれを共同声明に盛り込まなかった。また、ASEAN地域フォーラム(ARF)議長声明でも同判決に触れなかった。

    0
    続き

    子宮頸がんワクチン集団訴訟、後手に回った国の対応に怒り

    特報’16

     国が承認した子宮頸(けい)がんワクチンの接種で健康被害が生じたとして、23都府県に住む15~22歳の女性63人が7月27日、国と製薬会社2社を相手に1人1500万円の損害賠償を求める初の集団訴訟を東京、名古屋、大阪、福岡の4地裁で起こした。背景には、回復の見通しも立たず将来への不安を抱く被害者らに対する国の対応が不十分な上、病院や学校などで詐病扱いされるなど、無理解に曝(さら)された少女やその家族の苦悩がある。(佐藤元国)

    2
    続き

    新経済対策、アベノミクス加速を実現せよ

     安倍晋三首相は来月2日に決定する経済対策について「財政措置の規模で13兆円、事業規模で28兆円を上回る総合的かつ大胆な経済対策をまとめたい」と述べ、参院選で「アベノミクスのエンジンを最大限に吹かしていく」と訴えた公約の実現に着手した。

     これに呼応するように日銀は追加金融緩和を決定しており、これから内閣改造を行う安倍政権の経済対策と相乗効果をもたらすことを期待したい。 

    事業規模は28兆円超

    0
    続き

    「おくられつおくりつ果は木曽の秋」(芭蕉)…

     「おくられつおくりつ果は木曽の秋」(芭蕉)。明日から8月。関東地方でも梅雨が明け、本格的な夏を迎えるが、歳時記では8月は「秋」になっている。正確には「立秋」(7日)以降。

     稲畑汀子編『ホトトギス新歳時記』によれば「三暑が過ぎると秋が来る。残暑の中にも秋風の感じられるころからやがて天高く、月よし、秋草よし、虫よし、そして晩秋の紅葉に至るまで、秋は清朗な一面ものさびしい季節である」。街に出ればセミの合唱が聞かれるのがウソのような記事だが、それも旧暦と新暦の違いがあるからだろう。

    0
    続き

    メルケル独首相の「弁明」

     メルケル独首相はやはり凄い。40を超える質問を滞ることなく、ある時はクールに、ある時は簡明に答え、時にはしんみりとした思いを込めて説明していた。年1回開催される慣例のベルリン駐在記者たちの会見では、メルケル首相のクールさだけが目立った。記者たちが準備不足だったからではない。やはり答える側が1枚も2枚も上だったからだ。

     ドイツのバイエルン州で、今月18日ビュルツブルクで、そして22日にはミュンヘンで、24日にはアンスバッハで立て続けにテロ襲撃、銃乱射事件、自爆テロ事件が発生し、ドイツ国民は不安に陥っている(「ドイツで何が起きているのか?」7月26日参考)。

    0
    続き

    乗っ取られた香港の民主化運動

    中華圏に浸透する同性婚(5)

    香港NPO「明光社」の傳丹梅副総幹事に聞く(下)

    12
    続き

    クリントン氏指名、米民主党の世俗化を懸念

     米民主党全国大会で、大統領候補にオバマ政権で国務長官を務めたヒラリー・クリントン氏が正式に指名された。米国の主要政党では初の女性候補だ。

    政策綱領で同性婚支持

     クリントン氏は指名受諾演説で、共和党候補のドナルド・トランプ氏を「われわれを世界から、そして互いにも分断したがっている」と批判。より自由、公正で強い米国の実現に向けた決意を表明した。

    0
    続き

    ピアニストの中村紘子さん死去、72歳

     演奏にも、振る舞いにも、大輪の花を思わせる華やぎと向日性があった。それが戦後を脱し、経済発展の道を進む時期の日本で、豊かさの象徴としてのクラシック音楽の在りようと、ある意味で重なり、ジャンルの枠を超えた人気を博した。

     自身、デビュー50年を祝った7年前、「高度成長にちゃっかり乗るように自分も成長し、国際社会へ出て行った。時代の幸運なしにはあり得なかった」と振り返った。

    0
    続き

    東日本大震災で被災した菖蒲田海水浴場で海開き

     東日本大震災で被災した宮城県七ケ浜町の菖蒲田海水浴場で29日、6年ぶりに海開きが行われた。防潮堤の整備など周囲の復旧工事が進んだため。今年は10日間限定で、来年からは一夏を通して海水浴が楽しめる見込み。

    0
    続き

    フランシスコ・ローマ法王、ポーランド初訪問

     フランシスコ・ローマ法王は27日、ポーランドを初訪問した。フランス北部のカトリック教会で26日に司祭が殺害されるテロがあったばかりで、AFP通信によると、ポーランド当局は警備要員約4万人を動員して厳戒態勢を敷いている。

     法王は31日までの訪問中、南部クラクフでカトリックの催し「世界青年の日」に参加。ユダヤ人らが虐殺されたナチス・ドイツのアウシュビッツ強制収容所跡も訪れる。(ベルリン時事)

    0
    続き

    白井沙恵佳さんがシニア部門で2位に入賞

     世界で最も権威のあるバレエコンクールの一つ、ブルガリア・バルナ国際バレエコンクールで28日、大阪府出身の白井沙恵佳さん(21)ロイヤル・ウィニペグ・バレエ(カナダ)がシニア部門で2位に入るなど、日本人5人が入賞した。  同部門ではペアで参加したスロベニア国立バレエの大巻雄矢さん(25)と中島麻美さん(24)が共に3位に入った。ジュニア部門では益田隼さん(16)バリアシオン・バレエ・スクールと金原里奈さん(18)イングリッシュ・ナショナル・バレエがそれぞれ2位となった。

    0
    続き

    「人間らしさ」問うロボット、あえて機械むき出し

     より人間らしく見えるロボットの開発競争が進む中、大阪大と東京大の研究チームは29日、あえて機械をむき出しにし、動きの複雑さで人間らしさを表現するロボット「機械人間オルタ」を製作したと発表した。30日から東京・お台場の日本科学未来館で一般公開される。

    0
    続き