■連載一覧
  • 衆院選大勝 安倍政権への提言
  • 2017衆院選 国難と選択
  • 北暴走 揺れる韓国
  • どう見る北の脅威
  • 2017/10/25
  • 2017/10/16
  • 2017/9/21
  • 2017/9/19
  • 2016 世界はどう動く-識者に聞く
  • 戦後70年 識者は語る
  • 2015 世界はどう動く-識者に聞く
  • 2014 世界はどう動く
  • 2016/1/04
  • 2015/8/09
  • 2015/1/07
  • 2014/1/06
  • 香港・中国返還20年 「一国二制度」の前途
  • 台湾に吹いた蔡英文旋風
  • ルポ・政権交代の攻防 台湾総統選
  • 二極化する香港 識者インタビュー
  • 香港誌「前哨」編集長 劉達文氏に聞く
  • 「雨傘革命」下の香港 揺れる一国二制度の行方
  • 揺れる香港 各派リーダーに聞く
  • 香港の普選運動 親中派民間団体代表の見方
  • 2017/7/01
  • 2016/1/18
  • 2015/12/26
  • 2015/7/12
  • 2014/11/21
  • 2014/11/14
  • 2014/11/06
  • 2014/7/08
  • 南シナ海 強まる中国支配 安保専門家に聞く
  • ドゥテルテ大統領就任から3カ月 どこへ向かう比政権
  • 香港「自治」の行方 識者に聞く
  • 中華圏に浸透する同性婚
  • 中台関係の行方
  • 日米同盟と台湾 海洋安全保障の展望
  • 蔡英文時代の台湾 本土派路線のビジョンと課題
  • ASEANの夜明け アジアハイウエー7000キロルポ
  • 緊張 南シナ海
  • 中央アジア胎動 中国「新シルクロード」と日本の戦略
  • “政熱経熱”の中韓
  • 新QDRと米中軍事バランス
  • 新グレートゲーム・幻想だった中国の平和的台頭
  • 新グレートゲーム・中国南進の海
  • 2017/7/26
  • 2016/9/21
  • 2016/8/17
  • 2016/7/26
  • 2016/6/03
  • 2016/5/31
  • 2016/5/19
  • 2016/3/22
  • 2015/11/18
  • 2015/10/14
  • 2015/9/07
  • 2014/3/31
  • 2014/2/14
  • 2013/4/18
  • ムスリム同胞団とアラブ モハメド・F・ファラハト氏に聞く
  • 多難な年明けのトルコ
  • EUと難民 UNHCRウィーン事務所報道官に聞く
  • ロシアのシリア内戦介入 アルアハラム財団事務局長に聞く
  • 2017/9/01
  • 2016/1/30
  • 2015/12/11
  • 2015/11/13
  • 新閣僚に聞く
  • 第3次改造内閣 信頼回復へ始動
  • ’17首都決戦
  • 施行から70年 憲法改正を問う
  • どうなる「民共協力」 27回共産党大会の焦点
  • 蓮舫民進 疑問の船出
  • 新閣僚に聞く
  • 「立憲主義」について
  • 再改造内閣 始動
  • 安倍政権 新たな挑戦
  • 16参院選 注目区を行く
  • 伊勢志摩サミット
  • 憲法改正 ここが焦点
  • 筆坂元日本共産党ナンバー3と田村自民党政務調査会審議役が対談
  • 第3次安倍改造内閣スタート
  • 詳解 集団的自衛権 安保法制案の合憲性
  • 衆院選 自公圧勝 ~課題と展望~
  • ’14衆院選 注目区を行く
  • 第2次安倍改造内閣スタート
  • 日米首脳会談 成果と課題
  • 2017/9/07
  • 2017/8/06
  • 2017/6/27
  • 2017/4/26
  • 2017/1/09
  • 2016/9/17
  • 2016/9/02
  • 2016/8/22
  • 2016/8/04
  • 2016/7/12
  • 2016/6/30
  • 2016/5/23
  • 2016/4/25
  • 2016/4/04
  • 2015/10/08
  • 2015/8/06
  • 2014/12/16
  • 2014/12/07
  • 2014/9/05
  • 2014/4/26
  • 国防最前線・南西諸島はいま 第2部 自衛隊配備へ動く石垣島
  • 国防最前線・南西諸島はいま 第1部 与那国島・陸自駐屯地
  • 激震・翁長県政 「オール沖縄」の凋落
  • 普天間基地移設 経緯の検証と提言
  • 「援護法」に隠された沖縄戦の真実
  • 2016/10/31
  • 2016/10/12
  • 2016/1/26
  • 2015/10/01
  • 2013/7/08
  • 北朝鮮 制裁の現実
  • どう対処 北の脅威 米有識者に聞く
  • 9年ぶり左派政権 文在寅大統領の韓国
  • 弾劾の波紋 漂流する韓国政治
  • 検証・金正恩統治5年
  • どこへ行く混迷・韓国 国政介入事件の深層
  • どう見る金正恩体制 日韓専門家対談
  • 迎撃ミサイル配備 韓国の決断
  • 3代世襲“完成” 北朝鮮第7回党大会
  • 検証 元料理人 藤本氏の再訪朝
  • 韓国総選挙ショック
  • 日韓国交正常化50年 識者に聞く
  • どうする拉致解決 日朝ストックホルム合意1年
  • 日韓国交正常化50年 「嫌韓」「反日」を越えて
  • 張成沢氏失脚 北で何が起きたか
  • 2017/6/26
  • 2017/5/17
  • 2017/5/11
  • 2017/3/15
  • 2016/12/27
  • 2016/12/05
  • 2016/8/24
  • 2016/7/20
  • 2016/5/10
  • 2016/4/29
  • 2016/4/15
  • 2015/6/22
  • 2015/5/11
  • 2015/2/05
  • 2013/12/10
  • 待ったなし地球温暖化対策
  • 環境先進国フランスの挑戦
  • 迫る気候変動の脅威 どうする大災害への備え
  • 2016/1/02
  • 2015/10/07
  • 2015/9/21
  • 「情報戦争」時代と米国
  • 米軍再建への課題-元上級将校の提言
  • トランプ政権始動
  • トランプ大統領の衝撃 米国と世界はどこに向かう
  • トランプvsヒラリー 米大統領選まで1カ月
  • オバマのLGBT外交 米国と途上国の「文化戦争」
  • トランプVSヒラリー 米大統領選まで3カ月
  • オバマ外交と次期米大統領の課題
  • 2016年米大統領選まで1年
  • 再考 オバマの世界観
  • オバマの対宗教戦争・第1部
  • オバマの対宗教戦争・第2部
  • 2017/4/03
  • 2017/2/28
  • 2017/1/22
  • 2016/11/11
  • 2016/10/08
  • 2016/9/26
  • 2016/8/06
  • 2016/6/14
  • 2015/11/08
  • 2015/7/06
  • 2013/8/05
  • 2013/9/30
  • JAXA宇宙探査計画
  • 2015/12/24
  • 6月, 2016のデータ一覧

    イギリスのEU離脱、背景に反難民感情

     イスラム過激思想に感化されたテロが後を絶たない。米フロリダ州オーランドでの銃乱射事件では容疑者を含む50人が死亡、米史上最悪の銃撃事件となった。難民・移民に悩む欧米では、現地の文化になじもうとしないイスラム教徒排斥の動きが急拡大、ついに英国民は、イスラムに甘く、難民・移民の受け入れを求める欧州連合(EU)を離脱することを選択した。背景の一つに、欧州でのテロやイスラム化が英国に拡大することへの警戒感があるものとみられる。(カイロ・鈴木眞吉)

    オーランドの銃撃事件、米国の移民2世らが聖戦要員の供給元に

    3
    続き

    北朝鮮海軍の機関銃

    韓国紙セゲイルボ・コラム「説往説来」

     19世紀初めまでは、よく訓練された小銃の射手でも1分間に3、4発程度しか射撃できなかった。歩兵部隊の火力を強化するには戦場に動員する兵士の数を増やすしかなかった。各国の軍指導部は大量の火力を機械的に提供する武器をつくれば戦争の主導権を握ることができると考えた。こうして引き金を引くと弾丸が連続して発射される機関銃が発明されたのだ。

    0
    続き

    「お江戸の金魚ワンダーランド」がプレオープン

     東京・すみだ水族館で29日、来月1日から開催される「お江戸の金魚ワンダーランド」がプレオープンした。23種類の金魚と、金魚のルーツが学べる展示が設けられている。

     この日、墨田区から父親と来た鬼塚琉正くん(1歳)は舞い泳ぐ金魚の姿に興味を示していた。9月30日まで。

    1
    続き

    ヒロインの有村架純さん「新しい風を吹かせたい」

     NHKは29日、来年4月から放送の連続テレビ小説が「ひよっこ」に決まり、有村架純さん(23)がヒロインを演じると発表した。脚本は「ちゅらさん」などの岡田恵和氏。

     東京・渋谷の同局で記者会見した有村さんは「最初はびっくりしてしばらく言葉が出なかった。今は早く演じたい気持ちでいっぱい。新しい風を吹かせられたら」と意気込みを語った。

    0
    続き

    「夏越ごはん」を食べて暑さを乗り切って

     6月30日に各地で行われる神事「夏越(なごし)の祓(はらえ)」に絡め、米穀安定供給確保支援機構が栄養たっぷりの「夏越ごはん」を食べて暑さを乗り切ろうとPRに力を入れている。コメの消費拡大が狙いで、29日には東京都港区の赤坂氷川神社で作り方などを紹介する催しが行われた。

    0
    続き

    誰が英国のEU離脱を決めたのか

     ロンドン発の記事をフォローしていると、英国民は欧州連合(EU)から離脱を望んでいなかったような印象を受ける。23日に実施された国民投票の結果は約51・9%の国民が離脱を願っていた。残留派との差は僅差だが、多数決原則に基づく民主主義国家では十分な差だ。繰り返すが、英国民はEU離脱を決定したのだ。実際、残留を主張してきたキャメロン首相は24日、敗北を認め、引責辞任を早々と表明している。

     にもかかわらず、というべきか、残留派は執拗に国民投票のやり直しを要求し、請願書を送り続けている。あたかも23日の国民投票の決定は国民ではなく、欧州に彷徨う亡霊が国民の意思に反して離脱の道を強いたと主張しているようにだ。そうではないはずだ。それでは離脱派の情報操作や偽情報が多くの国民をミスリードした結果だろうか。情報操作や偽情報は選挙戦で常に見られる現象であり、特筆に値しない。残留派にも、一定の情報操作はあったはずだ。

    4
    続き

    “文化の力”こそ真の国力

    韓国紙セゲイルボ

     韓国動乱勃発66周年になった。休戦の後、大韓民国は廃虚の中から目覚ましい経済成長を遂げた。昨年、国内総生産(GDP)世界11位の先進国になった。

     国力とは何だろうか。大韓民国は2016年度国防費を38兆ウォンと策定した。巨額の国防費で武装した最先端戦闘機と武器が国力であろうか。GDPであろうか。資本力と国防力でなければ、ひょっとして民主主義的市民意識が国力であろうか。

    3
    続き

    イギリスはEU離脱を望んだのか

    平成国際大学教授 浅野 和生

     「民の声は天の声というが、天の声にもたまには変な声がある」とは、1978年11月、自民党総裁予備選挙で大平正芳に敗北した福田赳夫首相の弁である。去る6月23日に投票が行われたイギリス国民投票の結果は、世界に衝撃を与えたが、民の声はたまたま「変な声」だったのだろうか。

    3
    続き

    宮城県、共産党が加勢する桜井に自民党が総力

    16参院選 注目区を行く(1)

     「共産党と組んだと批判するが、共産党と組んで何が悪いのか」。改選数2から1となった選挙区で4期目に挑む民進党の桜井充は開口一番こう訴えた。

    4
    続き

    藤野氏更迭、共産党は綱領を書き換えよ

     共産党の藤野保史政策委員長がNHKの討論番組で、防衛費について「人を殺すための予算」と述べた自らの発言は不適切だったとして、政策委員長の辞任を表明した。発言は自衛隊を侮辱するものであり、共産党が事実上の更迭に踏み切ったのは当然だ。

     防衛費を「人殺しの予算」

    17
    続き

    仙台空港あす民営化、魅力高め外国人客拡大へ

     仙台空港が7月1日、民営化される。国の管理空港の民営化第1号で、東京急行電鉄や前田建設工業、豊田通商などが設立した「仙台国際空港株式会社」(宮城県名取市)が最長65年の契約で運営を担う。同社は「東北の空を、世界の空へ。」をキャッチフレーズに空港の魅力を高め、訪日外国人客(インバウンド)需要の取り込みを狙う。

    0
    続き

    ライオンの赤ちゃん、母のそばなら心配ないさ

     27日、ポーランド西部ゴジュフビエルコポルスキ近郊のサファリパークで、ホワイトライオンの赤ちゃんをなめる母親ライオン。

     このサファリパークでは3月に4匹の赤ちゃんが誕生。だんだんお母さんに似てきた?(EPA=時事)

    2
    続き

    英国のEU離脱決定に改めて統合の原点と課題を再確認した各社説

     それにしても、なぜ、こんなことになったのか――。

     25日付日経社説の一部だが、英国の欧州連合(EU)残留か離脱かを問う国民投票の結果に対して、少なからぬ人々が抱いた感想であろう。筆者もその一人である。

     しかし、その結果は同紙が指摘するように、「世界の経済や秩序に与える影響は、はかりしれないほど大き」く、「深い憂慮の念を抱かざるをえない」ものである。

    0
    続き

    「皮をはいで、ピンク色の肉がむき出しに…

     「皮をはいで、ピンク色の肉がむき出しになったサーモンに、夢中になってかぶりつくクマの姿を見ていると、自分もクマになって食べてみたいと、いつも思う」。

     動物写真家の前川貴行さんが写真集『クマたちの世界』(青●社)〈●=くさかんむりに青〉の中で書いた言葉。暗い洞窟の入り口でサーモンをくわえたブラックベアーの顔をとらえた作品は代表作の一つ。「バリッ、バリッ」と骨の砕ける音が聞こえてきたという。

    1
    続き

    最優秀賞は浦添工3年の松田夏姫さん作「イノル」

     慰霊の日に合わせ、沖縄県内の小中高生から募集された児童・生徒の平和メッセージの図画、作文、詩の入選作品が沖縄県平和祈念公園(糸満市)内の平和祈念資料館で展示された。

     高校の部で最優秀賞を受賞したのは、浦添工業高校3年生の松田夏姫さんによる図画「イノル」。

    1
    続き

    共産党の連合政府構想、世界の例から考える

     40年前の7月2日、ベトナム社会主義共和国が成立した。ベトナム戦争が、北ベトナム主導の共産側の完全勝利で終わってから、わずか1年2カ月後。戦争終結まで、共産側は「南ベトナムでは、民族解放戦線の政府『臨時革命政府』(PRG)を中心に、第三勢力など広範な勢力による『民族・民主革命』を進める。社会主義革命は急がない」と明言していたが、武力勝利したとなると、大急ぎで北による南併合、社会主義革命へと突進した。民族・民主…などは反古(ほご)にされた。

    2
    続き

    英国よ、迅速にEUから離脱を!

     英国が欧州連合(EU)からの離脱か残留かを問う国民投票を実施した結果、離脱派が勝利した。その結果を受け、オーストリアの極右政党自由党のノルベルト・ホーファー副党首は25日、同国メディアとのインタビューで、「EUが1年以内に改革を実施しない限り、わが国はEUに留まるかどうかを問う国民投票を実施すべきだ」と答えた。

    2
    続き

    中露首脳会談、「現状変更」正当化は身勝手だ

     中国の習近平国家主席は、中国を公式訪問したロシアのプーチン大統領と北京で会談した。

     この2日前、両首脳はウズベキスタンで開かれた上海協力機構(SCO)首脳会議に合わせて会談したばかりで、3日間で場所を変えて2度会談するのは異例だ。

     結束誇示して米に対抗

    3
    続き

    崔由姫さんら、被災地で世界水準の踊りを披露

     現在、来日中の英ロイヤル・バレエ団メンバーが27日、熊本県嘉島町の嘉島中学校を訪問し、ワークショップを開催した。北九州市出身のファースト・ソリスト、崔由姫さん(31)らが世界水準の華麗な踊りを披露すると、生徒たちは大きな拍手を送った。

    0
    続き

    「今後もさらに日本とラオスの友好促進を」

     離任を控えたケントン・ヌアンタシン駐日ラオス大使が28日、東京・新橋の日本アセアンセンターで離任特別講演(同センター主催)を行った。

    1
    続き

    71年!「台湾の塔」が完成、日本と共に戦った証し

    沖縄戦から71年 沖縄県平和祈念公園に

     沖縄戦の追悼施設である沖縄県平和祈念公園(同県糸満市)に25日、台湾出身者の戦没者を祀(まつ)る「台湾の塔」が完成した。平和祈念公園には各都道府県などの慰霊塔に加え、韓国人慰霊塔もあるが、台湾人慰霊塔はこれまでなかった。沖縄戦が終結してから71年。台湾人も日本と共に戦ったことの証しになるとして、関係者は喜んでいる。(那覇支局・豊田 剛)

    5
    続き

    日米同盟と「慰霊の日」

    沖縄発のコラム:美ら風(ちゅらかじ)

     沖縄戦の組織的な戦闘が終結したとされる1945年6月23日から、71年目を迎えた今年の「慰霊の日」。糸満市の沖縄県平和祈念公園では、県主催の沖縄全戦没者追悼式が催された。

     米国籍の元軍人による残虐な女性殺人遺棄事件が発生して間もない中の開催となり、翁長雄志知事は平和宣言の中で、海兵隊の削減を含む米軍基地の整理縮小を強く求めた。

    1
    続き

    フランスに声援を

     昨今は、ヨーロッパにとって楽な時代ではない。アンゲラ・メルケルはドイツの収容能力を超えた客人を招き入れた。英国は欧州連合(EU)離脱を話し合っている(もっとも、英国は自国を欧州大陸の一部と見なしたことは、一度もないが)、そして、美しきフランスが、イスラム教徒のテロリストの主たるターゲットなのである。パリは、過去1年半の間に、2回の流血の襲撃を受けた。

     社会主義者のフランソワ・オランド大統領の政府は、国際市場におけるフランス人労働者の競争力を付けようとして、フランスの労働規制法の問題解決に取り掛かっている。しかし、それは簡単ではない。組合労働者らは、その人数は、事実上、大抵の国より小さい部分を占めているのだが、オランド氏に対してだけでなく、しばしば、毎日のように行われている運輸・交通その他のサービスのストライキのために、しばしば内輪に対しても、反乱を起こす可能性を秘めているのである。フランス労働総同盟(CGT)が先頭に立って、しばしば暴力的になる。そう遠くない昔、CGTは共産主義者の組合だった。

    0
    続き