■連載一覧
  • 衆院選大勝 安倍政権への提言
  • 2017衆院選 国難と選択
  • 北暴走 揺れる韓国
  • どう見る北の脅威
  • 2017/10/25
  • 2017/10/16
  • 2017/9/21
  • 2017/9/19
  • 2016 世界はどう動く-識者に聞く
  • 戦後70年 識者は語る
  • 2015 世界はどう動く-識者に聞く
  • 2014 世界はどう動く
  • 2016/1/04
  • 2015/8/09
  • 2015/1/07
  • 2014/1/06
  • 香港・中国返還20年 「一国二制度」の前途
  • 台湾に吹いた蔡英文旋風
  • ルポ・政権交代の攻防 台湾総統選
  • 二極化する香港 識者インタビュー
  • 香港誌「前哨」編集長 劉達文氏に聞く
  • 「雨傘革命」下の香港 揺れる一国二制度の行方
  • 揺れる香港 各派リーダーに聞く
  • 香港の普選運動 親中派民間団体代表の見方
  • 2017/7/01
  • 2016/1/18
  • 2015/12/26
  • 2015/7/12
  • 2014/11/21
  • 2014/11/14
  • 2014/11/06
  • 2014/7/08
  • 南シナ海 強まる中国支配 安保専門家に聞く
  • ドゥテルテ大統領就任から3カ月 どこへ向かう比政権
  • 香港「自治」の行方 識者に聞く
  • 中華圏に浸透する同性婚
  • 中台関係の行方
  • 日米同盟と台湾 海洋安全保障の展望
  • 蔡英文時代の台湾 本土派路線のビジョンと課題
  • ASEANの夜明け アジアハイウエー7000キロルポ
  • 緊張 南シナ海
  • 中央アジア胎動 中国「新シルクロード」と日本の戦略
  • “政熱経熱”の中韓
  • 新QDRと米中軍事バランス
  • 新グレートゲーム・幻想だった中国の平和的台頭
  • 新グレートゲーム・中国南進の海
  • 2017/7/26
  • 2016/9/21
  • 2016/8/17
  • 2016/7/26
  • 2016/6/03
  • 2016/5/31
  • 2016/5/19
  • 2016/3/22
  • 2015/11/18
  • 2015/10/14
  • 2015/9/07
  • 2014/3/31
  • 2014/2/14
  • 2013/4/18
  • ムスリム同胞団とアラブ モハメド・F・ファラハト氏に聞く
  • 多難な年明けのトルコ
  • EUと難民 UNHCRウィーン事務所報道官に聞く
  • ロシアのシリア内戦介入 アルアハラム財団事務局長に聞く
  • 2017/9/01
  • 2016/1/30
  • 2015/12/11
  • 2015/11/13
  • 新閣僚に聞く
  • 第3次改造内閣 信頼回復へ始動
  • ’17首都決戦
  • 施行から70年 憲法改正を問う
  • どうなる「民共協力」 27回共産党大会の焦点
  • 蓮舫民進 疑問の船出
  • 新閣僚に聞く
  • 「立憲主義」について
  • 再改造内閣 始動
  • 安倍政権 新たな挑戦
  • 16参院選 注目区を行く
  • 伊勢志摩サミット
  • 憲法改正 ここが焦点
  • 筆坂元日本共産党ナンバー3と田村自民党政務調査会審議役が対談
  • 第3次安倍改造内閣スタート
  • 詳解 集団的自衛権 安保法制案の合憲性
  • 衆院選 自公圧勝 ~課題と展望~
  • ’14衆院選 注目区を行く
  • 第2次安倍改造内閣スタート
  • 日米首脳会談 成果と課題
  • 2017/9/07
  • 2017/8/06
  • 2017/6/27
  • 2017/4/26
  • 2017/1/09
  • 2016/9/17
  • 2016/9/02
  • 2016/8/22
  • 2016/8/04
  • 2016/7/12
  • 2016/6/30
  • 2016/5/23
  • 2016/4/25
  • 2016/4/04
  • 2015/10/08
  • 2015/8/06
  • 2014/12/16
  • 2014/12/07
  • 2014/9/05
  • 2014/4/26
  • 国防最前線・南西諸島はいま 第2部 自衛隊配備へ動く石垣島
  • 国防最前線・南西諸島はいま 第1部 与那国島・陸自駐屯地
  • 激震・翁長県政 「オール沖縄」の凋落
  • 普天間基地移設 経緯の検証と提言
  • 「援護法」に隠された沖縄戦の真実
  • 2016/10/31
  • 2016/10/12
  • 2016/1/26
  • 2015/10/01
  • 2013/7/08
  • 北朝鮮 制裁の現実
  • どう対処 北の脅威 米有識者に聞く
  • 9年ぶり左派政権 文在寅大統領の韓国
  • 弾劾の波紋 漂流する韓国政治
  • 検証・金正恩統治5年
  • どこへ行く混迷・韓国 国政介入事件の深層
  • どう見る金正恩体制 日韓専門家対談
  • 迎撃ミサイル配備 韓国の決断
  • 3代世襲“完成” 北朝鮮第7回党大会
  • 検証 元料理人 藤本氏の再訪朝
  • 韓国総選挙ショック
  • 日韓国交正常化50年 識者に聞く
  • どうする拉致解決 日朝ストックホルム合意1年
  • 日韓国交正常化50年 「嫌韓」「反日」を越えて
  • 張成沢氏失脚 北で何が起きたか
  • 2017/6/26
  • 2017/5/17
  • 2017/5/11
  • 2017/3/15
  • 2016/12/27
  • 2016/12/05
  • 2016/8/24
  • 2016/7/20
  • 2016/5/10
  • 2016/4/29
  • 2016/4/15
  • 2015/6/22
  • 2015/5/11
  • 2015/2/05
  • 2013/12/10
  • 待ったなし地球温暖化対策
  • 環境先進国フランスの挑戦
  • 迫る気候変動の脅威 どうする大災害への備え
  • 2016/1/02
  • 2015/10/07
  • 2015/9/21
  • 「情報戦争」時代と米国
  • 米軍再建への課題-元上級将校の提言
  • トランプ政権始動
  • トランプ大統領の衝撃 米国と世界はどこに向かう
  • トランプvsヒラリー 米大統領選まで1カ月
  • オバマのLGBT外交 米国と途上国の「文化戦争」
  • トランプVSヒラリー 米大統領選まで3カ月
  • オバマ外交と次期米大統領の課題
  • 2016年米大統領選まで1年
  • 再考 オバマの世界観
  • オバマの対宗教戦争・第1部
  • オバマの対宗教戦争・第2部
  • 2017/4/03
  • 2017/2/28
  • 2017/1/22
  • 2016/11/11
  • 2016/10/08
  • 2016/9/26
  • 2016/8/06
  • 2016/6/14
  • 2015/11/08
  • 2015/7/06
  • 2013/8/05
  • 2013/9/30
  • JAXA宇宙探査計画
  • 2015/12/24
  • 5月, 2016のデータ一覧

    沖縄は「独立」ではなく「自立」を

     今月、G7伊勢志摩サミットを前にして、沖縄県うるま市に住む女性が、在沖縄米軍の米軍属に殺害され遺体を遺棄されるという、大変痛ましい事件が起きた。この事件により、沖縄では反米感情の高まりと同時に、反政府感情も高まりつつあるという。日々、インターネットで琉球新報や沖縄タイムスなどの沖縄メディアをチェックしていると、「植民地扱い」という言葉まで踊るほど、沖縄の政治情勢の不安定さがうかがえる。

     こうした中で、琉球独立勢力が活動を活発化させることを私は懸念している。現に、私の住む東京都内でも「沖縄の自己決定権」に関する講演会が、この事件の後にたくさん開催される予定であり、5月29日には埼玉県内でも反日勢力による集会が行われ、沖縄の「平和運動の象徴」とされる山城博治氏がスピーチに登壇するという事態まで起きた。

    7
    続き

    中国包囲を進めるオバマ氏

    米コラムニスト チャールズ・クラウトハマー

     【ワシントン】外交政策に対する「理想主義者」と「現実主義者」、楽観主義者と悲観主義者を区別する方法がある。歴史の矢を信じるかと質問すればいい。言い替えれば、歴史は循環的か直線的かということだ。何度も、何世代も同じ間違いを繰り返し続けるのか、希望に向かって進み続けるのかということだ。

    1
    続き

    “お人好し”の村山元首相

    地球だより

     またかという感じもするが、村山富市元首相が訪問先の韓国で歴史認識問題をめぐり韓国びいきを披露した。いわゆる従軍慰安婦問題で「朴槿恵大統領の粘り強い働き掛け」により「ついに安倍晋三首相の謝罪と(関連財団向けの)10億円拠出を引き出した」というのだ。歴史絡みの日韓懸案事項はこれを「管理」し、争点化させない努力が何より大事だったはず。この問題を日韓関係の入り口にドカンと置いてしまい、その結果、両国に嫌韓・反日感情を広げた張本人こそ朴大統領自身ではなかったのか。

    0
    続き

    「一つの中国」の呪縛を解け、蔡英文台湾総統が就任

    平成国際大学教授 浅野 和生

     中国が主張する「一つの中国」原則とは、台湾も中国の一部であると認めることである。中国は、「一つの中国」原則の承認が、中台間の交渉、交流の基礎であると繰り返し表明している。しかし、1月の総統選挙で示された台湾の民意は、台湾は台湾であって、中国の一部ではない、ということであった。

    4
    続き

    中国は信頼できる「核」確保に躍起

    日米同盟と台湾 海洋安全保障の展望(1)

    元統合幕僚学校副校長・海将補 川村純彦氏に聞く

    3
    続き

    親の身勝手なしつけは、虐待に繋がる

     北海道七飯(ななえ)町東大沼の林で28日の午後、小学2年生の田野岡大和君が行方不明になったというニュースが流れました。当初は、大和君は「山菜採り中に家族とはぐれた」ということだったのですが、29日になって、両親が置き去りにしたのが原因だと発表されました。

     父親の貴之さんは置き去りにした理由を、「しつけのために怖い思いをさせようと車から降ろした」と話していました。具体的に何があったかというと、28日は午後から大和君の姉を含めた一家4人で、鹿部町の公園に車で出かけ、そこで水遊びなどをした後、大和君が車道に向かって石を投げたため、貴之さんは叱ったそうです。大和君は以前にも車に石で傷を付けたことがあったので、「父親としての威厳を示さなければ」と感じ、叱るだけではなく、「反省しなさい」と林道で車から降ろしたのでした。泣きながら追いかけてきたので、親の情が働いたのか、1度は車内に入れました。ところが、大和君が反省していない素振りを見せたのか、約500メートル先の三差路で再び降ろしたそうです。そして、5分後に戻った時には既に姿が見えなくなっていたということでした。

    2
    続き

    アイドルが刺される、警察は不手際を繰り返すな

     東京都小金井市で、アイドルとして活動している20代の女性がファンの男に刃物で刺され、意識不明の重体となった事件では、女性が事前に警察に相談していたにもかかわらず、凶行を防ぐことができなかった。

     アイドルが男に刺される

    0
    続き

    夕張メロンの試食会、1切れ当たりが4万円?

     初競りで2玉300万円の史上最高値がついた夕張メロンの試食会が30日、兵庫県尼崎市の食品スーパー「くらし快援隊 中央店」で行われた。

     2玉のうち1玉の注文がキャンセルとなったため、食べ頃を逃す前に多くの人に味わってもらおうと、落札した青果店が試食会を開催した。

    1
    続き

    東大の桐生と慶大の柳町、喜びそれぞれ

     東大で12年ぶりにベストナインに選ばれた桐生は「いろんな人の支えがあったから」と謙虚だった。春3勝と躍進した東大打線の中で、リーグ4位の打率3割3分3厘をマークした4年生。「目標の勝ち点と最下位脱出には、あと一歩届かなかった。秋は取りにいきたい」と最終シーズンでの宿願達成を誓った。

    1
    続き

    トランプ氏のマスク、米大統領選でひと稼ぎ

     中国浙江省の工房で18日、米大統領選で共和党の候補指名を確実にしたドナルド・トランプ氏の顔をかたどったマスクを作る男性。

     この工房で作られたトランプ氏と、民主党のヒラリー・クリントン前国務長官のマスクはそれぞれ50万点以上に上り、近く米国に届くという。

     11月の大統領選を前にマスクも人気を競う?(EPA=時事)

    0
    続き

    クリントン陣営、トランプ氏阻止へ献金要請

     ヒラリー・クリントン陣営が調達資金の減少に直面している。共和党の大統領指名を確実にしているドナルド・トランプ氏が一般投票で勝利することはないとみていたが、それが間違っていたことを認め、熾烈(しれつ)な予備選を乗り越え、この富豪に勝つには資金が必要だと訴えた。

     クリントン陣営のマネジャー、ロビー・ムーク氏は支持者への電子メールで、クリントン氏とトランプ氏が11月に対決することが確実になれば、献金は増えるだろうと甘く見ていたことを明らかにした。

    1
    続き

    自民党改憲案に対し、校則への造反を「自由」ともてはやす朝日の憲法観

     『生徒人権手帳』(三一書房)という中高校生向けの本がある。国連で児童の権利条約が論議された1980年代に作成され、日教組が盛んに推奨した。何が生徒の「人権」なのかと言うと、こうある。

    3
    続き

    道端などで緑葉の中の白い花が際立ち、その…

     道端などで緑葉の中の白い花が際立ち、そのコントラストも美しい。葉は薬草や茶として私たちの生活に大いに役立っているのに、その花名のイメージで損をしているドクダミをよく目にするようになった。

     きょうは5月も末日、明日からははや6月である。草木が成長し生い茂る「小満」が過ぎ、芒のある穀物や稲や麦など穂の出る穀物の種をまく季節という5日の「芒種」と、梅雨入りを前にしたこの季節。

    0
    続き

    「売り上げを伸ばし続けること=地域活性化の成功」ではない

     地域活性化に取り組む時、「ボランティアではなくビジネスとして行っていくことが大切だ」と言われています。それはなぜかというと、「ビジネス=お金を稼ぐこと、売り上げを伸ばし続けること」であり、それは「顧客にしっかりと価値を提供し続けている」ということと、「自立しており、持続可能であること」が理由として挙げられます。  困っている人がいて、その人に解決策として商品やサービスを提供する。その見返りとしてお金をもらう、だからお金をより多く稼ぐことは、困り事をより解決しているのだから良いことであり、ビジネスとしての成功である。また困っている人の問題を解決し続けなければならないので、補助やボランティアに頼るのではなく自分たちのお金でやるべきだ。ということであり間違いではないように感じます。

    6
    続き

    魂を発する詩吟は精神文化

    金沢市議会議員 黒沢和規氏に聞く

     加賀百万石前田家の城下町として栄えた金沢は、文化都市として名高い。しかも、その歴史は武家屋敷群や茶屋街などに残っているだけでなく、人そのものにも脈々と受け継がれている。「漢詩」を人生の友としてきた金沢市議会議員の黒沢和規氏に、その魅力を語ってもらった。(聞き手=池永達夫)

    一番好きな詩人は?

    0
    続き

    「台湾の光」400年の歴史を演出 台湾総統就任式典

     1月の台湾総統選挙で圧勝した民進党の蔡英文氏(59)が20日、台北市内の総統府で李登輝元総統(93)らが見守る中、総統就任宣誓を行い、国民党の馬英九氏(65)の後任として第14代総統に就任した。

     台湾では過去8年間の馬英九総統率いる国民党政権で対中傾斜の政策を強めたことで景気低迷、失業率増を招き、中台の軍事バランスが崩れることで3度目の政権交代を促した。

    6
    続き

    韓国大統領選に出馬の意向か?潘基文国連総長が注目の的

     潘基文国連事務総長(71)が来年12月の韓国大統領選挙に出馬する意向を固めたのではないかとする見方が広がっている。4月の総選挙で惨敗した与党セヌリ党による擁立が取り沙汰されており、野党は警戒ムードだ。 (西帰浦=韓国済州島・上田勇実、写真も)

     先週、韓国南部の済州島を訪問した潘氏は行く先々で報道陣にもみくちゃにされた。総選挙で惨敗した与党の大統領候補支持率が低迷・低下し始めていた矢先の一時帰国。来年の大統領選出馬に関するコメントを取ろうと取材に殺到したのだ。

    1
    続き

    全国美大系学生の展示会「漆芸の未来を拓く~生新の時2016~」開催

     石川県輪島市の県輪島漆芸美術館では、大学や大学院で漆工芸を学び、今春卒業および修了した学生たちの漆芸作品を展示した「漆芸の未来を拓(ひら)く~生新(せいしん)の時2016~」が開かれている。今年で9回を数える恒例の展覧会で、地元の金沢美術工芸大、金沢学院大、富山大はじめ、東京藝術大、京都市立芸術大、東北芸術工科大、広島市立大に加え、今回から沖縄県立芸術大が出品し、計41点の意欲作が並んでいる。(日下一彦)

    1
    続き

    ユーロ2016のテロ対策大丈夫?

     欧州サッカーのクラブ最高峰を目指した欧州チャンピオンズ・リーグ(CL)の決勝戦は28日、イタリアのミラノでレアル・マドリードとアトレチコ・マドリードの間で行われ、レアル・マドリードが2季ぶり11度目の優勝を果たした。

     欧州のサッカーファンの目はいよいよ来月から始まる第15回欧州選手権(ユーロ2016)に注がれる。フランスで6月10日から7月10日まで欧州サッカー連盟(UEFA)主催で行われ、パリで行われるフランス対ルーマニア戦の開幕試合を皮切りに、10カ所のスタジアムで24カ国のチームが計51試合を行う。開催中に250万人以上の観客やファンがフランスに押し寄せてくると予想されている。

    1
    続き

    日・ブータンの国交30年展、日本重視の王室品展示

    桐蔭横浜大学法学部教授 ペマ・ギャルポ

     国と国の関係も結局人間同士の関係である。それを特徴付けるような出来事をこのたび体験することが出来た。「世界一の幸せの国」として知られているヒマラヤの小国ブータンの展示会「ブータン~しあわせに生きるためのヒント(A Hint to Happiness)」が5月20日から約1年と数カ月、日本の主要都市で開催されることになり、その開会式に出席するため、同国の前国王妃ツェリン・ヤンドン・ワンチュク陛下と現国王御妹君デチェン・ヤンゾム・ワンチュク殿下が御来日された。

    4
    続き

    食天国タイの一品、人気トップは?

    地球だより

     タイ訪問回数が20回以上、もしくはタイ駐在歴がある人を対象に、どこの店のどの料理が一番好きかというアンケート結果が公表された。いわばヘビーユーザーによるタイグルメのトップは何かというものだ。

     1位に輝いたのは観光旅行者の定番レストランになっているレストラン「ソンブーン」の「プーパッポンカリー(カニのカレー炒め)」だった。

    0
    続き

    サミット議長国の利生かし演出

    伊勢志摩サミット検証(下)

     伊勢神宮内宮の宇治橋で首脳を迎えてスタートした主要国首脳会議(伊勢志摩サミット)は広島の原爆ドームに向かう安倍晋三首相とバラク・オバマ米大統領の後ろ姿で終わった。会場となった賢島のホテルでは拡大会議を含み七つのセッションが行われたものの、その中身よりも、こちらの方が印象が強いのは、今回のサミットが「安倍晋三の政治ショー」として演出されたからだといっても過言ではない。

    5
    続き

    オバマ氏広島訪問、道徳的覚醒訴えた演説を評価

     オバマ米大統領が広島を訪れた。米国は原子爆弾を1945年8月6日に広島、9日に長崎に投下した。人類史上初となる実戦での核兵器使用だ。激しい熱線と衝撃波、有害な放射線で同年だけで21万人以上が死亡し、その後犠牲者は46万人に達した。こうして日本は唯一の被爆国となった。

     あれから71年。現職の米大統領として被爆地を訪問したのはオバマ大統領が初めてである。その歴史的意義は大きい。

    5
    続き