■連載一覧
  • トランプ大統領の衝撃 米国と世界はどこに向かう
  • 国防最前線・南西諸島はいま 第2部 自衛隊配備へ動く石垣島
  • 国防最前線・南西諸島はいま 第1部 与那国島・陸自駐屯地
  • トランプvsヒラリー 米大統領選まで1カ月
  • オバマのLGBT外交 米国と途上国の「文化戦争」
  • 2016/11/11
  • 2016/10/31
  • 2016/10/12
  • 2016/10/08
  • 2016/9/26
  • 2016 世界はどう動く-識者に聞く
  • 戦後70年 識者は語る
  • 2015 世界はどう動く-識者に聞く
  • 2014 世界はどう動く
  • 2016/1/04
  • 2015/8/09
  • 2015/1/07
  • 2014/1/06
  • 台湾に吹いた蔡英文旋風
  • ルポ・政権交代の攻防 台湾総統選
  • 二極化する香港 識者インタビュー
  • 香港誌「前哨」編集長 劉達文氏に聞く
  • 「雨傘革命」下の香港 揺れる一国二制度の行方
  • 揺れる香港 各派リーダーに聞く
  • 香港の普選運動 親中派民間団体代表の見方
  • 2016/1/18
  • 2015/12/26
  • 2015/7/12
  • 2014/11/21
  • 2014/11/14
  • 2014/11/06
  • 2014/7/08
  • ドゥテルテ大統領就任から3カ月 どこへ向かう比政権
  • 香港「自治」の行方 識者に聞く
  • 中華圏に浸透する同性婚
  • 中台関係の行方
  • 日米同盟と台湾 海洋安全保障の展望
  • 蔡英文時代の台湾 本土派路線のビジョンと課題
  • ASEANの夜明け アジアハイウエー7000キロルポ
  • 緊張 南シナ海
  • 中央アジア胎動 中国「新シルクロード」と日本の戦略
  • “政熱経熱”の中韓
  • 新QDRと米中軍事バランス
  • 新グレートゲーム・幻想だった中国の平和的台頭
  • 新グレートゲーム・中国南進の海
  • 2016/9/21
  • 2016/8/17
  • 2016/7/26
  • 2016/6/03
  • 2016/5/31
  • 2016/5/19
  • 2016/3/22
  • 2015/11/18
  • 2015/10/14
  • 2015/9/07
  • 2014/3/31
  • 2014/2/14
  • 2013/4/18
  • 多難な年明けのトルコ
  • EUと難民 UNHCRウィーン事務所報道官に聞く
  • ロシアのシリア内戦介入 アルアハラム財団事務局長に聞く
  • 2016/1/30
  • 2015/12/11
  • 2015/11/13
  • 蓮舫民進 疑問の船出
  • 新閣僚に聞く
  • 「立憲主義」について
  • 再改造内閣 始動
  • 安倍政権 新たな挑戦
  • 16参院選 注目区を行く
  • 伊勢志摩サミット
  • 憲法改正 ここが焦点
  • 筆坂元日本共産党ナンバー3と田村自民党政務調査会審議役が対談
  • 第3次安倍改造内閣スタート
  • 詳解 集団的自衛権 安保法制案の合憲性
  • 衆院選 自公圧勝 ~課題と展望~
  • ’14衆院選 注目区を行く
  • 第2次安倍改造内閣スタート
  • 日米首脳会談 成果と課題
  • 2016/9/17
  • 2016/9/02
  • 2016/8/22
  • 2016/8/04
  • 2016/7/12
  • 2016/6/30
  • 2016/5/23
  • 2016/4/25
  • 2016/4/04
  • 2015/10/08
  • 2015/8/06
  • 2014/12/16
  • 2014/12/07
  • 2014/9/05
  • 2014/4/26
  • 激震・翁長県政 「オール沖縄」の凋落
  • 普天間基地移設 経緯の検証と提言
  • 「援護法」に隠された沖縄戦の真実
  • 2016/1/26
  • 2015/10/01
  • 2013/7/08
  • どう見る金正恩体制 日韓専門家対談
  • 迎撃ミサイル配備 韓国の決断
  • 3代世襲“完成” 北朝鮮第7回党大会
  • 検証 元料理人 藤本氏の再訪朝
  • 韓国総選挙ショック
  • 日韓国交正常化50年 識者に聞く
  • どうする拉致解決 日朝ストックホルム合意1年
  • 日韓国交正常化50年 「嫌韓」「反日」を越えて
  • 張成沢氏失脚 北で何が起きたか
  • 2016/8/24
  • 2016/7/20
  • 2016/5/10
  • 2016/4/29
  • 2016/4/15
  • 2015/6/22
  • 2015/5/11
  • 2015/2/05
  • 2013/12/10
  • 待ったなし地球温暖化対策
  • 環境先進国フランスの挑戦
  • 迫る気候変動の脅威 どうする大災害への備え
  • 2016/1/02
  • 2015/10/07
  • 2015/9/21
  • トランプVSヒラリー 米大統領選まで3カ月
  • オバマ外交と次期米大統領の課題
  • 2016年米大統領選まで1年
  • 再考 オバマの世界観
  • オバマの対宗教戦争・第1部
  • オバマの対宗教戦争・第2部
  • 2016/8/06
  • 2016/6/14
  • 2015/11/08
  • 2015/7/06
  • 2013/8/05
  • 2013/9/30
  • JAXA宇宙探査計画
  • 2015/12/24
  • 4月, 2016のデータ一覧

    書記室長との話「言えない」

    検証 元料理人 藤本氏の再訪朝(下)

     北朝鮮の金正日総書記の元専属料理人だった藤本健二氏(仮名)は今回の訪朝で初日に最高指導者の金正恩第1書記と会ったほかは翌日以降、家族と金チャンソン書記室長が行動を共にした。

    3
    続き

    国家維持のため軍隊は不可欠

    憲法改正 ここが焦点(6)

    憲法と現実との乖離(かいり)を埋める改正が必要ではないか。

     憲法改正の必要性は私もずっと前から認めてきた。

    4
    続き

    対北朝鮮安保理制裁 核放棄するまで続けよ

     北朝鮮は、国連安保理が3月2日採択した史上最強の制裁決議で事実上の全方位的封鎖状態に陥り、金正恩(キムジョンウン)第1書記は権力を引き継いで以来、最大の危機に直面している。

     北朝鮮の4回目の核実験と長距離弾道ミサイルの発射を糾弾する第2270号制裁決議には、国連史上最も包括的で強力な内容が盛り込まれている。北朝鮮に制裁服従か政権壊滅かの二者択一を求める最後通牒であり、制裁の集大成「最終決議(terminating resolution)」なのである。

    0
    続き

    トランプ氏、同盟国日本への正しい理解を

     2016年米大統領選の候補指名争いで、民主党はヒラリー・クリントン前国務長官が「社会主義者」のバーニー・サンダース上院議員を引き離した。一方、共和党は不動産王ドナルド・トランプ氏をテッド・クルーズ上院議員、オハイオ州のジョン・ケーシック知事が何とか追いかける構図となっている。

    現実味帯びる指名獲得

    2
    続き

    ケネディ駐日米大使が蒲島熊本県知事を表敬訪問

     キャロライン・ケネディ駐日米大使は29日、地震で大きな被害が出た熊本県の蒲島郁夫知事を表敬訪問した。知事によると、大使からお見舞いの言葉があり、救援活動などについて意見交換したという。

     熊本地震では、在日米軍が同県南阿蘇村に救援物資を輸送した。蒲島知事はケネディ大使の訪問について「米国も支援するぞという意志の表れだったと思う。熊本県の人たちにも元気を与える」と記者団に述べた。

    1
    続き

    国内最大級の「京都鉄道博物館」がオープン

     国内最大級の「京都鉄道博物館」が29日、京都市下京区にオープンした。展示車両は蒸気機関車から新幹線まで53両、敷地面積は約3万平方メートルを誇る。運営するJR西日本は初年度、120万~130万人の来館者を見込んでいる。

    1
    続き

    群馬県神流町で悠々と空泳ぐ800匹のコイの群れ

     29日、群馬県神流町で「かんな鯉のぼり祭り」が開幕し、約800匹のコイが空を悠々と泳いでいる。

     特設会場では、山菜のてんぷらやアユの塩焼きといった地元の食材を使った料理の出展コーナーやアマチュアバンドによるステージイベントを用意。

     バンジートランポリンなど子供が楽しめる遊びも盛りだくさんだ。祭りは5月5日まで、コイは8日まで掲揚される。

    2
    続き

    下重暁子 vs 金美齢 すべての家族断罪する独善

     NHKの人気アナウンサーだった下重暁子の「家族という病」が60万部を突破するベストセラーになったが、最近、書店をのぞいたら、「家族という病2」が積んであった。その少し前には、評論家の金美齢の「家族という名のクスリ」が発売された。同じ家族をテーマにしながら、「病」と「クスリ」という正反対の見方をする両人の人間性の違いはどこにあるのかと考えざるをえなかった。

     その金が「WiLL」6月号に、下重を一喝する論考を寄せている(「『家族という病』だなんて、下重さん、あなたはエライのね!」)。その中で、金は下重の家族観について「自分の家族に問題があったということだけです」とした上で、「しかし、自分が辛いからといって、他の家族のことまで『病』だと決めつけるのはどうでしょう」と書いている。

    0
    続き

    TBS vs「視聴者の会」、「朝日」も加わるも劣勢の局

     保守系の月刊誌「WiLL」の花田紀凱編集長をはじめとした編集部がそれまでのワック出版からそっくり飛鳥新社に移籍して創刊した「Hanada」を手にして驚いた。赤を基調にした表紙のデザインが「WiLL」とそっくりで、引き継いだ連載も多かったからだ。同じ人間が編集するとなれば、大きな変化は期待できないが、保守系論壇が活性化するためには、どちらかが独自路線に挑戦することが必要だろう。両誌が今後どのような展開を見せるのか、注目したい。

     さて、今回は創刊を祝してというわけではないが、「Hanada」6月号に掲載されている文藝評論家・社団法人日本平和学研究所理事長、小川榮太郎の論考「TBSが犯した『重大犯罪』」を取り上げたい。と言っても、「WiLL」2月号の論考「テレビは新聞社のプロパガンダ機関か」(筆者は米カリフォルニア州弁護士ケント・ギルバート)の続報のようなものである。

    4
    続き

    昨年2万人の外国人犯罪者を釈放

     国土安全保障省(DHS)は、外国人犯罪者の拘束で成果を上げているが、起訴されていながら、昨年、釈放された移民は2万人近くに達する。その中には、性的暴行、誘拐、殺人の罪を犯した者が数百人もいる。連邦議会に今週提出された資料から明らかになった。

     その資料によると、外国人の犯罪は全体で6万4000件、そのうち1万2307件が飲酒運転、1728件が暴行、216件が誘拐、200件以上が殺人となっている。移民税関捜査局(ICE)が28日の聴聞会に先立って、下院監視・政府改革委員会に明らかした。

    1
    続き

    大型連休が始まって、熊本地震の被災地では…

     大型連休が始まって、熊本地震の被災地では住宅の片付けなどボランティアの活動が本格化している。そんな中、昨日は午後3時すぎに大分県中心部を震源とする震度5強の地震があった。

     今回の地震の最大の特徴は、余震の数が極めて多いことだ。震度1以上の体に感じる地震は1050回を超えている。

    2
    続き

    為替レート問題で構造調整頓挫させぬ対応を

    韓国紙セゲイルボ

     日本の量的緩和政策に対して、日本の立場を擁護してきた米国に変化が感知される。米国金利引き上げが予定より遅れ、国際金融市場で円高が進み、日本政策当局が介入しようとする動きを見せると、米国は明らかな警告メッセージを送った。

    0
    続き

    トランプ氏の嫌がらせ?

    地球だより

     「今年は売り上げが半分くらいに減り、利益もほとんどない。ショックだよ」

     これは、米首都ワシントンの春の人気行事「ジャパニーズ・ストリート・フェスティバル」で毎年、日本の雑貨品を販売している知人のぼやきだ。日本文化を紹介する同フェスティバルは「全米桜祭り」の目玉イベントのはずだが、一体何があったのか。

    2
    続き

    性転換者トイレ使用制限などの撤回求め 米企業の事業撤退圧力相次ぐ

     トランスジェンダー(性転換者)などの性的少数者(LGBT)らが出生時の性別とは違うトイレを使用しないよう定めた米南部ノースカロライナ州の法律などに対し、大手企業が事業の撤退や縮小をちらつかせる「圧力」が相次いでいる。ただ、こうした企業は同性愛行為を厳しく取り締まる国に進出する際には問題に介入しないという「ダブルスタンダード」(二重基準)の姿勢を示しているため、保守派を中心に疑問の声が上がっている。(ワシントン・岩城喜之)

     ノースカロライナ州議会は先月23日、出生証明書に記載された性別のトイレと更衣室を使用するよう求めた州法「HB2」(通称・トイレ法)を全米で初めて成立させた。だが、この直後から大手企業が「LGBTへの差別につながる」として、同州法の撤回を求めて圧力をかけるようになった。

    3
    続き

    教育で戦後GHQのWGIP政策からの影響脱却を

    憲法改正 ここが焦点(5)

    今、憲法改正するとしたら焦点はどこになるか。

     憲法改正の目的として四つばかりある。

     一つは安全保障。普通の国家並みの安全保障を共有できるための改正だ。もう一つは、環境問題をどう考えるか。いま一つは二酸化炭素(CO2)の排出をどのように規制するか。四つ目は核問題をどうするかだ。

    4
    続き

    金第1書記「フジモトは政治家みたい」

    検証 元料理人 藤本氏の再訪朝(上)

     北朝鮮の金正日総書記の元専属料理人だった藤本健二氏(仮名)が今月12日から23日まで3年8カ月ぶりに訪朝した。日本人拉致問題の解決に向け糸口を探ろうとしている中、藤本氏訪朝はどんな意味を持つのか。本人や関係者の証言から探る。(編集委員・上田勇実)

    1
    続き

    「NPO代表、市議、時々漁師」という生き方

     朝5時。毎年4月になると私は海の上にいます。

     広田町では主産業であるわかめ養殖の最盛期です。太い綱にぶら下がっているわかめを海から持ち上げ、鎌で刈っていきます。その後、陸に帰ってきたら、煮て、冷やして、塩蔵して、出荷処理をしていきます。 (もう少し詳しい作業工程はこちらよりご覧ください^^) (http://hirotime.set-japan.org/?p=831)

    7
    続き

    昭和の日、命運決める国際情勢への対応

     きょうは「昭和の日」。昭和天皇の誕生日である。その遺徳を偲(しの)びつつ、激動の日々を経て復興を遂げた昭和の時代を顧み、日本の未来に思いを致したい。

     自由陣営を選んだ戦後

    2
    続き

    春の叙勲、旭日大綬章に自見庄三郎元郵政相

     政府は29日付で、春の叙勲受章者4024人を発表した。今回最高位の旭日大綬章は、自民、民主両政権で閣僚を務めた自見庄三郎元郵政相(70)ら7人が受章。旭日小綬章には演歌歌手の北島三郎(本名大野穰)さん(79)らが選ばれた。

    2
    続き

    検討チーム、「フィールド内か場外」推奨

     2020年東京五輪・パラリンピックに伴う新国立競技場の聖火台について、政府や東京都、大会組織委員会の関係者らでつくる検討チームは28日、競技場のフィールド内か場外への設置を事実上推奨する報告書をまとめた。フィールド内は観客から見やすく、場外は技術的な制約が少ないと評価。競技場の屋根の上やスタンドに設置する案については、見やすさや観客席数の確保の点で課題があると指摘した。

    1
    続き

    母の日に青い贈り物「ムーンダスト」

     サントリーフラワーズ(東京)が遺伝子組み換え技術を使ってオーストラリアの企業と共同開発した青いカーネーション「ムーンダスト」が、5月8日の母の日を前に出荷のピークを迎えている。成田空港に近い千葉県芝山町の倉庫では28日、検品作業の様子が報道関係者に公開された。

    1
    続き

    一昨年放送のNHK大河ドラマ「軍師官兵衛」。…

     一昨年放送のNHK大河ドラマ「軍師官兵衛」。黒田官兵衛の息子長政が、対立する宇都宮一党をだまし討ちにする。それを知った長政の母、妻、女中らが「何でそんなひどいことを、許さない!」と強く非難する場面があった。

     「これって、ヘンじゃありませんか?」と歴史学者の本郷和人氏は異議を申し立てる(『戦国夜話』新潮新書、4月刊)。だまし討ちだから、やり方は汚いに決まっている。だが、暗殺によって戦(いくさ)を回避することも可能だ。双方の犠牲は少なくなる。

    0
    続き

    沖縄から即応予備自衛官37人が震災支援に

     沖縄県在住の元自衛官の即応予備自衛官(即自)37人は25日、熊本地震の復興支援のため熊本に向かった。

     陸上自衛隊那覇駐屯地で約700人の隊員に見送られた即自37人を代表し、うるま市出身で会社員の安次富《あしとみ》尚《なお》さん(46)は、「日頃の訓練の成果を発揮し、被災された方々の気持ちになって心暖まる対応を精一杯がんばりたい」と抱負を述べた。

    5
    続き