■連載一覧
  • どこへ行く混迷・韓国 国政介入事件の深層
  • トランプ大統領の衝撃 米国と世界はどこに向かう
  • 国防最前線・南西諸島はいま 第2部 自衛隊配備へ動く石垣島
  • 国防最前線・南西諸島はいま 第1部 与那国島・陸自駐屯地
  • トランプvsヒラリー 米大統領選まで1カ月
  • 2016/12/05
  • 2016/11/11
  • 2016/10/31
  • 2016/10/12
  • 2016/10/08
  • 2016 世界はどう動く-識者に聞く
  • 戦後70年 識者は語る
  • 2015 世界はどう動く-識者に聞く
  • 2014 世界はどう動く
  • 2016/1/04
  • 2015/8/09
  • 2015/1/07
  • 2014/1/06
  • 台湾に吹いた蔡英文旋風
  • ルポ・政権交代の攻防 台湾総統選
  • 二極化する香港 識者インタビュー
  • 香港誌「前哨」編集長 劉達文氏に聞く
  • 「雨傘革命」下の香港 揺れる一国二制度の行方
  • 揺れる香港 各派リーダーに聞く
  • 香港の普選運動 親中派民間団体代表の見方
  • 2016/1/18
  • 2015/12/26
  • 2015/7/12
  • 2014/11/21
  • 2014/11/14
  • 2014/11/06
  • 2014/7/08
  • ドゥテルテ大統領就任から3カ月 どこへ向かう比政権
  • 香港「自治」の行方 識者に聞く
  • 中華圏に浸透する同性婚
  • 中台関係の行方
  • 日米同盟と台湾 海洋安全保障の展望
  • 蔡英文時代の台湾 本土派路線のビジョンと課題
  • ASEANの夜明け アジアハイウエー7000キロルポ
  • 緊張 南シナ海
  • 中央アジア胎動 中国「新シルクロード」と日本の戦略
  • “政熱経熱”の中韓
  • 新QDRと米中軍事バランス
  • 新グレートゲーム・幻想だった中国の平和的台頭
  • 新グレートゲーム・中国南進の海
  • 2016/9/21
  • 2016/8/17
  • 2016/7/26
  • 2016/6/03
  • 2016/5/31
  • 2016/5/19
  • 2016/3/22
  • 2015/11/18
  • 2015/10/14
  • 2015/9/07
  • 2014/3/31
  • 2014/2/14
  • 2013/4/18
  • 多難な年明けのトルコ
  • EUと難民 UNHCRウィーン事務所報道官に聞く
  • ロシアのシリア内戦介入 アルアハラム財団事務局長に聞く
  • 2016/1/30
  • 2015/12/11
  • 2015/11/13
  • 蓮舫民進 疑問の船出
  • 新閣僚に聞く
  • 「立憲主義」について
  • 再改造内閣 始動
  • 安倍政権 新たな挑戦
  • 16参院選 注目区を行く
  • 伊勢志摩サミット
  • 憲法改正 ここが焦点
  • 筆坂元日本共産党ナンバー3と田村自民党政務調査会審議役が対談
  • 第3次安倍改造内閣スタート
  • 詳解 集団的自衛権 安保法制案の合憲性
  • 衆院選 自公圧勝 ~課題と展望~
  • ’14衆院選 注目区を行く
  • 第2次安倍改造内閣スタート
  • 日米首脳会談 成果と課題
  • 2016/9/17
  • 2016/9/02
  • 2016/8/22
  • 2016/8/04
  • 2016/7/12
  • 2016/6/30
  • 2016/5/23
  • 2016/4/25
  • 2016/4/04
  • 2015/10/08
  • 2015/8/06
  • 2014/12/16
  • 2014/12/07
  • 2014/9/05
  • 2014/4/26
  • 激震・翁長県政 「オール沖縄」の凋落
  • 普天間基地移設 経緯の検証と提言
  • 「援護法」に隠された沖縄戦の真実
  • 2016/1/26
  • 2015/10/01
  • 2013/7/08
  • どう見る金正恩体制 日韓専門家対談
  • 迎撃ミサイル配備 韓国の決断
  • 3代世襲“完成” 北朝鮮第7回党大会
  • 検証 元料理人 藤本氏の再訪朝
  • 韓国総選挙ショック
  • 日韓国交正常化50年 識者に聞く
  • どうする拉致解決 日朝ストックホルム合意1年
  • 日韓国交正常化50年 「嫌韓」「反日」を越えて
  • 張成沢氏失脚 北で何が起きたか
  • 2016/8/24
  • 2016/7/20
  • 2016/5/10
  • 2016/4/29
  • 2016/4/15
  • 2015/6/22
  • 2015/5/11
  • 2015/2/05
  • 2013/12/10
  • 待ったなし地球温暖化対策
  • 環境先進国フランスの挑戦
  • 迫る気候変動の脅威 どうする大災害への備え
  • 2016/1/02
  • 2015/10/07
  • 2015/9/21
  • オバマのLGBT外交 米国と途上国の「文化戦争」
  • トランプVSヒラリー 米大統領選まで3カ月
  • オバマ外交と次期米大統領の課題
  • 2016年米大統領選まで1年
  • 再考 オバマの世界観
  • オバマの対宗教戦争・第1部
  • オバマの対宗教戦争・第2部
  • 2016/9/26
  • 2016/8/06
  • 2016/6/14
  • 2015/11/08
  • 2015/7/06
  • 2013/8/05
  • 2013/9/30
  • JAXA宇宙探査計画
  • 2015/12/24
  • 3月, 2016のデータ一覧

    内陸国パラグアイの挑戦 「魚の養殖」で持続可能な開発目指す

     南米の内陸国、パラグアイが養殖を通じて持続可能な開発を目指している。台湾の大学や日本からの技術協力を受けながら、養殖事業のさらなる拡大を模索している。(サンパウロ・綾村 悟)

     パラグアイは、南米有数の牧畜・農産物の輸出国として知られる。肥沃(ひよく)な土地と、パラグアイ川を含む豊かな水資源に恵まれた同国だが、近年は、世界でもまれにみるスピードで森林の伐採が進んでいる。

    3
    続き

    体感型ショールーム「メトア銀座」オープン

     三菱電機は31日、東京・銀座に体感型ショールーム「METoA Ginza(メトア銀座)」を開設する。2020年度の創立100周年を控え、同社として29年ぶりに銀座にショールームを構え、新しい技術を発信する。入場無料で年間100万人の来場者を見込む。

    2
    続き

    「キッズ伝統芸能体験」の成果発表

     長唄や日本舞踏などの伝統芸能体験を通じて、日本人が古くから大切にしてきた心や感性を身に付ける「キッズ伝統芸能体験」(東京都など主催)の発表会が30日、東京都台東区の浅草公会堂で行われた。能楽、日本舞踏、三曲、長唄の一流の実演家から直接指導を受け、7カ月間の稽古の成果を舞台で発表する体験型プログラム。

    1
    続き

    2カ月で延べ1187人の大学生が訪れる陸前高田市広田町で起こっていること

     私が代表を務めるNPO法人SETが活動するのは東京から車で8時間かかる陸前高田市の広田町という人口約3500人の小さな町です。2月から3月にかけて、当法人が展開する事業を通して、多くの大学生が訪れてくれました。その数なんと延べ1187人。しかも、ただ単に観光で訪れたのではなく、町づくりのために訪れてくれました。また、1度だけでなく、何度も訪れている学生が多数いました。平均すると1日に約20人の外部の若者が町のためにと活動をしてくれていたことになります。

    11
    続き

    『竹泉稿』の里帰り

    韓国紙セゲイルボ・コラム「説往説来」

     旧韓末(朝鮮末期~大韓帝国)の改革派政治家、朴定陽が残した『美俗拾遺』(美は美国=米国のこと)はわが国初の西欧見聞記だ。初代駐米全権公使としてワシントンに赴任した彼が1888年1月から11月まで見聞きしたことを記録したものだ。彼は自主外交を遂行して清の反発で召喚され、後に総理大臣などを歴任して改革を推進したが守旧派の妨害で失敗した。

    0
    続き

    目立つ民主主義の劣化現象

    桐蔭横浜大学法学部教授 ペマ・ギャルポ

     民主主義はいうまでもなく私たちが政治的、社会的に共同生活を営む秩序の中で、幸福を追求する最高の制度であると私は信じている。しかし、この制度はあくまでも人間が試行錯誤を重ね作り上げてきたものである以上、完全無欠ではない。現に民主主義という制度を政治的なものとしてその確立に多大な貢献をしたソクラテス自身、その多数決の原理によって自らの命をも奪われた。

    4
    続き

    「卑語」繰り返す北朝鮮

    韓国紙セゲイルボ

     北朝鮮が吐き出す卑語や穢(きたな)い言葉は傲慢(ごうまん)で無礼なだけでなく、ほとんど呪いといっても過言ではない。朴槿恵(パククネ)大統領に対する呪詛、卑語が2カ月近く続いている。

     言葉は人格を表す。話す内容と態度で人の品位を計ることができるという意味だ。これは国の品格にも適用される。国家を代表する人の言葉や機関紙等に発表される用語が即、その国の品位を表す。

    4
    続き

    ベトナム、ニャチャンビーチの悲哀

    ASEANの夜明け アジアハイウエー7000キロルポ(8)

     国境のラオバオで宿を取った。ベトナムのホテルはどんな安宿でも、タイやラオス、それにマレーシアのように前金ではない。だがチェックイン時にパスポートをフロントに預けないといけない。これだとホテル側は宿賃を取り損ねることはないし、備品の毀損(きそん)があった場合でも賠償請求のバーゲニングパワーを発揮できる。

    1
    続き

    子宮頸がんワクチン集団提訴へ

     子宮頸(けい)がんワクチンを接種した若い女性らが全身の痛みなどを相次いで訴えている問題で、被害者連絡会のメンバーらが30日、東京都内で記者会見し、国と製薬会社2社を相手に損害賠償を求める集団訴訟を6月にも起こす方針を明らかにした。

    5
    続き

    子宮頸がんワクチン 「副作用」被害訴える大学生

     子宮頸(けい)がんワクチンの副作用被害を訴え、提訴することを決めた埼玉県の大学生酒井七海さん(21)は、5年前にワクチンを接種した後、失神や右半身のしびれ、記憶障害などの症状が表れるようになった。歩行が困難なため、大学には車椅子で通う。「困っている人を助けたい」と弁護士を目指していたが、その夢も諦めざるを得なくなった。

    5
    続き

    訪日客目標倍増、日本の魅力の発信強化を

     政府は、東京五輪・パラリンピックが開かれる2020年の訪日外国人観光客数目標を2000万人から4000万人に倍増させた。昨年の訪日客数が1974万人に達したことを受けてのものだが、新たな目標の達成に向けて日本の魅力をさらに発掘し、発信を強化したい。

     20年に4000万人

    1
    続き

    「イースター」の巨大なオムレツは何人前?

     28日、イエス・キリストの復活を祝う「イースター(復活祭)」を迎えたフランス南部ベシエールで、出来上がりつつある巨大なオムレツ。

     地元の料理人が集結し、15000個の卵が使われた。(AFP=時事)

    1
    続き

    イスラム過激派、キリスト教徒への攻撃継続を警告

     イースター(復活祭)の日曜日、パキスタンで自爆テロが起き死者が出たことで、世界各地でキリスト教徒への攻撃が拡大するのではないかと懸念されている。攻撃の背後には過激なイスラム組織があり、キリスト教徒への攻撃を続けると警告を発した。

     タリバンの分派ジャマートゥル・アフラルのスポークスマン、エフサヌラ・エフサンが28日、電話でAFPに「ラホールでの攻撃を行ったのはわれわれだ。キリスト教徒が標的だ」と語るとともに、学校や大学への攻撃も計画していると表明した。

    0
    続き

    民進党結党に共産党との関係どうするか路線の明確化を迫った産経

     衆院議員96人、参院議員60人の合わせて両院156人の勢力。民主党と維新の党による合流新党「民進党」が27日に都内で結党大会を開き、正式に旗揚げした。「国民とともに進む国民政党となる」「野党勢力を結集し、政権を担うことのできる新たな政党をつくる」などと結党宣言では、二大政党の一方の旗頭となる決意を掲げた。

    0
    続き

    今回の俳人協会評論賞は「未来図」同人の…

     今回の俳人協会評論賞は「未来図」同人の依田善朗さんによる『ゆっくりと波郷を読む』(文學の森)。石田波郷と作家横光利一との関係や、波郷の季語意識、韻律の問題など、先行研究のなかった分野を開いた評論。

     都内で開かれた受賞式の会場で、波郷の門人だった「門」主宰の鈴木節子さんに、波郷の人柄について聞いてみた。「その頃、家事と子育てに追われて、句会に出る機会もなかったの」と答えてくれた。

    0
    続き

    LS北見が銀メダルを手にカナダから帰国

     カーリングの女子世界選手権に日本代表として出場して銀メダルを獲得したLS北見のメンバーが29日、帰国した。成田空港で記者会見したスキップの藤沢五月は「これが日本のカーリングだと世界に見せられた」と喜びを語った。

    1
    続き

    「華やかな」アスリートの1位は浅田真央

     博報堂DYメディアパートナーズは29日、「アスリートイメージ評価調査」の結果を発表し、フィギュアスケート女子の浅田真央(中京大)が「華やかな」アスリートの1位となった。

    1
    続き

    「ロボットタクシー」が28キロを無事故で走行

     ディー・エヌ・エー(DeNA)子会社のロボットタクシー(東京)はこのほど、自動運転技術を使った「ロボットタクシー」について神奈川県藤沢市の公道で行った実証実験の結果を公表した。近隣に住む延べ51人のモニターを乗せた実験で、計約28キロを無事故で走行したという。

    0
    続き

    ベトナム、テトで黄金色の大地に

    ASEANの夜明け アジアハイウエー7000キロルポ(7)

     ベトナム国境まで走るサバナケット発のバスは午前8時半、出発した。まともなバスがあること自体、20年前を知る記者としては感無量だ。当時は首都ビエンチャンでさえバスターミナルはなかった。そもそもバスそのものが無く、移動手段はトラックの荷台に椅子を置いただけのトラック改造バスだったのだ。しかも、雨季には泥土と化した赤土の道路にタイヤを取られ、乗客はこぞってトラックを押さなくてはならなかった。

    1
    続き

    与那国陸自部隊、南西諸島の防衛体制強化を

     日本最西端の与那国島(沖縄県与那国町)で陸上自衛隊の「与那国沿岸監視隊」が創設され、任務を開始した。

     1972年の沖縄の日本復帰後、同県内で新たな自衛隊施設を設置するのは初めてだ。中国の海洋進出をにらみ、南西諸島の防衛体制を強化するための第一歩である。

     中国の海洋進出に対処

    6
    続き

    沖縄観光コンベンションビューロー 人事、予算管理めぐり問題噴出

     一般財団法人沖縄観光コンベンションビューロー(OCVB)の人事や決算をめぐって問題が噴出しているが、従業員からは職場の民主化を求める声が上がっている。さらには、利益誘導やずさんな予算管理の問題も浮かび上がっている。(那覇支局・豊田 剛)

    4
    続き

    多国籍軍事演習から帰任

    沖縄発のコラム:美ら風(ちゅらかじ)

     在沖米海兵隊の第31海兵遠征部隊(31MEU)に所属する海兵隊員と海軍水兵の計2200人は22日、タイ、韓国における多国籍軍事演習を終えて帰任した。

    2
    続き

    開いた手と握り締めた拳

     ハバナでカストロ兄弟に向けたオバマ大統領の開いた手は、握り締めた拳で迎えられた。驚いたのは、ホワイトハウスのおめでたい人たちだけのはずである。西半球の歴史上最高に抑圧的な政権に抗議しているキューバ人は、大統領の訪問――しかも、カメラ撮影付きの――を受けたお返しに、殴られたり、虐待を受けたりしている。数千人のキューバ人がオバマ氏到着の前夜、投獄され、そして、ラウル・カストロは、オバマ氏を空港で出迎えようとせず、外交儀礼上最高度の冷遇をするというおまけを付けた。

     キューバとの今回の関係回復は、フィデル・カストロが地域に共産主義の政権を樹立することに成功した後のこの島国に対する米国の政策がおっかなびっくりでなかったなら、ここに至るまでどういう経過をたどったであろうかということを浮かび上がらせる。ジョン・F・ケネディは、1961年初め、キューバを圧政から解放するための中断された運動、つまり、アイゼンハワー政権の末期に計画された運動には、期待されていたものの、航空支援をやり通すことを拒否した。

    0
    続き