■連載一覧
  • 衆院選大勝 安倍政権への提言
  • 2017衆院選 国難と選択
  • 北暴走 揺れる韓国
  • どう見る北の脅威
  • 2017/10/25
  • 2017/10/16
  • 2017/9/21
  • 2017/9/19
  • 2016 世界はどう動く-識者に聞く
  • 戦後70年 識者は語る
  • 2015 世界はどう動く-識者に聞く
  • 2014 世界はどう動く
  • 2016/1/04
  • 2015/8/09
  • 2015/1/07
  • 2014/1/06
  • 香港・中国返還20年 「一国二制度」の前途
  • 台湾に吹いた蔡英文旋風
  • ルポ・政権交代の攻防 台湾総統選
  • 二極化する香港 識者インタビュー
  • 香港誌「前哨」編集長 劉達文氏に聞く
  • 「雨傘革命」下の香港 揺れる一国二制度の行方
  • 揺れる香港 各派リーダーに聞く
  • 香港の普選運動 親中派民間団体代表の見方
  • 2017/7/01
  • 2016/1/18
  • 2015/12/26
  • 2015/7/12
  • 2014/11/21
  • 2014/11/14
  • 2014/11/06
  • 2014/7/08
  • 南シナ海 強まる中国支配 安保専門家に聞く
  • ドゥテルテ大統領就任から3カ月 どこへ向かう比政権
  • 香港「自治」の行方 識者に聞く
  • 中華圏に浸透する同性婚
  • 中台関係の行方
  • 日米同盟と台湾 海洋安全保障の展望
  • 蔡英文時代の台湾 本土派路線のビジョンと課題
  • ASEANの夜明け アジアハイウエー7000キロルポ
  • 緊張 南シナ海
  • 中央アジア胎動 中国「新シルクロード」と日本の戦略
  • “政熱経熱”の中韓
  • 新QDRと米中軍事バランス
  • 新グレートゲーム・幻想だった中国の平和的台頭
  • 新グレートゲーム・中国南進の海
  • 2017/7/26
  • 2016/9/21
  • 2016/8/17
  • 2016/7/26
  • 2016/6/03
  • 2016/5/31
  • 2016/5/19
  • 2016/3/22
  • 2015/11/18
  • 2015/10/14
  • 2015/9/07
  • 2014/3/31
  • 2014/2/14
  • 2013/4/18
  • ムスリム同胞団とアラブ モハメド・F・ファラハト氏に聞く
  • 多難な年明けのトルコ
  • EUと難民 UNHCRウィーン事務所報道官に聞く
  • ロシアのシリア内戦介入 アルアハラム財団事務局長に聞く
  • 2017/9/01
  • 2016/1/30
  • 2015/12/11
  • 2015/11/13
  • 新閣僚に聞く
  • 第3次改造内閣 信頼回復へ始動
  • ’17首都決戦
  • 施行から70年 憲法改正を問う
  • どうなる「民共協力」 27回共産党大会の焦点
  • 蓮舫民進 疑問の船出
  • 新閣僚に聞く
  • 「立憲主義」について
  • 再改造内閣 始動
  • 安倍政権 新たな挑戦
  • 16参院選 注目区を行く
  • 伊勢志摩サミット
  • 憲法改正 ここが焦点
  • 筆坂元日本共産党ナンバー3と田村自民党政務調査会審議役が対談
  • 第3次安倍改造内閣スタート
  • 詳解 集団的自衛権 安保法制案の合憲性
  • 衆院選 自公圧勝 ~課題と展望~
  • ’14衆院選 注目区を行く
  • 第2次安倍改造内閣スタート
  • 日米首脳会談 成果と課題
  • 2017/9/07
  • 2017/8/06
  • 2017/6/27
  • 2017/4/26
  • 2017/1/09
  • 2016/9/17
  • 2016/9/02
  • 2016/8/22
  • 2016/8/04
  • 2016/7/12
  • 2016/6/30
  • 2016/5/23
  • 2016/4/25
  • 2016/4/04
  • 2015/10/08
  • 2015/8/06
  • 2014/12/16
  • 2014/12/07
  • 2014/9/05
  • 2014/4/26
  • 国防最前線・南西諸島はいま 第2部 自衛隊配備へ動く石垣島
  • 国防最前線・南西諸島はいま 第1部 与那国島・陸自駐屯地
  • 激震・翁長県政 「オール沖縄」の凋落
  • 普天間基地移設 経緯の検証と提言
  • 「援護法」に隠された沖縄戦の真実
  • 2016/10/31
  • 2016/10/12
  • 2016/1/26
  • 2015/10/01
  • 2013/7/08
  • 北朝鮮 制裁の現実
  • どう対処 北の脅威 米有識者に聞く
  • 9年ぶり左派政権 文在寅大統領の韓国
  • 弾劾の波紋 漂流する韓国政治
  • 検証・金正恩統治5年
  • どこへ行く混迷・韓国 国政介入事件の深層
  • どう見る金正恩体制 日韓専門家対談
  • 迎撃ミサイル配備 韓国の決断
  • 3代世襲“完成” 北朝鮮第7回党大会
  • 検証 元料理人 藤本氏の再訪朝
  • 韓国総選挙ショック
  • 日韓国交正常化50年 識者に聞く
  • どうする拉致解決 日朝ストックホルム合意1年
  • 日韓国交正常化50年 「嫌韓」「反日」を越えて
  • 張成沢氏失脚 北で何が起きたか
  • 2017/6/26
  • 2017/5/17
  • 2017/5/11
  • 2017/3/15
  • 2016/12/27
  • 2016/12/05
  • 2016/8/24
  • 2016/7/20
  • 2016/5/10
  • 2016/4/29
  • 2016/4/15
  • 2015/6/22
  • 2015/5/11
  • 2015/2/05
  • 2013/12/10
  • 待ったなし地球温暖化対策
  • 環境先進国フランスの挑戦
  • 迫る気候変動の脅威 どうする大災害への備え
  • 2016/1/02
  • 2015/10/07
  • 2015/9/21
  • 「情報戦争」時代と米国
  • 米軍再建への課題-元上級将校の提言
  • トランプ政権始動
  • トランプ大統領の衝撃 米国と世界はどこに向かう
  • トランプvsヒラリー 米大統領選まで1カ月
  • オバマのLGBT外交 米国と途上国の「文化戦争」
  • トランプVSヒラリー 米大統領選まで3カ月
  • オバマ外交と次期米大統領の課題
  • 2016年米大統領選まで1年
  • 再考 オバマの世界観
  • オバマの対宗教戦争・第1部
  • オバマの対宗教戦争・第2部
  • 2017/4/03
  • 2017/2/28
  • 2017/1/22
  • 2016/11/11
  • 2016/10/08
  • 2016/9/26
  • 2016/8/06
  • 2016/6/14
  • 2015/11/08
  • 2015/7/06
  • 2013/8/05
  • 2013/9/30
  • JAXA宇宙探査計画
  • 2015/12/24
  • 2月, 2016のデータ一覧

    「河津桜まつり」開催、春の彩りの共演

     静岡県河津町で28日、早咲きの河津桜が見頃を迎えている。河津川沿いの遊歩道では青空の下、満開の桜並木と菜の花がつくり出す鮮やかなコントラストを楽しむ行楽客の姿が見られた。

     同町の観光協会によると、3月10日まで開催されている「河津桜まつり」の期間中、午後9時半までのライトアップも行われ、夜桜を見ながらの散歩も楽しめる。

    0
    続き

    観光客受け入れへ、道内沿線地域で準備進む

     3月26日の北海道新幹線(新青森-新函館北斗)開業まで残り1カ月を切った。東北新幹線の区間も含め、東京-新函館北斗間は最速4時間2分で結ばれる。開業後の観光客増加に対応するため、道内の沿線地域では宿泊施設や交通網の整備など、受け入れ準備が急ピッチで進んでいる。

    0
    続き

    高宮祐樹、東京マラソンで日本勢最高の8位

    が望外の快走、リオ五輪代表候補に名乗りを上げる

     アフリカ勢に実力差を見せつけられた日本選手の中で、全国的には無名の28歳が脚光を浴びた。日本勢最高の8位でゴールし、リオデジャネイロ五輪代表候補に名乗りを上げた高宮は「ただ自己ベストを狙っていただけ。走ったらなぜかトップだった感じ」。自分でも驚きを隠せなかった。

    0
    続き

    東京マラソン、警備で新たな試みを導入

     今回の東京マラソンでは、顔認証システムや小型無人機(ドローン)といった新たな試みが警備に導入された。米ボストンマラソンの爆弾テロを受け、2014年大会から警戒が大幅に強化されたが、昨年のパリ同時テロで大規模イベントが襲撃される脅威が改めて浮き彫りに。官民が協力し、対策をさらに増強して臨んだ。

    0
    続き

    3万7000人のランナーを28カ所で応援

     東京マラソンに参加した約3万7000人のランナーを応援するイベント「マラソン祭り」が28日、ゴール周辺の東京・有明の東京ビッグサイト隣のメーン会場を含むコース沿道28カ所で開催された。

    0
    続き

    主将の福原愛、団体戦で生き生き日本引っ張る

     前回の2014年東京大会を欠場した福原が大好きな舞台に戻ってきた。初戦のチェコ戦で1番手を任され、マテロバにストレート勝ち。「久しぶりの(世界選手権)団体戦で楽しかった。やっぱり団体戦は好き」。日本の3-0での勝利に貢献し、充実感に浸った。

    0
    続き

    キャデラックを水槽に展示、宣伝効果はいかに

     上海のショッピングモールで25日、巨大水槽に展示された米国の高級車キャデラック。

     水槽を泳ぐ無数の魚を圧倒する迫力で、道行く人の注目を集めている。(AFP=時事)

    0
    続き

    大学と企業による地域貢献、琉球大学主催で講演会

     琉球大学は18日、那覇市で「地域に対して企業・大学に何ができるか」と題する講演会を開き、同大学と産業界を代表して3人が提言した。産業クラスターの創出を通じた地域経済の活性化が期待される中、同大学の役割に期待が集まった。(那覇支局・豊田 剛)

    1
    続き

    「中1ギャップ」の防止策は? 子供支える保護者の役割大切

    ◆ きょういく Q&A ◆

     Q 「中1ギャップ」とは、どういうこと?

     A 小学生が中学に進学した時、新しい環境になじめないことから、不登校やいじめが急増するなど、さまざまな問題が出てくる現象のことです。

     Q 原因は何ですか。

     A 中学生になると、勉強の面では科目数が増え、教科ごとに別々の先生から授業を受けるようになります。授業の進め方やノートのとり方も違うため、戸惑うこともあるでしょう。

    1
    続き

    被災地・陸前高田市広田町で活動するからこそ得られること

     はじめまして。

     この度、連載をさせていただくことになりました、三井俊介です。1988年生まれで現在27歳です。大学卒業後、就職はせずに、先の東日本大震災で被災した、岩手県陸前高田市広田町に移住しました。現在はNPO法人SETの代表理事を務めながら、市議会議員として町づくりの仕事をしています。また、2014年には結婚し、昨年5月には一児の父となりました。

    15
    続き

    「十年一日」の東電

     先日、正月を迎えたと思っていたらもう2月末だ。「1月往(い)んで、2月は逃げて、3月去る」。子供の頃、年初の慌ただしさ、時の流れの速さを表すこんな言葉を祖父から学んだ。

     当時、韻を踏むという言葉は知らなかったが、「いちがつ」が「いぬ」、「にがつ」が「にげる」、「さんがつ」が「さる」と同じ音を使ってうまいことをいうものだと思った。「往ぬ」という言葉は、故郷の四国では「おっさんはもう往んだわ」とか「はよう往なんと会えんわ」などと、「行ってしまう・帰る」という意味で普通に使われていた。

    0
    続き

    国際情勢を宗教や歴史を含む地政学から読み解くダイヤモンド特集

     シリアをはじめとする中東諸国、アフガニスタンやパキスタンなどの中央・南アジア、ロシアとウクライナの対立、ミサイル実験で世界から非難を浴びる北朝鮮、そして南シナ海の南沙・西沙諸島を軍事拠点化する中国。世界をざっと見渡しただけでこのくらいの紛争地域の名が挙がる。このような複雑に絡み合った国際情勢を読み解く上で重要性を増しているのが「地政学」だ。

    2
    続き

    韓国・朴槿恵政権発足から3年 安保で強硬、成果出ぬ経済

     韓国の朴槿恵大統領が25日で就任から3年を迎えた。武力挑発を止(や)めない北朝鮮に断固たる姿勢で臨む半面、経済ではこれといった成果に乏しい。直近の支持率は42%で不支持(45%)と拮抗(きっこう)している。4月の総選挙、来年末の大統領選で引き続き有権者が保守政治を選択するのか残り任期2年が正念場だ。 (ソウル・上田勇実)

     朴大統領の国政運営で最も評価されているのが安全保障問題だ。就任早々、休戦協定の白紙化宣言などで北朝鮮から揺さぶられた朴大統領は、その後も続いた各種の挑発行為に一貫して毅然(きぜん)とした態度を貫いてきた。

    4
    続き

    大阪市北区の阪急梅田駅近くで車が暴走し、…

     大阪市北区の阪急梅田駅近くで車が暴走し、11人が死傷した事故で、運転者(51)の死因は大動脈解離による心疾患だった。停車中に体調を悪化させ、アクセルを踏み込んだ可能性が高いという。

     一度路肩に止まって用心したことが次の行動を呼び込んだとすると、偶然が重なってしまった不運な事故だ。事故は「人的要因」の重大性を物語っている。

    0
    続き

    日本代表「加盟国はなぜ脱退するか」

     人口10万人余りの太平洋上にある国キリバスがウィーンに本部を置く国連工業開発機関(UNIDO)に加盟した。加盟国の脱退が続いてきたUNIDOにとって、昨年加盟した太平洋上に浮かぶマーシャル諸島に続いての新規加盟国だ。

     UNIDOの李勇事務局長は23日、「キリバスの加盟を歓迎する、同国の持続的経済発展にUNIDOも積極的に支援していきたい」とエールを送っている。

    4
    続き

    国力に見合う防衛力整備を

    元統幕議長 杉山 蕃

     北朝鮮による弾道弾発射、シリア内の紛争、IS(過激派組織「イスラム国」)のテロ活動の活発化など世界の軍事情勢は相変わらず、不安定な情勢が続いている。我が国周辺においては、中国の軍事膨張、南シナ海の一方的な現状変更が加わり、世界的な注目を浴びている。

    2
    続き

    行き過ぎた警官ごっこ

    地球だより

     最近、警官の格好をした子供が拘束されたというニュースが世間を騒がせている。ただの警官ごっこならほほ笑ましいニュースなのだが、本物の警官をまねて、大人相手に恐喝まで行っていたというから驚く。

    0
    続き

    初の人口減、「家族の価値」を問い直そう

     5年ごとに行われる国勢調査で初めて人口減が記録された。総務省が公表した2015年国勢調査の速報値によると、日本の総人口は約1億2711万人で、5年前の10年調査に比べて約95万人減った。調査が始まった1920(大正9)年以来、初めての減少だ。人口減対策は国民的課題だ。

     5年前と比べ95万人減

    4
    続き

    「スー・チー大統領」消滅へ

     ミャンマーの次期大統領をめぐり、与党・国民民主連盟(NLD)は「アウン・サン・スー・チー大統領」の実現を阻む憲法条項(59条F)の凍結案を国会に提出することで「スー・チー大統領」誕生に向けた突破口を開くべく水面下で国軍と交渉を重ねたが、「憲法の守護神」を自任する軍に玄関払いをくらった格好となっている。国軍は、これまで軍服を脱いだテイン・セイン大統領や旧軍事政権トップのタン・シュエ元議長らに遠慮して表に出ることはなかったが、NLD政権誕生で遠慮する必要がなくなった。国軍は国会議員の4分の1の固定枠を持つと同時に、国家危急時には大統領に代わり国家の全権を掌握する特権を持つ。昨年の総選挙で大勝することで「前門の虎」を抑え込み政権を担うことになったNLDも、国軍という「後門の狼」を飼い慣らさないことには政権運営はたちまち頓挫する運命にある。 (池永達夫)

     スー・チー氏は親族が英国籍のため憲法上、大統領資格がない。改憲は国会の4分の3以上、国民投票の過半数を取らなければ成立せず、ハードルが高いばかりか時間がそもそも足りない。テイン・セイン大統領の任期は3月いっぱいで、3月17日が大統領選出日だ。そこでNLDが出した知恵が、憲法条項の凍結案だった。

    4
    続き

    安倍首相、2カ月ぶりのゴルフを楽しむ

     安倍晋三首相は27日、神奈川県茅ケ崎市で、永山治中外製薬会長や秘書官らとゴルフを楽しんだ(写真)。コースに出るのは1月2日以来、約2カ月ぶり。

     2016年度予算案の衆院通過のめどが付いたことから、趣味のゴルフで久しぶりの息抜きとなったようだ。今年は通常国会が異例の早期召集となり、緊張の日々が続いていた。

    0
    続き

    小惑星名に「王貞治」が国際天文学連合で承認

     地球に衝突する恐れがある小惑星を探す日本スペースガード協会の「BATTeRS(バッターズ)プロジェクト」が発見した小惑星に、ホームラン王の「Ohsadaharu(王貞治)」の名前が付いた。同協会理事の山岡均九州大助教(50)らが国際天文学連合(本部パリ)に申請し、27日までに承認された。

    1
    続き

    環境省が方針、沖縄北部を国立公園に指定

     環境省は27日、沖縄本島の北部地域を「やんばる国立公園(仮称)」(総面積約1万7300ヘクタール)として指定する方針を明らかにした。絶滅の恐れが高い固有種ヤンバルクイナや国内最大級の亜熱帯照葉樹林の保護を強化する。中央環境審議会(環境相の諮問機関)の答申を得た上で、7月に33番目の国立公園として決定を目指す。

    0
    続き

    川崎市バス運転手の表彰歴を車内前方に掲示へ

     川崎市交通局は3月1日から、市バス運転手が受けた表彰の受賞歴をバスの車内前方に掲示する。

     「受賞歴の有無が乗客から注目されることで、職員の意識向上につながる」(企画管理部)と判断した。同局によると、こうした取り組みは全国でも珍しいという。

    0
    続き