■連載一覧
  • 衆院選大勝 安倍政権への提言
  • 2017衆院選 国難と選択
  • 北暴走 揺れる韓国
  • どう見る北の脅威
  • 2017/10/25
  • 2017/10/16
  • 2017/9/21
  • 2017/9/19
  • 2016 世界はどう動く-識者に聞く
  • 戦後70年 識者は語る
  • 2015 世界はどう動く-識者に聞く
  • 2014 世界はどう動く
  • 2016/1/04
  • 2015/8/09
  • 2015/1/07
  • 2014/1/06
  • 香港・中国返還20年 「一国二制度」の前途
  • 台湾に吹いた蔡英文旋風
  • ルポ・政権交代の攻防 台湾総統選
  • 二極化する香港 識者インタビュー
  • 香港誌「前哨」編集長 劉達文氏に聞く
  • 「雨傘革命」下の香港 揺れる一国二制度の行方
  • 揺れる香港 各派リーダーに聞く
  • 香港の普選運動 親中派民間団体代表の見方
  • 2017/7/01
  • 2016/1/18
  • 2015/12/26
  • 2015/7/12
  • 2014/11/21
  • 2014/11/14
  • 2014/11/06
  • 2014/7/08
  • 南シナ海 強まる中国支配 安保専門家に聞く
  • ドゥテルテ大統領就任から3カ月 どこへ向かう比政権
  • 香港「自治」の行方 識者に聞く
  • 中華圏に浸透する同性婚
  • 中台関係の行方
  • 日米同盟と台湾 海洋安全保障の展望
  • 蔡英文時代の台湾 本土派路線のビジョンと課題
  • ASEANの夜明け アジアハイウエー7000キロルポ
  • 緊張 南シナ海
  • 中央アジア胎動 中国「新シルクロード」と日本の戦略
  • “政熱経熱”の中韓
  • 新QDRと米中軍事バランス
  • 新グレートゲーム・幻想だった中国の平和的台頭
  • 新グレートゲーム・中国南進の海
  • 2017/7/26
  • 2016/9/21
  • 2016/8/17
  • 2016/7/26
  • 2016/6/03
  • 2016/5/31
  • 2016/5/19
  • 2016/3/22
  • 2015/11/18
  • 2015/10/14
  • 2015/9/07
  • 2014/3/31
  • 2014/2/14
  • 2013/4/18
  • ムスリム同胞団とアラブ モハメド・F・ファラハト氏に聞く
  • 多難な年明けのトルコ
  • EUと難民 UNHCRウィーン事務所報道官に聞く
  • ロシアのシリア内戦介入 アルアハラム財団事務局長に聞く
  • 2017/9/01
  • 2016/1/30
  • 2015/12/11
  • 2015/11/13
  • 新閣僚に聞く
  • 第3次改造内閣 信頼回復へ始動
  • ’17首都決戦
  • 施行から70年 憲法改正を問う
  • どうなる「民共協力」 27回共産党大会の焦点
  • 蓮舫民進 疑問の船出
  • 新閣僚に聞く
  • 「立憲主義」について
  • 再改造内閣 始動
  • 安倍政権 新たな挑戦
  • 16参院選 注目区を行く
  • 伊勢志摩サミット
  • 憲法改正 ここが焦点
  • 筆坂元日本共産党ナンバー3と田村自民党政務調査会審議役が対談
  • 第3次安倍改造内閣スタート
  • 詳解 集団的自衛権 安保法制案の合憲性
  • 衆院選 自公圧勝 ~課題と展望~
  • ’14衆院選 注目区を行く
  • 第2次安倍改造内閣スタート
  • 日米首脳会談 成果と課題
  • 2017/9/07
  • 2017/8/06
  • 2017/6/27
  • 2017/4/26
  • 2017/1/09
  • 2016/9/17
  • 2016/9/02
  • 2016/8/22
  • 2016/8/04
  • 2016/7/12
  • 2016/6/30
  • 2016/5/23
  • 2016/4/25
  • 2016/4/04
  • 2015/10/08
  • 2015/8/06
  • 2014/12/16
  • 2014/12/07
  • 2014/9/05
  • 2014/4/26
  • 国防最前線・南西諸島はいま 第2部 自衛隊配備へ動く石垣島
  • 国防最前線・南西諸島はいま 第1部 与那国島・陸自駐屯地
  • 激震・翁長県政 「オール沖縄」の凋落
  • 普天間基地移設 経緯の検証と提言
  • 「援護法」に隠された沖縄戦の真実
  • 2016/10/31
  • 2016/10/12
  • 2016/1/26
  • 2015/10/01
  • 2013/7/08
  • 北朝鮮 制裁の現実
  • どう対処 北の脅威 米有識者に聞く
  • 9年ぶり左派政権 文在寅大統領の韓国
  • 弾劾の波紋 漂流する韓国政治
  • 検証・金正恩統治5年
  • どこへ行く混迷・韓国 国政介入事件の深層
  • どう見る金正恩体制 日韓専門家対談
  • 迎撃ミサイル配備 韓国の決断
  • 3代世襲“完成” 北朝鮮第7回党大会
  • 検証 元料理人 藤本氏の再訪朝
  • 韓国総選挙ショック
  • 日韓国交正常化50年 識者に聞く
  • どうする拉致解決 日朝ストックホルム合意1年
  • 日韓国交正常化50年 「嫌韓」「反日」を越えて
  • 張成沢氏失脚 北で何が起きたか
  • 2017/6/26
  • 2017/5/17
  • 2017/5/11
  • 2017/3/15
  • 2016/12/27
  • 2016/12/05
  • 2016/8/24
  • 2016/7/20
  • 2016/5/10
  • 2016/4/29
  • 2016/4/15
  • 2015/6/22
  • 2015/5/11
  • 2015/2/05
  • 2013/12/10
  • 待ったなし地球温暖化対策
  • 環境先進国フランスの挑戦
  • 迫る気候変動の脅威 どうする大災害への備え
  • 2016/1/02
  • 2015/10/07
  • 2015/9/21
  • 「情報戦争」時代と米国
  • 米軍再建への課題-元上級将校の提言
  • トランプ政権始動
  • トランプ大統領の衝撃 米国と世界はどこに向かう
  • トランプvsヒラリー 米大統領選まで1カ月
  • オバマのLGBT外交 米国と途上国の「文化戦争」
  • トランプVSヒラリー 米大統領選まで3カ月
  • オバマ外交と次期米大統領の課題
  • 2016年米大統領選まで1年
  • 再考 オバマの世界観
  • オバマの対宗教戦争・第1部
  • オバマの対宗教戦争・第2部
  • 2017/4/03
  • 2017/2/28
  • 2017/1/22
  • 2016/11/11
  • 2016/10/08
  • 2016/9/26
  • 2016/8/06
  • 2016/6/14
  • 2015/11/08
  • 2015/7/06
  • 2013/8/05
  • 2013/9/30
  • JAXA宇宙探査計画
  • 2015/12/24
  • 1月, 2016のデータ一覧

    共産主義勢力の沖縄支配を阻止した佐喜真市長の再選

     国政選挙並、いやそれ以上の取り組みが行われて熾烈な戦いが繰り広げられた宜野湾市長選挙の投開票が1月24日に行われた。その結果、佐喜真淳氏 27,668票、志村恵一郎氏 21,811票と5,857票の大差で現職の佐喜真淳氏が再選を果たした。

     この重要選挙の勝利により沖縄の自民党県連、一昨年の11月の沖縄県知事選挙以降の連敗にストップをかけることができた。安倍晋三総理は宜野湾市長選挙の佐喜真氏の再選の報を聞き、自民党幹部に「この勝利は大きいね」とコメントをしたという。そこで、今回はこの勝利の意義について改めて考えてみたい。

    4
    続き

    143人に及んだ焼身自殺、チベットの自由求めた魂の叫び

     日本を訪問したチベット亡命政権のロブサン・セング主席大臣が、このほど東京の大本山護国寺で講演した後、記者会見し、チベットにおいてこれまで143人が焼身自殺しているが、「これは絶望によるものではなく、チベットの自由を求めた政治的訴求行為だ」と強調した。セング主席大臣の訪日はこれで2回目となる。 (池永達夫、写真も)

     主席大臣はまず、環境問題に触れ「ヒマラヤ地域は東西2500キロ、南北1000キロに達し、氷の貯蔵庫として南極、北極に次ぐ第3の極だ」と指摘した上で、これまで氷河の50%が解け、2050年までに残った氷河の50%が解けることもあり得ると語り警鐘を鳴らした。

    0
    続き

    大相撲の元小結の豊真将、両国国技館で断髪式

     昨年1月に引退し、年寄立田川を襲名した大相撲の元小結豊真将(34)本名山本洋介、山口県出身、錣山部屋の断髪式が30日、東京・両国国技館で行われた。

     横綱鶴竜や貴乃花親方(元横綱)ら約300人がはさみを入れ、最後に師匠の錣山親方(元関脇寺尾)の止めばさみで大いちょうが切り離されると、立田川親方はこらえ切れずに涙を流した。

    0
    続き

    琴奨菊が結婚披露宴「妻をいっぱい笑顔に」

     大相撲初場所で初優勝を果たした大関琴奨菊(32)本名菊次一弘、福岡県出身、佐渡ケ嶽部屋と祐未夫人(29)の結婚式と披露宴が30日、東京都内のホテルで開かれ、横綱白鵬、森喜朗元首相ら約630人が2人の門出を祝った。

     この日は自身の32歳の誕生日でもあり、琴奨菊は披露宴後の記者会見で、「初優勝と三つの喜びが重なった。自分自身がもっと頑張って、(妻を)いっぱい笑顔にできるようにしたい」と語った。

    0
    続き

    鎌倉大仏、半世紀ぶりに保存修理

     保存・修理に向けて行われていた鎌倉大仏(国宝・銅造阿弥陀如来坐像)の調査が28日、報道陣に公開された。

     保存・修理は50年ぶりで、損傷状況を調べるため、さびなどの分析も行われる=神奈川県鎌倉市

    0
    続き

    琵琶湖産の魚介「琵琶湖八珍」、ブランドに

     滋賀県は、琵琶湖で捕れる8種類の魚介を「琵琶湖八珍」と名付け、ブランド化を進めている。八珍を使った料理や加工品を提供する店の登録制度を始めたほか、それぞれの魚介の特徴や調理例を紹介した冊子も作製。「琵琶湖の恵みを味わってほしい」(三日月大造知事)とPRしている。

    0
    続き

    カーニバル目前、山車を準備するサンバチーム

     27日、ブラジル・リオデジャネイロで、カーニバルに使う山車を準備するサンバチームのメンバー。

     このチームの今年のテーマは、8月に開幕するリオ五輪への賛辞。

     カーニバル本番を2月に控え、雰囲気は盛り上がりつつある。(AFP=時事)

    0
    続き

    あす米大統領選スタート 共和、民主共に接戦

     11月8日の米大統領選に向けた候補者指名争いの初戦となる共和、民主各党のアイオワ州党員集会が2月1日、実施される。同州の勝敗は、その後の選挙戦に大きな影響があるため、初戦の行方に全米の注目が集まっている。

     NBCテレビなどが28日発表したアイオワ州の共和党内支持率では、ドナルド・トランプ氏が32%でトップに立ち、これをテッド・クルーズ上院議員が25%、マルコ・ルビオ上院議員が18%で追っている。一方、キニピアック大学の最新世論調査では、トランプ氏とクルーズ氏の差は2ポイントで拮抗(きっこう)した戦いになっている。

    0
    続き

    「今年ほどなにかと春を待ちしこと」(星野立子)…

     「今年ほどなにかと春を待ちしこと」(星野立子)。東京でも、このところ寒い日が多い。平年気温を下回る日も少なくない。雪がちらつく日もある。

     当分、寒さ対策に暖房器具は手放せないというところ。こうなると暖かい春が待ち遠しい気がする。

    0
    続き

    「帝国」のプライドぶつかるトルコとロシア

    多難な年明けのトルコ(2)

     トルコを訪れるロシア人は、ソ連解体前後の“爆買ツアー”からこの四半世紀の間、右肩上がりに増え続け、年間450万人に達すると報じられた。ロシアは強権を発動できる国柄で、制裁措置に基づくトルコ旅行禁止は相当徹底しているとみられる。日本を訪れる年間500万人近い中国人旅行者が全部来なくなった状況に近いかもしれない。トルコ企業によるロシアへの建設・インフラ輸出も着実に拡大してきたが、ロシア側はそうした流れをほぼ全面的にストップさせかねない剣幕だ。

    0
    続き

    原油安で流れる露軍事技術

    元統幕議長 杉山 蕃

     新春は、中国経済への不安感から全世界的な株安でスタートした。そのような中、世界的には原油安という大きな流れが並行し、この影響は極めて大きい。一般に経済・金融面からの論評が多いが軍事面においても大きな影響があることから所見を披露したい。

    0
    続き

    両陛下、フィリピン訪問から御帰国

     26日からフィリピンを公式訪問されていた天皇、皇后両陛下は30日午後、羽田空港着の政府専用機で帰国された。両陛下は出迎えに笑顔を見せられた。

    0
    続き

    東シナ海情勢、日中の緊張激化は不可避

    2016 世界はどう動く-識者に聞く(18)

    笹川平和財団米国研究員 ジェフリー・ホーナン氏(上)

    東シナ海情勢をどう見る。

    0
    続き

    天皇、皇后両陛下フィリピン御訪問 心に刻まれた慰霊と親善

     天皇、皇后両陛下は、5日間にわたり国賓としてフィリピンを訪問された。晩餐(ばんさん)会でのスピーチ、そして日比両国戦没者の慰霊は、両国民の心に深く刻まれ、絆を強めるものとなった。

    両陛下が54年ぶりに

    0
    続き

    「同性婚」教える中学を「最先端」と褒めちぎったNHK「おはよう日本」

     この欄で筆者は最近、いわゆる「LGBT」(性的マイノリティ)をもてはやす新聞・テレビを批判することが多くなっている。そこで、批判してばかりいてはいけないと、当事者や支援者団体が企画する勉強会に時々参加することにしているが、参加する度に複雑な知的作業を強いられて疲労困憊する。

    2
    続き

    多難な年明けのトルコ、ダブルパンチの観光業

    多難な年明けのトルコ(1)

     「やはり来るべきものが来ました!」、トルコのイスタンブールで主に日本人旅行者を相手にする観光会社に務めていた知り合いの日本人女性から、「解雇されそうです!」と連絡があった。彼女いわく、同じような会社の多くが青息吐息だという。そうした事態を予感させられたのは、昨年12月初め、2年ぶりにトルコ取材に赴いたときだ。成田・イスタンブールのトルコ航空を利用したが、機内に日本人の姿が非常に少ない。特に、団体旅行グループがほとんど見あたらないのだ。

    0
    続き

    アドルフ・アイヒマンの恩赦請願

     「ホロコースト犠牲者を想起する国際デー」 (International Holocaust Remembrance Day)の1月27日、イスラエルは元ナチス幹部アドルフ・アイヒマン(Adolf Eichmann)の恩赦請願書を公表した。アイヒマンは1961年人道の罪、戦争犯罪の罪で死刑の判決を受けた。書簡は死刑日1962年5月31日の2日前にイツハク・ベンツビ大統領(任期1955~63年)宛てに送られたものだ。

    0
    続き

    「慰安婦」合意で慎みを 日韓の安保協力にも不可欠

    2016 世界はどう動く-識者に聞く(17)

    「慰安婦」合意を弾みに今年は日韓関係が改善に向かうだろうか。

    0
    続き

    1歳男児の両親ら、心臓移植で募金呼び掛け

     心臓の機能が低下する重い病気を患い、米国で移植手術を希望する神奈川県大和市の迫原大輝ちゃん(1)の両親らが29日、神奈川県庁で記者会見し、手術のための募金を呼び掛けた。総額3億2000万円を目標とし、数カ月以内の渡米を希望している。

    0
    続き

    「防災の準備が大切だ」、舛添都知事も参加

     東日本大震災の復興と風化防止への支援を呼び掛けるイベント「東京から元気を届けよう!復興応援2016」が29日、東京・丸の内の東京国際フォーラムで開幕した。岩手・宮城・福島の郷土料理の販売や都民から被災地への応援メッセージの掲示、観光と防災のPRなどが行われた。30日まで。

    0
    続き

    雪の校庭に描いた「風と共に去りぬ」の名場面

     ロシア中部イジェフスクの学校の校庭で、毎年冬に雪をキャンバスにしたアートが描かれ、生徒たちの目を楽しませている。作者は校務員のセミョン・ブハーリンさん(54)。降雪時に、ほうきを手に30分ほどで仕上げる。

     作品は米映画「風と共に去りぬ」の名シーンをモチーフにしたものや、国語の授業で習うロシアの文豪プーシキンの肖像画など。ブハーリンさんは若い頃に美術学校で絵画を学んだという。

    0
    続き

    両陛下、日本の慰霊碑に供花

     【カリラヤ(マニラ近郊)時事】フィリピンを公式訪問中の天皇、皇后両陛下は29日、首都マニラから南東に約70㌔離れたラグナ州カリラヤにある「比島戦没者の碑」を訪れ、日本から持ってきた白菊の花を供えて、激戦地で犠牲となった約51万8000人の日本人戦没者を慰霊された。

     慰霊碑の前には、両陛下の慰霊に合わせて計約150人の遺族や生還した元日本兵、在留邦人らが集まり、ともに犠牲者の冥福を祈った。

    0
    続き

    米軍のアジア再均衡は「不十分」との報告書/Pentagon’s Asia rebalance ‘may be insufficient’ for U.S. and allied security, report says

     国防総省の支援を受けて作成された報告によると、米国の政策と軍事力をアジアに向けようという取り組みは、中国のハイテク兵器の増加と中東の不安定化で行き詰まっている。

     戦略国際問題研究所(CSIS)が作成した報告は「軍事的に、太平洋軍はリバランス(再均衡)を完全に受け入れたが、接近阻止の課題は悪化しており、リスクを克服する中国の能力は予想以上だ」としている。

    0
    続き