■連載一覧
  • 衆院選大勝 安倍政権への提言
  • 2017衆院選 国難と選択
  • 北暴走 揺れる韓国
  • どう見る北の脅威
  • 2017/10/25
  • 2017/10/16
  • 2017/9/21
  • 2017/9/19
  • 2016 世界はどう動く-識者に聞く
  • 戦後70年 識者は語る
  • 2015 世界はどう動く-識者に聞く
  • 2014 世界はどう動く
  • 2016/1/04
  • 2015/8/09
  • 2015/1/07
  • 2014/1/06
  • 香港・中国返還20年 「一国二制度」の前途
  • 台湾に吹いた蔡英文旋風
  • ルポ・政権交代の攻防 台湾総統選
  • 二極化する香港 識者インタビュー
  • 香港誌「前哨」編集長 劉達文氏に聞く
  • 「雨傘革命」下の香港 揺れる一国二制度の行方
  • 揺れる香港 各派リーダーに聞く
  • 香港の普選運動 親中派民間団体代表の見方
  • 2017/7/01
  • 2016/1/18
  • 2015/12/26
  • 2015/7/12
  • 2014/11/21
  • 2014/11/14
  • 2014/11/06
  • 2014/7/08
  • 南シナ海 強まる中国支配 安保専門家に聞く
  • ドゥテルテ大統領就任から3カ月 どこへ向かう比政権
  • 香港「自治」の行方 識者に聞く
  • 中華圏に浸透する同性婚
  • 中台関係の行方
  • 日米同盟と台湾 海洋安全保障の展望
  • 蔡英文時代の台湾 本土派路線のビジョンと課題
  • ASEANの夜明け アジアハイウエー7000キロルポ
  • 緊張 南シナ海
  • 中央アジア胎動 中国「新シルクロード」と日本の戦略
  • “政熱経熱”の中韓
  • 新QDRと米中軍事バランス
  • 新グレートゲーム・幻想だった中国の平和的台頭
  • 新グレートゲーム・中国南進の海
  • 2017/7/26
  • 2016/9/21
  • 2016/8/17
  • 2016/7/26
  • 2016/6/03
  • 2016/5/31
  • 2016/5/19
  • 2016/3/22
  • 2015/11/18
  • 2015/10/14
  • 2015/9/07
  • 2014/3/31
  • 2014/2/14
  • 2013/4/18
  • ムスリム同胞団とアラブ モハメド・F・ファラハト氏に聞く
  • 多難な年明けのトルコ
  • EUと難民 UNHCRウィーン事務所報道官に聞く
  • ロシアのシリア内戦介入 アルアハラム財団事務局長に聞く
  • 2017/9/01
  • 2016/1/30
  • 2015/12/11
  • 2015/11/13
  • 新閣僚に聞く
  • 第3次改造内閣 信頼回復へ始動
  • ’17首都決戦
  • 施行から70年 憲法改正を問う
  • どうなる「民共協力」 27回共産党大会の焦点
  • 蓮舫民進 疑問の船出
  • 新閣僚に聞く
  • 「立憲主義」について
  • 再改造内閣 始動
  • 安倍政権 新たな挑戦
  • 16参院選 注目区を行く
  • 伊勢志摩サミット
  • 憲法改正 ここが焦点
  • 筆坂元日本共産党ナンバー3と田村自民党政務調査会審議役が対談
  • 第3次安倍改造内閣スタート
  • 詳解 集団的自衛権 安保法制案の合憲性
  • 衆院選 自公圧勝 ~課題と展望~
  • ’14衆院選 注目区を行く
  • 第2次安倍改造内閣スタート
  • 日米首脳会談 成果と課題
  • 2017/9/07
  • 2017/8/06
  • 2017/6/27
  • 2017/4/26
  • 2017/1/09
  • 2016/9/17
  • 2016/9/02
  • 2016/8/22
  • 2016/8/04
  • 2016/7/12
  • 2016/6/30
  • 2016/5/23
  • 2016/4/25
  • 2016/4/04
  • 2015/10/08
  • 2015/8/06
  • 2014/12/16
  • 2014/12/07
  • 2014/9/05
  • 2014/4/26
  • 国防最前線・南西諸島はいま 第2部 自衛隊配備へ動く石垣島
  • 国防最前線・南西諸島はいま 第1部 与那国島・陸自駐屯地
  • 激震・翁長県政 「オール沖縄」の凋落
  • 普天間基地移設 経緯の検証と提言
  • 「援護法」に隠された沖縄戦の真実
  • 2016/10/31
  • 2016/10/12
  • 2016/1/26
  • 2015/10/01
  • 2013/7/08
  • 北朝鮮 制裁の現実
  • どう対処 北の脅威 米有識者に聞く
  • 9年ぶり左派政権 文在寅大統領の韓国
  • 弾劾の波紋 漂流する韓国政治
  • 検証・金正恩統治5年
  • どこへ行く混迷・韓国 国政介入事件の深層
  • どう見る金正恩体制 日韓専門家対談
  • 迎撃ミサイル配備 韓国の決断
  • 3代世襲“完成” 北朝鮮第7回党大会
  • 検証 元料理人 藤本氏の再訪朝
  • 韓国総選挙ショック
  • 日韓国交正常化50年 識者に聞く
  • どうする拉致解決 日朝ストックホルム合意1年
  • 日韓国交正常化50年 「嫌韓」「反日」を越えて
  • 張成沢氏失脚 北で何が起きたか
  • 2017/6/26
  • 2017/5/17
  • 2017/5/11
  • 2017/3/15
  • 2016/12/27
  • 2016/12/05
  • 2016/8/24
  • 2016/7/20
  • 2016/5/10
  • 2016/4/29
  • 2016/4/15
  • 2015/6/22
  • 2015/5/11
  • 2015/2/05
  • 2013/12/10
  • 待ったなし地球温暖化対策
  • 環境先進国フランスの挑戦
  • 迫る気候変動の脅威 どうする大災害への備え
  • 2016/1/02
  • 2015/10/07
  • 2015/9/21
  • 「情報戦争」時代と米国
  • 米軍再建への課題-元上級将校の提言
  • トランプ政権始動
  • トランプ大統領の衝撃 米国と世界はどこに向かう
  • トランプvsヒラリー 米大統領選まで1カ月
  • オバマのLGBT外交 米国と途上国の「文化戦争」
  • トランプVSヒラリー 米大統領選まで3カ月
  • オバマ外交と次期米大統領の課題
  • 2016年米大統領選まで1年
  • 再考 オバマの世界観
  • オバマの対宗教戦争・第1部
  • オバマの対宗教戦争・第2部
  • 2017/4/03
  • 2017/2/28
  • 2017/1/22
  • 2016/11/11
  • 2016/10/08
  • 2016/9/26
  • 2016/8/06
  • 2016/6/14
  • 2015/11/08
  • 2015/7/06
  • 2013/8/05
  • 2013/9/30
  • JAXA宇宙探査計画
  • 2015/12/24
  • 12月, 2015のデータ一覧

    地域の才能を育てる喜びを知る ~美の種プロジェクトの挑戦~

     2010年から、「地域に存在する他分野の才能の交流とそれを支える市民たちによって生まれる独創的な文化創造を地元の内外に発信する」をコンセプトに始まった“美の種プロジェクト”。最初は山口・宇部、京都・敦賀の2都市から始まった。その後、このプロジェクトは広がりをみせ、2015年は、山口・宇部、和歌山、金沢、大阪、愛知、KOBE・舞子、栃木、それに、京都がつづく。

    1
    続き

    ロシア流 年末年始の過ごし方

    地球だより

     ロシアのクリスマスは1月7日。この日が、ロシア正教でつかうユリウス暦の12月25日なのだ。しかし、ロシアでも1月1日は新暦で祝うため、クリスマスは正月の後に来ることになる。もっとも、ソ連崩壊後は欧米の文化がより一般化し、新暦の12月25日にもクリスマスを祝うようになった。

    0
    続き

    外交政策で「強いロシア」誇示

     ロシアの2015年は、プーチン大統領の圧倒的な存在感が際立った1年だった。汚職にまみれた政府高官と、それを取り締まるプーチン大統領という構図を政府系マスコミが演出し、経済制裁による景気低迷の中でも大統領の支持率は高止まりしている。シリア空爆や、領空侵犯したロシアの爆撃機を撃墜したトルコに対する厳しい対応も、政権の追い風となっている。(モスクワ支局)

    0
    続き

    朴大統領の強い意思と注目される今後の動向

    韓国紙セゲイルボ

     朴大統領が慰安婦問題に対して決断を下したのは韓米関係、日本との経済協力など国内外の現実をあまねく勘案した判断からだと観測される。

    0
    続き

    辺野古移設、抑止力の最前線基地に

    安保情勢と普天間移設

    沖縄の米軍問題を考える会代表 松谷秀夫(下)

    0
    続き

    ISと中国に明け暮れた1年

    元統幕議長 杉山 蕃

     1年を振り返って防衛の抱える問題について所見を披露したい。

     軍事治安関連で最も世界の耳目を集めているのは、「イスラム国」(IS)と自ら称するトルコ・シリア・イラク国境地帯を勢力範囲とするイスラム過激組織の活動であろう。この勢力の活動拡大は、地域の武力による実質支配に留まらず、世界各地へのテロ活動を活性化させ、大きな不安定要因となっている。

    0
    続き

    東証大納会の年末株価、19年ぶりに高値

     2015年最後の取引日(大納会)となった30日の東京株式市場は、前日の欧米株高を好感した買いが優勢だった。日経平均株価は前日比51円48銭高の1万9033円71銭と、3日連続で値上がりし、大納会の終値では1996年以来19年ぶりの高値となった。年末時点を比べた日経平均の上昇は4年連続で、前年末比では9%高。

    1
    続き

    年の瀬の築地場外市場、正月準備でにぎわう

     東京都中央区の築地場外市場では30日、おせち料理の食材などを買い求める客や観光客らでにぎわった。

     「特盛りだよ、安いよ」などの声が飛び交い、夕方まで活気に満ちていた。

     友人同士で訪れ、シラスやタコなどを購入した関口絢子さんは「目移りしちゃって、楽しくて、何を買っていいか分からない。スーパーより断然安い」と、年の瀬の市場の雰囲気を楽しんでいた。

    0
    続き

    スカイツリーでガラス清掃、視界良好な新年を

     年の瀬も押し詰まった28日。東京都墨田区の東京スカイツリーでは、早朝からガラス清掃や正月の飾り付けが行われた。

     地上450メートルにある天望回廊のガラス清掃を報道公開するのは今回が2度目。

     高所で作業を担当する吉本光里さん(右)は「怖いけど、新年に訪れたお客さんにきれいな景色を届けられたら」と笑顔を見せた。

    0
    続き

    親孝行契約

    韓国紙セゲイルボ・コラム「説往説来」

     古代ローマの弁論家キケロが最初に名声を得たのは尊属殺人事件だ。キケロは父親を殺した容疑を受けたロスキウスという人物を弁護して無罪を立証した。当時の権力者スッラの側近が告訴した事件なので政治的な波紋も少なくなかったという。

    0
    続き

    北朝鮮、民生重視より先軍政治 幹部粛清・恫喝外交変化せず

    宮塚コリア研究所代表 宮塚利雄氏に聞く

     ――北朝鮮の1年を振り返って、金正恩(キムジョンウン)の権力基盤は拡大・安定したのか。

     この1年は金正恩政権にとっては明るい話題はなかった。足を引きずって会議場に現れたり、ミサイル発射を示唆して周辺国家を威嚇するという常套(じょうとう)手段の「弱者の恫喝(どうかつ)」の乱用、度重なる党や軍幹部の粛清などで、国内外からの評判・評価は低い。

    0
    続き

    目覚めよ、沖縄県民(2) 「沖縄は中華系」との誤認識を改めよ

     では、琉球独立論を違った角度から考察していこう。琉球新報は、これまでに「琉球民族の自己決定権」を掲げ、ありもしない「琉球民族」を存在するという立場から独立論を支援してきた。しかし、前述したように琉球大学の研究結果のとおり、日本民族であることがわかると、今度は「琉球処分違法論」を唱えてきた。琉球処分違法論とは、琉球は独立国家であって、併合はウィーン条約法条約違反であるという論理だ。

     だが、考えてほしい。ウィーン条約法条約は、国際慣習法の条約法を法典化したもので、1981年に日本が加盟したものだ。法学の常識では、遡及なので違法とするのは無理がある。まるで、アメリカがわが国に対して、事後法で裁いた東京裁判を行うかのようだ。また、琉球処分というのは、そもそも条約ではなく、日本の国内事業であり、国際法とは何ら関係がない。

    0
    続き

    目覚めよ、沖縄県民(1) 琉球独立派に屈するな

     筆者はいま、沖縄出身として恥ずかしく、恐ろしいことをしていたと感じている。それは、沖縄生まれにもかかわらず、沖縄の歴史を知らずに過ごしてきたということであり、「琉球独立」という恐ろしい事態を招く可能性を秘めていると知らなかったのだ。本稿では沖縄の歴史について触れ、琉球処分については詳しく論述する。「琉球独立」が如何におかしく、そして、沖縄はわが国の一部であることを証明し、琉球独立論に対して反論していきたい。

     近年の沖縄問題といえば、アメリカ海兵隊普天間基地の名護市辺野古への移設である。しかし、この問題は単に安全保障上のものではない。尖閣を、沖縄を奪取しようと中華人民共和国(以下、中国)は画策している可能性があり、基地問題で沖縄県民の感情に反米と反政府を根付かせ、沖縄からの米軍基地や自衛隊基地の全面撤去を狙っている。それを確信できる「根拠」がある。

    0
    続き

    15年の日本、未来への展望を開いた1年

     いま東映系で公開中の日土合作映画「海難1890」は二つの史実に基づいた日本とトルコの名もなき人々の素朴な善意を描いている。

     安保関連法が9月に成立

    0
    続き

    「慰安婦」日韓合意に歓迎論調の中で履行見守り評価保留した読、産

     日本と韓国の大きな懸案となり相互不信の象徴だった慰安婦問題は「最終的、不可逆的に解決」することで妥結した。岸田文雄外相と韓国の尹炳世外相は28日にソウルで会談し、両政府の協議は合意に達した。また国際社会で非難、批判を控えることを確認。元慰安婦支援の事業のため韓国政府が財団を設立し、日本政府がこれに10億円程度を基金として一括拠出することで一致したのである。

    0
    続き

    「父祖の地に闇のしづまる大晦日」(飯田蛇笏)。…

     「父祖の地に闇のしづまる大晦日」(飯田蛇笏)。一年の最後の日である。大晦日を迎えて、先祖たちが暮らしてきた地が闇の中に静まっているという。大地に根差した蛇笏の質実な生活を感じさせる。

     大晦日は「おおつごもり」ともいう。つごもりは「月隠」と記し、月の終わり、月の死を意味した。太陽も同様に、日没と日の出、死と再生を繰り返すことで、月日という時間が流れていく。

    0
    続き

    普天間基地、中国の野心阻止へ解決を

    安保情勢と普天間移設

    沖縄の米軍問題を考える会代表 松谷秀夫(中)

     普天間基地は正式には、米国太平洋軍海兵隊普天間飛行場と呼ばれている。面積は480㌶、標高は75㍍と高台にあり東日本大震災で発生した津波と同様な事態においても浸水しないとされている。配備されている人員はおよそ3000人。そのうち司令部機能や、整備、飛行管制などを除く70%は6カ月程度の交代勤務となっている。

    0
    続き

    中国の臆病なバチカン接触

     バチカン放送独語電子版が25日、アジアのカトリック系通信社UCANEWSの報道として伝えたところによると、ローマ・カトリック教会総本山バチカン法王庁は中国当局が選出した四川省成都の司教区の新司教を承認したという。

     昨年5月8日に選出されたジョセフ・Tang Yuange氏は1963年生まれで、1991年に聖職者となり、地方教会の委員会副事務局長や地元のカトリック教会愛国協会理事長などを歴任している。新司教の任命式は来年に予定されている。成都前司教が1998年に死去して以来、成都教区(推定12万人信者)の司教ポストは空席となってきた。

    0
    続き

    立法院も「一強二弱」 中台緊張リスク、日米協力強化を

    ルポ・政権交代の攻防 台湾総統選(5)  「一強二弱」と台湾メディアで報じられるほど、選挙序盤から野党・民進党公認候補、蔡英文主席は「一強」としての支持率が高く、二弱である国民党の朱立倫主席、親民党の宋楚瑜主席を寄せ付けない圧勝の勢いだ。最終盤で目立つのは第三勢力となったヒマワリ学生運動のリーダーたちが束ねるミニ政党「時代力量(時代の力)」が親民党より支持率が上昇している点だ。

    0
    続き

    年の瀬の風物詩、演奏会「三越の第九」

     ベートーベンが作曲した交響曲第9番の演奏会「三越の第九」が29日午後、年の瀬の買い物客でにぎわう日本橋三越本店(東京都中央区)で行われた。

     5階まで吹き抜けになっているホールには約900人の観客が詰め掛け、台東区民合唱団(約230人)による歓喜の歌の合唱に聞き入った。

    0
    続き

    ベルリンの教会、先行き不安な難民に安らぎ

     シリアから今年ドイツに殺到した難民はイスラム教徒ばかりではなく、キリスト教徒も一定数おり、クリスマスから新年にかけての時期を特別な思いで過ごしている。希望の地にはたどり着いたが、先行きへの不安は拭えず、安らぎを求めて教会に集っている。

    0
    続き

    「温泉のサル」旅行者に人気、来年えと賀状にも

     野生のサルが冬の寒さをしのぐため、温泉に漬かる姿を見ることができる長野県山ノ内町の地獄谷野猿公苑。「温泉に漬かるサル」としてインターネットなどを通じて海外に紹介され、ここ数年で外国人旅行者が急増している。

    0
    続き

    普天間移設問題、市民軽視の翁長知事に怒り

     米軍普天間飛行場の移設問題で、同飛行場周辺に住む宜野湾市民12人が沖縄県に対し取り消しの無効確認と県と翁長(おなが)雄志知事に慰謝料を求める訴訟の初公判が22日、那覇地裁(森鍵一裁判長)で行われた。また、同飛行場の早期移設を求める宜野湾市民の署名が26日時点で1万筆集まった。一日も早い危険性除去を願う市民の声に真摯に向き合わない県に市民の怒りは高まっている。(那覇支局・豊田 剛)

    1
    続き