■連載一覧
  • 衆院選大勝 安倍政権への提言
  • 2017衆院選 国難と選択
  • 北暴走 揺れる韓国
  • どう見る北の脅威
  • 2017/10/25
  • 2017/10/16
  • 2017/9/21
  • 2017/9/19
  • 2016 世界はどう動く-識者に聞く
  • 戦後70年 識者は語る
  • 2015 世界はどう動く-識者に聞く
  • 2014 世界はどう動く
  • 2016/1/04
  • 2015/8/09
  • 2015/1/07
  • 2014/1/06
  • 香港・中国返還20年 「一国二制度」の前途
  • 台湾に吹いた蔡英文旋風
  • ルポ・政権交代の攻防 台湾総統選
  • 二極化する香港 識者インタビュー
  • 香港誌「前哨」編集長 劉達文氏に聞く
  • 「雨傘革命」下の香港 揺れる一国二制度の行方
  • 揺れる香港 各派リーダーに聞く
  • 香港の普選運動 親中派民間団体代表の見方
  • 2017/7/01
  • 2016/1/18
  • 2015/12/26
  • 2015/7/12
  • 2014/11/21
  • 2014/11/14
  • 2014/11/06
  • 2014/7/08
  • 南シナ海 強まる中国支配 安保専門家に聞く
  • ドゥテルテ大統領就任から3カ月 どこへ向かう比政権
  • 香港「自治」の行方 識者に聞く
  • 中華圏に浸透する同性婚
  • 中台関係の行方
  • 日米同盟と台湾 海洋安全保障の展望
  • 蔡英文時代の台湾 本土派路線のビジョンと課題
  • ASEANの夜明け アジアハイウエー7000キロルポ
  • 緊張 南シナ海
  • 中央アジア胎動 中国「新シルクロード」と日本の戦略
  • “政熱経熱”の中韓
  • 新QDRと米中軍事バランス
  • 新グレートゲーム・幻想だった中国の平和的台頭
  • 新グレートゲーム・中国南進の海
  • 2017/7/26
  • 2016/9/21
  • 2016/8/17
  • 2016/7/26
  • 2016/6/03
  • 2016/5/31
  • 2016/5/19
  • 2016/3/22
  • 2015/11/18
  • 2015/10/14
  • 2015/9/07
  • 2014/3/31
  • 2014/2/14
  • 2013/4/18
  • ムスリム同胞団とアラブ モハメド・F・ファラハト氏に聞く
  • 多難な年明けのトルコ
  • EUと難民 UNHCRウィーン事務所報道官に聞く
  • ロシアのシリア内戦介入 アルアハラム財団事務局長に聞く
  • 2017/9/01
  • 2016/1/30
  • 2015/12/11
  • 2015/11/13
  • 新閣僚に聞く
  • 第3次改造内閣 信頼回復へ始動
  • ’17首都決戦
  • 施行から70年 憲法改正を問う
  • どうなる「民共協力」 27回共産党大会の焦点
  • 蓮舫民進 疑問の船出
  • 新閣僚に聞く
  • 「立憲主義」について
  • 再改造内閣 始動
  • 安倍政権 新たな挑戦
  • 16参院選 注目区を行く
  • 伊勢志摩サミット
  • 憲法改正 ここが焦点
  • 筆坂元日本共産党ナンバー3と田村自民党政務調査会審議役が対談
  • 第3次安倍改造内閣スタート
  • 詳解 集団的自衛権 安保法制案の合憲性
  • 衆院選 自公圧勝 ~課題と展望~
  • ’14衆院選 注目区を行く
  • 第2次安倍改造内閣スタート
  • 日米首脳会談 成果と課題
  • 2017/9/07
  • 2017/8/06
  • 2017/6/27
  • 2017/4/26
  • 2017/1/09
  • 2016/9/17
  • 2016/9/02
  • 2016/8/22
  • 2016/8/04
  • 2016/7/12
  • 2016/6/30
  • 2016/5/23
  • 2016/4/25
  • 2016/4/04
  • 2015/10/08
  • 2015/8/06
  • 2014/12/16
  • 2014/12/07
  • 2014/9/05
  • 2014/4/26
  • 国防最前線・南西諸島はいま 第2部 自衛隊配備へ動く石垣島
  • 国防最前線・南西諸島はいま 第1部 与那国島・陸自駐屯地
  • 激震・翁長県政 「オール沖縄」の凋落
  • 普天間基地移設 経緯の検証と提言
  • 「援護法」に隠された沖縄戦の真実
  • 2016/10/31
  • 2016/10/12
  • 2016/1/26
  • 2015/10/01
  • 2013/7/08
  • 北朝鮮 制裁の現実
  • どう対処 北の脅威 米有識者に聞く
  • 9年ぶり左派政権 文在寅大統領の韓国
  • 弾劾の波紋 漂流する韓国政治
  • 検証・金正恩統治5年
  • どこへ行く混迷・韓国 国政介入事件の深層
  • どう見る金正恩体制 日韓専門家対談
  • 迎撃ミサイル配備 韓国の決断
  • 3代世襲“完成” 北朝鮮第7回党大会
  • 検証 元料理人 藤本氏の再訪朝
  • 韓国総選挙ショック
  • 日韓国交正常化50年 識者に聞く
  • どうする拉致解決 日朝ストックホルム合意1年
  • 日韓国交正常化50年 「嫌韓」「反日」を越えて
  • 張成沢氏失脚 北で何が起きたか
  • 2017/6/26
  • 2017/5/17
  • 2017/5/11
  • 2017/3/15
  • 2016/12/27
  • 2016/12/05
  • 2016/8/24
  • 2016/7/20
  • 2016/5/10
  • 2016/4/29
  • 2016/4/15
  • 2015/6/22
  • 2015/5/11
  • 2015/2/05
  • 2013/12/10
  • 待ったなし地球温暖化対策
  • 環境先進国フランスの挑戦
  • 迫る気候変動の脅威 どうする大災害への備え
  • 2016/1/02
  • 2015/10/07
  • 2015/9/21
  • 「情報戦争」時代と米国
  • 米軍再建への課題-元上級将校の提言
  • トランプ政権始動
  • トランプ大統領の衝撃 米国と世界はどこに向かう
  • トランプvsヒラリー 米大統領選まで1カ月
  • オバマのLGBT外交 米国と途上国の「文化戦争」
  • トランプVSヒラリー 米大統領選まで3カ月
  • オバマ外交と次期米大統領の課題
  • 2016年米大統領選まで1年
  • 再考 オバマの世界観
  • オバマの対宗教戦争・第1部
  • オバマの対宗教戦争・第2部
  • 2017/4/03
  • 2017/2/28
  • 2017/1/22
  • 2016/11/11
  • 2016/10/08
  • 2016/9/26
  • 2016/8/06
  • 2016/6/14
  • 2015/11/08
  • 2015/7/06
  • 2013/8/05
  • 2013/9/30
  • JAXA宇宙探査計画
  • 2015/12/24
  • 11月, 2015のデータ一覧

    日本・トルコ友好125周年、合作映画『海難1890』

    田中光敏監督に聞く

     今年は日本とトルコ友好125周年を迎えたが、両国の友情は明治23(1890)年に親善使節として訪日したトルコ軍艦エルトゥールル号が和歌山県串本町沖で遭難した際の地元民の懸命な救助から始まった。それから95年後の昭和60(1985)年3月、イラン・イラク戦争下にテヘラン空港で帰国便のあてがつかない日本人二百人余に、トルコの人々が自国救援機の座席を譲って助けたのである。二つの史実をリアルに描いた日・土合作映画『海難1890』(12月5日公開・東映配給)の田中光敏監督に、両国の友好と映画について聞いた。(聞き手=編集委員・堀本和博)

    0
    続き

    五郎丸歩選手が自民式典にサプライズ登場

     ラグビーのワールドカップ(W杯)イングランド大会での活躍で注目を集めた日本代表の五郎丸歩選手が29日の自民党結党60年の記念式典にサプライズで登場し、会場を沸かせた。

    0
    続き

    強くなった日本女子、苦難乗り越え悲願の五輪

     五輪への道のりは最後まで苦しかった。日本は決勝でカザフスタンとの激戦を制し、悲願の出場権を獲得。中村主将は「全てをこれに懸けてきた。全部報われた」と感極まった。

     勝てば五輪が決まったカザフとの1次リーグ最終戦は惜敗。重圧から好機でミスを連発し、本来のボールを大きく動かすラグビーが影を潜めた。

    0
    続き

    羽生結弦・浅田真央らによるエキシビションで幕

     フィギュアスケートのグランプリ(GP)シリーズ第6戦、NHK杯で男子世界歴代最高の合計322・40点をマークして圧勝した羽生結弦(ANA)が29日、一夜明けて長野市内の会場で取材に応じ、「点数以上に自分の演技を成し遂げられたことに意味を感じた」と実感を込めて語った。

    0
    続き

    「優しさ」「未来」「希望」がテーマ、平和ともす

     広島市中心部の平和大通りなどで、城やツリーなどのオブジェをライトアップする冬の風物詩「ひろしまドリミネーション2015」が始まった。

     被爆70年の節目に当たる今年は、「優しさ」「未来」「希望」をテーマに、140万個の電球の輝きで幻想的な雰囲気を醸し出している。

    0
    続き

    感謝祭の名物、人気キャラクターたちの大行進

     米国が感謝祭を迎えた26日、ニューヨーク・マンハッタンを行進する人気キャラクターたちの巨大風船。

     メーシーズデパートが1924年に始めた毎年恒例のパレードで、今や感謝祭の名物だ。(EPA=時事)

    0
    続き

    テロリストに変貌する若者ら

     フランス・パリで13日に起きた同時多発テロは、フランスのみならず、欧州全体に重い難問を突き付けている。テロは折しもシリアからの大量難民受け入れに欧州全体が奮闘している時に起こった。さらにテロは欧州域外からの攻撃ではなく、欧州社会が産み出したテロリストの手によって実行された。テロの脅威は、欧州の人道主義と自由主義の価値観を根底から揺さぶっている。(パリ・安部雅信)

    0
    続き

    中台首脳の握手を危惧する

    桐蔭横浜大学法学部教授 ペマ・ギャルポ

     現象を見て原因を軽視する傾向が現在の日本の指導層に見えるのは残念である。これは政界のみならず財界や言論界でも言えることである。だから、常に問題が生じたときには先々のことや、その本当の原因を考慮せずに、ただパッチワークのようにその時々の対策しか行っておらず、そのためそれによって10年後50年後、あるいは100年後にどのような影響をもたらすのか考えていない。

    0
    続き

    危ない警備員

    地球だより

     フィリピンに来た日本人が驚くことの一つに、警備員の多さがあるのではないだろうか。彼らは金融機関をはじめとして、マンションの入り口やファストフード・レストランにまで常駐しているが、銃を持った彼らが犯罪を起こすことも少なくない。

    0
    続き

    秋篠宮殿下、50歳に

     秋篠宮殿下は30日、50歳の誕生日を迎えられた。これに先立ち、同妃紀子殿下(49)と宮邸で記者会見された。「50という響きについてはちょっと年を取った感じがありますけれども、何か感想があるということではありません」と述べ、公的な活動について「今まで通り、いただいたものを一つ一つ大切に務めていきたい」と抱負を語られた。

    0
    続き

    祝日の意義

     先週の日曜日のことだ。仕事の関係で外出中の筆者に妻からメールが届いた。「今日、何の日か知ってますか? いい夫婦の日なんですって」。11月22日がその語呂合わせでいい夫婦の日ということは知っていたので、「もちろん知っているけど、今日とは知らなかった」と簡単に返事した。とはいえ、そういわれると何となく手ぶらでは帰りにくいので、妻や子供が喜びそうな手土産を買って帰る羽目になった。

     この手の(記念)日は11月だけをみてもたくさんある。いい風呂の日(26日)、いいトイレの日(10日)、ワン、ワン、ワン(111)となる犬の日(1日)などもあれば、11日は「+-+-」となるので電池の日なのだという。

    0
    続き

    ギャラリーは「大森山動物園」

     秋田市の大森山動物園(小松守園長)を舞台にこのほど、秋田公立美術大学の学生たちによって動物の大壁画や彫刻などが展示された。同園にとっては平成19年から行われている同大との協力活動。一方の学生にとっては実地学習の場となった。同園は新しい動物園像を目指す。(伊藤志郎)

    0
    続き

    待機児童の解消で急拡大「保育崩壊」の危機招く

     厚生労働省公表の「保育所等関連状況の取りまとめ」によると、保育所等(保育所、幼保連携型認定こども園、幼稚園型認定こども園等、特定地域型保育事業)の施設数は前年より4300カ所増え、2万8800カ所。保育所等利用児童は237万人。これにベビーホテルなど認可外保育の約20万を含めると257万人に上る。就学前児童の4割に当たる子供たちが保育所施設で過ごしていることになる。

    0
    続き

    COP21、実効性ある新枠組み作れ

     2020年以降の地球温暖化対策の新たな枠組みを決める国連気候変動枠組み条約第21回締約国会議(COP21)がきょうから、同時テロ以降厳戒態勢が続くパリで開催される。温室ガスの2大排出国、中国と米国はもちろん、先進国途上国を問わず全ての締約国が参加する実効性のある枠組みを作れるかどうかに、人類の未来がかかっていると言っても過言ではない。

     待ったなしの温暖化対策

    0
    続き

    ISテロと米軍誤爆を同じに扱う報ステ・古舘氏を見逃さない新潮

     「日本の言論空間は異質だ」と週刊新潮(12月3日号)は呆れ嘆く。その通りだ。たとえ日本に侵略軍が押し寄せても、憲法九条をかざせば、その「崇高な精神」に怖れをなして、すごすごと引き返す、というマンガのようなことを真剣に信じている輩が一定人数いるのだ。

    0
    続き

    北極圏では地球温暖化の影響で、海氷面積が…

     北極圏では地球温暖化の影響で、海氷面積がここ30年の間に約40%も減っている。大量の氷が解けると海水の塩分の濃度が薄まり、温度の違う海流の相互作用が弱まってしまう。

     そのため世界の海流の流れが遅くなり、まずはメキシコ湾流の影響を受ける北欧やカナダなどの寒冷化が始まると言われる。解氷の加速化の弊は計り知れない。

    0
    続き

    JAXA、X線天文衛星「アストロH」公開

     銀河の中心にある巨大ブラックホールや、銀河が集まった銀河団の形成過程の解明を目指す宇宙航空研究開発機構(JAXA)のX線天文衛星「アストロH」が完成し、茨城県つくば市の筑波宇宙センターで27日、報道陣に公開された。2005年に打ち上げた「すざく(朱雀)」の後継機で、日本の天文衛星では最大。

    0
    続き

    「柴犬まる」を「みえの国観光大使」に任命

     三重県は、スマートフォンの写真共有サービス「インスタグラム」で人気の「柴犬まる」を「みえの国観光大使」に任命した。犬が観光大使になるのは都道府県初という。

     東京都内のアンテナショップで行った就任式で、鈴木英敬知事は「観光を伸ばしていくために『犬の手』も借りたい」とアピールした。

    0
    続き

    次世代型産業の受け皿作りへ

     タイのプラユット首相が今夏、断行した内閣改造の目玉は、経済チームの総合責任者にプリディヤトーン副首相に代わってソムキット元財務相を副首相(経済担当)に抜擢(ばってき)したことだった。ソムキット氏はクーデターで全権を掌握した国家平和秩序評議会の経済顧問を務めていたが、そもそもタクシン政権時代に副首相を務めたことのある現政権とは対極にいた人物だった。その異例抜擢されたソムキット副首相がホテルニューオータニ東京の「鶴の間」で演題に立った。(池永達夫、写真も)

    0
    続き

    ロシア機撃墜の上にシリアでの露の危険な動きに警告発するWSJ

     ロシア軍爆撃機がトルコ軍機に撃墜されたことで、シリア情勢はいっそう複雑化してきた。パリ同時テロもありこのところ欧米各紙は過激派組織「イスラム国」(IS)、シリア情勢への注目が高いが、ロシアの介入には総じて慎重だ。

    0
    続き

    中国の南シナ海領有の野望

    元統幕議長 杉山 蕃

     APEC(アジア太平洋経済協力会議)首脳会議、ASEAN(東南アジア諸国連合)関連首脳会議が行われ、懸案の南シナ海における中国の一方的な領有権主張、岩礁・浅瀬への飛行場建設等の力による現状変更について、オバマ大統領、安倍総理をはじめとし、関係国からも中国牽制の表明があった。米国による人工島海域(中国は領海と主張)での海軍艦艇航行と相俟って、南沙問題に新しい展開が見られる状況にあり、若干の所見を披露したい。

    0
    続き

    露軍機撃墜、IS掃討作戦に齟齬を来すな

     トルコ軍機が領空を侵犯したとしてロシア軍機を撃墜したことで、双方が非難の応酬を繰り広げている。

     パリ同時多発テロ後、過激派組織「イスラム国(IS)」掃討を目指す国際包囲網構築の兆しが見えてきたが、この件でほころびつつあるのは残念だ。

    トルコは領空侵犯と主張

    0
    続き