■連載一覧
  • 衆院選大勝 安倍政権への提言
  • 2017衆院選 国難と選択
  • 北暴走 揺れる韓国
  • どう見る北の脅威
  • 2017/10/25
  • 2017/10/16
  • 2017/9/21
  • 2017/9/19
  • 2016 世界はどう動く-識者に聞く
  • 戦後70年 識者は語る
  • 2015 世界はどう動く-識者に聞く
  • 2014 世界はどう動く
  • 2016/1/04
  • 2015/8/09
  • 2015/1/07
  • 2014/1/06
  • 香港・中国返還20年 「一国二制度」の前途
  • 台湾に吹いた蔡英文旋風
  • ルポ・政権交代の攻防 台湾総統選
  • 二極化する香港 識者インタビュー
  • 香港誌「前哨」編集長 劉達文氏に聞く
  • 「雨傘革命」下の香港 揺れる一国二制度の行方
  • 揺れる香港 各派リーダーに聞く
  • 香港の普選運動 親中派民間団体代表の見方
  • 2017/7/01
  • 2016/1/18
  • 2015/12/26
  • 2015/7/12
  • 2014/11/21
  • 2014/11/14
  • 2014/11/06
  • 2014/7/08
  • 南シナ海 強まる中国支配 安保専門家に聞く
  • ドゥテルテ大統領就任から3カ月 どこへ向かう比政権
  • 香港「自治」の行方 識者に聞く
  • 中華圏に浸透する同性婚
  • 中台関係の行方
  • 日米同盟と台湾 海洋安全保障の展望
  • 蔡英文時代の台湾 本土派路線のビジョンと課題
  • ASEANの夜明け アジアハイウエー7000キロルポ
  • 緊張 南シナ海
  • 中央アジア胎動 中国「新シルクロード」と日本の戦略
  • “政熱経熱”の中韓
  • 新QDRと米中軍事バランス
  • 新グレートゲーム・幻想だった中国の平和的台頭
  • 新グレートゲーム・中国南進の海
  • 2017/7/26
  • 2016/9/21
  • 2016/8/17
  • 2016/7/26
  • 2016/6/03
  • 2016/5/31
  • 2016/5/19
  • 2016/3/22
  • 2015/11/18
  • 2015/10/14
  • 2015/9/07
  • 2014/3/31
  • 2014/2/14
  • 2013/4/18
  • ムスリム同胞団とアラブ モハメド・F・ファラハト氏に聞く
  • 多難な年明けのトルコ
  • EUと難民 UNHCRウィーン事務所報道官に聞く
  • ロシアのシリア内戦介入 アルアハラム財団事務局長に聞く
  • 2017/9/01
  • 2016/1/30
  • 2015/12/11
  • 2015/11/13
  • 新閣僚に聞く
  • 第3次改造内閣 信頼回復へ始動
  • ’17首都決戦
  • 施行から70年 憲法改正を問う
  • どうなる「民共協力」 27回共産党大会の焦点
  • 蓮舫民進 疑問の船出
  • 新閣僚に聞く
  • 「立憲主義」について
  • 再改造内閣 始動
  • 安倍政権 新たな挑戦
  • 16参院選 注目区を行く
  • 伊勢志摩サミット
  • 憲法改正 ここが焦点
  • 筆坂元日本共産党ナンバー3と田村自民党政務調査会審議役が対談
  • 第3次安倍改造内閣スタート
  • 詳解 集団的自衛権 安保法制案の合憲性
  • 衆院選 自公圧勝 ~課題と展望~
  • ’14衆院選 注目区を行く
  • 第2次安倍改造内閣スタート
  • 日米首脳会談 成果と課題
  • 2017/9/07
  • 2017/8/06
  • 2017/6/27
  • 2017/4/26
  • 2017/1/09
  • 2016/9/17
  • 2016/9/02
  • 2016/8/22
  • 2016/8/04
  • 2016/7/12
  • 2016/6/30
  • 2016/5/23
  • 2016/4/25
  • 2016/4/04
  • 2015/10/08
  • 2015/8/06
  • 2014/12/16
  • 2014/12/07
  • 2014/9/05
  • 2014/4/26
  • 国防最前線・南西諸島はいま 第2部 自衛隊配備へ動く石垣島
  • 国防最前線・南西諸島はいま 第1部 与那国島・陸自駐屯地
  • 激震・翁長県政 「オール沖縄」の凋落
  • 普天間基地移設 経緯の検証と提言
  • 「援護法」に隠された沖縄戦の真実
  • 2016/10/31
  • 2016/10/12
  • 2016/1/26
  • 2015/10/01
  • 2013/7/08
  • 北朝鮮 制裁の現実
  • どう対処 北の脅威 米有識者に聞く
  • 9年ぶり左派政権 文在寅大統領の韓国
  • 弾劾の波紋 漂流する韓国政治
  • 検証・金正恩統治5年
  • どこへ行く混迷・韓国 国政介入事件の深層
  • どう見る金正恩体制 日韓専門家対談
  • 迎撃ミサイル配備 韓国の決断
  • 3代世襲“完成” 北朝鮮第7回党大会
  • 検証 元料理人 藤本氏の再訪朝
  • 韓国総選挙ショック
  • 日韓国交正常化50年 識者に聞く
  • どうする拉致解決 日朝ストックホルム合意1年
  • 日韓国交正常化50年 「嫌韓」「反日」を越えて
  • 張成沢氏失脚 北で何が起きたか
  • 2017/6/26
  • 2017/5/17
  • 2017/5/11
  • 2017/3/15
  • 2016/12/27
  • 2016/12/05
  • 2016/8/24
  • 2016/7/20
  • 2016/5/10
  • 2016/4/29
  • 2016/4/15
  • 2015/6/22
  • 2015/5/11
  • 2015/2/05
  • 2013/12/10
  • 待ったなし地球温暖化対策
  • 環境先進国フランスの挑戦
  • 迫る気候変動の脅威 どうする大災害への備え
  • 2016/1/02
  • 2015/10/07
  • 2015/9/21
  • 「情報戦争」時代と米国
  • 米軍再建への課題-元上級将校の提言
  • トランプ政権始動
  • トランプ大統領の衝撃 米国と世界はどこに向かう
  • トランプvsヒラリー 米大統領選まで1カ月
  • オバマのLGBT外交 米国と途上国の「文化戦争」
  • トランプVSヒラリー 米大統領選まで3カ月
  • オバマ外交と次期米大統領の課題
  • 2016年米大統領選まで1年
  • 再考 オバマの世界観
  • オバマの対宗教戦争・第1部
  • オバマの対宗教戦争・第2部
  • 2017/4/03
  • 2017/2/28
  • 2017/1/22
  • 2016/11/11
  • 2016/10/08
  • 2016/9/26
  • 2016/8/06
  • 2016/6/14
  • 2015/11/08
  • 2015/7/06
  • 2013/8/05
  • 2013/9/30
  • JAXA宇宙探査計画
  • 2015/12/24
  • 10月, 2015のデータ一覧

    ノーベル章の大村智、梶田隆章氏に文化勲章

     政府は30日、今年度の文化勲章をノーベル医学生理学賞受賞が決まった大村智・北里大特別栄誉教授(80)や物理学賞に決まった梶田隆章・東京大宇宙線研究所長(56)、俳優の仲代達矢さん本名仲代元久(82)ら7人に贈ると発表した。

    0
    続き

    「エンジョイした、日本ラグビーの繁栄願う」

     ラグビーのワールドカップ(W杯)イングランド大会で、日本代表のヘッドコーチ(HC)を務めたエディー・ジョーンズ氏(55)が30日、東京都千代田区の日本記者クラブで記者会見した。11月1日の退任を控え「この4年間、本当にエンジョイさせてもらった。日本ラグビーのこのままの繁栄を願う」と述べた。

    0
    続き

    オバマ米国と平和賞の呪縛 南シナ海対決で解けるか

     今年のノーベル平和賞は、「アラブの春」の民主化と過激派テロが同居する国チュニジアで、国内対話を進め、民主化を守ってきた4団体、「国民対話カルテット」の受賞が決まった。地域の民主化運動全体への波及効果が期待される。

    0
    続き

    ハロウィーン本番前から仮装の若者ら繰り出す

     仮装などを楽しむハロウィーンを翌日に控えた30日夕、東京・渋谷では仮装した若者らが繁華街に繰り出し始めた。警視庁は多数の人出が予想される週末の繁華街に混乱が生じないようにするため、JR渋谷駅周辺などに機動隊員らを待機させ、ハロウィーン本番前から警戒態勢を敷いた。

    0
    続き

    「東京モーターショー」、一般公開始まる

     東京モーターショー(日本自動車工業会主催)の一般公開が30日、東京都江東区の東京ビッグサイトで始まった。日本の自動車大手は、温室効果ガス削減に対応する次世代エコカーや東京五輪が開かれる2020年までの実用化を目指す自動運転技術などを紹介。今後開発を進めるスポーツカーも展示し、近未来の車の姿や運転する楽しみをアピールする。11月8日まで。

    0
    続き

    「佐賀インターナショナルバルーンフェスタ」開幕

     今年で36回目となる「佐賀インターナショナルバルーンフェスタ」が30日、メーン会場の佐賀市・嘉瀬川河川敷で開幕した。

     20カ国・地域から127機が参加。競技では、地上に設定されたターゲットを目がけて気球からマーカーを投下するなど、熱気球をいかに自在に飛ばせるか腕前を競う。

    0
    続き

    安倍(首相)さん、パブ・モゴッソ?

     韓国大統領府は28日、朴槿恵政権初の日韓首脳会談を来月2日午前ソウルで開くと発表した。3年半ぶりの日韓首脳会談だ(最後の日韓首脳会談は2012年5月、李明博大統領と野田佳彦首相の間)。

     日韓首脳会談が実現するまで紆余曲折あったが、隣国の首脳同士が会談し、両国関係の改善に努力する機会が生まれたことを歓迎したい。

    0
    続き

    秋篠宮殿下御夫妻、サンパウロ州庁舎でアルキミン州知事主催の式典に

     【サンパウロ時事】日本との外交樹立120周年に合わせブラジルを公式訪問中の秋篠宮殿下御夫妻は29日夕(日本時間30日未明)、サンパウロ州庁舎でアルキミン州知事らが主催した歓迎式典に出席された。

     秋篠宮殿下はあいさつで、1908年以降、多くの日本移民がブラジルに渡った歴史を振り返ると共に、日本人を受け入れ、日系人の活躍を高く評価するブラジル社会に「改めて感謝を申し上げます」と述べられた。

    0
    続き

    両陛下、国連大を御訪問

     天皇、皇后両陛下は30日午後、東京都渋谷区の国連大本部を訪れ、同大で研究する各国の大学院生との懇談会に出席された。

     懇談会は同大の創立40周年を記念して開催され、アジアやアフリカ出身の院生約20人が出席。両陛下は一人ひとりと言葉を交わし、研究内容や出身国などを尋ねられた。

    0
    続き

    中国の人口政策、強権による管理はひずみ生む

     中国が「一人っ子政策」の廃止を決定した。1979年から36年間続いた同政策で高齢化が予想以上に進行し、いびつな人口構成や労働力不足、社会保障費の増大を招いて中長期の成長の足かせになりかねないとの判断があった。

    「一人っ子政策」を廃止

    0
    続き

    Candidates sharpen attacks, blast media in third Republican debate 候補者たちが非難合戦メディアを非難-共和党討論会

    BOULDER, Colorado - Desperate to stand out as time begins to run short, the Republican presidential candidates lashed out at one another Wednesday in their third presidential debate, with Ohio Gov. John Kasich and former Florida Gov. Jeb Bush taking aim at the new generation of anti-establishment Republicans who have eclipsed them in the polls.

    The 10 candidates on the stage in the evening main event panned the budget deal that Republican leaders on Capitol Hill reached with President Obama, saying it was a bad trade-off that called for more spending and debt now, matched with speculative promises of future cuts.

    0
    続き

    旭化成建材のくい打ち工事データ改竄問題で、…

     旭化成建材のくい打ち工事データ改竄問題で、イタリアのベネチアのことがしきりと頭に浮かぶ。「アドリア海の真珠」と呼ばれるこの美しい街は、外敵の侵攻を逃れるために、湖沼地帯の埋め立て地に築かれた。軟弱な地盤にあるため、建国は沼地に無数の木杭を打ち込む作業から始まったのである。

     塩野七生さんの出世作『海の都の物語』は、この建国事情から始まり、やがて地中海貿易で莫大な富を築いて海洋大国となるベネチアの歴史を描いた。

    0
    続き

    王者対決「無敵ソフトバンク」誇示、投打に圧倒

     ソフトバンクが力の差を見せつけて、頂点に上り詰めた。リーグ王者同士の対決を制し、球団史上初の2年連続日本一。リーグ優勝、クライマックスシリーズに続いて9度宙を舞った工藤監督は、「感無量。選手が絶対に負けないという気持ちを出してくれた」。

     試合前、監督が「普段通りにやる」と話していた通り、この日も力を示してヤクルトを押し切った。

    0
    続き

    安倍首相「基礎研究は重要、政府が支援したい」

     安倍晋三首相は29日、ノーベル医学生理学賞受賞が決まった大村智・北里大特別栄誉教授と、同物理学賞に選ばれた梶田隆章・東京大宇宙線研究所長と首相官邸で会談した。首相は「2人の受賞で基礎研究の重要性を認識した。これからもしっかりと支援していきたい」との意向を示した。

    0
    続き

    世界体操、日本男子が団体で37年ぶりの金

     体操の世界選手権は28日、英国のグラスゴーで男子団体総合決勝が行われ、日本が1978年ストラスブール大会以来、37年ぶりの優勝を果たした。内村航平(コナミスポーツク)が鉄棒で、田中佑典(同)が鉄棒と平行棒で落下し、大きなミスが三つ出たが、受け継がれてきた美しい体操が栄冠をもたらした。

    0
    続き

    鈴木大地スポーツ庁長官、ドーピング撲滅訴え

     フランスを訪問中の鈴木大地スポーツ庁長官は29日、パリの国連教育科学文化機関(ユネスコ)本部で開かれたドーピングに関する会合で演説し、「世界のドーピング撲滅に向けてわが国の経験や知識を各国と共有したい」と訴えた。1日の就任以降、鈴木長官が海外の国際機関で演説するのは初めて。

    0
    続き

    日本郵便、お年玉付き年賀はがきの販売開始

     日本郵便は29日、2016年用のお年玉付き年賀はがきの販売を全国で開始した。総発行枚数は前年を下回る約30億2000万枚の見込み。年賀状の受け付けは12月15日からで、元日に届けるため同25日までの投函(とうかん)を呼び掛ける。

    0
    続き

    同時テロの記憶を後世に

    地球だより

     先日、米国防総省での取材を終えた後、同省とアーリントン国立墓地の間にある空き地を訪れてみた。現在は何もないが、5年後には「ペンタゴン・ビジター・エデュケーション・センター」という立派な施設がオープンする予定の場所だ。

    0
    続き

    対照的な中朝両岸に変化も

    韓国紙セゲイルボ

     北朝鮮と中国の辺境都市を見守って20年、1990年代初期には両方の姿に大きな差はなかった。ところが中国の経済発展は北朝鮮との両岸の姿に大きな差を生んだ。  中朝交流中心地である遼寧省丹東市。ここで鴨緑川の対岸に見える威化島と新義州の姿は丹東市と対照的だ。鴨緑江を遡上(そじょう)しながら見られる北朝鮮の村と水豊発電所で見られる北朝鮮住民の姿は観察者に多くの残像を残す。

    0
    続き

    「あれ持って来て」。有名鮨店の主人が若手の…

     「あれ持って来て」。有名鮨店の主人が若手の職人に命令する。職人は不得要領のまま何かを手にして来る。「あれって何ですか?」と聞き返せるような雰囲気は全くない。主人は「違う」とだけ言って「あれ」が何であるかは教えない。3度目ぐらいでやっと目的の物を持って来たらしく、事は済んだ。

     高級日本料理店の主人が、「あいさつがない」との理由で若手職人に重傷を負わせたとの報道に接して、鮨店の一件を思い出した。

    0
    続き

    日本ラグビーの課題 鍵は新たなヒーローと新監督の手腕

     空前のラグビー人気である。ろくにルールも知らないおばさままでもが「五郎丸、素敵ね」と、顔を上気させている。子供たちは腰をかがめ、顔の前で手を合わせて指を立て遊んでいる。もちろん、日本代表の五郎丸歩がキック前に行う、あの「ルーティン」を真似(まね)ているのだ。

    0
    続き

    東京五輪成功の鍵 スポーツを身近なものに

     これまで日本で、ラグビーへの関心がいま一つ高まらなかった要因は、ルールが複雑で分かりにくいと感じている人が多いからだろう。しかし、筆者の経験からすれば、見続ければルールは自然に理解できるようになるものだ。要は、見る機会を増やすことが大切なのだが、トップリーグをはじめとして、試合のテレビ中継が少ないことも人気を定着させる上での壁となっている。

    0
    続き

    中国共産党政権は「文化」を築けるか

     中国の海外反体制派メディア「大紀元」(10月22日)には、米ニューヨーク在住の中国問題専門家ゴードン・G・チャン氏とのインタビュー記事が掲載されていた。チャン氏には「やがて中国の崩壊が始まる」(2001年)という著書がある。

    0
    続き